2018年02月

2018年02月26日

2018年2月 定休日

2月は 通常どおり 毎週月曜日と第一日曜日 お休みをいただきます。

4(日)、5(月)、12(月)、19(月)、26(月) が休業となります、よろしく お願いいたします。

evooyaji at 13:52|PermalinkComments(0)

2018年02月23日

パサート 塗装

先日バッテリーステーを取り付けたVWパサートワゴン この作業の後、塗装屋さんに持ち込んで右フロントフェンダーの塗装をしておりました。
この車両は年式の割りに全体が綺麗なのですが、このフェンダーの上面だけクリアーが剥がれておりました。

なので、塗装を剥離して下地を整えてから再塗装となり、本日完成。

写真1枚目 作業前のクリアー剥がれ状態。

写真2枚目、3枚目 塗装出来上がり状態。  

180223118022321802233

evooyaji at 19:14|PermalinkComments(0)パサート 

2018年02月22日

TT-S 点火コイル

2014年式アウディTT-S  先日 初ご来店いただき、点火プラグ、プラズマダイレクトのご注文。
パーツが揃いましたので 早速取り付け。
点火プラグは社外品のイリジュウムと純正プラチナで検討いただき、プラチナに決定。
いつものように アウディ純正NGKと同品番のNGK製を逆輸入。       随分コスト削減できますね。

取り付け後の写真撮影をするつもりでしたが、私は お客様と話し込んでしまい、撮影チャンスを逃してしまいましたので、今日は写真なしとなりました。



evooyaji at 18:17|PermalinkComments(0)S、RS | TT

2018年02月21日

バッテリー固定と工具

先日バッテリー交換をしたVWパサートワゴンV6 4モーション、その際バッテリー固定用のステーが付いておらず、プレナムチャンバーに落ちているかも と探しましたが見つからず。
写真1枚目のパーツを発注し、届きましたので取り付け。   このステーが付いていなかった車両がこれで2台目か3台目ですが どうしてなんでしょうか?

写真2枚目は、VWゴルフ7、アウディA3(8V)、A4(8W)等の 2.0T系のエンジンオイル交換で使う専用工具です。 今までは、左のVW、アウディ純正工具(SST)を使用しておりましたが、ゴルフ7GTIでCOXボディダンパー付き車ですと この純正工具が使えなかったのですが、先日メカニックが写真2枚目中央の新製品を見つけてくれましたので、即注文し 本日届きました〜。
右端のラチェットと組み合わせて使います。
                 これで、COXボディダンパー付きも ばっちりです。


18022111802212


evooyaji at 19:08|PermalinkComments(0)パサート | 工具

2018年02月20日

フィルターの微妙な違い

写真はどちらもVW、アウディ用の純正エンジン オイルフィルター、 品番違いですが微妙な大きさの違い。
06L-115-562B の方が長さが1〜1.5ミリほど長いです。   ろ紙は 明らかに違いますから、この2種類が必要なんでしょう。

写真1枚目 左が06L-115-562B  右が06L-115-562
末尾にB付きは、2014年式アウディA4オールロード用(8K)(CNC)、  Bなしは、ゴルフ7GTI、R、S3 などなど 多くの2.0Tに使われているタイプ。  
ちなみに2017年式アウディA4オールロード用(8W)(CYR)は Bなしの方ですね。

でも 社外品のオイルフィルター適合表を見てみると、この二つは同じ品番で共通となっています。
しかしながら、純正品では、別設定。
ということで この二つに付いては 当店では純正フィルターを使うことにしております。


18021811802182



evooyaji at 18:40|PermalinkComments(0)ゴルフ7 | A4

2018年02月18日

ゴルフ7 DSGオイル交換

2016年式VW ゴルフ7 GTI DSGオイル交換です。
ゴルフ7の湿式6速DGSのオイル交換は、当店初となります。
パーツを揃え、 前もって整備書をプリントアウトし、準備万端。  
この時期は気温が低いのでDSGオイル温度も早く下がってくれますから、待ち時間が少なくなり助かります。
その代わり、新油を入れてから 油量確認温度になるまでの時間がかかりますが、これは仕方が無いですね。

写真1枚目 用意したパーツ。 ドレーンガスケットは2枚写っていますが このミッションは1枚です。

写真2枚目 外したDSGオイルフィルター、これだけ見ると案外 綺麗に見えますが 抜き取ったオイルは、写真3枚目のとおりです。  これでも走行距離は3万4千キロです。

            やはり湿式DSGオイルは、3万キロごとの交換が良いようです。

180217218021731802174

evooyaji at 18:16|PermalinkComments(0)ゴルフ7 | ATF

2018年02月17日

A1とQ5 バッテリー交換

今日の朝一番は2013年式アウディA1 バッテリー交換。  
バルタAGMタイプを選択、前回も同じバッテリーを取り付けさせていただいたのですが、何だか早くダメになってしまいました。 CCA値が新品時の63%になっていますので エンジン始動できなくても納得の値です。

