2019年04月

2019年04月29日

2019年4月 定休日

4月は 通常どおり 毎週月曜日と第一日曜日 お休みさせていただきます。

1(月)、7(日)、8(月)、15(月)、22(月)、29(祝) が休業となります、よろしく お願いいたします。


evooyaji at 17:30|PermalinkComments(0)

2019年04月17日

発電機修理

父が壊れた発電機(ホンダEB1200X)を買ってきて「これ治しておいて・・・」と。
先日も 同じように発電機を持ち込んでおり、その数ヶ月前には小型耕運機を持ってきて・・・・。

今のところ どれも無事に修理できておりますが、その内ダメなものも出てくるでしょうが、まあ気楽に考えないと。

今回はキャブレターの内部に汚れが堆積し、始動できないといったところ。 またガスケットがボロボロで燃料漏れも有り。  でも全体的にとっても綺麗で錆びも全く無し。   新品に近い 見た目 です。

私が持っているキャブクリーナーでは綺麗になりそうにないうえ、ジェットも固着して外れない状態。   これでは前に進みません。  
ここで弟にキャブレター洗浄液(かなり高額の液とのこと)を借りて キャブレターASSYを漬け込んで、待つこと1日。

                    取り出してみると すっかり綺麗になりました。
あとはガスケット類の手配。   部品番号を調べるため、色々手を尽くしましたが 判らず。
仕方が無いのでホンダに電話して パーツリスト1枚をFAXしていただき、無事に品番確定。

いつも車の部品を発注しているパーツ商に電話すると「発電機の部品は品番が判っていれは取り寄せ可能」 とのこと。   これはラッキーです。  ということで即発注。 
待つこと1日で写真の部品が入荷。
                   ホンダさん パーツの供給が良いですね。 というのも この発電機 調べていくと1983年発売のものでしたから。   見た目からは とても想像できないほど綺麗なんですが・・・。

これで発電機は実家に3台、店に1台、自宅に1台 となりましたので、停電時や災害時には きっと役に立つでしょう。  本来は 使う時がこないのが一番ですが。

1904173



evooyaji at 11:52|PermalinkComments(0)

2019年04月16日

ポーレンフィルター

2004年式ポルシェ ボクスターS  お客様より「エアーフィルターが2年 交換していないので替えて・・・」とのご要望があり、確認すると とっても綺麗な状態でしたのでエアーブローして 再使用としました。
代わりと言ってはなんですが、ポーレンフィルターも確認すると こちらは汚れが積もっておりましたので、交換です。  OEMメーカーのマンフィルターにて手配。

写真1枚目 外したフィルター。 ぱっと見は それほどでもないように見えますが、ひだの中を開いて確認するとこのような状態です。

写真2枚目 上側が新品、下側が外したものです。


19041711904172

evooyaji at 11:30|PermalinkComments(0)

2019年04月13日

ランサー、ボクスター黄からグレー

先日から お預かりしているミツビシ ランサーセディア
最後の仕上げは、写真1枚目のワコーズRECS このエンジンは直噴なのでRECSは抜群に相性が良いですから。

次の車両も 先日から お預かりしております2002年式ポルシェ ボクスター エクスクルーシブ (限定車)
前回入庫時に気づいておりましたが、写真2枚目のとおり、外気温センサーが所定の位置に付いていません。
バンパーとアンダーカバーに挟まれています。
何らかの作業でフロントバンパーを脱着した際に挟み込んでしまったのでしょう。
これを修正するためだけに バンパーを半脱着。   これにて正規の位置に付きました〜。

次の車両は、これまた2004年式ポルシェ ボクスター 3.2  ランサーセディアと入れ替えでお預かり。
はい、この2台は同じオーナーの車両。  
今日は珍しくボクスターが2台続きけて作業。  それも 同じ986  
               色は スピードイエローからシールグレーに。

19041211904122


evooyaji at 19:14|PermalinkComments(0) 日本車 | ポルシェ

2019年04月11日

MB キャンバー調整ボルト

先日ホイールアライメント測定、調整をした2009年式 MB E320 CDI アバンギャルド (W211)
キャンバー調整ボルトを用意しましたので、再度入庫いただき作業開始。
あらかじめ 左前キャンバーを調整するためロワアーム内側の取り付けボルトを用意したものに交換。

