2020年09月28日

2020年9月 休業日

9月は 毎週月曜日と第一日曜日 に お休みさせていただきます。

   6(日)、7(月)、14(月)、21(祝)、28(月) が休業となります、よろしく お願いいたします。


evooyaji at 18:13|PermalinkComments(0)

2020年09月26日

フォレスター RECS

2009261スバル フォレスター ワコーズ レクス施工にて ご入庫いただきました。 
「ついでにタイヤローテーションも・・・」とのことで、追加もいただき、作業開始。

最後にエンジンオイル、オイルフィルターも追加。  前回は8月1日に交換させていただいておりましたが、「もう5千キロほど走行したので・・・」とのこと。
    2カ月弱で5千キロ走行とは、すごいペースで距離が伸びていますね。

evooyaji at 19:03|PermalinkComments(0) 日本車 

2020年09月25日

ディスカバリー オイル交換

2020年式ランドローバー ディスカバリースポーツ R-Dynamic SE エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。
エンジン型式 204DT で2リッター ディーゼルターボです。

純正のドレーンボルトも用意して、作業開始。

この204DT、当店ではジャガーXE ディーゼルの お客様があり、エンジンが同じですから 作業には慣れております。


写真2枚目は、エンジンアンダーカバーですが、オイル交換時に外さず作業するための、サービスホールがありましたが、素材が固く、また設計が いまひとつで、上手く開かないので、外して作業。

写真3枚目 そのサービスホール部のアップ。 リブを付ける面が裏表逆なのかな?

作業後に診断機を接続し、各種ECUのチェック。  フォルトは6個と、2月の時よりも2個減りました。


200925120092522009253

evooyaji at 17:15|PermalinkComments(0) 輸入車 

2020年09月23日

320d F31 ATF交換

2013年式BMW 320d ツーリング Mスポーツ (F31) ATF交換で ご入庫いただきました。
この車両のATは ZF製GA8HP45Z  ですが、当店で初のATF交換のため、整備書を用意して、見ながら進めていきます。

オイルパンが樹脂製でATストレーナー(フィルター)と一体になったタイプ。
ということで、オイルパンごと交換となりますので、オイルパン清掃は必要なくなるのは助かりますが、お客様目線では 交換パーツ代が高くついてしまいます。
また、13本のボルトで止まっていますが、すでに1本の付け根からATFが染み出てきておりました。
やはりAT本体(オイルパンとの接合面)がアルミ製でオイルパンが樹脂製となると 熱膨張率が違いますから、やはり経年劣化で漏れが発生するのは 致し方ないです。 
        そうなる前に ATFを交換 ということでしょうか。

今回はATオイルパン、ATFとも社外品をそすすめ。  だってBMW純正ATFが 16610円/1リッターですから。

写真1枚目 外したオイルパン内部。 抜いたオイルは真っ黒ですね。  走行距離7万2千キロで初のATF交換。

写真2枚目 オイルパン内の磁石(4個の内の1個)、細かい金属粉が取れています。

写真3枚目 左から始めに抜き取ったATF、新油を補充してアイドリング、シフトチェンジ後に抜いたATF、ちょっとだけ色に変化ありですが、写真だとほとんど分かりません。この後再度抜き取り新油を補充します。  最後の小さいビンが調整で抜けたATF、今度は綺麗になったのが写真でも分かります。


200923120092322009233

evooyaji at 16:59|PermalinkComments(0) BMW | ATF、DSG

2020年09月22日

964 スイッチ 続き

1992年式ポルシェ911 (964) 続きの作業です。
接着剤が乾いたので、今日は 研磨と金属クリップの調整です。

写真1枚目、2枚目のようになりました。

写真3枚目 金属クリップの調整は 案外時間が かかりましたが、1時間半ほど。
トータル5時間半の力作、完成。 あとは、再入庫いただき、車両に戻すだけ となりました。


200922520092262009227

evooyaji at 17:45|PermalinkComments(0) ポルシェ 

2020年09月21日

964 リアスポのスイッチが

20092211992年式ポルシェ911 (964) リアスポイラーのスイッチパネルがグラグラなので・・・とのこと。
触ってみると、確かに上手く嵌っていない状態です。 どうなってしまったのか? 
外して確認してみると、写真1枚目のとおり、樹脂製パネルの金属クリップが嵌る所で左右とも割れています。 これでは、固定できなく、上に被さっている(載っている)だけの状態ですね。

早速パーツリストで品番検索。 物をありましたが、値段が なんと47410円。  う〜ん、これは高額です。  お客様と相談し、アルミの添え木を作って 接着し 再生することに決定。

