2018年01月21日

E36、RS6、S124と続き

今日は1997年式BMW328クーペ(E36)の4ホイールアライメント測定、調整から開始。
この車両は純正ホイールですから、当店自慢のBMW専用アタッチメントにてアライメントテスターのセンサーを取り付けできます。   (写真1枚目参照)
    これを使うことにより、早く、より正確に、ホイールのリムに触れることなく作業できるんです。
リアのキャンバー、トゥを調整後、フロントトゥを調整して出来上がり。

スラスト角が0度04分から0度00分になりましたから、違いが判っていただけると思います。

続いて2台目は、2008年式アウディRS6 社外マフラーから純正に戻す作業。  こちらは、思っていたよりも簡単に作業終了。

最後は1995年式メルセデスベンツE320T (S124)オーナー様が前から悩まれていた車高について。  ついに車高を下げることとなり、昨日 問屋さん(インポーター)3箇所にパーツを手配。
すると どこも即日発送していただいたので、本日入荷。
早速リアから作業いたしました。

リアはスプリングのみの交換でRS-Rのスプリングです。   この作業前にレベライザーのアクチュエーター角度を測定し、車高も測定してから作業開始。
このレベライザーが付いている関係で、リアの足回り(ダンパー)交換の場合、選択しが少なくて困るんです。

取り合えずスプリングシムは 1年ほど前に交換済みの1本ヒゲをそのまま再使用。
ひとまずリアのみ交換完了ですが、フロントが終わりましたらレベライザーの調整も必要ですが、今日はここまで。


18012111801212






evooyaji at 19:01│Comments(0)BMW | ホイールアライメント

コメントする

名前
 
  絵文字