2017年07月22日

S4 アラゴスタO/Hのため

2005年式アウディS4 数年前に取り付けていただいたアラゴスタ車高調整キットのオーバーホール(以下O/H)を行なうため、新品のビルシュタイン ショートダンパーと中古純正スプリングを用意しました。
元々はリアのみO/Hの予定でしたが、お客様から「序なのでフロントも いっしょにO/Hを・・・」と連絡いただき、本日の作業となりました。

ご注文いただいた際に このビルシュタインは生憎メーカー欠品中で、1ヶ月半ほどお待ちいただき入荷。
当店入荷時の検品で、Cリングタイプでありましたから、良い案を思いつきました〜。

写真2枚目のとおり、Cリング用の溝を標準位置から下に3本追加で切る加工をすることに。

これでO/H作業中の2ヶ月間ですが、リアの車高に合わせることが出来ます。  
当初の案ですと「2ヶ月間は乗らないようにするので フロントは純正車高、リアは低い状態でOK」 との返答をいただいておりましたが、Cリングタイプでありましたので、僅かな溝切り加工代で車高を前後あわせることができました。

この溝の寸法(位置と間隔)は、随分前にオーリンズダンパー特注品+純正スプリングの組み合わせを作業したことがありますから、この時のデータを残してありましたので、今回とっても役にたちました。

写真3枚目 外す前のアラゴスタ車高調整。

170722317072211707222

evooyaji at 22:14│Comments(0)S、RS | サスペンション

コメントする

名前
 
  絵文字