新型クラウン スタッドレスアウディ アライメント 2台

2013年02月19日

ジュリエッタ

アルファロメオ ジュリエッタの4ホイールアライメント測定、調整をしました。
 今や(日本国内では)イタリア車でも 珍しくなった左ハンドルのマニュアルミッション
日本では、どこの国の車も 揃って右ハンドルになってしまって・・・。 
「やっぱり 元々の設計どおりのハンドル位置で乗りたい」と 思う人たちが 私も含めて 少なからずいるのですが・・・。

この車両は、納車前にローダウンされた車両で、スプリングが馴染んだ頃を見計らって、入庫いただきました。

測定の結果は、リアのキャンバーが付きすぎ、いわゆるネガティブキャンバーが強すぎる状態。そしてトゥも もっとポジティブにしたい状態でした。
キャンバー調整は、メンバーを動かすことで、左右同時にできますが、この車両の場合左右差は少ないのでその必要なし。  ロワアームの偏心カムを動かすとキャンバー、トゥが同時に動き、キャンバーがポジ方向に動かすとトゥはネガ方向に動いてしまうので、たちが悪いんです。

これは、4つの数値で妥協点を見つけ、尚且つ スラスト角がゼロになるところにするしかないですね。

調整後もリアの内べりは ある程度覚悟するしかないですね〜。

   これから ジュリエッタでローダウンしよう  と考えている方、タイヤの内べりは 覚悟が必要ですよ。

1302191


evooyaji at 22:20│Comments(0)TrackBack(0) アルファロメオ | ホイールアライメント

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新型クラウン スタッドレスアウディ アライメント 2台