8V A3 マフラーカッターA5 ウォーターポンプとDV O/H

2016年04月16日

Q5 cpm

本日1台目の作業は、Audi Q5 下回りの補強パーツでcpmロワーレーンフォースメントの取り付けです。
通常は、純正品と 共締め または 交換と いたって簡単な作業ですが、このQ5は 純正樹脂アンダーカバーが取り付けボルト部分を覆っていますので、このカバーを外しての取り付けとなりました。
といっても 40分程度で完了。

いつも  このブログで繰り返し書いていますが、この作業で 重要なのは、

          1G状態(4輪ともタイヤが接地した状態)で取り付けすることだと思います。

この状態を作り出すにはドライブオンリフト(タイヤが接地した状態のままリフトアップできる)が必須となりますね。

通常のジャッキアップ(2柱リフト等)ですと ボディーで上げるため、タイヤが浮いて サスペンションが伸びきった状態となってしまい、ボディーは 若干ではありますが ゆがんだ状態になってしまっていますので、通常の走行状態ではなくなってしまっているのです。

写真1枚目 用意したcpm Q5、SQ5用
写真2枚目 作業前 純正状態
写真3枚目 作業後 cpmに交換済み

160415116041531604152









evooyaji at 09:47│Comments(0)TrackBack(0) Q5 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
8V A3 マフラーカッターA5 ウォーターポンプとDV O/H