2017年09月06日

ボクスター 白煙

2004年式ポルシェ ボクスターS (986)エンジン始動時にマフラーから けたたましい白煙を噴く時がある症状です。
前回入庫いただいた時に原因を調べておきましたので、即パーツの発注。
このころのボクスター、996で よくあるオイルセパレーターの不良。

写真1枚目が用意したパーツです。  この中のダイヤフラムが破れてしまうようですね。
本来ならブローバイオイルとエアーを分離するのですが、機能しなくなり そのままオイルがスロットルバルブに行って、インテークバルブからシリンダー内に入り込んでしまい燃焼し、白煙となるのです。

ついでにエンジンオイル交換も承りましたので、モチュール8100にて交換。
ドレーンボルトを外すと、あれれ ドレーンガスケットが付いていませんでした。
           これは びっくり よくオイルが漏れなかったですね。
       用意してあるドレーンガスケットを付けて締め付け。

写真2枚目 オイルを抜き取り中。

           次回のメニューは足回りですかね。

17090621709061   


evooyaji at 20:33│Comments(0)ポルシェ 

コメントする

名前
 
  絵文字