2020年11月14日

アウディ80 メクラ蓋

1995年式アウディ80 トランクリッドの配線にあるグロメットが写真1枚目、2枚目のとおり、ポロポロになっておりました。
パーツリストで この部品単体がないか調べましたが、当然のごとく無い。 このパーツは生産中止とかではなくて、元々単品設定がされていないですね。 ということで、ここから直径が合いそうなメクラ蓋を探していくのですが、これ なかなか大変な作業。
パーツリストのグロメット一覧から幾つかの候補をあげて、品番から画像を検索。 最後は一か八かで発注。  数時間かけて探し出したものが ぴったり適合(みごと流用)できたときは、最大の満足感が得られますね。

今回も写真3枚目のとおり 上手くいきました。   あとは配線の周りをブラックシールすれば完成。  


201114120111422011143

evooyaji at 19:16|PermalinkComments(0) A4 

2020年11月13日

A4 Sトロオイル交換

20111312014年式アウディA4 オールロードクワトロ(以下ARQ) 先日「時折 シフトショックがある」「シフトダウンの時のみで、2速から1速の時のようで・・・・」ということで ご入庫いただきました。
この車両は8K (B8) 最終型ですが、8W のARQで同じような症状の車両がありました。

過去の事例から「まずはディーラーさんにてトランスミッションECUのアップデートが有るか、無いか 調べてもらって下さい。 アップデートが有るのであれば、上書きで良くなる可能性がありますので」 とお伝えしました。
お客様は そのままディーラーさんへ入庫し確認してもらうと、やはりアップデート有り。 ということでECUの上書き作業を実行。
当店に戻られて、Sトロニックオイル交換の作業依頼をいただいたといった流れです。

パーツが揃ったので、本日再入庫いただき、作業開始。
写真1枚目 用意したパーツ。 ここに写っているものは全てアウディ純正です。 オイルのみ社外品を使用。

写真2枚目 外したミッションオイルパンの内部。 走行距離は約4万1千キロで初のオイル交換です。

写真3枚目 オイルストレーナー(フィルター2個)など。

写真4枚目 洗浄後のオイルパン内部。 

このころの年式のミッションはストレーナー(フィルター)が2個付いているものと3個付いているものが混在しております。 ミッション型式からも判別できないので、現車確認が必要です。
             ちなみに この車両は2個でした。

オイル注入後の油量調整も ミッションタイプによって温度が違ったりしておりますので、整備書が欠かせないですね。

メカニック2人が作業中に、私は次のメニューのフロントデフオイル、センターデフオイル、リアデフオイル交換に付いて現車確認を進めました。
これまたリアデフは複雑に何種類もあり、識別方法も複雑。 デフケース形状で判別したり・・・。
まあ、オイルについては2種類だけでシンプルですが。 この2種類はギアオイルとATF ということで、間違えると大変なことになってしまいますので、慎重に調べていきます。 ここでも整備書が大活躍。 特定できましたので、次はアウディ純正オイル品番から社外品の対応オイルを調べます。


201113220111332011134



evooyaji at 19:02|PermalinkComments(0) A4 | ATF、DSG

2020年11月11日

ゴルフ7 ポーレンフィルター交換

少しだけ空いた時間ができましたので、デモカー ゴルフ7 GTI にレーザー式オービス対応のレーダー探知機 ユピテル LS10 を取り付けました。 ついでにポーレンフィルター(エアコンフィルター)も交換。  このところ家内から 「この車、エアコンが臭い」と言われており・・・。
外してみると写真のとおり。  (左が新品、右が外したもの、どちらも社外品マンフィルターのフレシャスプラスです)
外したものは 私の予想よりも かなり汚れています。  ということは、良い仕事をしてくれた ということでもありますね。
写真2枚目を見ますと、もっと早めに交換しないといけなかったと思います。
ちなみに この外したフィルターの使用期間は3年半、走行距離1万7千キロです。
     やはりメーカーの指示どおり1年ないしは1万5千キロごとの交換ですね。


201111120111122011113

evooyaji at 11:56|PermalinkComments(0) ゴルフ7 | デモカー

2020年11月10日

タント ラックブーツ交換

2011035平成20年式ダイハツ タントカスタム (L375S)  先日のドライブシャフトブーツ交換作業時に左ステアリングラックブーツが破れているのを発見し、4ホイールアライメント測定、調整を一旦中止。
ラックブーツを手配し、交換してから 作業を進めることとしました。

