2018年09月24日

2018年9月 定休日

9月は 通常どおり 毎週月曜日と第一日曜日 お休みさせていただきます。

2(日)、3(月)、10(月)、17(祝)、24(祝) が休業となります、よろしく お願いいたします。



evooyaji at 19:26|PermalinkComments(0)

2018年09月19日

A4 ARQ コイル交換

18091912014年式アウディA4 オールロードクワトロ (8K)  「朝一番のエンジンが冷えている時だけ アイドリング不調あり」 とのことで ご入庫いただき、まずはエンジンECUのフォルトチェックから。
結果はフォルトなし。  ならば 測定値読み取り画面で点火状態を見てみますが、すでにエンジンが温まっているので、不調なし。
今度は点火コイルテスター(イグニッションアナライザー)で1番から4番をモニターすると、3、4番の2箇所が時折(2〜3分間で一瞬)悪いのを発見。  プラグの磨耗状態は、見た感じ まだ使える状態。
     
点火コイルの品番を現品から読み取り、調べると  4回ほど品番変更を繰り返しているものでした。
ということで、写真のアウディ純正コイルを取り寄せました。 

交換後に再度点火コイルテスターで確認すると 1番に時折不調、3番も極僅かに不調あり。 
これでも 交換前の状態よりは 随分まし です。

これで 様子をみてもらうことに。     ダメならプラグ4本と1番コイル交換か。

evooyaji at 14:37|PermalinkComments(0) A4 

2018年09月15日

BMW M2 アライメント

2018年式BMW M2 4ホイールアライメント測定、調整の ご依頼。
まだ 走行800Kmの車両ですが、測定結果は、調整箇所6箇所の内、5箇所を調整することに。
リアトゥのアルミ製アームのブッシュが大きいため、調整しずらいこと。  セオリーどおり 0G状態で調整し、1Gで車体をよくゆすり、測定。  これを何度も何度も繰り返して、誤差を少なくしていく、地道な作業。
でも この ひと手間で 仕上がりが変わってきますから。

           BMWさん ここのブッシュを もう少し小さくしてくれるとベターなんですが。

でも お客様に教えていただいたことですが 「M2 コンペティションだと ここがピロボールになって・・・」と。
私は、ストリートカー(ナンバー付き車両)にピロボールを使うのは どうか? と思うので・・・
 ピロはやり過ぎですから、ブッシュを硬く、小さくなればOKと思ったのでした。

調整後は、お客様が気にされていた 右流れがなくなり 真っ直ぐ走るようになりました。





evooyaji at 19:28|PermalinkComments(0) BMW | ホイールアライメント

2018年09月13日

バッテリーチャージャー導入

今までバッテリー充電器はオデッセイ専用品を含めて4台持っていましたが、衝動買いでスナップオン バッテリーチャージャープラスを導入しました。
これ通常の充電機能に加えて、リプロモード(各ECUのリプログラミング時やコーディング時に使う)が付いていることが決めて となりました。   
                  でも このリプロモード時のMAXが60Aなんです。

そんなことカタログに書いてなかったので、私の勝手な思い込みで70Aぐらいはあるだろう と想像しておりましたが、取り説に別紙がついており、「一部の新型車では・・・60Aを超える電流が必要となることがありますので、これらの車種には使えません」 と明記されているではありませんか。

これに該当するのは、最新のMBでECUリプロ時やBMWでのECUリプロ(作業時間10時間を越えるような)ですから、当店では この作業は今のところ ありませんので、まあ良し ですが。
上記車種に対応するには70Aでも足りませんので、安定的に90A出せるものが必要となりますね。


その他では、これ なかなか使えると思います。   VW、アウディのコーディング時や、デジタルスピード施工時などでは、大活躍間違いなし。

またバッテリー充電では、何パーセントまで 充電できたか、数値で見ることができますから、とっても便利。


18091321809131





evooyaji at 10:57|PermalinkComments(0) 工具 

2018年09月12日

TT-S オイル交換

2014年式アウディTT-S (8JCDLF) エンジンオイル交換で ご入庫いただきました。
前回のオイル交換時にオイルフィルターを替えていただいておりますので、今回はオイルのみ となります。

オイルは いつもの モチュール スペシフィックを使用。      VW、アウディ規格 VW504-507 ですからディーゼルV10以外のエンジンに安心して使っていただけます。



evooyaji at 18:03|PermalinkComments(0) S、RS | TT

2018年09月11日

A1 タイヤ交換

18091122014年式アウディA1 タイヤ交換等色々と。
タイヤ銘柄については、ミシュランPS3、コンチネンタルCPC2  2種類のAO(アウディ承認タイヤ)表記の中から
ミシュランを 選択いただきました。
             今までの(新車装着)タイヤと全く同じです。
外したタイヤは写真2枚目のとおり、ツルツル。
     安全性 確保のため、もう少し早めの交換がベターですね。
次にエンジンオイル交換をするため、ボンネットを開けると、左ワイパー付け根に水溜りあり。
プレナムチャンバー(黒 樹脂部分)の排水口が枯葉と砂で詰まっています。  穴をつついて、排水。

オイルは、いつも使っていただいているモチュール スペシフィック(VW、アウディ専用品)にて交換。

お次はガソリン添加剤 ワコーズ フューエル1を入れるため、給油口を開けると、あれれ、こちらも水溜りが・・・。
ここは、砂で詰まっていました。  ここは、タンクに水が入ってしまう可能性がありますので、定期的なチェックが必要のようです。 (車両の保管環境によります)
           一方フロントのワイパー部は、たいした問題ではないですね。