この状態で4ホイールアライメント測定。  前回の数値と比較すると 設定値どおり30分だけ改善。 でも その影響でトゥがものすごい数値になり(キャンバーが変わったので当然ですが)ましたので、こちらも再度調整。
するとキャンバーがまた戻る方向に動いていきます。 (これは構造上仕方が無い)
なので、今度はキャスターも同じ調整ボルトで調整。  これによりキャンバーもキャスターも良い方向に動き、最後にもう一度トゥを調整して出来上がり。

これで また随分良くなりました〜。 この数値ならば 極端な片減りはなくなるでしょう。

写真1枚目 用意した調整用ボルトセット。 これを2組使用。

写真2枚目 H型になったボルトです。  正確には歪なH型で入れる(入る)向きが決まっています。 これ3箇所での調整と限定されますが、調整後は ずれることがないので とってもよく考えられておりますね。
                    これを設計した人、頭良いな〜。

写真3枚目 取り付けた状態でどちら側に調整されているか わかるようにボルトの頭にマーキングもあります。        さすがメルセデスといったところ。

190411119041121904113

evooyaji at 19:13|PermalinkComments(0) 輸入車 | ホイールアライメント

2019年04月10日

バッテリー端子が割れて

平成14年式ミツビシ ランサーセディア メンテナンス色々でお預かりしました。
その中で「1年ほど前にバッテリーを交換しているが、その際ターミナルが割れて・・・・そのままなので何とかして欲しい」とのご要望。  早速確認するとマイナス ターミナルが 写真のとおり 完全に割れて2分割した状態。
これでは大変危険なので、即対応。
このまま使っていて 接触不良が起きスパークすると いとも簡単に車両火災となってしまいますから怖いです。

              こうなってしまった原因は、固定ナットの締めすぎですね。 


修理は マイナス側なので、ターミナルとハーネスのASSYで交換すれば簡単 と思われますが、この車両の場合 ここの配線はエンジンメインハーネスと一体になっており、簡単に交換できないのです。
ならば ターミナル単体だけ交換し、ハーネスは元のターミナル付け根でカットすれば 良いかと マイナス ターミナルを用意しました。 
ところが、配線をカットしてしまうと 短くなりすぎて上手くいきそうにないので、元のターミナルカシメ部分を切開して配線が短くならないように取り出し。
ここまでくれば あとは新品ターミナルに挟み込めば出来上がり。
文章ですと 僅かですが、実作業には2時間ほどかかりました。   でも上手くいったので良かった〜。


19041011904102

evooyaji at 15:16|PermalinkComments(0) 日本車 

2019年04月09日

A110 タイヤ交換

1960年代のアルピーヌA110 フロントタイヤ2本交換のご依頼。
この純正ホイールが変わったタイプでして、センタディスクがアルミ製でリムがスチール製の2ピースホイール。
これを お客様がリム増し(リムを2分割して、間に新たなリムを追加して4.5Jから6Jに改造)してから塗装したもの。

これに組み合わせるタイヤはヨコハマのラリータイヤでアドバンA021R 185/60-13とダンロップのラリーチューブ。
なぜチューブのみダンロップかといいますと、このタイヤサイズに合うチューブがヨコハマでは設定なし。  色々なメーカーを調べましたがダンロップのみだったんです。

タイヤのハメカエは ホイールがリム増しされているため、リバースホイールとなり、裏側から脱着となるのですが、これにチューブを入れるため なかなかやり難い。
次にバランス調整へと。  ここで、センターキャップなしのホイールだったことに気がつき、ホイールバランサーのアタッチメント付け替え。  これでプジョー、シトロエンなどのホイールと同じようにホイール取り付けボルトにて機械にセットできます。
写真1枚目がホイールバランサーにセットされた状態。

このアタッチメント前回使ったのを調べると 数年前のスマートロードスターのタイヤ交換時でした。 滅多に使いませんが、無いと困りますから、必需品です。

ちなみにPCDは3ホール 150mmですね。

1904091

  

evooyaji at 19:09|PermalinkComments(0) 輸入車 

2019年04月07日

2019年 潮干狩り3回目

1904075今シーズン3回目の潮干狩りに家内と長男の3人で行ってきました。
ゴルフ7に潮干狩りグッズを積み込み、3人乗ると車内はパンパン。  この状態で遠距離の海岸へはリアシートの人(家内)が きつい(しんどい)ですね〜。

