2020年06月19日

シロッコ 水漏れ修理 Part3

今日はシロッコの続き作業。
メカニックが折り返し作業中に、私は外れているスロットルバルブの洗浄をしました。

写真1枚目のとおり、汚れが積もって、本来ある 隙間 も埋まってしまっております。

写真2枚目 こんな具合で綺麗になりました。使ったのはワコーズのスロットルバルブクリーナー(電子制御用)です。 

このあと診断機を繋いでスロットルバルブの再調整(基本調整)をして出来上がりです。


20061822006183

evooyaji at 18:52|PermalinkComments(0) ゴルフ6、シロッコ 

2020年06月18日

シロッコ 水漏れ修理 Part2

2006181先日水漏れ修理でセカンダリーウォーターポンプを交換した車両。
交換し、5キロ程試運転した際は良好だったのですが、次の日 再度確認すると僅かに滲んでいる状態でした。 
そのまま2日後には雫ができ、悪化。 といった感じで、日に日に悪くなってしまいました。
まあ、こんなことは よくあることで、一番弱かったセカンダリーウォーターポンプが新品になり漏れなくなったため、次に弱い所から漏れ出したということですね。

昨日お客様に連絡し、即答で追加修理となりました。 
この時、16時を過ぎておりましたが、大急ぎでパーツの手配をし、なんとか当日出荷となりましたので、本日入荷。
写真1枚目が用意したパーツ。 

写真2枚目、3枚目  苦労の末に外れたパーツ。 3か所ほど悪い所がありますね。


20061842006185

evooyaji at 18:40|PermalinkComments(0) ゴルフ6、シロッコ 

2020年06月17日

アウディ80 マフラーゴム

2006171先日 次男の1995年式アウディ80のエンジンオイル交換をしていた際にマフラーの吊りゴムが1本千切れているのを発見。 このままでは、他の吊りゴムに負担がかかってしまいますから、中古パーツの在庫を探すと、すぐに見つかりました〜。 これはゴルフ2用で正確には微妙に違う(品番違い)のですが、無いよりは よいだろうと取り合えず交換。
すぐに正しいパーツを手配するため、品番検索すると2018年に廃番(生産中止)になっておりました。

ならば大体形が同じのゴルフ2用を検索すると、こちらはもっと前に廃番になっており、代わりにアウディ80用を使うという指示あり。  でも さらに進むと・・・これは もちろん廃番と。

ではゴルフ1用は どうか?検索してみると、こちらも随分前に廃番、代替品はアウディ80用の品番あり。
ということで、VW、アウディ純正パーツでは、もう入手できないということですね。
逆検索するとMBパーツで同形状のものが有るのですが、この車種は日本に正規輸入されていないもの。

結局最終的に たどり着いたのは社外品。 純正パーツが無いので仕方がないですが、このての社外品は耐久性が低いものしか無いんですよ〜、だから 使いたくないのです。  でも・・・。

1台分で2個必要なので、今回2個用意しましたが、4個用意した方が 良かったのか。
しばらくは 今付いている純正中古品を使用します。  
           だって写真左の社外品新品よりも長持ちしそうですから。

evooyaji at 15:06|PermalinkComments(0) A4 

2020年06月16日

8J TT LEDバックランプ

2014年式アウディTT-S いつもご入庫いただいている車両ですが、今回はLEDバックランプの取り付けです。  このブログのVWアップ バックランプLEDの記事を見ていただいたのが きっかけとのことで、毎日苦労して(悩みながら)書いているので、そう言っていただけると嬉しいですね。

お客様のご希望は、「ウィンカーも出来ればLEDにしたい」とのことで、色々と調べたのですが、信頼できる(一流ブランドの)メーカーで T16アンバー色、キャンセラー内蔵のLEDが見つかりません。

純正バルブはストップ球、ウィンカー球ともに同じもの(電球色)が使われているのですが・・・。

ということで、試しにバックランプ用に用意したこの商品をウィンカーに付けてみることに。
結果は、微妙〜、やはりLEDが明るいために、オレンジ色が薄いといいますか、一部分が緑色ぽく光ってしまいます。  やっぱりアンバー色LEDでないとダメですね。
               何か良い方法はないものか。



evooyaji at 12:10|PermalinkComments(0) TT 

2020年06月14日

523dと80

2012年式BMW 523d (F10前期) いつもご入庫いただいております車両の エンジンオイル交換です。
使用オイルはモチュール8100で、今回はオイルのみの交換。 もちろんドレーンガスケットは交換します。
最後に診断機を接続、フォルトチェックをし、CBS エンジンオイルリセット を行い終了。

