2020年02月20日

3B パサート 復活 Part13

今日のパサートは、ウレタンシート1m*1mを2枚用意しましたので、シートの組付け作業開始。
写真1枚目の黒い部分が新たに追加したウレタンシート、グレーの部分は某ドイツメーカー純正シートヒーターエレメント。 それぞれを接着し、配線の取り回しをしたら、表皮(本革)を被せて元に戻します。 作業前にシワシワだった表皮に ぴしっと張りが出ました。

制御スイッチは、純正スイッチの手持ちがありますので、これを使い、取り付けパネル(センターコンソール後ろ側)だけ用意しようと思いましたが、6色設定が有る内の5色は生産中止。 グリーンのみまだあるようです。 このグリーンは日本仕様に設定されていませんから、ダメだと思いながらも 発注してみると やはり「日本仕様外の為 受注不可」との返答あり。 
                やっぱり そうですよね。
ならば 中古で と探してみましたが 色違い(ベージュ)や価格があまりに高かったりで断念。
仕方なくメカニックにお願して、現車のパネルにスイッチの角穴を2個開けてもらい、ラバー塗装。

写真2枚目のとおり、出来上がり。 
残るは配線ですが、こちらは昨日から進めていました。

配線図を見ながら、必要な部分を手書きでメモ。  約1時間後に出来た〜 と念のためスイッチの端子を見ながら確認を始めると、あれれ いきなり端子が無い(付いていない)4番に配線することになっているではないですか??
私は しばらくフリーズ。 配線図を見間違えたのか?  もう一度見直すと ああ、やっぱり合っている。
も〜わからないので、明日に  と中止。
その晩に寝ていると 突然 夢の中で閃きました〜。 
配線図の番号はカプラーの番号でスイッチの番号とは別なんだ と。

今朝一番でカプラー写真から番号を読み取るとビンゴ。  これで配線は解読できましたので、車両側カプラーと接続するだけ となりました。
  

20022022002201

evooyaji at 18:11|PermalinkComments(0) パサート 

2020年02月19日

ディスカバリー エアコンリフレッシュ

2020年式ランドローバー ディスカバリースポーツ R-DYNAMIC SE  先日の特注カロマットに続いて、本日の作業は、エアコンリフレッシュです。
新車ですが、正しいガス量(適量)入っているのか? ということで検証を兼ねて作業開始。

その前にこの車両は新ガスの1234yfに切り替わっているかも?
まあ、当店の機械は旧ガス134aと新ガス1234yfの両方に対応しておりますので、どちらもOK。
現車確認すると 入っているガスは旧ガスの方でした。
ガスを回収してみると539gと非常に優秀でした。(規定量525g)

エアコンガスは多すぎても、少なすぎても効きが悪いですし、エアコンシステムにも負荷が掛かってしまいますので、適量で使用すれば、一番長持ち(耐久性アップ)いたします。


この後の予定が空いてしまいましたので、3Bパサートの運転席パワーウィンドスイッチ(正確にはパネルのみ)をW8 4モーション用に交換。  これはオーディオパネルとセットで用意していた中古品。 これでオーディーオ部、灰皿蓋、運転席とウッドパネルが揃いました。 その他のドアは また今度。

写真2枚目 V6 4モーション用

写真3枚目 W8 4モーション用

200219120021922002193


 

evooyaji at 13:56|PermalinkComments(0) 輸入車 | パサート

2020年02月18日

3B パサート 復活 Part12

まだ作業が続いている 3B パサート ワゴン V6 4モーション
ヒーターコア交換からダッシュボードの戻しまで 大体終わりましたので、次のステップに。

このころのパサートのレザーシートはパンチングレザーですが、このパンチング(穴)から黄色い粉が出続けるのです。
この粉はシート表皮(本革)の裏に張り付けてあるウレタンが、加水分解によって粉になってしまったからです。 
表側から掃除機で吸っても、吸っても出てきて、キリがありません。
こうなったらシートを分解して、根本的に除去するしかありません。
ということで 左リアシート座面から作業開始。

