2020年10月26日

2020年10月 休業日

10月は 毎週月曜日と第一日曜日 に お休みさせていただきます。

   4(日)、5(月)、12(月)、19(月)、26(月) が休業となります、よろしく お願いいたします。


evooyaji at 13:17|PermalinkComments(0)

2020年10月18日

E30 グローブボックス修理

1995年式BMW 325iA 4ドア (E30) 「グローブボックスのノブ(取っ手)が取れてしまった」と ご入庫いただきました。  確認するとノブの片側のピンが無くなっており、それによりノブが取れてしまったようです。  これなら ノブのみ部品設定があればOKですが・・・
パーツリストEPCで調べると、ノブの単品設定はあるのですが、生産中止となっておりました。

キーシリンダー無しのノブは まだ供給有り、なんですが8558円と 思ったよりも高価。しかもキー無し仕様になってしまう。

ならば、ノブのみ お預かりし、片側のピンを作製することに。   
丸棒から削って、反対側と同じように先端を丸め、上手い具合に出来上がり。

お客様に連絡すると、「今度は固定金具がバラバラになって、ボックスが開いたままになってしまった」とのこと。
ご入庫いただき、確認するとボックス内部の金具が取れており、これはボックスASSY交換か、と思いましたが、パーツの供給が・・・  慌てて確認すると 供給はあるようで52800円。

う〜ん、なんとか現品修理を試みることにしました。
まず、バラバラになった金属製の金具(カム)がどの位置に付くのか? 付く向きは?
3人で、あーでもないこーでもないと・・・。  なんとか組み付け方は解読できましたが、固定する部分の樹脂が無くなっており、また廻りもポロポロで・・・。

これは、時間を掛けて 地道に作成(再現)していくしかないです。

あ、これと同じようなことを最近ポルシェ964のスイッチパネルでも やりましたね〜。

写真1枚目 金属パーツの取り付け位置が解って、そっと組んだ状態(固定できていません)

写真2枚目 手前にある 小さな金属ピンが丸棒から作ったもの。

写真3枚目 ノブに付いている金属ピンですが、樹脂部分にクラック有り。


201018120101822010183






evooyaji at 10:42|PermalinkComments(0) BMW 

2020年10月17日

特注スペーサー

20101722016年式VW ゴルフ7 R   2ヶ月ほど前になりますが、リアホイールスペーサー取り付け希望 ということで、ご入庫いただきました。 ホイールは既に交換済みでエンケイ製の18インチです。
まずは、何ミリのスペーサーが可能か? フェンダーの後ろ側30度、前側に50度の扇型で出頭(でづら)を測定。
次にホイールのハブ径をできるだけ正確に測定。 車両側ハブも実測値を取り、厚さ8ミリのハブ付き特注スペーサーを作るための図面(簡単な寸法図)を作ります。

ここからは外注の金属加工屋さんに依頼。 ジュラルミン(A2017S)を使って削り出し、次に硬質アルマイト処理をして出来上がり。  ここまで1カ月半ほどを要します。

同じような作業を何度も経験(ゴルフ7、8V S3など)しておりますが、いつも 無事に取り付けるまでドキドキです。 やっぱり特注ですから、寸分の狂い無く、ぴったりを目指していますので・・・。

よくあるホイールメーカーさんのオプション品ハブリングのようにガタがあるのは許されませんから。

写真1枚目 スペーサーとロングボルト。 実は今回、初めの測定時にボルト長を測定するのを 私が忘れてしまい、再度ご入庫いただきボルトの測定。
       お客様に ご迷惑をかけてしまう結果となってしまいました。

写真3枚目 エンケイホイールのハブ当たり面外径とブレーキローターハット外径の両方を考えて、スペーサー外径を決定しました。
                  今回も無事に完成。


20101732010174




evooyaji at 19:25|PermalinkComments(0) ゴルフ7 

2020年10月16日

Q5 シャフトブーツ交換

20101622011年式アウディQ5 先日エンジンオイル交換で ご入庫いただいた際に左ドライブシャフトブーツ外側が破れているのを発見。 その場で見積作成し提出。

