2018年11月20日

ボクスター 色々 8

2002年式ポルシェ ボクスター エクスクルーシブ 本日のエアコンリフレッシュ作業をもちまして完了です。
色々な作業の中 ティプトロニックオイル交換 とっても良い効果がありました〜。
試運転で ぬめ〜っと滑らかな走りが とっても気に入りました。 またKONI スペシャルアクティブも柔らかい中に しゃっきとした感じもあり オープンカーとの相性抜群です。
  
丁度作業中に 入庫していただいた 911カブリオレ(996)の お客様も興味津々のご様子。

エアコンリフレッシュは、抜き取ったガス量452gで、 規定量は850g でした。 抜いた分は2重のフィルターを通して高純度再生し、足らない分の398gは新品ガスを補充して 850g ぴったり充填。 
             コンプレッサーオイルは29cc新油に入れ替えとなりました。

ガス量が規定量の53%では エアコンシステムが正常に機能しないばかりか、システムに負担もかかりますので、この作業を行って大正解。




evooyaji at 18:40|PermalinkComments(0) ポルシェ | ATF

2018年11月18日

A6 メンテナンス

アウディ  A6 アバント3.0 クワトロ メンテナンスで ご入庫いただきました。
エンジンアンダーカバーの金属ファスナー(クリップ)2個、ゴムシート(抜け落ち防止用)3枚、ボルト3本を用意し、きっちりと取り付け。
これらのパーツはパーツリストを見ても種類が多すぎて 品番検索が難しいですが、入手できれば 取り付けは簡単ですね。

オイル漏れのある リアデフは、オイル補充の意味を込めてオイル交換。 抜いた量と入った量の差は200ccでしたので、漏れたのは この200ccということが判明。
漏れ痕を綺麗に清掃し、次回入庫時に確認させていただくことに。


「エアコンの効きが悪い」とのことで TEXA(テクサ)780Rを使い、エアコンリフレッシュ作業。
抜き取ったガス量は なんと266g    規定量550gですから半分も入っていない(半分以上抜けた)状態。

20分間の真空引き後の圧力保持テストはクリアーいたしましたが・・・。
550g注入後は、しっかり冷えておりますが、なにせ11月で気温18度なので判断が難しいです。

18111811811182



evooyaji at 19:16|PermalinkComments(0) A6 

2018年11月16日

ボクスター 色々 7

1811162ず〜っと引っ張っておりますポルシェ ボクスター、昨日入荷した(1ヶ月待っていた)パーツを使ってティプトロニックオイル(ATF)交換です。   
写真1枚目 いくつものパーツの内1個だけ無いために{待ち}となっておりました。 これらのパーツ よ〜く見るとアウディで頻繁に使うパーツに そっくりです。

写真2枚目は、抜き取ったオイルは何だかドロドロです。  外したストレーナー(オイルフィルター)の製造は2002年でしたから おそらく初のオイル交換でしょう

写真3枚目は、ATオイルパン内部の磁石部分。  16年、3万キロから考えると こんなもんでしょう。

写真4枚目 最後の油量チェックは、オイル温度管理となります。  このテスターがありますから ポルシェのATFも対応可能となりました。  現在の油温表示だけでなく、このようなグラフ表示もできます。
このテスター導入については まだブログに書いてなかったですが 詳しくは またの機会に。

続いてエンジンオイルの交換を始めようと ドレーンボルトを見ると 何だか潰れているような・・・。 レンチを当ててみると 「あちゃ〜こりゃダメだ〜」 
6角レンチを差し込んで回すタイプですが、正規のサイズを入れてもガダガダ。
ドレーンワッシャーは新品が用意してありますが、ドレーンボルトは用意してありません。
                       急遽ドレーンボルトを発注。 