写真1枚目 この部分はもっとも簡単に分解できますね。 電動機能も無ければ、シートヒーターも無いので いたってシンプル。
一番左の表皮裏側(白い布の下)が問題の個所。 

写真2枚目 白い布の下は このとおり。 ウレタンスポンジが粉になっています。

写真3枚目 右上の一部分だけ、掃除機で除去してみました。 清掃後は、新しいウレタンを張り付けてから 元に戻します。  ついでにシートヒーターを組み付けてみたいですが、上手くいくでしょうか。

200218120021822002183

evooyaji at 15:59|PermalinkComments(0) パサート 

2020年02月15日

A4 ARQ 水漏れ修理

2002151先日のエンジンオイル交換作業時に水漏れが発見された2014年式アウディA4 オールロードクワトロ
パーツが揃いましたので(写真1枚目)、再入庫いただき、作業開始。
この作業ですが、案外難儀でして、今日から明日までの丸2日間 時間をいただき、スタートしましたが、途中で「あれ、もっと時間かかるかも?」と。  インテークパイプ(スロットル〜インタークーラー)を一旦外しますが、このパーツ複雑な形状なうえに全て樹脂製で狭い所を通っているため、外し難い。 これって エンジンマウントがへたってきて、エンジンが予想外に横揺れすると、割れてしまいそうですね。 どこか途中にゴム部分が必要な気がしますが、私の思い過ごしでしょうか。

写真2枚目 やっと外れたウォーターポンプとサーモスタットハウジング(以下サーモ)。 
それにしても このサーモ、価格が9万円オーバーとは 高すぎです。 ちなみに4回ほど対策品が出ており、改良が進んでおりますが・・・。
ウォーターポンプも3回対策品が出ており、外したパーツは樹脂製ボディでしたが、今度のパーツはアルミボディとなっております。 (写真1枚目と写真3枚目で比較できます)

外したスロットルボディは汚れておりますので、電子制御スロットル用のスロットルクリーナーを使って、ピカピカに洗浄してから組付けです。

組付けし、LLCを注入したところで、閉店時間となり、続きは、また明日。


200215320021522002154

evooyaji at 16:13|PermalinkComments(0) A4 

2020年02月14日

ケイマンS 続き

2002141昨日からお預かりしております、ケイマンS 今日はレーダー探知機の交換です。
最新のレーザー式移動オービスに対応し、セパレートタイプのユピテルZ200Lをご選択。

アンテナ部はルームミラーの裏側(前側)に設置し、本体は今までと同じ位置に。
4時間半で 完了。




evooyaji at 20:22|PermalinkComments(0) ポルシェ 

2020年02月13日

ケイマンS タイヤ交換など

2014年式ポルシェ ケイマンS タイヤ交換、レーダー交換、4ホイールアライメント測定調整で ご入庫いただきました。
この車両はオプションで20インチ装着となっておりますが、すでに選択肢が少なくなり(BSが一昨年にS001を生産中止)ミシュラン、ピレリー、グッドイヤーのみ。
消去法でミシュランPS4S に決定。  サイズは235/35-20 92Y XL N0 と 265/35-20 99Y XL N0 です。

このサイズはタイヤ交換作業が難儀であろう と予想しておりましたが、ホイールのウエルが大きい(深い)ようで、思っていたよりも スムーズに進みました。 さすがポルシェ このあたりの設計も抜かりがないです。
今まで付いていたタイヤはピレリーP-ZEROでしたが、今度のPS4Sはリムガードが大きくなりました。

タイヤ交換後は、4ホイールアライメント作業へ。
まずは試運転してから、測定開始。  調整作業へと続きますが、ここから調整を繰り返し、5時間ほどで完成。    レーダー交換は明日に。

20021312002132



evooyaji at 19:30|PermalinkComments(0) ポルシェ 

2020年02月12日

ディスカバリー KARO マット特注

先日 色々取り付けをさせていただいたランドローバー ディスカバリースポーツ 一か月ほど前にKAROマットの注文を頂いており、昨日入荷。
ランドローバーは既製品がなく、全ての車種で特注扱いとなります。 したがって現車にて、型紙を作製し、メーカーへ発注する必要があります。
型紙にはフットプレートの位置、マットストッパーの形状、位置、そしてカロ エンブレムの位置なども指定いたします。 選んでいただいた生地はクローネ ツィードブラック。

