2019年02月09日

20インチ タイヤ交換

アウディTT-RSの お客様より、タイヤ交換のご依頼をいただきました。
サイズは、245/30-20 で幾つかの見積もりから選んでいただいたのはBS ポテンザS007A
 (今までのタイヤはコンチネンタルCSC6です)
組み合わせるホイールは、2年半ほど前に買っていただいた BBS RI-D   これBBSの中でも超高級品 超超ジュラルミン鍛造品ですから、交換には いつも以上に慎重になりますね。
3人がかりで、無事に1本目の交換(ハメカエ)が終わり、あとはエアーを充填するだけ。
ところが ここから悪戦苦闘で・・・・。    エアーが入ってくれないのです。
正確には、外側のビード(タイヤとホイールが密着する部分)が一部のみ上がり過ぎて、他は隙間が開いてしまう状態。   偏平率が大きいタイヤで いわゆる引っ張りタイヤ状態のような組み合わせであれば、当店のエアーインフレーターという機械で比較的簡単にエアーを充填できるのですが、今回の場合は30偏平で245に8.5Jですからエアーインフレーターではどうにもならなくて・・・。

1時間ほど あれこれと試しましたが、ダメ。    この時期の寒さも影響して タイヤが硬いのも上手くいかない原因の一つですから、写真のようにジェットヒーターで暖めてから2本目の作業をしてみることに。

今度は上手くいくか  と願いながら作業しましたが、やはりダメ。   
今日は 一旦作業中止。    暖かい日を選んで再度挑戦することに。

1902121 

evooyaji at 18:29|PermalinkComments(0) TT | S、RS

2019年02月06日

8J TT サーモスタット交換

19020512008年式アウディTT (8JBWA) サーモスタット交換(以下サーモ)で ご入庫いただきました。
お客様の意向でコストを抑えるため サーモ本体は社外品を選択。 Oリングはアウディ純正品を用意。(写真1枚目)  下側の2個あるOリングは1個のみ使います。

写真2枚目 ボディ、ヘッドライト等は養生シートにて保護し、作業開始。

写真3枚目 取り出したサーモと新品。

写真4枚目 オルタネーターを外した、奥にサーモが付いています。

190205219020611902062


evooyaji at 14:47|PermalinkComments(0) TT 

2019年02月05日

オーリンズ特注品 製造中止

本日、オーリンズから電話連絡があり、「今月2月末日をもって オーリンズ特注ダンパーの受付を終了します」
と。   本国スウェーデン本社との契約上の問題のようです。話し合いは続けるとのことですが、今後いつ再開できるのか?  今のところ全くの未定とのことです。

ただし今まで製作した特注品についてはオーバーホール等、今までどおり対応していただけるとのことです。

           私のお気に入りダンパーなんですが 残念です。

一刻も早く再開されることを願うばかりです。



evooyaji at 18:36|PermalinkComments(0) サスペンション 

2019年02月02日

A4 ARQ メンテナンス

19020212014年式アウディ A4 オールロードクワトロ (8K)メンテナンスを色々と。
まずは、ワコーズRECSから。 このエンジン(CDC)も2.0系のブーストタップを一旦取り付けてから液剤注入ホースを接続いたします。

この後エンジンオイル、オイルフィルターの交換と進みます。

このように定期的にRECSを施工すると 良い状態を維持できますね。



evooyaji at 13:04|PermalinkComments(0) A4 

2019年01月31日

警告ランプ取り付け

今日は空いた時間を利用し、当店デモカーのゴルフ7GTIに バックドア警告ランプを取り付け。
部品一式(本体、カプラー、配線とも純正品で用意)は、昨年末に揃っていたのですが、取り付ける時間がとれなくて 作業は延び延びとなっていました。

内張りの裏側に取り付け位置のマーキングが有るかな?と思って外してみると、何も無し。
ならば、何処に付けるか、しばし考え 「えい、ここに決まりと」

すでに追加してあるトランク内の右側照明から配線を引いて、本体固定用の長方形の穴を開ければ 出来上がり。 
これで、安全性アップ。  
                 これフロントドア左右にも有ったら良いですね。 

19013111901312   

evooyaji at 19:31|PermalinkComments(0) ゴルフ7 | デモカー

2019年01月30日

バッテリー グッドタイミングで

1901301当店代車のスバル サンバーですが、バッテリー交換をするため、ボッシュ ハイテクシルバーバッテリーを注文し、昨日届きました。   届いた時間が遅く、「交換作業は明日にしよう」と。
本日朝一番に付ける予定が、これまた時間がとれなく、作業できず。