181116318111641811165

evooyaji at 19:05|PermalinkComments(0) ATF | ポルシェ

2018年11月15日

ジャスト 1ヶ月で

1811151ポルシェ ボクスター986 日本国内に在庫が無いパーツを本国オーダー(ドイツには在庫有り)しておりましたところ、ジャスト1ヶ月後に当店入荷。 (写真1枚目)
早速ホイールセンターキャップから作業。  この車両は50台限定車のためホイールがボディ同色のスピードイエローなんです。  よって当然のごとくホイールセンターキャップも同色。
4本中の1個が写真2枚目の状態で・・・・、よくありますカラークレストが飛んでしまっております。
パーツリストで黄色のセンターキャップでカラークレストを探しましたが、そんな設定なし。
ならばカラークレストのみ移植することにして、何色かある設定内から一番価格が安いシルバーを選択しましたが、納期未定の回答でした。 では次に安いシルバーでオーダーしていたのです。(シルバー系は2色設定有り)
「頻繁に飛んでいくポルシェ ホイールセンターキャップのカラークレストですから、簡単に移植できるだろう」と思っていましたが、これが なかなかで・・・。
新品キャップから剥がすのは あっさり完了するも、古いキャップに残ったボンドを綺麗に取る作業は難儀でした。  木工用ノミを使い 地道に削り取りました〜。

1時間ほどで完成したのが 写真3枚目。  う〜ん ばっちりです。

その間にメカニックはリアトランクダンパー左右を交換し、リアサスペンションの交換開始。
用意したのは、写真4枚目のポルシェ純正パーツ多数と KONI スペシャルアクティブ (旧FSDと同等)

181115218111541811153 




evooyaji at 12:00|PermalinkComments(0) ポルシェ | サスペンション

2018年11月14日

これは見かけよりすごい

写真の専用工具(SST)を購入しました。
アルファロメオ ジュリエッタの4ホイールアライメント調整をする際にリアトゥ調整に使うものです。
何でもないよううな形ですが、これ とってもよく考えられているんです。

イタリアからの取り寄せで約1ヶ月を要しましたが、これでリア調整が微調整しやすくなりますし、作業時間も短縮されます。

こんな写真をアップしても 何のこっちゃ?ですね。  今度は使っているところの写真をアップしたいので、ジュリエッタのアライメント測定、調整 ご予約お待ちしておりま〜す。

18111411811142



evooyaji at 12:34|PermalinkComments(0) ホイールアライメント | 工具

2018年11月13日

3B パサートV6 4M

18111312004年式 VW パサートV6 4モーション メンテナンスで色々と。
まず用意したのは写真1枚目のポーレンフィルター(花粉フィルター)とフューエルフィルター。
走行距離9万キロですが、フューエルフィルターは、本体の汚れ具合から推測すると 初の交換のようです。

フィルターを外すとガソリンが出てきますが、こんな具合の量と色。(写真2枚目)
そして外したフィルターを逆向きにして、普段と逆流させると 真っ黒のガソリンがドバドバ出てきます。(写真3枚目)

写真4枚目は、リアデフオイル交換。  出てきたオイルは、当然ですが真っ黒。 
写真5枚目 抜いたオイル。  新油はVW純正ではなく、 モチュールのギアオイル(100%化学合成)を使用。


1811132181113318111341811135

evooyaji at 18:46|PermalinkComments(0) パサート 

2018年11月12日

松ノ木 伐採 Part2

1811121当初の予定では来週の作業でしたが、急遽予定を変更して 本日としました。
先週は北側の1本を伐採しましたが、今日は写真1枚目の南側の1本。 写真は東から西に向かって撮ってみました。 高さは 予想していたよりも低かったですね。 一緒に写る長男の倍ぐらい。
           こちらも 北側のものと同じですでに 頭が切られていましたから。

松ノ木の下にはツツジやアジサイがあり 「これを潰すなよ」 と何度も何度も父から言われながら 枝を払っていき、最後に幹は3分割して倒しました〜。  (処分する枝の運搬も含めて ここまで約3時間)

