2011年10月

2011年10月30日

ポロGTI 2台

1台目は 2007年式ポロGTI  フロント ロワアームブッシュとMTオイル交換。
ちょっとした段差等で、フロントから「ゴク」「ギクッ」「グギィ」といった異音が出る症状でした。

ポロ(9N)、ゴルフ5でよくある、ロワアームブッシュであろうと目星をつけて リフトアップして確認すると、やはり亀裂がみられました。
写真1枚目の左が外したブッシュですが、車両に付いた状態ですと、白丸部分の亀裂は簡単に確認できますが、赤丸部分の亀裂は分かりにくい状態なんです。
このように単体の状態ですと写真2枚目のとおり、完全に千切れているのが確認できます。

この品番のVW純正パーツは、廃番になっていて 対策品となっていますが、その対策品でも弱いため、当店では
強化品(写真1枚目右)を使用しております。
あとは2〜3週間後に4ホイールアライメント測定調整をして完成です。

2台目は、2006年式ポロGTI  サムコのインテークホースとエンジンオイル交換。 ご注文いただいた時にメーカー欠品中で1ヶ月半ほど お待ちいただきました。
交換は1時間ほどで完了。  エンジンオイルはモチュールのVW、アウディ専用品 スペシフィックを使用。

111030111103021110303



evooyaji at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ポロ 

2011年10月29日

ゴルフ4 ATF交換

ゴルフ4GTIのATF交換、フューエルフィルター交換をしました。
この車両は前期型なので、4速ATで、いわゆるゴルフ3と基本的に同じATとなります。

写真1枚目が、外したオイルパン内部。
写真2枚目は、清掃後。

以前に交換歴があるとのことでしたので、やはりATオイルパン内部は比較的 綺麗でした。 
そしてフューエルフィルターの方も、燃料を逆流させる形で抜き取ってもましたが、写真3枚目のとおり、綺麗ですね〜。

111029211102931110291



evooyaji at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゴルフ4、ボーラ | ATF

2011年10月25日

JSPとホイール

2007年式VWジェッタ2.0T(BWA)のお客様より、ECUチューン ニュースピードJSP Chipのご注文。
一緒にタイヤホイールで レイズのシュトラーレンMEの18インチと225/40-18 BS S001の組み合わせ。
そして冬支度として、225/45-17のスタッドレス BS REVO GZまで注文いただき、私は 感激です。

     点火プラグは、点検の結果 交換することとなり、1番冷え型の7番に変更しました。

そうそう、この車両は ホイールアライメントも測定、調整しました。   今日のアライメント2台は、どちらもVWで、もう1台はトゥーランでした。



evooyaji at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゴルフ5、ジェッタ | ホイールアライメント

2011年10月23日

996ターボ アライメント

1110231今日は、久しぶりの 大忙し。  朝一番からアウディA4の脱着、VWジェッタの入庫、ゴルフ2の出庫、トゥーラン入庫と出入りが激しく、一時は駐車場が満車状態。
                     まさに うれしい悲鳴です。

この中で一番時間が掛かった作業は、ポルシェ911(996)ターボの4ホイールアライメント測定、調整。
写真は、リア キャンバーの調整中です。
全部で7箇所 調整することとなり、5時間ほど掛かりました〜。

明日 月曜日は定休日ですが、いつものように注文のFAXや電話をするため、一時出勤です。

evooyaji at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ポルシェ | ホイールアライメント

2011年10月21日

お知らせ

          10月28日 金曜日は、臨時休業することとなりました。
誠に勝手ではありますが、よろしく お願いいたします。

evooyaji at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月19日

継続検査2台

今日は、小牧陸運支局で2台の継続検査でした。
ゴルフ4とマイカーのスバル サンバーですが、どちらも最終予約4ラウンドでの予約。 2台目の検査が終了したのが15時40分で、終了20分前。  

軽自動車と普通車で同じ敷地内とはいっても、けっこう離れているので 移動に時間が掛かりますね。

普通車2台なら、いつものことなので 慣れているのですが・・。


evooyaji at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゴルフ4、ボーラ | 日本車

2011年10月17日

ゴルフ5 P-Flo KIT

1110163今日は定休日ですが、昨日の作業で・・・。
VW ゴルフ5GTIのNEUSPEED製エアクリーナー、P-Flo KITを取り付けました。
この車両は、以前JSP-Chipを施工していただいた車です。

このエアクリーナーに交換することで、パワーアップはもちろんのこと、ブーストの掛かり始めには 室内でも吸気音が楽しめますよ。

パイプのカラーは、黒と赤がありますが、今回は、赤を選択いただきました。



evooyaji at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゴルフ5、ジェッタ 

2011年10月16日

A4 FSDの・・・

2007年式アウディA4の限定車DTMの入庫です。
実は この車両、 オーナー様がKONI FSDを個人輸入して、持ち込み専門店にて取り付け、ホイールアライメントのみ当店に依頼いただき、1ヶ月ほど前にも入庫した車。
その際 測定前の試運転で FSDらしからぬゴツゴツした乗り心地で、私もメカニックも???となりました。
そしてジャッキアップし、ダンパーの有効ストロークを測ってみると、フロント15ミリ。
う〜ん、これは少なすぎると思い、バンプラバーの長さを測ったり、付いているFSDの品番を控えたり、あれやこれやと・・・。
そして この時点で解ったのは、FSDが この車両用でないこと。
ここからが ややこやしくて、FSDのカタログ(日本用)を見ると、この品番で正しいように見えますが、KONI本国
適合表を見ると、この品番ではありません。
日本用カタログでいうA4カブリオレ用が適合となります。