そこへ、母がやってきて、「私のタントのバッテリーがダメみたいでエンジンがかからないので助けに来て・・・」と。

ここで家内が「ひょっとして サンバーと全く同じ?」 と聞いてきましたが、「そんなに上手い具合にいかないよ」と答えたものの、サンバー用に用意した この写真のものを持って、実家に行くと なんと 全く同じ。

こんな良いタイミングでバッテリーが上がるとは驚きでした。   おかげで母は 「もう治ったんだ〜」と出かけていきました。




evooyaji at 16:46|PermalinkComments(0) 日本車 

2019年01月29日

Q5 20インチタイヤ交換

2014年式アウディQ5 タイヤ交換で ご入庫いただきました。
ご指定のタイヤは前回(3年前にも交換していただいております)と同じ255/45-20 BS HTスポーツ AO (アウディ承認) です。
このタイヤはQ5 専用ですから、マッチングは完璧ですよね。 (サスペンション系もオリジナルですから)

写真2枚目 外したタイヤは、パターン溝にクラックが入り始めていました。 (このタイヤが山が一番残っているもの)


19012911901292




evooyaji at 11:39|PermalinkComments(0) Q5 

2019年01月27日

8J TT スペーサー

19012712007年式アウディTT  「リアにホイールスペーサーを付けたい」と ご入庫いただき、ホイールを外して各部測定。    スペーサーの外径、ハブの立ち上がりなどを測定し、選定します。
あ、もちろんホイールを外す前に30度50度の扇形にてタイヤ&ホイールの出幅も測定しておきます。

これらの数値から5ミリスペーサーに決定。 iSWEEP製を選択しましたが、この車両のホイール取り付けボルトは黒になっていますので、同ブランドでは黒のロングボルトは設定が無いため、別途 別メーカーにて黒ロングボルトを手配。



evooyaji at 11:24|PermalinkComments(0) TT 

2019年01月26日

コペン 色々と

1901263平成22年式ダイハツ コペン 約16万キロ走行ですから、いろんな物が劣化してしまい、ここらでリフレッシュとなりました。
まずは フロントスタビライザーのブッシュから。  

写真1枚目、2枚目がスタビライザーブッシュ 外側、内側
こんなに潰れてしまったんですね。  ヒビヒビになっているはずです。
続いてワイパーアーム左右交換。  

そしてリアウィンド上部のウエザーストリップ。
右リアウィンドあたりから雨漏りしているそうで、これでよくなると良いですが いかに。
交換作業は、とにかく手間がかかり、二人がかりで2時間ほど。
  
            30分ほどを予定しておりましたが、 あまかったですね。

まだ続きますが、また後日。

190126419012611901262
 

evooyaji at 17:57|PermalinkComments(0) 日本車 

2019年01月25日

ジェッタ DSGオイル

2008年式VWジェッタ2.0T DSGオイル交換で ご入庫いただきました。
当店初入庫車両のため、まずは診断機にて 各種ECUのチェック。
ところが、エラーにて上手く診断できず。  
これでは、DSGオイル交換作業ができませんので なんとかせねば。
なので、バッテリーを確認するため、上部カバーを開けると、写真1枚目のとおりで びっくり。

これでは、ダメですね。  バッテリー交換が必要ですが、とりあえず お湯をかけて洗浄。 
端子は 一回り痩せてしまっていました〜。

この後は、診断機が上手く繋がるようになり、作業開始。
ここからは、何も問題なく進みました。

最後の仕上げ DSGキャリブレーションです。  油温を温めるため4キロほど試運転すると、水温計が低いことに気がつき、ヒーター吹き出し温度を手のひらで確認すると、かなり低い感じ。  冷たくはないけど、暖かくもない・・・。
店にもどり 診断機を繋いで、水温センサー出力を見ると、70度。   (DSGオイル温度65度)
う〜ん、これはオーバークールになっていますね。   おそらく サーモスタット不良でしょう。

写真2枚目の右が最初に抜いたオイル。 走行12万キロで6万キロの時に1回だけDSGオイル交換歴ありとのことですが、私の想像していたよりは 綺麗だと思います。 (6万キロも走行した割には)
写真左側が油量調整でオーバーフローしたオイル。      綺麗になりました〜。

            湿式6速DSGは、3万キロごとのオイル交換をおすすめします。


一旦水温が下がるのを待ち(一晩)、アイドリングで水温センサー値とメーターでの温度(水温計)、時間の関係を25分後まで観察。 それぞれ53度:54度:10分後、62:68:15分後、66:74:20分後、69:82:25分後


19012511901252

evooyaji at 17:42|PermalinkComments(0) ゴルフ5、ジェッタ | ATF