A6 エアサス車 アライメント2019年 潮干狩り2回目

2019年03月23日

ルポGTI 特注ダンパー

いつも入庫いただいているVWルポGTIの お客様からダンパー(ショックアブソーバー)交換依頼をいただきました。   現状はダンパーもスプリングともVW純正で、走行距離19万キロ。

さすがに これだけ距離が伸びると、前後ダンパーの減衰力は失われて、前後ともバンプラバーがボロボロになっています。
お客様のご希望は、{車高を下げたくないが、サスペンションはリフレッシュしたい}
この ご要望に沿うためにはスプリングは再使用し、ダンパーのみ交換することに。
ところが、ルポGTI用のフロントダンパーが見つからない・・・・。
2年ほど前には 当店で別の車両にKONI スポーツの取り付け実績がありますが、これも すでに廃盤。
ビルシュタインのB6 も すでに廃盤。  一方B8(ショートダンパー)は設定有りなんですが、これは純正スプリングとの組み合わせはできません。
他のメーカーも調べますが、見つからず。   車高調整キットであれば、数社から設定有りなんですが。

既製品が無いのなら、特注対応で考え直すことに変更しエナペタルさんと打ち合わせ開始。

   ―秬汽好肇薀奪肇院璽垢魏湛(ここが最大の難関)し、ビルシュタイン倒立カートリッジを入れる方法。

   ⊇秬汽好肇薀奪肇院璽垢らロワスプリングシートと下側ブラケットを切り取り、ビルシュタインに溶接する方法。

この2パターンで,離瓮螢奪箸蓮▲函璽織襯灰好箸魏,気┐襪海箸できること。 デメリットは、減衰調整は付かないこと。  △離妊瓮螢奪箸廊,鉾罎戮謄灰好箸かかること。  メリットは さらにコストをかければ、減衰力の調整を付けることもできること。

今回は,鯀択し、製作開始。    当店には こういった時に使えるVW純正ダンパー(中古品)が何種類かはストックしてありますから、これを使って予め製作できるんです。  現車へ取り付け時に外したものを下取りし、また次の方に使う といったように回しています。
これにより 車両が動かない(使えない)時間をなくしております。
                  今回の場合ですと発注から出来上がりまで約1ヶ月かかりましたから。

純正ストラットケースの加工は見事に上手くいき、出来上がりました。   塗装については、シルバー、黄色、ブルー、黒の4色から選択可能です。
今回、リアは既製品の設定があり、これを使いますので、フロントの色は黄色で前後合わせることとなりました。

写真1枚目 作業途中のフロント。  写真には写っていませんが、その他のブッシュはいくつか交換。

写真2枚目 交換後のリア。 

19032311903232




evooyaji at 15:26│Comments(0) ルポ | サスペンション

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
A6 エアサス車 アライメント2019年 潮干狩り2回目