ゴルフ7とA6 2台アウディ 点火コイル交換

2015年11月22日

A6 と C43

2004年式アウディA6 アバント3.0クワトロ ATF交換です。
このタイプは、当店でもっとも交換歴があるZF 5HP19 ですね。  
走行5万キロを過ぎて 初の交換となります。  走行距離は 年式の割りに少ない方ですが、オイルの汚れ具合は、私の予想よりかは 汚れていました。 
でも 写真1枚目の外したオイルパン内の磁石に付いている鉄粉は、距離相応といった感じです。

写真2枚目は、オイルフィルターが外れた状態。  バルブボディー、ソレノイドバルブが見えていますね。

変わって 写真3枚目は、先日 ガソリン漏れの修理をしたAMG C43 、その作業時に 症状が現れてくれたのは、エンジンからの異音。
ガラガラ、ゴロゴロ、ゴトゴトといった感じの音でした。
右バンク前の方で・・・
ここらへんにあるのは、エキマニ、オルタネーターなどなど。  
順番にパイプを当てて確認していくと どうやらオルタネーターのようでした。

走行距離は、まだ4万キロ台なのに・・・。

早速パーツリストで品番を調べて ヤナセさんの注文システムから価格と在庫を調べるも、なんと23万円オーバー。   しかもメーカー在庫なし。

ヤナセさんに電話をして 本国在庫を調べてもらうと なんと生産中止と。
1998年式のメルセデスなのに・・・と ぼやいてみても 「あ〜このタイプは 殆ど使っているエンジンがありませんからC43専用みたいなもんですからね〜」とのこと。

別ルートで リビルト品をあたることに。   モノは、ボッシュの150A で

みごとに 2ルートで見つかり、もちろん安い方で入手。   
            結果的に お客様には 随分安く供給できて よかった〜。

151122115112221511223
 

 

evooyaji at 00:10│Comments(0)TrackBack(0) A6 | AMG エーエムジー

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ゴルフ7とA6 2台アウディ 点火コイル交換