A4 ARQ バッテリーなどゴルフ7とジムニー ホイール

2019年08月10日

タント エアコンリフレッシュ2台

ダイハツ タント (L375S) 1台目は「コンプレッサーが入ったり、切れたりを繰り返す時がある。動いている時も冷えが悪い」 とのことで ご入庫いただきました。
ガス圧から判断すると やはりガスが少ない状態を示しています。
エアコンリフレッシュをおすすめし、迷っておられましたが、やってみることに決定。
結果はガスが20%も少ない状態。   これで コンプレッサーが正常に動いてくれれば OKですが・・・・。

規定量の134aガスを充填しましたが、コンプレッサーが入ったり、切れたりを繰り返す状態になりました。
これは、何か電気系にも問題あり ですね。  
ファンが回らないの原因。  ファンフューズ、ファンリレー確認しましたがOK、これはファン本体不良です。

替わって2台目 ダイハツ タントカスタム (L375S) (ターボ)  「昼間の暑い時のみエアコンの効きが悪い、夕方や夜はよく効くが・・・」 とのことで ご入庫いただきました。
エアコンリフレッシュにて 吹き出し口温度16.7℃(作業前)から15.6℃に改善。 午後5時頃での測定ですから、暑い時間帯でしたら、もっと温度差がでたと思います。


2年に1度は、エアコンリフレッシュ作業をすると、良い状態を維持でき、コンプレッサー寿命も延びると思います。


evooyaji at 09:52│Comments(0) 日本車 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
A4 ARQ バッテリーなどゴルフ7とジムニー ホイール