2019年06月07日

SQ5 エアコンリフレッシュ

2015年式アウディSQ5 丁度2年前にエアコンリフレッシュ作業をさせていただいた車両です。
そして昨年はワコーズ エアコン添加剤PAC-Pを注入しております。
一般的に正常なエアコンシステムでも(自動車エアコン)年間20〜25gのガスが抜けているといわれております。その原因は配管の一部にゴムホースが使われているため、このゴム部分から134aガスが抜けているのです。

一方ワコーズのPAC-Pの内容量はオイル5gと134aガス20gです。

ならば この車両の場合 2年前にエアコンリフレッシュ作業で134aガスは 車両規定量ぴったりの550g注入し、1年前にPAC-Pの注入により134aガス20gが入っていますから 計算上ほぼ規定量のガスが入っているだろうと予想できます。
今日の作業で何グラムのガスが抜ける(回収される)か、私自身 興味津々でしたが、結果は549g と 一般的な車両よりも良い数値でした。
       単純計算で2年間で21g抜けたこととなり、年換算すれば10.5gですから。

また これだけガス量が良い状態に保たれている車両だと、リフレッシュ作業で体感できる変化がなさそうに思われますが、実は違うんです。    ここ大事なところです。

リフレッシュ作業において、ガスを抜き取ると同時に配管内の不純物も一緒に抜き取り、当店自慢のTEXA 780Rの2種類のフィルターを通して再生し、不純物が無くなることで、エアコン効率が上がるのです。
またガスと同時に抜き取ったコンプレッサーオイルも正確に測定し1g単位で測定し、同じ量の新油を注入します。
(抜いたコンプレッサーオイルは廃棄)

実際にこの車両は、作業前吹き出し口温度9.5℃から作業後は8.3℃と1.2℃冷えるようになりました。

エアコンシステムは、ガス量が多すぎても、少なすぎても 故障の原因となってしまいますから、規定量のガスで使用するのが一番長持ちします。

            エアコンリフレッシュ作業予約のお電話 お待ちしておりま〜す。

1906081



evooyaji at 18:48|PermalinkComments(0) S、RS | Q5

2019年06月05日

アライメント 2台

今日の予約は4ホイールアライメント測定、調整の2台だけ。
1台目はアルファロメオ147ツインスパーク 某メーカー製車高調整キットが付きで、「車高を上げたい」との希望でしたが、フロントは すでに一番上でしたから、上げれず。  リアは全長調整式でしたので、まだまだ上げれますが、フロントとのバランスを考えて10ミリほどアップで左右合わせ。
リア片側がポジティブキャンバーになっておりましたので、各部を緩めておいて、あえて荷重を少しかけて締めこむと、見事 約マイナス1度となり、左右揃いました〜。
調整機能の無い場所でも このように各部のクリアランス(ガタ)の分だけ調整できる場合もあるんです。

変わって2台目はアバルト124スパイダー
こちらの車両は、スラスト角が悪くて0度7分でしたが、調整後はゼロとなりましたので、直進性ばっちりに。 
この車両は調整箇所が沢山(10箇所)ありますから、アライメント調整のやり甲斐がありますね〜。 時間は掛かりますが。

1906051

 



evooyaji at 16:04|PermalinkComments(0) ホイールアライメント | 輸入車

2019年06月04日

カロマット 特注品

2017年式BMW X4 M40iX (F26)(左ハンドル)  先月 カロマットのご注文をいただきました。
ところが、メーカーHP適合表に この車種がありません。 メーカーに問い合わせをかけると、「適合未確認のため特注扱いとなりますから、型紙を用意して下さい」と。
ということで、BMW純正マットから外径を型取りし、ゴム製フットプレートの指定位置は、純正マットの擦れ具合から踵の位置を割り出します。
あとは、カロのメタルエンブレム位置とベルクロの位置を指定したら、型紙完成。
通常ですと2週間ほどで出来上がりますが、今回は受注が重なったようで 納期は約3週間。

                   いつものことですが、出来上がりは バッチリです。

19060421906041



evooyaji at 18:31|PermalinkComments(0) BMW 

2019年06月01日

代車のメンテ

1906011当店代車のVWルポ 先日の点火系不良から一旦復活しましたが、今度はメンテナンスでスロットルバルブ清掃と再設定を行いました。
その際にエアクリーナエレメントがブローバイのオイルでベトベトになっておりましたので、交換となりました。

                    これで、また しばらく 働いてもらいます。

evooyaji at 18:16|PermalinkComments(0) ルポ | 代車

2019年05月29日

診断機 アップデート

1905291昨年購入した診断機ですが、数多くの(57)メーカーに対応している関係で2日に1回ぐらいの間隔でアップデートをしております。
今日も写真のとおり4メーカーのソフトをアップデ−ト。

                     毎日 活躍中です。



evooyaji at 11:54|PermalinkComments(0) 工具 

2019年05月28日

代車 コイル交換

当店代車として 長らく活躍中の2002年式VWルポですが、先日降雨時にエンジン不調(アイドリング不調)となってしまいました。
診断機を接続し 確認すると「点火不良・・・・」と。
ということで、点火コイルテスターを使ってプラグコード測定モードにてチェック。
でも この時すでにアイドリングは正常となっており、どの気筒が不良なのか判断できず。

まあ、このエンジンの場合 点火コイルは1個なので これを交換。
今回は社外品ボッシュを選択。  本来であればVW純正品を選択すべきところですが、そんなに先が長い車両ではありませんので、コスト優先としました。