今回の目的地は リベンジで 西尾市 梶島。
今日は日曜日なので、通勤渋滞もなく、スイスイで1時間15分ほどで現地着。 干潮時間の4時間ほど前に着いたので、駐車場も近くに止められてラッキー。  でも乗船場所の 場所取りカゴは50mぐらい並んでいたでしょうか。(写真1枚目)   干潮3時間前からチケット販売が始まり、乗船できたのは6隻目。

島に着き、ひたすら歩いて 西の岩場に到着したのは正午ごろ。
今回は幸先の良いスタートが切れて、45ミリオーバーのあさりがいくつも獲れ、これは いける〜 と思うも、そんなに甘くない。

時間一杯の14時すぎまで がんばりましたが・・・・(涙)

私は 量は少ないがサイズが大きい(梶島限定)ので まあ 満足できました。

家内は今回の最大サイズ52ミリ28gを筆頭に48ミリ前後を幾つも獲りましたが、量が少ないので満足できないとのこと。
私は今回51ミリ27gが最大で 家内に1ミリ負けました。

長男は 途中で岩場の先端まで行き、わかめを抜き取って(ちぎって)きて、家内にプレゼント。 受け取った家内の身長よりも わかめの方が少し長いサイズでした。 根元のメカブは湯通しして、ヌメヌメを味わいました。  その他の部分は、湯通しし、生のまま冷蔵保存と、大部分は冷凍し、一部は干しわかめにするためハンガーに干してあります。  この干しわかめ 上手くできるでしょうか?

写真2枚目 獲るポイントは こんな所。  水の中(干潮時に膝ぐらいの水深)も岩ゴロゴロ。
写真3枚目 左は私と長男が獲った鬼あさり、右はアカニシ。  アカニシは茹で、味噌を付けて おいしくいただきました。
写真4枚目 特大サイズのあさり。 平均47〜48ミリぐらい。 こちらは 酒蒸しで。
写真5枚目 今回ナンバー1 家内の52ミリ


1904074190407119040721904073

evooyaji at 15:26|PermalinkComments(0)

2019年04月06日

Nワゴンとゴルフ7

ホンダNワゴン 点火プラグ交換と4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
プラグは純正のイリジュウムからNGKルテニウムにグレードアップ。 (写真1枚目 外した純正品)

アライメントはリアの調整が出来ない車両ですが、幸いリアは綺麗に揃っておりましたので よかったです。
フロントトゥ2箇所を調整し、出来上がり。  直進性アップいたしました〜。


変わってゴルフ7GTI レカロのベースフレームに付属の疑似抵抗が悪くなったようでエアバック警告灯点灯。 フォルトチェックしてみると サイドエアバッグ 過大抵抗値 と出ていました。
リセットして様子をみてもらうと、初めは2週間ほど良いがまた点灯。   それが 段々と短くなり、リセットしても2日で点灯してしまうようになったので、何種類かの抵抗を用意して、交換しました。
外したレカロの抵抗は、基準値ぴったりでしたが・・・?
ということで、基準よりも 少しだけ低い抵抗値でキャンセラーを作って取り付けてみました。

これで どうなるのか しばらく様子見です。

写真2枚目は、ついでに ご注文いただいたブレーキ エアーダクト。  さすが純正パーツだけあって よく考えられていますね。


19040611904062




evooyaji at 20:15|PermalinkComments(0) 日本車 | ゴルフ7

2019年04月05日

TT-S メンテ

19040512014年式アウディTT-S メンテナンスでポーレンフィルター交換とエアコンリフレッシュ施工。
ポーレンフィルターは2年間、約5万キロ交換していない とのことでしたので、かなりの汚れが・・・
写真のエアコンリフレッシュは、予想のとおりガス量は随分少ない状態でしたので、きっちり規定量充填。

これで快適になりますね。



evooyaji at 19:15|PermalinkComments(0) TT