2018年01月27日

ゴルフ3 パーツが

久しぶりに1995年VWゴルフ3 GTI 入庫です。
ポーレンフィルター、オイルプレッシャースイッチ、オルタネーターベルトなどの交換ですが、VW純正パーツが生産中止品やクラシックセンター扱い品となり、入手困難となっております。
生産中止品については もう10年ほど前から出始めて、今年に入り さらに加速。
パーツリストETKAのリアサスペンションについては、直近のアップデートで殆どのページが削除されてしまい、今や残るのは2ページのみ。
これでは、部品番号検索もできなくなってしまいました。 

まあ VWの23年前の車両ですから 致し方ないですね。 (VW、アウディのパーツ供給めどは約15年)


一方ドイツ車では、ポルシェとメルセデスベンツの2社が古い車両のパーツ供給が良いと思います。
最近の例では、同じ1995年式MB E320Tは ここ1年ほどの間に約110点ほどの純正パーツをご注文いただきましたが、この内 生産中止で入手できなかったパーツは1点のみ。
                   これは、とっても 素晴らしい事ですね。
でもMBも 今の車両(2018年式)が23年後に パーツが このように簡単に入手できるのか?
              おそらく 難しいのではないでしょうか?

写真はゴルフ3 オルタネーターベルト新旧。


1801271




evooyaji at 13:35│Comments(0)ゴルフ2、3 

コメントする

名前
 
  絵文字