2017年08月29日

トリップとオド 動かない

1990年式BMW 325iA (E30)  「トリップメーターとオドメーターが時々しか動かない」 とのことで入庫いただきました。
これは このあたりの年式のBMW、MBで よくある不良。  メーター内のギアが破損しているに違いありません。
このE30では2種類の供給メーカーがありますが、現車確認すると この車両はVDO製。

こちらのVDOですと 修理に必要なギアのタイプが複数存在するためメーターをばらして 現品確認が必要なようです。
ということで メーターASSYを車両から外して、分解バラバラ。
何分 古い樹脂パーツですから とっても気を使いますね〜。  一歩間違うと割れてしまったり、砕けてしまったりしますし、分解すると他の部分が悪くなる(今まで動いていた部分が動かなくなるなど)ことも有るようですので、慎重に慎重に進めていきます。
沢山のタッピングビスを外しますが、全てのビスが元の位置に付けれるように それぞれの位置に置いておきます。   
また組み付け時には、各種端子部を めん棒に接点洗浄剤を付けて磨いてから、さらに接点復活材を塗布して組み付けていきます。

写真2枚目 目的の3個のギアが見えました。   一番小さい12歯ギアが欠けています。
この状態で 動く時があったのは、車体の振動で動いていたのか?
             欠けていない部分も ギアの形は なんとか残っていますが、磨り減ってしまったのか 次の(隣の)ギアに届いていない(かみ合っていない)状態ですからね〜。


また 他の2個は形があるもののフニャフニャです。  経年劣化により こんなに柔らかくなるものなのか と思うほど柔らかくなっています。  ノギスで外径を測る際も潰れてしまって なかなか測れないほどなんです。

何はともあれ、3個のギアの径と歯数を測定し、即発注。
3個とも在庫あり で翌日には入荷予定となりましたので、ほっと一息。

17082921708291

evooyaji at 11:01│Comments(0)BMW 

コメントする

名前
 
  絵文字