ドライビングシューズユピテルと契約

2013年07月04日

今度はエバポレーター

先週はAudi 80 のヒーターコア(ヒートエクスチェンジャー)交換でダッシュボード脱着と時間のかかる作業をしておりましたが、今週も似たような作業で・・・。

今度はポルシェ993のエアコン修理で エバポレーターの交換です。
993の場合ダッシュボード脱着ではなく、殆どがトランクからの作業となります。 なので、先週よりかは楽かな?と安易に考えていましたが、実際は こちらの方が数段大変です。

このころのポルシェは とっても拘った造りになっているのは良いのですが、作業性が悪いことといったら・・。
整備する時のことを考えて設計されていませんね〜。

苦労してエアコンユニットを外して、分解していくと 写真1枚目のエバポレーターが出てきます。 コアの黒く汚れている部分は、埃とカビですが、私の予想よりも綺麗な状態でした。


写真2枚目は、エバポレーターを外したユニットケース。 漏れ出たエアコンオイルと漏れ確認用に入れた蛍光材でベトベト。
この蛍光材をガスと一緒に入れておくと ガス漏れした場合、紫外線ライトをあて 専用のメガネを掛けて見ると ピカーンとグリーンに光って漏れているところが確実に判る仕組みです。 


写真3枚目 1時間以上掛けて 水と洗剤で丸洗いすると ご覧のとおり。  特に写真上部の2枚のフラップ部 色に注目。   写真2枚目と比べると カビが取れて まったく別の色になりました〜。


130704213070411307043

evooyaji at 00:17│Comments(0)TrackBack(0) ポルシェ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ドライビングシューズユピテルと契約