お客様と相談し、ラックブーツは左右とも交換し、ついでにタイロッドエンドブーツも左右交換することに。 用意するパーツは信頼性をとって 全てダイハツ純正品 としましまた。

サクサクと これらのパーツを交換し、ホイールアライメント。 こちらの作業も スムーズに終了。

12万キロ走行ともなると 色々とメンテナンスが必要となりますが、これで一通り出来上がりです。


evooyaji at 11:38|PermalinkComments(0) 日本車 | ホイールアライメント

2020年11月08日

ジュリエッタ タイヤ交換

2011081アルファロメオ ジュリエッタ タイヤ交換で ご入庫いただきました。
今までのタイヤがBS S001 225/40-18 とのことでしたので、見積はBS、ミシュラン、コンチネンタルで4種類の内から選んでいただいたのは、ミシュラン パイロットスーパースポーツ(以下PSS)です。

この同サイズの お客様でS001からPSSに交換された方が他に2名。  お二人ともPSSが気に入っていただいておりますので、おすすめできますね。

でも私の予想ですが3〜4年後の次回交換時は皆さんBSになるかも? 同じメーカーでは 面白味が無いですから。

さて交換作業ですが、1本目のホイールでインナーリム内側(タイヤのビードが当たる部分)にキズを発見。   なぜ こんな部分にキズが付いたのか? (写真2枚目)
アウターリム部であれば、前回のタイヤ交換時かな?と想像できますが、インナーですから?です。

ここは、写真3枚目のビードシーラーを塗布しておきます。  これはロールスロイス各車種、ランドローバーのクラシックレンジローバー、レクサス等に純正採用されている材料となります。
            これで漏れを防止できます。
写真4枚目 ホイール裏側の取り付け面ですが、錆びと汚れが堆積し、ボコボコになっておりました。 北海道から転勤されておりますので どうしても錆びの問題は避けられません。
ここはスクレパーで綺麗に面出しし、車両側(ローターハット部)も同じような状態でしたので、こちらも清掃してから 取り付け。
リアの作業が終わって、フロントに移ると 右前に問題有り。
写真5枚目 ライトセンサーのリンクが間違った向きで付いています。 このままリフトから降ろすとセンサーのアームがセンサー配線に食い込んでしまいます。  配線をみると くっきりと食い込み跡があります。 これでは まずいのでリンクを外して、正しい向きに付け替え。(写真6枚目)

     タイヤ交換4本で1時間の予定でしたが、色々あり2時間でした。

20110852011084201108620110822011083


evooyaji at 11:39|PermalinkComments(0) アルファロメオ 

2020年11月07日

アウディ80 シャフトブーツ交換2

アウディ80 ブーツ交換の続きですが、内側ブーツを外してトリプルローラーを清掃したまでは、よかったのですが、用意した内側ブーツ(偶然 当店在庫が有り喜んだもの)が合わないことに気が付きました。

う〜ん、2種類の内 どちらが正しいのか特定できなく、調べていただき、車台番号から特定できたものなんですが、実際は違っておりました。 正確には このパーツは右ドライブシャフト内側用でした。

このままでは どいしようもありませんから、ブーツは再使用し、グリスは用意したパーツのものと同じですから、これを使用、ブーツバンドは大きい方は これまた用意したパーツと同じなので、これを使用。  ブーツバンド小は、う〜ん困りました。 外したバンドの再使用はできませんので・・。
だめもとで品番検索し、当店在庫リストで調べると、ラッキーなことに1個在庫有り。

          危ない所でしたが、なんとか上手くいきました。


evooyaji at 12:14|PermalinkComments(0) A4 

2020年11月06日

アウディ80 シャフトブーツ交換1

20110711995年式アウディ80 (ABK) 先日タイヤのチューブレスバルブキャップ(樹脂製)が割れており、交換していると フェンダーの内側(インナーライナー)にグリスが飛び散った跡が無数に有りました。
いかにも新しいグリスですから、これはシャフトブーツが破れている可能性大です。
早速リフトアップして確認すると、やはり的中。  左外側ブーツが ぱっくり割れて(破れて)いました。
交換は ついでですから外側、内側両方を迷わず交換することに。