  終了後 被害確認するとアジサイの葉っぱが3枚落ちただけ。   上出来でしたね。

写真2枚目、3枚目は、西から東に向かって撮影。

写真4枚目は、1枚目と同じ所から。

181112218111231811124



evooyaji at 12:05|PermalinkComments(0)

2018年11月11日

ゴルフ7 乾式7速 DSGオイル交換

2016年式ゴルフ7 バリアント Rライン (CHP) DSGオイル交換で ご入庫いただきました。
「走行距離2万6千キロですから、もう少し後でもOKですよ」 とお伝えしましたが、オーナー様の判断は「即交換を・・・」 と。
当店にはSST(専用工具)がありますので、オイルをこぼすことなく、きっちりと規定量入れることが可能です。

ご予約いただいた時点で、そういえばゴルフでいうとゴルフ5、ゴルフ6の乾式DSGオイル交換は何台も経験がありますが、ゴルフ7は 湿式DSGばかりで乾式は初 となることに気がつきました。
整備書を確認するとゴルフ5、ゴルフ6とは量が違いました。 念のためSST品番を確認すると こちらは同じでOKです。            ドレーンボルトの締め付けトルクも同じ。
ここまで 判ればあとの作業は いたって簡単。   これも ひとえに専用工具のおかげですね。

写真1枚目 用意したVW純正オイルと整備書をプリントアウト。

写真2枚目 抜き取ったオイルは、私の予想よりも汚れており、こんな見た目です。 


18111111811112


evooyaji at 13:16|PermalinkComments(2) ゴルフ7 | ATF

2018年11月10日

E36 アライメントで

1998年式BMW 318iS E36クーペ 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
いつものようにメカニックによる試運転から始めます。
     帰ってきたメカニックから「ステアリングセンターが狂っているのが気になる〜」とのこと。
センサーをタイヤに固定し、測定してみるとフロントトゥが左はプラス3.2ミリ、右はマイナス2.4ミリですから納得。

リアから調整していきますが、リアキャンバー調整用のボルト、ナットがサビサビになっているのが目の前に。
なんだかやな予感がしますが、これなら何とかなるでしょう。

次は写真1枚目の リアトゥ調整。  ここの調整は 微調整がやりづらいですが、何度か調整を繰り返し、スラスト角ゼロにできました〜。  これでリアは終了。

フロントはトゥ調整のみなので、簡単にいくはずが・・・。
写真2枚目、3枚目のとおり、タイロッドエンド固定ナットを緩めますがねじ山がサビサビで固着。しかもインナータイロッドの13ミリ6角は なめてしまっており、丸になっています。 このすぐ横には、丸棒部分を無茶な工具で無理やり掴んだ痕があります。
最終手段で バーナーで炙ってもダメ。  全く動く気配なし。  
                       仕方なく作業中止としました。
次はパーツを用意しておいて、インナータイロッドから外側を総取替えで挑むしかないようです。


181110118111021811103




evooyaji at 12:30|PermalinkComments(0) BMW | ホイールアライメント

2018年11月09日

ボクスター 色々5

ようやくボクスターのパーツが一部入荷したので、早速取り付け。  といってもフロントだけですが。

写真1枚目 ポルシェ純正パーツとKONI スペシャルアクティブです。
この986ボクスターのフロントダンパーは 比較的簡単に交換できますが、リアダンパーは・・・・
他の車種を1台分交換できる時間で片側ができる感じですから、たっぷり余裕がなければ作業開始できません。

写真2枚目 外したバンプラバーとダストブーツ。  新品と比べると あまりに違いますから、一瞬品番検索で私が間違えたのか?と思い、焦りましたが 現品の品番を読み取ると 全く同じでした。 こんなに縮む(つぶれる)んですね。

                   リアのパーツは明日入荷予定です。


18110911811092


evooyaji at 19:12|PermalinkComments(0) ポルシェ