後日 ご注文の電話連絡をいただき、パーツの手配。 
本日 再入庫いただき、作業となりました。

写真1枚目 用意したパーツ。 全てアウディ純正品で、ブーツ外側、内側、インナー取り付けボルト6本、アッパーアームナット1個と再使用不可のボルト、ナットも整備書の指示どおり手配。

写真2枚目 車両から外れた左ドライブシャフトASSY。 バンドの横あたりから裂けている状態です。
樹脂製ブーツの場合 いつも ここが破れます。 応力が集中してしまうようです。

写真3枚目 分解、洗浄後ブーツキットに付属のグリスを詰めたら 折り返し。

写真4枚目 外側、内側とも 組みあがりました。 あとは車両に戻すだけです。 この後 ご注文いただいているバッテリーも交換し、最後に点検後の分解整備記録簿 (特定整備記録簿)を記入して完了です。


201016120101632010164

evooyaji at 15:54|PermalinkComments(0) Q5 

2020年10月15日

TT-S タイヤ交換

2014年式アウディTT-S (8J) タイヤ、ブレーキフルード交換、4ホイールアライメント測定、調整にて ご入庫いただきました。

何種類かの見積から選んでいただいたのは、コンチネンタルCSC6 (コンチスポーツコンタクト6) いわゆる コンチのフラッグシップタイヤです。 販売価格も見積内で最高額。

今までのタイヤはピレリーP-ZERO NERO スリップサインが出始めた状態まで減っており、1本にはタッカー?ホチキス?が刺さっており貫通(パンクです)しておりましたので、よいタイミングで交換できました。(写真1枚目)

私とメカニックがタイヤ交換中に、もう一人がブレーキフルード交換しましたので、効率よく進みました。 メーカーの仕様どおり、マスターシリンダー(リザーブタンク)に圧力を掛けて、交換していきます。 なので、ペダルは踏みませんのから、一人で作業できるんです。

アライメントは、これまた やり慣れた車種ですから1時間半ほどで完成。

20101522010151

evooyaji at 19:39|PermalinkComments(0) S、RS | TT

2020年10月14日

ボクスター KONI

20101412004年式ポルシェ ボクスターS エンジンオイル、オイルフィルター、サスペンションン交換で ご入庫いただきました。

エンジンオイルは いつも使っていただいているモチュール8100を使用。 この作業は 慣れているのでスムーズに進んでいきますね。
続いて写真1枚目のサスペンション系ですが、今回はフロントのみ。
ダンパーはKONI スペシャルアクティブ、その他のアッパーマウント、ベアリング、バンプラバー、再使用不可ナット等は全てポルシェ純正品を使用。

写真2枚目の外したフロントサスASSYには、バンプラバー(ポルシェ名アディショナルスプリング)は付いていません。 経年劣化で砕けて 無くなってしまっている状態です。

写真3枚目 コニーを組み込みました。 スプリングのみ再使用いたします。

写真4枚目 車両に戻して 完成です。

試運転で 見違えるように よくなりました〜。 しなやかといいますか、しっとり といいますか、どう表現したらよいのか、わかりませんが・・。

             リアも 早めに やりたくなりますね。


201014220101432010144

evooyaji at 19:27|PermalinkComments(0) ポルシェ | サスペンション

フィット パッド交換

平成19年式ホンダ フィット GE6 フロントブレーキパッド交換で ご入庫いただきました。
ディクセル タイプM、プロジェクトμ HC-CS、アクレ フォーミュラー700Cの3種類から選んでいただいたのは、アクレ。  これ以外の2種類は 過去に使用していただいているものです。