パーツリストで品番検索すると外側は特定できましたが、内側は2種類の内 どちらが適合するのか判断できませんでしたので、問い合わせ。 車台番号から調べてもらい判明。 
ところが 在庫状況は メーカー生産中止と。 そして外側も メーカー生産中止。

これは困りました。 すでに破れている外側だけでも探さないと・・・。
仕方がないので社外品(信頼できるルートで)を探すも、こちらも各社在庫無。
う〜ん、海外ルートで探すとアメリカには純正品が有るようですが、場所が場所だけに早く修理したいので、日本で なんとか調達したい。
   私が 嫌っている社外メーカー製なら 国内有り。 散々迷って、これでいくことに。
一方ついでに交換する内側は、灯台下暗し 当店の在庫リストで検索すると、有りました〜。
           これはラッキー。 (もちろん純正品です)
写真1枚目 用意したパーツ。 箱入りのブーツが純正品の内側。 3個のナットは再使用不可ナットです。

写真2枚目 破れた左外側。

写真3枚目 ついで作業の内側を外すと、こんなグリスが出てきました。 水が入っていますね、トリプルローラーですから新品グリスも黄色ですが、こんな粘度、色ではありません。

このあたりでは、内側もついでに作業して良かった〜と言っておりましたが、この後・・・・
                       長くなりましたので続きは、また後日。

20110722011073







evooyaji at 12:17|PermalinkComments(0) A4 

2020年11月05日

ポロ プラグ交換

先日ドライブシャフトブーツ交換でご入庫いただいたアウディQ5オーナー様より「ポロのプラグ交換いくら?」と。 詳しく伺うと 奥様の車両はポロとのことで、2012年式 6RCBZ
早速パーツリストで品番検索すると1本4400円、製造メーカーはNGKでした。
ではNGKの商品で同品番が日本国内で購入可能か調べてみると、この品番は可能で定価2860円/1本
ここは、迷わずNGK製(VW純正品ではないものですが同品番)をおすすめし、受注。
本日交換しましたが、作業中にブローバイバルブが折れているのを発見。 本来であれは、タペットカバーに刺さるように繋がっているのですが、この部分が折れているのでプラプラ状態。

これは交換するしかないですが、お客様は「しばらく検討・・・」とのこと。

2011051

evooyaji at 19:20|PermalinkComments(0) ポロ 

2020年11月04日

アップ バッテリー交換

20110412014年式VWアップ 水漏れ修理は先週末に出来上がっておりますが、追加となりましたバッテリーの入荷待ちでした。  土日、祝日を挟んでしまいましたので、本日やっと入荷。
この車両はアイドリングストップ無し車ですが、交換作業後は、診断機を接続し、バッテリー設定が必要となります。  
  これを怠るとバッテリーの寿命を短くしてしまう可能性がありますので、必須ですね。

もちろん、いつもの NOCO社のバッテリーターミナル保護剤も忘れずに塗布いたしました。



evooyaji at 19:06|PermalinkComments(0) アップ 

タント シャフトブーツ交換

2011031平成20年式ダイハツ タントカスタム (L375S)  先日ラジエータ交換を行った車両です。
今日は左ドライブシャフトブーツ交換、4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
シャフトブーツを交換するため、ドライブシャフトASSYを車両から外して、分解、清掃、組み付けと進みます。

写真1枚目 用意したパーツ3点。 全てダイハツ純正品です。

写真2枚目 外したシャフト。  この位置からですと「何で交換するの?」と聞かれそうですが、インナーブーツの淵からグリスが流れ出ており、シャフトの回転によって、周りに飛び散っている状態でした。 ブーツ自体は破れていませんが、グリスが劣化し 軟化したため と思われます。写真3枚目だと わかりやすいですね。

写真4枚目 綺麗に洗浄し、ブーツに付属のグリスを充填し組み上げていきます。(写真は内側)

作業途中で、他の問題個所を発見のため、この後のアライメント作業は中止といたしました。

201103220110332011034



evooyaji at 15:03|PermalinkComments(0) 日本車