2021年09月26日

トゥインゴGT 車検

21092632018年式ルノー トゥインゴ GT 車検整備で ご入庫。
ルーティーン作業のリアドラムを開けて、清掃、調整をすすめます。
走行距離1万2千キロの割には 汚れ(ブレーキダスト)が沢山溜まっていました。

最後の検査でシートベルト警告灯2個の内1個が消えないので慌てましたが、この1個は助手席シート用ではなく、リアシート用で 走行しないと消えない仕様と取説に書いてありましたので、解決。


21090612109262

evooyaji at 16:44|PermalinkComments(0) ルノー 

2021年09月25日

S4 ゲージセンダー交換

21092512005年式アウディ S4 フューエルゲージセンダーが入荷しましたので、作業開始。 それにしても このパーツ、日本国内在庫が有って助かりました。 フューエルポンプのように在庫無し、生産中止となっていたら・・・と一瞬凍り付きましたが、メーカーに品番を伝えて「3個だけ有ります」と聞いた時は「良かった〜」と大きな声をあげてしまいました。
写真2枚目、3枚目 外したパーツ。  これ外すのは簡単に外れたのですが、新品を付けるのが、なかなか嵌らない。 タンクの底に嵌り込むのですが、片側が入ると もう一方が入らないんです。
ガスケットは やはりネチョネチョ、ポロポロ。

写真4枚目 やっと新しいパーツが付きました。 配線カプラーも新品に交換。

210925221092532109254

evooyaji at 14:03|PermalinkComments(0) S、RS 

2021年09月24日

S4 エアコンとオイル

21092552005年式アウディ S4 ですがフューエルゲージセンダー入荷待ちの間にエアコンリフレッシュ作業とセンダーデフオイル、リアデフオイル交換をしました。
エアコンから開始。 いつものように作業前 吹き出し口温度を測定すると25.7℃(外気温29.8℃)で殆ど冷えていない(効いていない)状態。 TEXAの画面上もNon OK 
車両のエアコン配管を見ると高圧側のリストリクターから先が結露し、凍っています。
これは 嫌な予感がします。  リストリクター部で詰まっている可能性あり。 このパターンは過去に何台もありましたので・・。

とにかく作業を進めてみることに。
すると抜き取ったガス量360g(規定量500g)でしたので、一安心。 ガス量が少ないだけ の可能性浮上。 この後は順調に進み、ガス充填。 最後の吹き出し口温度測定で7.4℃となりましたので、完了。

この車両はエアコンリフレッシュ作業が初めてでしたが、この作業は定期的に行っていただくのがベターですね。

センターデフオイル(トランスファーオイル)交換も初めての作業。 このミッション型式はドレーン(排出口)が付いていないので、今まで無交換でしたが、今回は交換してみることに。
シール付きフィラーボルト、アウディ純正オイルを用意。 
このオイルは 現在26180円/1リッターと高額ですが仕方ありません。 社外品で対応OKのメーカーもありましたが、こちらはリアデフも同じオイルでOKとなっておりました。一方アウディ純正オイルはリアデフと共通オイルではなく、それぞれ別品番で設定されておりますので、ここは やっぱり純正品を選択。
ドレーンが無いので そう簡単には抜き取れないのですが、初めはゴムホースを入れて吸い出せばいけるだろう と思っていましたが、この方法では上手くいかず。 内径1ミリほどの金属パイプをパイプベンダーで曲げて、作ることに。 1個目で少しだけ抜くことができましたので、さらに改良版の2個目を作って 抜き取り。 新油を入れるのは 一瞬で出来上がり。

リアデフオイルは社外品モチュールを使用。 このお客様の別車両(AMG C43)のあまり(ボトルキープ分)を使いましたので、新油は1リッターのみ使用。
   明日は 待っているパーツが入荷する予定ですので、燃料系の作業ができます。


evooyaji at 13:27|PermalinkComments(0) S、RS 

2021年09月23日

C6 アライメントとエアコン

21092312007年式シトロエンC6 エアコンリフレッシュと4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
この車両は2016年にアライメント、2017年にエアコンリフレッシュ作業を当店で行っております。

走行距離は 殆ど増えておりませんが、前回作業から4〜5年経過しておりますので、再度おこないます。

アライメントから作業開始。  試運転後の測定調整は、ハイドロニューマチックをロックしておいて進めます。 測定結果は予想の範囲で狂っておりましたので、4ヶ所調整をします。

エアコンは作業前吹き出し口温度15.9℃でしたので、や〜な予感がしましたが、作業後は11.4℃となりましたので、OKです。
抜き取ったガスは474gと規定量625gから151gも少ない状態でした。

単純計算で約30g/1年ぐらい抜けたことになりますので、通常よりも少し多いです。
       一般的には20〜25g/1年ぐらは抜ける といわれておりますので。

写真1枚目 作業後の吹き出し口温度測定中。

写真2枚目 今 見ても斬新なデザインですね。 強烈に湾曲したリアガラスが特徴的です。

2109232



evooyaji at 19:22|PermalinkComments(0) シトロエン 

2021年09月22日

S4 フューエルキャップのひも

2109221パーツの入荷待ちの間に 写真のフューエルキャップのひもが千切れていましたので、ひものみを交換します。  このパーツは いつも このブログで書いていますが、他メーカー純正品をヨーロッパより取り寄せしております。 アウディ純正ですとキャップASSYのみの供給で 1万円前後しますので・・・。



evooyaji at 19:02|PermalinkComments(0) S、RS 

2021年09月21日

S4 に異変が

2109211先週フューエルポンプ(以下ポンプ)を交換させていただいた2005年式アウディS4 交換後に各部燃料漏れチェックのため、ガソリン満タンにして、チェックいたしました。
何事も問題なく、丸2日が過ぎたのですが 今日「何だか 工場内にガソリン臭がする」ということで、臭いの元を探していると、S4からでした。