オルタネーターの良否が気になりますが、今日のテスト時には良好との判定。  しかしながら これで安心とはいきません。 ひょっとすると {時折オルターネーターが悪い時がある} といった壊れ方ですと この一瞬のテストでは 判断できないことがあるからです。 
              ここは、何回かテストして 経過観察ですね。
ちなみに この車両のバッテリー設定は、専用テスターを接続し、3箇所の入力をするのですが、まず始めに20時間容量を入力タイプです。
このタイプが 同じ年式のアウディでも 何種類もあり、ここが複雑な設定となっております。
当店では、VW、アウディであれば どのタイプでも バッテリー交換時の初期設定、リセット作業が可能です。
       正規ディーラーさん以外では、なかなか対応できない部分ではないかと。


続いて、このブログを見ていただき、初ご来店いただきましたアウディQ5
先日電話にて、バッテリーの問い合わせいただき 翌日ご注文いただきました。
                           ブログ やってて良かった〜

こちらの車種はVW、アウディで一番大きいバッテリーサイズとなり、交換するのは一人では無理。
トランクの底から持ち上げて、車外に出すのは二人での作業です。  
                 バッテリー重量 28〜32キロありますので。

この車両のバッテリー設定は、最初に9桁又は11桁のバッテリー品番を入力するタイプ。  社外品バッテリー(ボッシュやバルタなど)の場合 どの数字(どんな数字)を入れたら良いのかがミソですね。

今日の2台とも 2箇所目の入力はベンダー(メーカー)コードを入れるのは 同じです。 これは、各バッテリーメーカーにアルファベット3文字が割り当てられています。

写真は、Q5のバッテリー、上側が新品バルタAGM (社外品)、下側が外したバルタAGM (アウディ純正)

1802171

evooyaji at 21:41|PermalinkComments(0)A1 | Q5

2018年02月10日

またバッテリー

本日エンジンオイル交換で ご入庫いただきました2013年式BMW 320d ツーリング ブルーパフォーマンス F31 いつも使っていただいているモチュール8100にて交換。
最近バッテリーの調子が今一で・・・とのことでしたので、CCA測定。  新品時の52%になっておりますので 早めの(早急な)交換が良いと思います。   
          8月頃 交換予定とのことでしたが それまで もつのか、微妙ですね〜。

写真は いくつかのパネルを外して、バッテリーにアクセス中。

1802101



evooyaji at 18:09|PermalinkComments(0)BMW 

2018年02月09日

3B パサート バッテリー

2004年式VWパサートワゴンV6 4モーション バッテリー交換で ご入庫。
先日のバッテリー診断で新品時容量の68%だったので、交換となりました。 

いつものようにOBD2ポートからサブバッテリーを接続し、交換作業を進めます。  
ところが、開始早々 問題発覚。   バッテリーを固定するステーとボルトが付いていません。  いわゆるバッテリー本体が固定されておらず、配線が繋がっているだけ。   
当初の予定どおり、バッテリーベース(台)を外して、プレナムチャンバー内に これらのパーツがないか確認するも やはり無し。   排水口の清掃をしてバッテリーベースを元に戻しました。
     う〜ん困ったものです。   こうなれば 改めてパーツの手配をするしかないですね。

1802091


evooyaji at 19:33|PermalinkComments(0)パサート 

2018年02月07日

ボクスター986

2004年式ポルシェ ボクスター986 昨日より入庫いただきました。
ご依頼内容は、フロントフードダンパー交換、ルーフのひもが取れて・・・、エアーチェック、バッテリー充電、オイル漏れ等です。
まずは写真1枚目のルーフのひもですが、これルーフの内張りを張る(引っ張る)ためのものだそうですが、どのような状態が正しいのか?         反対側を見る限り こんな感じで良いでしょう。

今度別のボクスターが入庫した際に要確認ですね。

写真2枚目は、昨日昼過ぎにオーダーして 本日届いたパーツ。  フロントフードダンパーとフロント内装のクリップ。  次の日に届くとは ポルシェパーツ、すばらしい対応です。

フロントフードダンパーは1本がオイル漏れで、「風が強い日に閉まってしまった」とのことで、迷わず2本セットで交換ですね。  

オイル漏れについては、今日一日かけて 色々と確認。
写真3枚目のインテークホースがオイリーな状態ですから、バンドを緩めてオイル抜き。  
お、ここのバンドが2箇所ゆるゆるでした〜。

以前にブローバイ オイルセパレーターを交換しておりますが、まだホース内にオイルが残っていたのか?
このあたりを徹底的に洗浄して 様子を見ながら試運転してみます。

垂れてくるのは右バンク上の方からなんですが、プレッシャーセンサー、パルスセンサーからではないのが確認できましたが、その他は見えません。    ファイバースコープで覗いてみますが、今のところ判りません。
 

180207118020731802072





evooyaji at 18:39|PermalinkComments(0)ポルシェ