180911318091111809114



evooyaji at 10:56|PermalinkComments(0) A1 

2018年09月08日

ルポ パワステポンプ交換

18090812004年式VWルポGTI  先日のエンジンオイル交換時にパワーステアリングオイル漏れが発見され、漏れ箇所はポンプ本体から。
ルポでは よくある症例ですね。  ここは、ポンプASSYで交換するしかありませんので、写真1枚目のVW純正パーツでポンプ(リビルド品)、シーリング2枚目、パワーステアリングオイルを用意。

写真2枚目  取り外したポンプはVGJ(フォルクスワーゲングループジャパン)にコア(再生品のベース)として返却するシステムです。

交換後は、{アイドリング音が静かになる} という副産物ありで、一石二鳥でした。

写真3枚目は、エンジンアンダーカバー内側、漏れたパワステオイルに砂などが付き堆積していましたので、そぎ落として清掃し、写真4枚目のとおり 綺麗になりました。

180908218090831809084

evooyaji at 12:27|PermalinkComments(0) ルポ 

2018年09月07日

A4 8K HID不良

2009年式アウディA4 (8KCDH)  「右ヘッドライトが球切れしてしまった」 と ご連絡いただきました。
私は即答で、「これは ただの球切れではないかもしれませんよ。 8Kは、よくHIDバーナー(イグナイター)アウディでいうところのコントロールユニットの不良の可能性がありますよ。 また まれにバルブと両方が悪い場合もあります」と お伝えし、とにかく ご入庫いただくことに。

すぐに ご入庫いただき、右ヘッドライトを外し、バルブを外し、当店在庫のテスト用D3Sに付け替えてテストすると 点かない。   いやな予感が的中してしまったか?
ひょっとして テスト用のバルブが保管中に悪くなった可能性もなくはないので、左ヘッドライトを外してバルブを取り出し 付け替えてみると、やはり点かない。 
これは、コントロールユニット不良確定。 
またバルブもガラス管付け根に焼けてへこみ有りですからダメ。

それぞれのアウディ純正品価格は、現在 コントロールユニット65880円(1個)、D3Sバルブ53676円(1個)と どちらも高額。

ここは迷わず バルブは、社外品の左右セット交換で いくことに。 その方が純正バルブ1個を買うよりも 安いから。 しかも社外品だと2個セットですから尚更です。

コントロールユニットは・・・と考えていると ここで閃きました〜。
プロミナでVWビートル用のパワーアップシステム(42Wイグナイターとバルブのセット)が設定有ったよな〜、ビートルのみだったのが他の車種も増えてないかな?となり 調べてみると、ラッキーなことにA4 8K用も設定されており、価格も53784円(左右セット)と とってもリーズナブル。
42Wとなるため 消費電力は増えますが それと引き換えに明るくなりますので良しとしましょう。 色は6000Kですから、少しだけ白くなりますね。
俄然これを おすすめし、受注。

取り付け寸法、カプラー形状とも 純正と同じですから、ボルトオン取り付けできます。  
車両側を一切加工したりしませんから、この点もグッドです。

写真1枚目、キットの片側。  もちろん左右セットです。

写真2枚目 不良の純正コントロールユニット。


18090711809072


evooyaji at 18:27|PermalinkComments(0) A4 

2018年09月06日

ボクスター オイル交換

2004年式ポルシェ ボクスターS  986の最終型です。
エンジンオイル、オイルフィルター、バッテリー交換で ご入庫いただきました。
バッテリーは いつものようにOBD2ポートから電源供給しながら、ボッシュ シルバーバッテリーに交換。

エンジンオイルは前回も使っていただいたモチュール8100で。
フィルターは社外品で、ドレーンガスケットはポルシェ純正品を選択。

1809061

evooyaji at 17:56|PermalinkComments(0) ポルシェ 

2018年09月05日

草削りを修理

1808291先月末に義母より「買ったばかりの草削りが壊れてしまった。 何とかならない?」と言われ見てみると、写真1枚目、2枚目のとおり、ぽっきりと折れています。
刃はステンレス、柄はアルミで とても良い素材の組み合わせでありますが、この折れた部分は明らかに強度不足。  設計が悪いです、カインズさん。
このまま溶接だけで修理するのは簡単ですが、それでは また同じことの繰り返しになりかねません。
何らかの方法で強度アップを考えなくては・・・。

でも かといって お金を掛けては(材料費をかけては)別のものを買った方が良かった となってしまいますから、手持ちの材料で 何とか考えました。
まずは、分解。  リベットで止まっていますので、これを切り落として抜き取りますが、これ なかなか抜けない。
やっと抜けたら 次は黒樹脂の部分が抜けない。
こうなったらパイプを5センチほどカットして切開。
これでバラバラになりましたので、折れた所を半自動溶接機で溶接。
続いて補強のL字アングルを材料箱から探し当てましたが、丸いアルミの柄には当然合わない。
ここで 写真3枚目の蜂之巣床と鉄パイプを使ってL字アングルを曲げることに。
プレス機を使わないと 曲がらないかな?と思いましたが、とりあえず人力で 大ハンマを使い叩いてみると 少しずつではありますが、曲がっていきます。
上手く成型できたところで、元のステー穴に合わせて アルミパイプに2箇所穴あけし、このL字アングルにも穴あけし 組み立て。  あとは ステンレスボルト、ナットで固定して完成。

自分の予想よりも よい感じで出来ましたが、これも 父の道具である蜂之巣床 があったおかげですね。
         こういったものは、何年たっても使えますから、良いですね〜。 


1808292180905318090521809051

evooyaji at 11:50|PermalinkComments(0) 工具