JETTAのアライメント2台のR32

2007年10月20日

ゴルフワゴンフューエルポンプ

d59d3c16.jpg今日は、朝一番から予約のアルファロメオ155V6 ホイールアライメント作業でした。アラゴスタのサスキットが付いていましたが、リヤダンパーの有効ストロークが10ミリほどでした?
メーカー設計者様は、いったいどういった理屈で、このような設計寸法になったのでしょうか?
      凡人の私の頭では、理解不能でありまする????

続いてアウディーS4の車検対策?に付いて 相談いただきました。
   ○本様、これだけ用意すれば、OKだと思いますよ。

最後の作業は、タイトルの「ゴルフワゴン フューエルポンプ」交換でした。
「10分ぐらい走行すると吹けあがりが悪くなり、2000回転以上吹けあがらなくなる」 との症状でした。エンジン始動してみると、明らかにポンプからの異音が有り
すぐに交換作業となりました。
この状態で お客様宅の最寄のDUO店(三重県内です)にて 点検依頼されたそうですが、ろくに調べず、「原因不明です、専門店で見てもらって下さい」との回答だったそうです。
実はこの車両 ワゴンGTI 5M/Tなんです。なので、正規ディーラさんは、「作業したくなかった」としか 私には思えてなりませんが、不親切にもほどがあります。違法改造車なら、わからなくもありませんが、「構造変更済みです」と申告されたそうですが、このような対応だったそうです。

正規ディーラさんは、新車を売るのが一番重要な仕事と とらえているのは、解りますが、古い車を大事に乗るユーザーのことも少しは、考えて下さいな。

肝心の作業内容ですが、VW純正パーツですと この場合はポンプアッセンブリー交換となり、ポンプはもちろんのこと、ゲージセンダー等も同時交換となり約10万円です。これでは、不要な部分が多すぎて、環境に良くありません(お財布にも)

なので、ポンプ本体は純正供給メーカーVDOにて手配して、あとの消耗品以外の部分は中古パーツ3個から良い部分を組み合わせて、完成させました。
但し、ポンプシール等の再使用不可部品は、きっちり新品パーツですよ。
漏れたら 大変なことになりますから。





evooyaji at 23:12│Comments(2)TrackBack(0) VW 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by evooyaji   2007年10月22日 14:32
○本様
バッテリーご注文ありがとうございます。早速手配いたします。
1. Posted by ○本   2007年10月22日 09:07
一昨日はお世話になりました!
バッテリ、お願いします。
また後ほど、お電話しますね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
JETTAのアライメント2台のR32