ボルボV70ヒーターコア交換2ボクスター色々2

2018年10月25日

ボルボV70ヒーターコア交換3

ようやく ボルボV70 ヒーターコア交換が完了し、試運転5Kmほどを2回行い、今のところOKです。
いつも このブログに書いておりますが、こういった水漏れや、オイル漏れ、ガス漏れ等の修理は、1箇所直すと、また次に弱い箇所から漏れ出す ことが往々にしてありますから、2回戦、3回戦となることも 想定しております。              とは いっても 何事も無いことを祈るばかりです。
今回予想の倍以上の時間を要したのは、ばらしていくと 次々に問題が出てきまして・・・。
運転性側足元のパネルを外せば、ダッシュボード本体のパネルが刺さる部分が すでに折れておりダッシュボード表皮で繋がっているだけの状態。  これでは、まともに組み付けることができないので、2液性のエポキシで形を作り、再生。
また サイドシルカバーのクリップは 簡単に砕けてしまう といったことなど。

まあ19年前の車両ですから、致し方ないことではありますが・・・・。

LLCが付いて汚れてしまった樹脂パーツ3点は、水洗いをしたりと、何かと本作業以外の付随作業に時間を取られてしまいますね。 
     フロアーマット下側には 新聞紙を挟み込んで水分を出来るだけ除去してみました。
最後の診断機でチェックすると、ECM4050 燃料レベルセンサー異常 と。
試運転時には、4箇所有るダッシュボード上のエアコン吹き出し口で、1箇所だけ 妙に冷たい所あり。
店に戻り、吹き出し口温度測定してみると、左から75.2度、78.2度、45.3度、77.9度 
                            これは、どうして?



evooyaji at 19:03│Comments(0) 輸入車 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ボルボV70ヒーターコア交換2ボクスター色々2