作業は1時間ほどで終了。 最後に点検後の分解整備記録簿 (特定整備記録簿)を記入して完了です。



evooyaji at 15:36|PermalinkComments(0) 日本車 

2020年10月11日

991 カレラS メンテナンス

20101112014年式ポルシェ 911 カレラS (991前期) エンジンオイル、オイルフィルター、ポーレンフィルター、フードダンパー交換等で ご入庫いただきました。
あらかじめ現車確認させていただき、オイルパンが樹脂製か金属製かの確認。その際にフードダンパーが劣化して、フードを保持できない状態でしたので、見積に追加。

ご入庫いただいた際にはワコーズのRECS、ワイパーブレードの追加をいただきました。

またフロントフード部の外気導入口にもフィルターが付いているのを発見し、確認すると かなり汚れた状態。  ということで、お客様に連絡し、追加となりました。
私は ここにもフィルターが付いているのを知りませんでした。  勉強不足です。

まずはフードダンパーから開始。 次に 写真2枚目のRECSです。 新品のフードダンパーはRECSのボトルがプラスされても、保持できていますね。 交換前はフードのみでも保持できず、閉まってしまう状態でした。
RECS施工後の試運転から帰ったメカニックが「NA 3.8L エンジンは 最高〜」と。

エンジンオイルはモチュール8100を使用。 

写真3枚目 追加となりましたワイパーブレードとフィルター。

写真4枚目 フィルター新旧。 上が新品です。


201011220101132010114

evooyaji at 18:29|PermalinkComments(0) ポルシェ 

2020年10月10日

アルピナ D3 ATF交換

20101012010年式アルピナ D3 リムジン ATF交換で ご入庫いただきました。
この車両のベースとなっているのはE90 で、エンジンはN47D20D となります。
今回はATFですから、ATオイルパン、シールスリーブ、フィラープラグを用意するのですが、品番検索を慎重に進めます。 といいますのも、以前にエンジンオイルフィルターで、用意したものが合わなかったことがあるのです。 この時もメーカーさん(某輸入元)に調べていただき、用意したのですが、結果はダメ。        今回また 同じことがないようにと・・・。

結果は 今回は上手くいきました〜。
    アルピナやRuf などは 品番の特定が難儀なことが多いですが、致し方ないですね。

写真1枚目 用意したパーツ。  このGA6HP19Zは 当店初のATF交換となりますので、整備書を取り寄せて、読みながら(見ながら)進めていきます。

写真2枚目 オイルパン兼フィルターが外れ、内部の磁石。 当然ですが細かな金属粉が付いています。  走行距離3万6千キロと、年式の割りに少ないですから、思ったよりも綺麗か。

写真3枚目 バルブボディーを下から。 ロッククリップを外して、シールスリーブを外したところです。

写真4枚目 左が抜き取ったATF、右が最後にオーバーフローさせて、油量調整した際のオイル。 随分綺麗になりました。
 

201010220101032010104
 



evooyaji at 11:32|PermalinkComments(0) BMW | ATF、DSG

2020年10月09日

マツダ3 やり直し

先日ドライブレコーダー前後、レーダー、TVキットなどを取り付けさせていただいた令和2年式マツダ3ですが、その後正規ディーラーさんに入庫し、見ていただいたところ、「電源取り出しをETCと同じところから取り出してみて下さい」 「それでもダメなら別の方法を・・・」とアドバイスをいただきました。
なので、本日配線の やり直し作業を行いました。
今まで繋いでいたところはメーカー指定の助手席側のドレイブレコーダー用で20Pカプラーからでしたが、今度は ディーラーさんの指示に従い 運転席側のETCと同じ所から取り出し。

何度も色々な操作をしてみて、問題ないことを確認。 念のため一晩置いて、もう一度確認。 
問題なし。  リフトから車両を移動するため、エンジン始動すると、エアバッグ警告灯が点灯。

また同じ 運転席サイドエアバッグ です。  これで、また振り出しに戻りました。

この車両のサイドエアバッグ不良が国内でもでている情報もあり、さあ どうしたものか。

evooyaji at 13:09|PermalinkComments(0) 日本車