今回は室内用4枚とラゲッジ用のセットで発注。

              上手く出来上がりました〜。

20021222002123

evooyaji at 17:16|PermalinkComments(0) 輸入車 

996の ベロ 交換

20021212004年式ポルシェ911(996)カレラ カブリオレ 先日のタイヤ交換時に右前タイヤ前に付いているゴム製のベロ(ポルシェ品名 エアーディフレクター右)が千切れているのを発見。
即、ご注文いただき 本日交換となりました。

フロントバンパー下でタイヤの前になりますから、ここは どうしても擦ってしまいますよね〜。
車止めの縁石などに当たれば、簡単に千切れてしまいそうです。
でも、作りが良いわりに価格が3245円ですから、お財布に やさしい価格。

一部が欠けて(千切れる)しまったものを外すと ポロポロ砕けましたが 16年で初の交換かも?


この作業中にフロントバンパー左右の穴に枯れ葉がたっぷりと溜まっているのを発見。
この穴の奥にはラジエーター、エアコンコンデンサーがありますので、枯れ葉が溜まると効率が悪くなってしまいます。 また この車両のように 枯れ葉が腐り腐葉土のようになると、最悪 アルミコアが腐食する可能性も出てきます。  ここは、定期的に清掃するしかないですが、これ 大穴ですが手、腕?は奥までは入らない。  当店では掃除機に繋ぐゴムホース(当店ではポルシェ用専用工具と呼んでいます)が用意してあります。
掃除機の後は、水道のホースで水洗いして完了。   
     本題のエアーディフレクターよりも時間がかかりました〜。


evooyaji at 14:12|PermalinkComments(0) ポルシェ 

2020年02月11日

A4オールロード オイル交換で

2014年式アウディ A4 オールロード クワトロ  いつも定期的に ご入庫いただいている車両です。
今日はエンジンオイル、オイルフィルター、ドレーンプラグ(樹脂製)の交換です。

作業開始早々にメカニックから「LLCが漏れています〜」と。
上からと下からの確認で、サーモスタットハウジングからの漏れです。 この車両は以前にウォーターポンプの交換歴(保障修理?)があるそうですが、今回も同時交換するべきか、そのまま再使用するのか。  お客様の判断は、「ついでだから両方換えといて・・・」

ということで、見積もり開始。  出来上がりしだい、電話連絡ですね。

今回は オイル交換作業→ボンネット開ける→LLC少ない→LLC漏れへと 
不良個所を見逃すことなく、発見できました。   簡単なオイル交換作業時にも メカニックが目を光らしておりますので(他の部分、特に下廻り)、定期的な目視点検も兼ねて オイル交換、タイヤローテーションなどいかがでしょうか。
             ご予約の電話連絡 お待ちしております。

evooyaji at 11:50|PermalinkComments(0) A4 

2020年02月09日

ディスカバリー ドラレコ、TVキャンセラー2

2002091昨日から作業のディスカバリー スポーツ 今日は こんな状態からスタート。

ドラレコの設置位置は すぐに決まりましたが 電源取り出しで?に。 ヒューズから取り出す予定をしていましたが、なんとヒューズの形が初めて見るタイプで・・・。
写真2枚目 一番右のタイプ。  左から平型、ミニ、低背までは、よくあるものですが、この車両用の右端はマイクロ というそうです。
メカニック(長男)いわく、「日産では エクストレイルだけで使っている」とのこと。

ヒューズの世界は、まだ日々進化しているんですね。 

写真3枚目 フロント側ドラレコ完成。 

写真4枚目 レーダーはダッシュボード右端に設置する予定が、合わせてみるとユピテル付属ステーでは、本体が水平に設置できず、右下がりになってしまいます。 これでは、まずいので 木工で斜めの台を作り、つや消し黒で塗装し、仕上げにラバーブラックを塗布。 これにて水平取り付けできました。

200209320020832002092






evooyaji at 18:28|PermalinkComments(0) 輸入車