2021年08月30日

2021年8月 休業日

8月は 通常通り 毎週月曜日と第一日曜日  に加えて 12日(木)〜15日(日) お休みさせていただきます。

   1(日)、2(月)、12(木)〜15日(日)、16(月)、23(月)、30(月) が休業となります、よろしく お願いいたします。

             9日(月)振替休日は、通常営業いたします。

evooyaji at 12:39|PermalinkComments(0)

2021年07月29日

ジャッキアップポイント

21072912006年式 BMW 130i 6M/T 先日「サイドステップの下側をぶつけてしまった。 シャッキアップポイントが取れてしまった」とのことで、 ご入庫いただき 確認すると、左前ジャッキアップポイントの樹脂パーツが欠落、左後は一部が砕けた状態でした。 サイドステップは前方部分が一部割れています。

ボディ側には問題ないので、左側の樹脂製のパーツ(ジャッキアップサポート)を前後用意すればOKです。
残っている後側から品番を読み取り、価格検索すると 品番変更になっておりました。 この新しい品番は、右側の前後パーツと同じ品番。
ということは、4個とも同じものでOKなんですね。

パーツが入荷しましたので、本日再入庫いただき、取り付け。
前側はクリップの1ヶ所が残っていたので、これを取り除き、用意したものを嵌めるだけ。

後側は、2ヶ所のクリップ部のカエシを上手く押し込んで、無事に外れました。 念のため外れたボディ側に小指を入れて確認すると中からクリップ2個発見。   ここのパーツは以前にも交換歴があるようで、 その時から中にクリップ部が入ったままになっていたんですね。

苦労して小さな穴から取り出した破片は、やはりジャッキアップサポートの一部分(今日外したパーツには付いている部分)でした。
こちらも 用意したパーツをパッチと嵌めて終了。

写真1枚目 用意したBMW純正パーツ。

写真2枚目 割れてしまったサイドステップ。 


2107292





evooyaji at 14:39|PermalinkComments(0) BMW 

2021年07月28日

エアコン メンテ

21072812017年式VW ポロ GTI 6M/T エアコンリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。
いつものようにTEXA 780R を接続し、作業前 吹き出し口温度を測定。
続いてガスの回収、再生、真空引き、オイル補充、ガス充填へと進めます。

写真1枚目 機械を接続して、作業中。

写真2枚目 一連の作業を行い、最後に作業後の吹き出し口温度をモニター測定中。

抜き取ったガス量は374g 規定量500gですので、25%減って(抜けて)おりました。
     吹き出し口温度は、作業前12.9℃から作業後は11.9℃となりました。

続いて令和1年式トヨタ ヴィッツ エアコンリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。 ついでにエアコンフィルターも交換いたします。

写真3枚目 機械を接続して、作業中。

抜き取ったガス量は305g 規定量370gですので、18%減って(抜けて)おりました。
吹き出し口温度は、作業前18.7℃から作業後は15.3℃となりました。 
今日の工場内温度は35℃を超えていますが、もう少し冷えてくれると良いのですが・・・。


21072822107283


evooyaji at 13:27|PermalinkComments(0) ポロ | 日本車

2021年07月27日

V70 キャリパーO/H

1999年式ボルボV70 AWD フロントブレーキキャリパーのO/Hで ご入庫いただきました。
この部分は22年間 手つかず とのことで、ゴムが千切れてはいませんが、カチカチになり、ピストンの動きが悪くなってしまいました。

用意したのはピストンシールキットとガイドスリーブキット。 この内ガイドスリーブキットはボルボ純正パーツの在庫がなく、納期未定でしたので、ATE製(納入メーカーです)を使用します。

状態が悪い左から作業開始。 ピストンが抜けるまで ドキドキです。 というのも抜き取ったピストンがサビサビだったり、虫食い状態ですとピストンの交換が必要となりますので・・・・。またキャリパー本体側に錆があると・・・考えれば考えるほど怖いことに。

結果は、ピストン摺動部に錆びは無し。 先端部分(外部に露出する部分、パッドに触れる部分)にメッキ剥がれによる錆びはありますが、再使用できる状態。 
             私が考えていたよりも随分良い状態で よかった〜。

        最後に検査をし、分解整備記録簿を記入して、完成。

写真1枚目 清掃後のピストン。 

写真2枚目 組み込み後のキャリパー。

写真3枚目 ついでに交換したエンジンオイルフィラーキャップのガスケット。 外した左はカチカチ。 ゴムではなく樹脂製か?と思うほど硬化しております。

210727221072712107273





evooyaji at 12:02|PermalinkComments(0) ボルボ 

2021年07月26日

2021年7月 休業日

7月は 通常通り 毎週月曜日と第一日曜日  に加えて 24日 土曜日 お休みさせていただきます。

   4(日)、5(月)、12(月)、19(月)、24(土)、26(月) が休業となります、よろしく お願いいたします。



evooyaji at 13:12|PermalinkComments(0)

