E87 続きとアップのタイヤ3B パサート 復活 Part6

2019年11月19日

A1、TT、ポロと

アウディA1 エンジンオイル交換にて ご入庫いただきました。 いつも オイル交換させていただいている車両です。 今回はフィルターはなしで、オイルのみの交換、あ、もちろんドレーンガスケットは毎回交換しておりますよ。

使用オイルは当店おすすめ モチュールのスペシフィック5W30 VW504.00-507.00 です。

オイルといえば、「VW認証オイルで新しいタイプが出ている」とモチュールの営業担当さんに教えていただきましたので、その場でパーツリストを確認してみると、おお そうなんですね0W20 VW508.00-509.00 が設定されていました。 最新型はもちろん、すでに2年前から この認証に替わっている車種もあります。

当店も 早急に このタイプを在庫するべく、各オイルメーカーを調べています。  
        この情報は 追って このブログに書き込みいたします。

替わって2008年式アウディTT (8J)  「右車幅球が切れてしまった」 「エンジンからカラカラ音がする」とのことで ご入庫いただきました。 
この車幅球はちょっとだけ特殊で、小さなハロゲンバルブなんです。  当店では常時在庫しておりますので、サクサクとへッドライトASSYを外して、交換。 カラカラ音は、メカニックの耳で判断「このぐらいの年式、走行距離なら こんなもんでしょう」 とのこと。   エンジンオイルが少し 少なかったので、補充し、終了。

VWポロは、先日入庫いただいた際にLLCが少ない、エンジンが温まった状態でローのライン ぴったり。
この状態ですと エンジンが冷えている時にはローラインよりも下になっていると思われます。

なので、ワコーズ クーラントブースターを添加し、足らない分はVW純正LLC補充をおすすめしておりました。
日を改めて、本日作業となりました。
幸い近くの お客様ですから、冷却時間少しでラジエターキャップを開けることができましたので、即終了。




evooyaji at 16:09│Comments(0) A1 | TT

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
E87 続きとアップのタイヤ3B パサート 復活 Part6