続きて 次男の1995年式アウディ80 4ホイールアライメント測定、調整です。
2〜3年ほど前にも行なっておりますが、ハンドルセンターが狂ってきましたので、再調整です。

走行距離3万2千キロですが、25年経過し、サスペンションがヘナヘナになっておりますので、運転席に一人乗り込んで、荷重をかけて 測定、調整を進めます。

    作業後はハンドルセンターも整い、直進性もアップしました。

2006141

evooyaji at 12:06|PermalinkComments(0) A4 | BMW

2020年06月13日

エアコン ゴルフ7とXE

2018年式VWゴルフ7 バリアント ハイライン ドライブレコーダー取り付けとエアコンリフレッシュ作業にて ご入庫いただきました。
選んでいただいたのはユピテル SN-SV70d 指定店専用モデルです。 何といってもスマートに、スタイリッシュに取り付けれるのは、この筒形タイプですね。
ゴルフ7はAピラーの内張りが外しにくいのですが、当店では何台も作業しており、慣れていますからスムーズに進みます。 またグローブボックスのストッパーゴムが作業前の確認で2個とも付いていない状態でした。 メカニックから「分解すると中から発見される場合もあります」と説明させていただき、作業開始。   予想が的中し、内部から脱落した部品を1個発見しましたので、所定の位置に戻して組み込み完了。
             残りの1個はまたの機会に付けることに。
続いてエアコンリフレッシュ作業開始。 こちらは抜き取りガス量350gと規定量の500gから150gも少ない状態でした。 吹き出し口温度は作業前11.4℃から作業後8.4℃ と3℃下がりました〜。
これで本来の性能(効率)がでますし、エアコンシステムの負荷も少なく、長持ちします。

本日2台目は2018年式ジャガーXEディーゼル いつものエンジンオイル交換とエアコンリフレッシュ作業にて ご入庫いただきました。
オイルはいつも使っていただいておりますモチュール8100X-cleanです。 ジャガー純正ドレーンボルトも同時交換いたします。 
今このブログを書いていて気が付きましたが、このボルト、価格が少しだけ下がりましたね。
エアコンリフレッシュは抜き取ったガス量622gで規定量550gと 珍しいことに入れすぎです。
正しい量を注入し、吹き出し口温度は、作業前9.4℃から作業後7℃ と2.4℃下がりました〜。

ガス量は多すぎても、少なすぎてもエアコンシステムにとって良くないです。

写真1枚目 取り付けたユピテル ドライブレコーダー。

写真2枚目 XEから抜き取ったエンジンオイルの一部(お客様確認用)と外したドレーンボルト。 このボルトにゴム製Oリングがくっついている構造です。

写真3枚目 エアコンリフレッシュ作業の結果表(お客様に提出するもの)です。 これはXEのもの。


200613120061322006133




evooyaji at 18:24|PermalinkComments(0) ゴルフ7 | 輸入車

2020年06月12日

シロッコ 水漏れ修理

2010年式VWシロッコ 2.0T(CAW)水漏れのため、任意保険に付随するレッカーサービスを使用されて ご入庫いただきました。
水漏れの原因はセカンダリーウォーターポンプ(電動)でした。 この樹脂製ボディーから漏れているので、交換するしかないです。  
また この上にあります、サーモスタットハウジング&ウォータポンプ(メカニカル)も怪しい感じです。
まずはセカンダリーウォーターポンプを交換してみてからの判断といたします。

こことは別でエンジンチェックランプの点灯もありますので、こちらも要修理。

写真は用意した 社外品セカンダリーウォーターポンプ。

2006111

 

evooyaji at 18:54|PermalinkComments(0) ゴルフ6、シロッコ 

2020年06月10日

5R32 DGS、ハルデックスオイル

2008年式VWゴルフ5 R32 先月エンジンオイル交換をさせていただいた車両ですが、今回はリアデフオイル、ハルデックスオイル、フロントデフオイルの交換でご入庫いただきました。 
そして 「ついでにDSGオイルも交換で・・・」となりましたので、合わせて作業開始。

