2024年05月24日

Nワゴン タイヤホイールセット

2405241ホンダ Nワゴン (JH3) タイヤ交換の見積もり依頼をいただきました。
私は そのままタイヤの見積もりを作ろうとすると、お客様から「ついでだからホイールもセットで・・・」と、追加でアルミホイールも見積もりとなりました。

タイヤは2種類の中から高い方のダンロップEC204 を選んでいただきました。

ホイールナットはスタッドレス用ホイールで使われているものを使って 取付。
純正のスチールホイール+フルホイールキャップからアルミホイール へとグレードアップできました〜。


evooyaji at 14:13|PermalinkComments(0) 日本車 

2024年05月23日

ハイラックス ルーフボックス

24052312022年式トヨタ ハイラックスGR (GUN125) ルーフボックスの取付で ご入庫いただきました。
ボックスはTerzo ローライダー フレックス スリム のホワイト、バーはTHULE ウィングバーEVOのブラックの組み合わせ。
ボックスとバーが同じメーカーであれば、何も問題なく組み合わせられるのですが・・。

お客様の好みでボックスが決まったのですが、生憎Terzoでは このGUN125用のバー取付金具が設定無し。 一方THULEは設定有り。
仕方が無いので Terzo のルーフボックス用マルチクランプを使って付けることとなりました。

取付は2人がかりで3時間、ボックスをルーフに載せる際は3人がかりで取付。
                予想のとおり、難儀でした〜。


24052322405233





evooyaji at 18:33|PermalinkComments(0) 日本車 

2024年05月22日

クラウン特注マフラー

2405301随分前から計画していたのですが、昭和54年式 クラウン MS105 のステンレス製特注マフラーを作ることです。
純正マフラーの内部が錆びつき、穴が空く度に鉄板を当てて穴を塞いでおりましたが、この方法では埒が明かない状態で・・・。

触媒から後側をステンレス製にすることに。 サブサイレンサー、メインサイレンサーと曲げパイプの組み合わせです。 マフラー専門店さんと打ち合わせをして、進めていきます。

写真は 作業前の純正マフラーです。 サブサイレンサーの上部は 大穴があいております。

写真1枚目から順番に後側へ。 最後の出口は、純正マフラーカッターを再使用し、純正風にします。


24053022405303

evooyaji at 18:46|PermalinkComments(0) 日本車 

2024年05月19日

A6 プラグ交換

2011年式 アウディA6Q 3リッタースーパーチャージャー(CAJ) 点火プラグ交換で ご入庫いただきました。 先日エンジンオイル交換作業をさせていただいた車両です。

この車両はV6エンジンですからプラグ交換には 色々なものを外したり、移動したりしないと交換できません。 でも やることは簡単なことばかりなんで時間はかかりますが、難しくはありません。

外したプラグは電極に汚れが付着した状態で、あまり見かけない汚れ方で・・・。 お客様いわく「8年間交換してないから・・・」とのことでした。



evooyaji at 18:12|PermalinkComments(0) A6 

2024年05月18日

SQ5 色々と

24051812023年式 アウディSQ5 SB エアコンリフレッシュ、4ホイールアライメント等で ご入庫いただきました。

こちらの車両のエアコンガスは新ガス1234yfとなっております。 この新ガス採用の車両で(おろしたての新車等)エアコンリフレッシュ作業をすると抜き取ったガス量が100g少ないことがよくあるのですが、これって・・・・?
この車両は規定量525gに対して121g少なかったです。 規定量のガスを充填し、作業後の吹き出し口温度は作業前に比べて1.9℃下がりました。

写真1枚目 作業後の吹き出し口温度測定中。 センサーを吹き出し口に付けて、ブルートゥースでエアコン機械に送信し、グラフ表示中。

写真2枚目、3枚目 4ホイールアライメント測定、調整。いわゆるアライメント調整です。
この車両のリアキャンバーは左右ぴったり揃っておりましたので、調整の必要は無し、でもリアトゥは左右とも調整が必要でした。 リアキャンバー調整の際に旧型はSST専用工具が(特殊なソケット)必要でしたが、現行車は普通のメガネでOKな、普通のナットに変更されておりました。
当店では ここだけに使うためSSTを用意しておりますが、現行車両には必要なくなりました。