なるほど、それで有効ストロークが足らなくなったんだな と理解。  おそらく、正しい品番のものは、ショートケースとなり、ストローク確保がされるのであろうと。

この真意を確かめるべく、正規輸入元にお願いして、それぞれの図面をいただく手配をしました。すると 片方の図面は、日本にありましたが、他方はないため 本国に依頼。 
2週間以上して連絡があり、「この2種類は外形寸法は全く同じで、減衰力のみ違う」「したがって図面を送る必要なし」との回答。

では、さらに見かたを変えて、現在付いている物は、現品に貼り付けてある品番と正しいのか?調べることに。 
結果は、これは品番と寸法が合致していました。

次に どんな方法で改良?修正?するかです。
お金に糸目をつけなければ、正しい品番のダンパーに交換ですが、オーナー様と相談の結果、コストを抑えて 何かやってみることに。

そして考えたのが、今のバンプラバーよりも8ミリ短い アウディ他車種用のバンプラバーを使い、有効ストロークを23ミリにしてみることです。

この案を本日実行。   試運転で、随分マイルドになったが、まだ本来のFSDとは若干ですが違うような。
結論を出すのは、まあ、少し様子を見てからですね。

実は、今日 使用したバンプラバーを探し出すのは、大変な作業なんですよ。
なぜなら、このバンプラバーの上部はアッパーマウント部に嵌まりこんで固定されているため、外径が同じもので、尚且つ内径も同じで、肝心の長さが短いものを探すわけですから。

私は、常々バンプラバーの寸法等をメモしてデータ取りしていますので、たま〜に 役立ちます。

11101611110162

限定車の証、カーボンリップ。   このリップスポイラーさすが純正ですから出来がとっても良いです。  でも価格が・・・12万円オーバーです。

evooyaji at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)サスペンション | A4

2011年10月15日

ゴルフ5 DSGオイル交換

ゴルフ5GTIのDSGオイル交換をしました。
この車両は、5万数千キロ走行で2回目の交換とのこと。   抜き取ったオイルは、やはり綺麗でしたね〜。
これぐらいの頻度で交換すれば、とっても良い状態をキープできることでしょう。

やはりオイル交換は、「早め」が機械には良いですから・・・地球環境と財布には優しくない との意見もありますが。




evooyaji at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゴルフ5、ジェッタ | ATF

2011年10月14日

またもや燃料ポンプ

今年の7月24日に燃料ポンプ交換をしたゴルフ2ですが、また入庫。
「昨日 リアからセミの鳴き声に似た異音がした・・今日は治ってしまった」とのこと。  リフトアップしてアイドリングで確認するも、全く異常なし。  20分ほど そのままにしていると症状再現。
セミの声の元は、燃料ポンプ(外側)から。 
症状が再現されているうちに すばやく診断。   次に確認する所は、燃料ポンプ(タンク内のリフトポンプ)。
荷室内のサービスホールを開けて、リフトポンプの音を確認しますが・・・あれ?音がしないような。

すかさずカブラーを抜き挿ししてみると変化なし、やっぱり動いていない。次にテスターでカプラー電源をみると12.3ボルトですから、こちらはOK。
では、ポンプの導通は・・・なし。

どうやらポンプ本体が死んでいるようです。
SSTを使用してタンクからポンプASSYを取り出してみると(写真1枚目)、ポンプ上側のゴム製ジョイントがドロドロになっていています。
私の想像では、ここのゴムが溶けて穴があき、ポンプがフル回転して故障したので、外側ポンプが異音を出したと思います。
前回の7/24の時は、この状態が続いて外側ポンプも故障したのではないかと考えられます。

ここで納得いかないのは、タンク内のポンプとジョイントは、前回交換済み。(もちろんVW純正部品)
そして前々回も7/24から数ヶ月前に交換していたので、7/24の時はVGJにてクレーム処理していただいていたのですが、また壊れるとは?
しかも 今度は約2ヶ月。
7/24の時は、ガソリンタンクが空に近い状態で ほとんど乗らない状態でしたから、気化したガスで異常に早くゴムが劣化した可能性もあり、ある程度納得できる感じがありました。でも今度は 常にガソリンを8割以上にしていて この結果は、納得できないですね〜。
             純正部品の欠陥ではないかと 疑いたくなります。

ちなみに前回の作業時にタンク内に汚れがないか、確認済みですし、入れるガソリンスタンドも変更しています。

       純正部品が信頼できないとなると、どうしたら良いのか? 

11101411110142 



evooyaji at 01:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゴルフ2、3