写真2枚目 黒い小さな樹脂片が折れてしまった所。  アルミ片は当店で作ったL型 添え木。

写真3枚目 メカニック2人がかりで作成した力作。 小さな穴を空けたのは、接着剤がよく くっつくように。 長方形の穴は金属クリップのツメが入る部分を再現。

写真4枚目 2液性エポキシ接着剤で接着。 乾燥を待ちます。  ここまでで4時間ほど かかりましたが、今のところ完璧です。


200922220092232009224

evooyaji at 17:31|PermalinkComments(0) ポルシェ 

2020年09月20日

Q2 レースチップ

2017年式アウディQ2 サブコンピューター(以下サブコン)でレースチップ取り付け依頼をいただきました。
このレースチップには3種類のサブコンが設定されておりますが、予算と馬力から中間のRSタイプに決定。     あいにくメーカー欠品中で ご注文から1.5カ月ほど かかり入荷。

金属ステーを作製し、本体をバッテリー横に設置。 配線はエアクリーナーボックスを脱着し、配線。

これにて、1リッターターボのノーマル116馬力、200Nmから132馬力、250Nm (プラス16馬力、プラス50Nm) となりました。

最後に「ついでにコーディングでミラーホールディングを設定して・・・」とのことで、診断機を接続し、確認しましたが、目的のECUにはログインできているのですが、オンにする場所が見つからない・・・ということで、仕切り直しとしました。 
この見難いECU内部は 何とかならないものでしょうか。   ドイツ語と英語が入り乱れているのは、ちょっと・・・。


20092012009202

evooyaji at 17:05|PermalinkComments(0) Q2 

2020年09月19日

シフトゲートパネル修理

2004年式アウディTT-Q 3.2リッター いつも当店をご利用いただいている お客様から電話連絡いただきました。
「シフトゲートパネルの後ろ側が割れてしまい 中に落ちて、引き出せない」 「以前に前側も同じように割れたが、自分でテープで接着して直した・・・」 とのこと。

とにかく 現車、現状を確認してみないと判断できませんので、本日ご入庫いただき、確認すると 言われるとおりシャフト(Sトロニックレバーの付け根)の後ろ側が割れて、大穴が空いている状態でした。 この状態で 写真を撮影しておくべきでしたが、 どうやって修理するのか悩んでいて、写真撮り忘れです。

考えた挙句、2液性のエポキシ接着剤で固めて・・(といっても接着面は幅0.5ミリ、長さ20ミリほどしか有りません) (おまけに樹脂とゴム系?との接着)

はみ出た接着剤は内装用テープ(シボ付きのテープ)で 誤魔化すことに。

写真は完成後ですが、 いわれなければ分からない感じになりました。 
            1時間半ほど かかりましたが上手くいきました〜。

  あとは どれぐらい もってくれるか?(現状維持)ですが、それは 神のみぞ知る です。

2009193

  

evooyaji at 19:22|PermalinkComments(0) TT 

2020年09月18日

2020 栗拾い 2回目

今日は雨の中 父一人で栗拾いに・・・。
写真1枚目のとおり、少ないですが 1回目よりも粒が大きいですね。 
といいますのも、今回から中ぐらいの樹も収穫が始まったので、小、中の樹から収穫となりました。
今回は全部 家内の実家に発送。 
栗は食べれる状態にするまでが 大変ですが(家内に感謝)年に一度は 栗ご飯が食べたくなりますね。 

一番大きい(太い)樹は、まだ緑色の いがのみ。  今年は この樹からの収穫が期待できそうにないです。     虫食い&実が少ないようです。

毎年恒例の栗きんとん も作りたいのですが、今年は材料が確保できるのか、今のところ微妙 (一番大きい樹にかかっている) です。

写真2枚目 前回の 枝付き を店に飾ってみました。

20091922009191

evooyaji at 13:37|PermalinkComments(0)

2020年09月15日

964 CDチェンジャー修理

1992年式ポルシェ911カレラ (964) 「CDチェンジャーが動かない」とのことで ご入庫いただき、確認すると エラー02 の表示。  イジェクトボタンを押しても マガジンが出てきません。

リセットをかけてみましたが、変化なし。  これは専門の業者さんに依頼するしかない となり、一旦外して お預かり。  古いカーオーディオ専門の修理屋さんで、修理できそうな所が見つかり、依頼。 送付から1カ月ほどで出来上がってきたので、本日取り付け。

交換部品は多岐に渡り、マガジン、ドライブユニット。メイン基板、スイッチを交換。

           無事に修理が完了し、元通りとなりました〜。


かわって、写真1枚目は、家内からの依頼で洗濯もの干し(洗濯ハンガー) というのでしょうか? 名称が判りませんが、樹脂製の洗濯バサミ部分が劣化し、割れて 所々無くなっています。 数か所は 家内が自ら別の洗濯バサミを付けて、なんとか延命していたそうですが、ついに 皆パリパリ、ポロポロに。  相談を受けましたので、ステンレスの洗濯バサミ(40個セット)を購入し、付け替えることに。

写真2枚目 家内と二人で 黙々と付け替え作業15分。 40個付け替えましたが、当初から判っていましたが4個足らないので、4個のみそのままに。
              これなら、また 当分使えそうです。

20091512009152


evooyaji at 19:17|PermalinkComments(0) ポルシェ