1905281                    



evooyaji at 11:23|PermalinkComments(0) ルポ | 代車

2019年05月27日

2019年5月 休業日

5月は 通常どおり 毎週月曜日と第一日曜日 に加えて 5(祝)から8(水)まで連休で お休みさせていただきます。

    5(祝)〜8(水)、13(月)、20(月)、27(月) が休業となります、よろしく お願いいたします。


evooyaji at 09:49|PermalinkComments(0)

2019年05月25日

A5 に S5 ディフューザー

アウディA5 SB リアディフューザー交換の ご依頼をいただきました。
この車両は社外マフラー(左右4本出し)になっており、すでにS5用ディフューザーが付いていましたが、このディフューザーに張り付けてあるカーボンステッカーが剥がれてきてしまったので、交換となりました。

私の考えでは、カーボンステッカーを剥がせばOKなのでは と提案させていただきましたが、元々のパーツにキズがあったために、ステッカーを貼ったので、剥がすとキズが出てくるからダメ とのこと。

パーツリストETKAで調べて、S5 用を見つけて発注。 翌日入荷し、メカニックが検品すると 中央部に塗装の剥げが有り(1ミリほどの)、返品手続きとともに代品手配。 翌日代品が届き 検品するも これまた中央部に凹み有り(5ミリほど)
う〜ん 国内の在庫は残り2個となり、よ〜く確認してから発送していただくようにお願いすると、「1個だけ 良さそうなので これを送ります」 と3個目が届き、恐る恐る確認すると、今度は大丈夫、で本日交換となりました。

交換は、上手くいけば バンパーを脱着せずに 出来ないかなと思っていましたが、やっぱり無理。  すぐに素直に脱着作業にかかり、無事に完了。 (写真1枚目)

写真2枚目は、外した カーボンステッカー張り付け済みパーツ。  端の方から 剥がれてきています。

19052511905252



evooyaji at 11:32|PermalinkComments(0) A5 

2019年05月24日

セリカ 水漏れ修理

平成18年式トヨタ セリカ (ZZT231) 別件で ご入庫いただくと 何だかLLC臭い。 ボンネットを開けると、写真1枚目のとおり、ラジエターエキスパンションタンク(サブタンク)からLLCが漏れていました。

これは交換するしかないので、パーツを発注するも すぐに入らないと。  部品商さんいわく「2〜3日みてください」と。  
また排気ガスも臭いので、点火プラグを確認すると、社外品のデンソーイリジュウムプラグが付いていましたが、これが ものすごい磨耗といいますか、これだけ減ったプラグを見たのは久しぶりぐらい。
こちらも交換しか 方法はないので、パーツを手配。  こちらは すぐに入手。

交換作業後は、診断機を使って ECUのリセットをして完了です。

190524119052421905244




evooyaji at 17:37|PermalinkComments(0) 日本車 | ゴルフ4、ボーラ

2019年05月23日

C204 と ゴルフ4

1905234昨日のことですが、2013年式メルセデスベンツC180クーペ (C204) ちょうど1年前にタイヤ交換していただいた車両ですが、電話連絡いただき「タイヤの空気がないみたいだったが、走ったら 空気圧警告が出て・・・・どうしたらよいか?」とのこと。 
「これは、素直に任意保険に付帯するレッカーサービスを利用されるのが懸命です」とお伝えしました。
数分後に「パンク修理で治る?」と再度連絡いただきましたが、「こればっかりは、見てみないと判りません」と返答。

数時間後に自走で ご来店。 「スペアータイヤに交換してもらった」とのこと。   
早速タイヤを確認すると エアーが殆ど無い状態で走ってしまったようで、サイドウォールが磨り減っています。
これでは修理しても全体からエアー漏れする可能性があり、安全性を確保できないので、交換するしかないです。
サイズは225/45-17 91Y コンチネンタルCSC5 MO ですが、このサイズのCSC5はMO 表記のメルセデス用 だけで4種類もあります。また同サイズ同パターンでAO(アウディ用)、BMW用などなど種類の多いこと。
メーカーさんに在庫確認する際も慎重に、確認、再確認。
            在庫有りとのことで、明日入荷予定にて手配完了。

ということで、本日タイヤが入庫しましたので、交換。 ついでに「エアコンの効きが悪い」とのことでしたので、エアコンリフレッシュ作業をおすすめ。 (写真1枚目)

作業前の吹き出し口温度11.3℃、これでは、効きが悪いですね。
抜き取った134aガスは412gと規定量590gに対して69%ですから、悪いのに納得。

規定量ぴったりの134aガスを充填後、噴出し口温度を測定すると8.9℃となりました。
                           これで真夏も快適ですね。

それにしても この車両のエアコンガス量の規定は きびしい(シビア)ですね〜 590g+10g ですから。

変わって2台目は、2004年式VWゴルフGTI エンジンチェックランプ点灯で ご入庫いただきました。
診断機で確認するとラムダプローブ1 ヒーターオープン回路、ヒーター回路低すぎる効率と2個のフォルトあり。
この車両の場合ラムダプローブ(オーツーセンサー)は2個付いていますから、間違えないように。

社外品ボッシュのセンサーに交換し、ECUをリセット。  
外したセンサーは、あたりまえですが真っ黒。 (写真3枚目、4枚目)


190523119052321905233





evooyaji at 15:06|PermalinkComments(0) 輸入車 | ゴルフ4、ボーラ