24051822405183




evooyaji at 18:09|PermalinkComments(0) S、RS | ホイールアライメント

2024年05月16日

ポロ オイルセパレーター

24051612017年式 VW ポロ(CJZ)オイルセパレーターからのオイル漏れ修理。 オイルセパレーターとカバー、ホースを先月発注。 この内のホースが国内、本国在庫無し、納期未定とのことで、ホースは再使用することに。 漏れている主原因はオイルセパレーターなので とりあえずOKでしょう。

最近このパーツ交換が出始めましたね〜。  この車両の次にも同じ作業がありますので・・・。

スチール製のエンジンブロックに樹脂製パーツをじかに取付ますから、設計に無理があるように思いますが、いかがなものでしょう?
取り寄せたパーツは4回ほど品番変更されておりますので、何らかの対策がされているので、次は もう少し耐久性がアップするでしょう。

交換作業は簡単そうで、地味に時間がかかります。 また古いシール剤を綺麗に剥がして、清掃するのも なかなか根気が要りますね。

写真1枚目、2枚目 オイルセパレーターが外れて、清掃中。

写真3枚目 ついでにポーレンフィルターも交換します。

24051622405163



evooyaji at 17:54|PermalinkComments(0) ポロ 

2024年05月15日

デイズからエスカレード

2405151今日の作業はニッサン ディズルークス エンジンオイル交換、脱着作業からスタート。
オイルフィルターも同時交換するため用意しました〜。
次にスタッドレスからサマータイヤに付け替え(脱着)、両方ともホイール付きですから、簡単。 
ところがホイールナットが電動インパクトで緩まず(この時点で160Nm以上で締まっているのが確定)、ソケットに長さ58センチのラチェットを付けて回そうとしましたが、ダメ。
ならば90センチのブレーカーバーに付け替え、これでなんとか緩みました。 いったいどんなトルクで締めたのか?  規定トルクの何倍のトルクが掛かっていたのか?
ここまで強く締めすぎるとスタッドボルトが伸びてしまいますし、そもそも折れてしまっても不思議ではありませんね。
ちなみに この車両のホイールナット締め付けトルクは98+-10Nmです。

続いて 本日2台目はポルシェ カイエンS ポーレンフィルター、フロントデフ、センターデフオイル交換。 当店ドライブオンリフトの外側まであまり余裕なし。
写真1枚目、2枚目 ポーレンフィルター新旧 どちらもフレシャスプラスです。

写真3枚目、4枚目 フューエルキャップの紐が千切れておりましたので、交換。 ここの排水口が砂で詰まっておりましたので清掃し、流れるようになりました。

この車両のあとはキャデラック エスカレード これはデカイ。 カイエンが大きいと思いましたが、エスカレードと並べると、カイエンが小さく見えてしまいます。
ドライブオンリフトの横幅一杯いっぱいですね。 この車両は脱着作業なんですが、22インチ純正ホイールと純正サマータイヤの組み合わせが約39キロですから、二人掛かりでないと作業できません。


240515224051532405154





evooyaji at 16:37|PermalinkComments(0) 日本車 | 輸入車

2024年05月12日

8N TT ウォッシャー液漏れ

24051212002年式 アウディ TT (8NAUQ) 「ウィンドウォッシャー液が漏れる時と漏れない時がある」とのことで、昨年7月に左フロントフェンダーのインナーを外し、タンク周辺を確認した際には、このあたりから漏れた痕跡無しでした。
今回は、フロントバンパーを脱着してヘッドライトウォッシャー配管で原因を探ることとなりました。