2021年07月25日

シャラン タイヤ交換

先月エンジンオイル交換させていただいた、2017年式VW シャラン 今日はタイヤ交換で ご入庫いただきました。
先月いくつかの見積の中から選んでいただいたのはコンチネンタル プレミアムコンタクト6(以下CPC6) です。
皆さん ご存じのようにシャランのタイヤはコンチシール となり、車両にはスペアタイヤもパンク修理キットも装備されておりません。
よって、今度のCPC6 は、コンチシールではなく、通常のタイプとなりますので、パンク修理キットが必要となります。

外した右前タイヤは写真1枚目のとおり、内側が片べりし、ワイヤーが出てきています。

この車両、フロントロワアームブッシュ後側が千切れており、ホイールアライメントが狂ったために、内べり していまったようです。

早めにブッシュ交換することをおすすめさせていただきました。

写真2枚目 外したタイヤはコンチネンタル プレミアムコンタクト2 のコンチシールですから、内部には こんなシールが張り付いています。

21072512107252



evooyaji at 18:25|PermalinkComments(0) シャラン 

2021年07月24日

甥の結婚式、披露宴

2107241今日は臨時休業させていただき、甥の結婚式、披露宴に列席させていただきました。
5月の予定でしたが、緊急事態宣言にて延期となっておりましたが、本日無事に執り行うことができ、嬉しく思います。

感染防止対策等で色々とお気遣いいただき、S君らしい、すてきな披露宴でした。 Hちゃん カラードレスと髪色が とっても似あっていましたね。
                  末永く、お幸せに。

evooyaji at 14:28|PermalinkComments(0)

2021年07月22日

ボクスター シフトスイッチ交換2

2107217作業途中で発見された問題個所は、シフトリンケージの樹脂ボール部のクラック。
これをそのままにするわけにはいきませんので、急いでパーツ品番検索、在庫確認。  これは日本に在庫が無いだろう と思いましたが、ラッキーなことに固定用の金属クリップ(再使用不可部品)とともに 在庫有り。

写真1枚目 部品が届いたので、そ〜っと外したところ、パッキと割れました。

写真2枚目 届いた新品。 4連休+オリンピックで運送便が混乱しておりますが、無事に届きました。

写真3枚目 あとは、逆の手順で元に戻していくだけ。 マフラースリーブ、クリップとも取り付け完了。

21072162107215



  

evooyaji at 13:49|PermalinkComments(0) ポルシェ 

2021年07月21日

ボクスター シフトスイッチ交換

21071912004年式ポルシェ ボクスターS ティプトロニック シフトスイッチ(インヒビタースイッチ)の交換で ご入庫いただきました。
このパーツを交換するには、左バンクのマフラー、左エンジンマウントなどを脱着しないと作業できません。
このマフラー系が問題でして・・・。 写真1枚目のとおり、ボルト、ナットがサビサビで、ネジ山が無くなっているものや、6角形が崩れているところなどなど。
おそらく、緩めることができないであろうと想像し、ボルト、ナット等は用意してあります。

写真2枚目 用意したパーツ (全てポルシェ純正品)ですが、ナット1種類2個が別のポルシェ用で用意したものが混ざってしまっています。

写真3枚目 ここは一番苦労したエキマニとマフラーの接続フランジ部。 元々3本で止まっていますが、1本はナットがフランジに溶接されており、2本はスプライン付きボルト(頭は丸)がフランジに圧入後溶接されていました。 このボルトを抜き取り、通常のボルトとナットで止めるのですが、スプライン付きのボルトがステンレスなのか、硬い材質で、ドリルの刃がなかなか 入っていかなくて、難儀しました。  途中でステンレス用の刃を買いにいき、ここからはペースアップ。

写真4枚目 苦労して抜き取ることに成功。 上側の右2本にスプラインが確認できますね。 取り付けは下側のボルトとナットです。

マフラーが取れて、ここで別の問題個所を発見。               続きます。

210721121072122107214 

evooyaji at 17:56|PermalinkComments(0) ポルシェ 

2021年07月20日

V70 デフオイル交換

1999年式ボルボ V70 AWD リアデフオイル、フロントデフオイル交換で、ご入庫いただきました。
フロントデフのサイドシールよりオイル漏れがあるため、ワコーズの添加剤ミッションパワーシールドも入れます。
色々調べると リアのオイル容量は1.35リッター、フロントのオイル容量は分からず。
まあ、やってみることに。 ちなみに この車両はフロント、リアともにオイルフィラー(入れ口)は有るものの、ドレーン(排出口)は無いタイプ。 よって、上側(フィラー)から吸い出すしかありません。 
リアは内部スペースに余裕があり、明らかに内部の底に負圧ホースを入れることができましたので、ほぼ全量抜き取れたと思います。 一方フロントは内部が狭くて、手ごたえが? 全体の8割ぐらいが抜き取れた感じでしょうか。

写真1枚目がリア、写真2枚目がフロント  22年間交換歴なしのオイルは、やはり真っ黒。


21072012107202

evooyaji at 17:28|PermalinkComments(0) ボルボ