2017年10月10日

ゴルフ3 ABF 不動Part2

先週からの続き作業で、1995年式VWゴルフ3 GTI 
1番、2番のコンプレッションが低いのは確認できましたが、他にも悪い所があるはずです。
走行距離34万キロですから 仕方が無いですが、いたる所が絶妙なバランスで動いていたと想像できますから・・・。
とりあえず このコンプレッションについては 簡単な修理ではなくなるので、他の部分でなんとかならないものかと、さらに時間を掛けて調べます。

ここで一旦 基本に戻り、プラグの点火状態を見てみることに。
う〜ん、点火はしていますが、火花が弱い。   ディスビキャップ、ローターを確認すると「あ〜これは・・・」
「できるだけ お金を掛けたくない」のが お客様の要望の一つでありますから、ここは中古品に交換。
これで、ちょっとだけ改善。
試しに当店在庫の中古コイルに交換してみるも ダメ。
点火コイルのカプラーから電源電圧を測ると12.3V  これは良し、アースは「あ〜絶望的な数値です」

写真1枚目の配線図を見てアースポイントを調べ、そこにバッテリー直でアース線追加。
また ちょっと改善。
まだ納得できる数値にならないので、今度はカプラー手前の配線に直接ハンダ付けしてアース追加。
ふぅ〜やっと普通の数値にまでなりました。   配線が どれも硬化してパキパキな上、銅線も酸化し配線抵抗が半端ない数値になってしまっていますね。

ここで、テストしてみると 何だか始動できそうで 出来ない感じまでに。
最初の電話で お客様から「点火コイルは予備のものに交換したがダメ」と聞いていましたが、当店在庫の中古コイルに変えると、始動できました〜。   
本日の作業 ここまでで6時間ほど。   ふ〜疲れました。

一旦アイドリングで暖機し、今度は 元のコイル(車両に付いていたもの)に換えると、エンジン始動できるが(温まっているから)アイドリング不良。
もう一度中古コイルにすると、OK
ということは、車両に付いているコイルはダメ、そして お客様の予備のコイルも ひょっとしてダメかも。

             色々と回り道しましたが、なんとか先が見えてきました〜。


写真2枚目、3枚目 古い資料も たまには役立ちます。  このほかにも 店内はもちろん 自宅にも保管しております。

171010117101021710103




evooyaji at 10:53│Comments(0)ゴルフ2、3 

コメントする

名前
 
  絵文字