2019年07月29日

2019年7月 休業日

7月は 通常どおり 毎週月曜日と第一日曜日  お休みさせていただきます。
    7(日)、8(月)、15(祝)、22(月)、29(月) が休業となります、よろしく お願いいたします。


evooyaji at 12:17|PermalinkComments(0)

2019年07月18日

シロッコ エンジン不調

19071812010年式VWシロッコ 2.0T (CAW)「エンジン不調でエンジンチェックランプが点灯した」 とのことで、任意保険のレッカーサービスを使って ご入庫いただきました。
早速調べていくと、今は まったく問題なく スムーズにアイドリングしており、チェックランプも点灯していない状態。  積載車で運んでいるうちにエンジンが冷えて 正常に戻ったのか?

診断機にてエンジンECUを確認すると {4番ミスファイアー}と残っておりました。

では点火コイルテスターにて4個のコイルの点火時間、2次電圧等をみていくと、3番以外の3本が同じぐらい 悪い数値。  次に点火プラグを確認すると4番が特に減っており ギャップが大きい状態。

ということで、プラグは4本交換決定、コイルは オーナー様に相談することに。
電話にて連絡し、相談すると 即答で 「コイルも4本交換」 決定。  

本日完成いたしました。





evooyaji at 18:35|PermalinkComments(0) ゴルフ6、シロッコ 

2019年07月17日

TT-S メンテナンス色々

2014年式アウディTT-S メンテナンスで沢山のパーツを交換させていただきますが、初日の今日はリアデフオイル、ハルデックスオイル、エンジンオイルの交換から開始。

写真1枚目は抜き取ったリアデフオイル。 走行距離12万キロで オーナー様いわく 「交換歴が判らない」とのことでしたが、 私の予想よりも綺麗でした。 このオイルから想像すると 過去に1回は交換されているでしょう。

写真2枚目は、新油を充填中。  メカニック手作りのSST(専用工具)が役に立っております。


19071711907172

evooyaji at 18:19|PermalinkComments(0) S、RS | TT

2019年07月16日

ルポ オイル漏れ修理

1907161当店代車の2002年式 VWルポ オイルプレッシャースイッチ(以下スイッチ)からエンジンオイル漏れを発見しました。
パーツを用意して作業にかかると、ここのカプラーが砕けてしまい、一旦作業中止。
あらためてカプラーも追加で用意して、数日後の本日 作業再開。

パーツさえ揃っていれば 交換は簡単です。
スイッチは社外品、カプラーはVW純正品を使用。  これで、また しばらく 働いてもらいます。



evooyaji at 18:09|PermalinkComments(0) ルポ | 代車

2019年07月14日

ゴルフ7.5 TVコーディング

2019年式VWゴルフ7 オールトラック ドライブレコーダーの取り付けとTV コーディング(VIM コーディング)で ご入庫いただきました。
ドライブレコーダーは、つい先日 前の車両に取り付けさせていただいたのですが、急遽 車両入れ替えとなりましたので、付け替えです。
ゴルフ7系は、色々とやり慣れているため、サクサクと進みます。

TVコーディングは、時速6キロになると オフになる設定でしたが、これを255キロに設定変更しました。
これにて 走行中もナビ操作が可能となります。

この車両のレザーシートですが、メモリー機能が付いています。 7.5からレザーシート車には もれなく付いているのですが、当店デモカーはゴルフ7(2015年式)ですから、付いていないんです。

2年ほど前から このメモリー機能を後付け(レトロフィット)したいと思っているのですが、予算も、時間もなく・・・・・。


evooyaji at 19:22|PermalinkComments(0) ゴルフ7 

2019年07月13日

A4 センターデフオイル漏れ

2004年式アウディA4 1.8Tクワトロ センターデフオイル漏れ修理、バッテリー交換などのご依頼です。
この車両のバッテリー交換は、ちょっと やり難いですよね。  まあ、当店メカニックは慣れていますから、スムーズに出来るのですが。

また このバッテリー交換の際に忘れてはいけないのが、プレナムチャンバー(バッテリー搭載位置)の排水口清掃です。  この作業を怠ると、大変なことになる可能性大ですから。

この車両(B6 A4)の他、VWでは3B パサートも同じように 排水口の清掃が必要な車種となります。

19071311907132 

evooyaji at 18:21|PermalinkComments(0) A4 

2019年07月10日

ルポ GTI フューエルフィルター交換

昨日から続きのVW ルポ GTI 今日は、フューエルフィルター(燃料フィルター)の交換から。
用意したのは、VW純正品ではなく、社外品MANNフィルター製。(写真1枚目) 
               これにて 少しだけですがコスト削減します。