写真1枚目 用意したパーツ。  これ以外にDSGオイル(ユーロルブリカンツDTC 20L)も用意しております。

この車両のリアデフはM10ボルトの車両ですから、新油を注入するのに時間がかかるタイプです。
(5R32は他にM22ボルトタイプも存在します)

写真2枚目 左から抜き取ったフロントデフオイル、抜き取ったDSGオイル、油量調整でオーバーフローしたDSGオイル、抜き取ったリアデフオイル、ハルデックスオイルの順です。
ハルデックスオイルの抜けた量が少なかったのですが、リアデフ周りのオイル汚れは これが原因のようです。

最後に前回入庫時に付いていなかったアンダーカバーボルト1本を取り付けして完成。

20061012006102



evooyaji at 12:52|PermalinkComments(0) ゴルフ5、ジェッタ | ATF、DSG

2020年06月09日

360 モデナ エアコン修理5

ようやくホース2本とレシーバードライヤーの交換ができましたので、真空引き→圧力保持テスト→蛍光剤入りオイル注入→134aガス充填と進めます。
あ、ホース交換時にエアコン回路内の洗浄を134aガスで行なっています。
              これ重要な作業ですが、作業に没頭し、写真なし。(撮影忘れました)
規定量のガスを充填したら、続けて効率のチェック。  ワイヤレス温度センサーを吹き出し口に取り付けて、5分間モニターします。

写真はモニター中ですが、最終的に吹き出し口温度は9.1℃となり、絶好調。
作業前は、ほとんど外気温と同じでしたから、相当快適になりますね。
          あとは、この状態が どれだけ続いてくれるか?です。

ガス漏れ、水漏れ、オイル漏れ どれも同じことがいえるのですが、一番弱いところから漏れているので、そこを直すと2番目に弱かったところから漏れ始めることが よくあるんです。

20060912006092


evooyaji at 20:45|PermalinkComments(0) 輸入車 

2020年06月06日

ゴルフ7バリアント B6からB8へ

2016年式VWゴルフ7バリアント ビルシュタインのB6 (純正形状ダンパー)を取り付け済みの車両ですが、「リアの挙動が気に入らない・・・」ということで、今度はスプリング交換をご希望です。
この場合は、ショートストロークダンパーが必要となりますので、ビルシュタインでいうところの B8 (ショートダンパー)が必要です。 このあたりの説明を 私の下手なマンガを交えて詳細説明させていただきました。

色々な方法がある中から、B8 とアイバッハスプリングで組み合わせることに。
ここで 一番肝心となるのは リアのバンプラバー選び です。 これを上手くやらないとストロークを確保できませんので、非常に重要なんです。
リアのバンプラバーは外径、内径が同じで全長が短いものを探せばOKですが、これ なかなか時間がかかる仕事。おまけにバンプラバー下側に付くダストブーツも現車のものが使えるとベターですので、この組み合わせ可否も、あわせて調べます。 VW、アウディのパーツリストから純正装着品の品番を調べ、これよりも短くて使えそうなものを幾つかピックアップ。 そして別の方法(ソフト)でこれらの品番から各種寸法を割り出します。
今回のように同寸法のものが複数出てきた場合は、金額の安いものや、在庫状況等も含めて絞り込んでいくんです。 
ここまでで 早くて1時間、遅いと3時間以上かかる場合も 多々ありますね。

お客様はとっても敏感な方なので、ひょっとすると今ついているB6がストローク不足になっている可能性もありうる話。  交換作業ついでに、今までの有効ストロークを測定してみると約30ミリ。
この数値で B6の減衰力とゴルフのリアロワアームのレバー比から考えると、私はストローク不足だと思います。 これでは 簡単に(しょっちゅう)バンプタッチしてしまいそうなので。

今度は車高が下がりますから、さらにストローク不足になりやすいこととなりますが、B8+私が選んだ他車種用純正バンプラバーの組み合わせによって、有効ストローク約70ミリ、確保に成功。

これでビルシュタインダンパーの性能が フルに発揮されることとなるでしょう。


写真1枚目 用意したゴム類、今回はすべてVW純正品を選択。

写真2枚目 フロント 上側がB8、下側がB6です。 ケース長は同じで、ロッド長のみショート。

写真3枚目 リア 上側がB8、下側がB6です。 ケース長は同じで、ロッド長のみショート。

200606420060662006065
 



evooyaji at 20:21|PermalinkComments(0) ゴルフ7 | サスペンション