久しぶりの大忙しH4考察

2010年02月27日

問い合わせ

数日前に、電話で1件の問い合わせがありました。
ゴルフ5GTIでCOXボディダンパーを付けたいのですが、R32と同じよう(室内に付けるのではなくリヤバンパー内に付ける)に取り付けしたい」といったような内容でした。

私の回答は、「それは無理です、物理的に取り付けたとしても とても本来の性能がでませんから」 
「COXさんで当然 リヤバンパー内に付けるテストもされていると思われますが、よい成果が得られなかったので、室内取り付けになったのだと思います」
「当店としては、高価なパーツを購入していただくわけですから、しっかり本来の性能で使用していただきたいです」
と返答させていただきました。

このボディダンパーはストローク量2ミリと繊細で、取り付けかた次第で効果が左右されます。
といいますのは、以前 他店さんで取り付けた方が、「付け直してほしい」と当店に依頼いただき、私は 一瞬どういうことか??となりましたが、よくよく話を聞くと「取り付けたお店は2柱リフトでリフトアップして取り付けていて、説明書のとおり1G状態(タイヤが接地した状態、ダンパーが伸びていない状態)で必ず取り付けする ところが守られていなかったので・・・」とのことでした。

たしかに取り付け説明書には「1Gで・・・」といったような注意が書いてありますので、どこのお店も当然と思われがちですが、そうではない所もあるようですね。

なので、当店で 一旦外して付け直し作業をさせていただいたところ、「劇的によくなった」と後日コメントいただいたことがあります。

このように取り付けは簡単、シンプルですが、それゆえ繊細な部分がある商品でもありますから、慎重に付ける必要があります。






evooyaji at 23:51│Comments(1)TrackBack(0) ゴルフ5、ジェッタ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by evooyaji   2010年04月08日 16:15
MK様
SSTは、「T10075フィッティングフランジ、T10073ホールディングプレート」だと推測しますが、どちらも販売されていません。
整備業者でも、購入することが出来ませんので、お近くの正規ディーラーさんに作業依頼するしか方法がないですね。

よいアドバイスがなく、残念です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
久しぶりの大忙しH4考察