2017年12月10日

これって どうするの

1712093手に持っているナットはアウディ純正ナット。
ご覧のとおり 変わった形状、サイズでして、一瞬 なんだよ これは E型トルクス又はトルクルプラス と思いがちですが 実は違います。
これが使われているのは現行A4(8W)リアキャンバー調整カム。  同じ場所でA5 2017〜、A8 2018〜、Q5 2017〜、Q7 2016〜 などに使われております。

この工具がないと アライメント調整が出来ませんから重要です。  
初めは当然 アウディSST(専用工具)で設定があるだろうと思っていましたが、調べてみると なんと設定なし??
となると 何処かの工具メーカーで探すしかありません。  一番初めに思いついたのはドイツ ハゼット社。
ここのカタログを隅から隅まで見ましたが設定なし。 ならば ドイツ スタビレー社・・・やはり設定なし。

アメリカ スナップオン社・・・設定なし。 日本KTC社・・・設定なし。

ここから2日ほど探して、やっと それらしい物に たどり着きましたので、だめ元で発注。
数日して 届きましたので ナットを入れてみるとキツキツで入っていきます。  これは ジャストか!と思いきや9割ほど入ったところでストップ。 う〜ん 微妙に違うようです。
では どう違うのか光明丹を塗って確認したのが 写真2枚目。

さあ、ここから どう加工するのか?   今 考え中です。 

どうしても 上手くいかなければ 工具メーカーさんに特注ソケットを作ってもらうのも有りですね。

これらの車種オーナー様、当店でのアライメント測定、調整は 今しばらく出来ません。 
 
                 正規ディーラー様、同業他店様は どうされているのか? 

1712092



evooyaji at 13:54│Comments(0)A4 | 工具

コメントする

名前
 
  絵文字