2017年07月09日

エアコンリフレッシュ

ご好評いただいておりますエアコンリフレッシュですが、先着30台特価 残り10台となりました。
            ご希望の方 お急ぎ下さいませ。
本日は2台。
1台目はルノールーテシア、規定量430グラムに対して 抜けた(入っていた)ガス356グラムと登録から3年半で約17%足らない状態。

2台目は2013年式BMW 320d ツーリング(F31) エンジンオイル、オイルフィルター交換でご予約いただき入庫。
「序にエアコンも・・・」と追加注文いただき、続けて作業。
こちらも比較的新しい車両ですが 規定量550グラムに対して 抜けたのは476グラムと約14%足らない状態。 噴出し口温度は13度から11度と2度下がり(改善)ました〜。

このエアコンリフレッシュではガスを抜き取ると同時にコンプレッサーオイルも抜けてきますが そのオイル量を正確に測り、真空引き後に同量の新品オイルを注入しますから、オイル交換(一部ではありますが)にもなるんです。  これで、コンプレッサーの動きが良くなることにより効率が上がり 温度が下がるということなんです。
また 欧州車で多いコンプレッサー不良も 少しは防げる(延命)と思います。

低年式車には、抜けたオイル量に対して任意の量を追加して新油を注入することも可能です。

写真は1台目のルノー ルーテシア

1707091





evooyaji at 23:59│Comments(0)輸入車 | BMW

コメントする

名前
 
  絵文字