外したフィルターを逆さまにすると 出てくるガソリンは写真2枚目のとおり、真っ黒。  
前回このフィルターを交換していただいたのは平成25年、それから73800キロぐらい走行ですから これぐら汚れが出てきても納得ですね。

フィルターが新品になり、ガソリンの流れがスムーズになりますから フューエルポンプの負荷が軽減されます。


19071011907102

  

evooyaji at 17:19|PermalinkComments(0) ルポ 

2019年07月09日

ルポ GTI タイベル交換

VWルポGTI ツースドベルト(タイミングベルト)交換で ご入庫いただきました。
写真1枚目のパーツを用意してスタート。  ALTベルト(ドライブベルト)、ALTテンショナーの2点のみ社外品、これら以外は VW純正パーツを使用いたします。 

順調に作業は進み、あと少し というところで、問題発生。
再使用不可ボルトの場所を新品ボルトに交換し、締め込んでいると あれ 何だか嫌な感触。 まだトルクレンチを使う前の段階でネジ部が なめてしまいました。  
では古い外したボルトを見ると、アルミの粉(ボルトの相手側はアルミ)が付着しています。

あ〜ここにきて問題発生。  アルミパーツにリコイルキットを使ってメスネジを再生しないといけませんが、適合するリコイルキットの在庫は?  
数種類しか在庫を持っていないリコイルキットですが、見事に欲しい太さ、ピッチの在庫有り。
あとは この指定の下穴を開けるインチのドリルが有ればOKですが、こちらはインチドリルのセットを持っていますので、何も問題なし。

運が悪いのか、良いのか 判りませんが、作業が止まることなく、進めることができて 良かった〜。


19070911907092

evooyaji at 18:41|PermalinkComments(0) ルポ 

2019年07月07日

8J TT デジタルスピード

2007年式アウディTT 2WD (BWA) エンジンECUチューニングでデジタルスピードを施工。
ECUの書き換えで+51馬力となり251馬力、トルクも+95Nm、375Nmとなりますから、一気に変身できます。

手順としては ノーマルデータの読み取り→メールでドイツに送信→チューニングデータ受信→上書き→試運転→完成  という流れで進めます。

今回はメカニックによる試運転で「良いような、パワーがいま一つのような。 速いものに(ハイパワー車両)乗りすぎて 感覚おかしくなったのか?」 といっておりました。
フォルトチェックしてみると「ブースト圧が目標値に達しない」 と。

2ヶ月ほど前のチェック時には、ブースト圧に関するフォルトはなし でしたが・・・。
その後 お客様に確認すると「2週間ほど前からエンジンのパンチが無くなった、中間加速が鈍くなったような・・・」
とのことでした。

このフォルトから考えると一番に確認すべきは 故障定番のディバーターバルブです。

エンジンアンダーカバーを外し、ディバーターバルブ(以下バルブ)を外してみると、写真1枚目のとおり、みごとに破れていました。
これでは、ブーストが掛かりませんね。  
急遽 在庫の中古品を取り付け、再度試運転。
帰ってきたメカニックから「う〜ん これです、これぐらいが250馬力」と。
ということで、新品のバルブが入荷するまで この中古品を無料レンタルし、作業終了。

写真2枚目は、エンジンECU読み取り、書き込み時 任意の一定電圧を70Aまで送れる定電圧装置(充電器)を接続し、リプログラムモードで動かしています。
この機械を購入して 初のリプログラムモードにて使用しました〜。

19070631907062

evooyaji at 15:05|PermalinkComments(0) TT 

2019年07月06日

A3 RECSとSトロ オイル交換

2015年式アウディA3 (CXS)  「エンジンチェックランプ点灯で正規ディーラーさんへ2回ほど入庫したが、原因不明だった」 とのことで、当店に ご来店。
診断機にてフォルトチェックするも、すでにリセットされた後で、何も残っておらず。
お客様からの情報で推測。  まずは、ワコーズRECSとフューエル1を注入して 様子をみることとなりました。

そして「ついでにSトロニックオイル(DSGオイル)の交換も・・・」ということで、乾式7速のオイル交換も受注。

Sトロ オイル交換については、いつもの専用工具を使用し、作業しますので スムーズに進めることができます。

ワコーズRECSについては、この1.4リッターターボは出来ないタイプ となっておりますが、専用アタッチメントを用意し、通常とは別の やり方で作業いたしました。   時間は3倍近くかかりますが、上手くいきましたよ。

これにて しばらく 様子見で、次のメニューはバッテリー交換でしょうか。

1907061 

evooyaji at 11:05|PermalinkComments(0) A3 | ATF