フロントバンパーを外すためアッパー部のパネル3枚を外し、次に下廻りの作業。
エンジンアンダーカバーを外して、ウォッシャー配管を追っていくと、ジョイント部クイックカプラーの固定クリップが付いていないのを発見。(写真1枚目) ここが原因ならバンパー脱着をしなくても対処可能ですね。
しかし このクリップ部だけの販売は無いので、写真2枚目の当店SS(バンパー脱着時専用工具)からクリップ部を取ればOKですが、そもそも この車両のヘッドライトウォッシャーはノズルが割れており、使えない状態ですから、ウォッシャータンクがカラにならないように(ウィンドウォッシャーが使えるように)すればOKだと要望されておりますので、 このジョイント部を外して、ボルトでメクラをすることに。 (写真3枚目)
これで、漏れは無くなることでしょう。


24051222405123

evooyaji at 17:36|PermalinkComments(0) TT 

G31 オイル交換

2024年式 BMW 523d ツーリング (G31最終型) エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。
当店初入庫の車両なので、オイルフィルター品番の検索、FSDロックが付いているのか?付いていないのか?(車両のモニターでオイル量が見れるのか?)等を下調べ。
正確な情報が揃いませんでしたが、ディーゼルエンジン車なので 何とかなるだろう で受注。

まず初めに 車両モニターでオイル量が見れるか確認するとOK
次にエンジンルームを よく見ると レベルゲージあり。  これ一番原始的ですが、壊れることがありませんので助かります。
次に診断機を接続できるのか? 確認するとメカニックが 「あ、これって、どうやってIGオンにするの?」となって、私も色々試みましたが、IGオンにならない。
ならばエンジン始動の状態で診断機を接続してみると、当店診断機にポップアップ画面が立ち上がり、IGオンにする方法が英語で表示され、そのとおりに操作すると はい、見事に出来ました〜。

ここまでくれば、あとはルーティン作業ですね。 オイルフィルターはG42の220i と同じ品番のものでした。




evooyaji at 11:29|PermalinkComments(0) BMW 

2024年05月10日

2024.05 さかな村

2405101今月は母の誕生日ですから生魚のプレゼント(笑)をするため、次男と2人で西尾市 さかな村の朝市へ買い出しに行ってきました。
いつもだと3時起床、3時半出発なのですが、これでは 遅くて売約済みのものがありますので、今回は30分早めて、3時出発としました。
この時間ですから、渋滞は全くなく、スムーズに走れて1時間で到着。
母の希望はサワラ、車海老とのことですが、今回は どちらも高価すぎて、パス。
代わりにサゴシ(サワラの稚魚)2匹1500円、血抜き済みの真鯛(40センチ)2匹1500円、穴子8匹1500円、ブリ2800円で終了。

自宅に戻り、次男が捌いてくれますので、私は氷締め、ラップ巻き等の雑用係。
写真1枚目のブリから取り掛かりましたが、これ大きすぎました〜。 85センチぐらいで 我が家の流しには、斜めにしないと入らない。
これでは、作業がやり辛いこと。  「もっと大きな作業台が必要だね」と私が言うと、次男がすかさず「魚が大きいんだよ、いままでで最大だ〜」と。

まずは頭を落としましたがエラ、内臓と合わせると、これだけで3〜4キロぐらいでしょうか。
3枚に降ろしたら、氷締めし、ピチットシートに包んで冷蔵庫へ。

次は写真2枚目のサゴシ2匹を3枚おろしに。 身が柔らかい(崩れやすい)ので 作業は慎重に。 柵になれば、あとはガスバーナーで炙りにしていただきます。
最後に真鯛1匹は塩焼き(姿焼き)にするので、ウロコ取り器で剥がしますが、この道具が抜群に良いですね、ウロコが飛び散りませんから。
もう1匹はお刺身用に柵にします。

大量のお刺身ができましたので、実家と我が家、そしてお泊りに来ていた姪っ子家族分と3軒分のお刺身になりました。
1日目のブリは歯ごたえが コリコリで新鮮さが舌に伝わります。 2日目になると いつも食べなれている食感に替わります。


2405102



evooyaji at 13:54|PermalinkComments(0)