今回交換したポンプ部分(タンク右側)ではなく、反対側(タンク左側)にあるフューエルゲージセンダー(以下ゲージセンダー)部からでした。 これは こちらのガスケット(ポンプガスケットと同じもの)もゴムが劣化して、ベトベトになっていても不思議ではありません。 「初めからこちらのガスケットも同時交換するべきだった」と反省。 確認のため、リアシートを外して、サービスホールの蓋を外すと、何だか予想と違う。 よ〜く見るとゲージセンダーの樹脂が割れています。

これでは、ガスケットだけ交換しても直りませんので、ゲージセンダーも必要です。
品番検索すると この品番はV8エンジン専用 となっており、在庫が急に心配になり、慌ててメーカー在庫(アウディジャパン在庫)を調べると3個有りとのこと。
               ふ〜ぅ 生産中止でなくて 良かった〜。

写真1枚目 左サービスホールの蓋を開けて、カプラーを外すと・・・。

写真2枚目 配線カプラー内にもガソリンが・・・。防水シールが溶けています。

写真3枚目 割れている所のアップ。  こうすると よく分かりますね。

        それにしても 納車前に不具合が出てくれて 良かった〜。

21092122109213

evooyaji at 18:56|PermalinkComments(0) S、RS | A4

2021年09月19日

パサート ラムダプローブ

21091912017年式VW パサートバリアント (CHH) 「先日エンジンチェックランプが点灯したので、正規ディーラーさんで診てもらった」  「一旦リセットして様子をみてください」とのことだったが、すぐにまた点灯してしまったので、修理を・・・とのことで、ご入庫いただきました。

ラムダプローブ2個の内の1個を交換することに。
それにしても この車両は走行距離約3万キロですから、もう このパーツが故障するとは?
延長保証1年または2年に加入していれば 保障で修理可能でしたから、延長保証の重要性がわかりますね。

ちなみに品番検索で、このパーツは2回も品番変更されておりましたので、元々パーツに問題があったのか?


evooyaji at 12:54|PermalinkComments(0) パサート 

2021年09月18日

8J TT ACFバルブ

2007年式アウディTT (8J) エンジンチェックランプ点灯で ご入庫いただきました。
診断機を接続して調べると、ACFソレノイドバルブの詰まり でした。
これはチャコールフィルターが不良となり、内部の活性炭が飛び出て、ACFバルブを詰まらせてしまうのです。 同じことがゴルフ5、A3(8P)でも起こります。

なので、ACFバルブだけ交換しても直らない(また同じことの繰り返し)ので要注意ですよ。

写真2枚目の外したチャコールフィルターから活性炭が出ているのが確認できます。

交換後は診断機を接続して、フォルト(エラー)をリセットして完成。

21091812109182


evooyaji at 16:51|PermalinkComments(0) TT 

ゴルフ7R このフォルトの場合は

2015年式VW ゴルフ7 R エンジンチェックランプ点灯で修理依頼。
この車両は 当店にてニュースピード パワーモジュール(サブコン)を5年ほど前に取り付けた車両。 他店にて これが原因 ということで、数か月前に一旦取外しをし、ノーマル状態で様子をみてもらっていましたが、外した状態でも同じ結果でした。
診断機にて拾うフォルト(エラー)は、インテークマニホールドプレッシャー・・・とチャージプレッシャーセンダー・・・の2点。
このフォルトコードを調べていると、診断機メーカーさんのHPで片方のフォルトを拾った場合は「ディップスティックチューブ(以下チューブ)がシリンダーブロック接続部で割れたり、漏れたりしていないかチェックすること」 とありました。 現車は このチェーブの付け根からオイル漏れして シミを作っている状態。
Oリング1個を交換してみることとなりました。
交換は簡単か と思っていましたが、これがなかなか大変。  狭くて工具が入らない・・・。
1時間ほどかかって交換。   これで すっかり良くなってくれることを祈ります。



evooyaji at 12:46|PermalinkComments(0) ゴルフ7 

2021年09月17日

S4 エンジンがかからない

21091712005年式アウディ S4 「エンジンが始動できない」とのことで、先週 積載車にて ご入庫いただきました。 原因を調べていくとフューエルポンプ本体に。
ならば 比較的簡単に修理可能と思い、パーツ品番を調べて、在庫確認をすると国内(日本)在庫なし、本国(ドイツ)在庫なし、生産中止品ですから手配できません。 との回答。

これは困りました。 
ここから国内で社外品のポンプも含めて探しましたが、見つからず。
世界に目を向けて、ドイツやアメリカのVW、アウディ専門店等を手あたり次第探すこと丸2日。

アメリカでアウディ純正ポンプを発見。 アメリカからの輸入業務を専門にしている業者さんに依頼して取り寄せてもらいました。
商品が手元に届くまでドキドキでしたが、8日後に無事に正しいものが届きました。(無傷で何事も無く)

このポンプはB6 B7 のS4にしか使われていないものなので、探すのに苦労しました。 多くの車種に使われていれば社外品も沢山ありますので、何とかなりやすいですし、生産中止にもなりにくいですから。

写真1枚目 苦労して探し出したポンプ。

写真2枚目、3枚目外したポンプ、ポンプガスケットはゴムが劣化して、ベトベトでした。

写真4枚目 ポンプを脱着するための専用工具(SST)です。 久しぶりに使えました。

写真5枚目 フューエルフィルターも同時交換します。 

2109172210917321091742109175





evooyaji at 16:24|PermalinkComments(0) S、RS | A4