ゴルフ7バリアント B6からB8へ5R32 DGS、ハルデックスオイル

2020年06月09日

360 モデナ エアコン修理5

ようやくホース2本とレシーバードライヤーの交換ができましたので、真空引き→圧力保持テスト→蛍光剤入りオイル注入→134aガス充填と進めます。
あ、ホース交換時にエアコン回路内の洗浄を134aガスで行なっています。
              これ重要な作業ですが、作業に没頭し、写真なし。(撮影忘れました)
規定量のガスを充填したら、続けて効率のチェック。  ワイヤレス温度センサーを吹き出し口に取り付けて、5分間モニターします。

写真はモニター中ですが、最終的に吹き出し口温度は9.1℃となり、絶好調。
作業前は、ほとんど外気温と同じでしたから、相当快適になりますね。
          あとは、この状態が どれだけ続いてくれるか?です。

ガス漏れ、水漏れ、オイル漏れ どれも同じことがいえるのですが、一番弱いところから漏れているので、そこを直すと2番目に弱かったところから漏れ始めることが よくあるんです。

20060912006092


evooyaji at 20:45│Comments(0) 輸入車 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ゴルフ7バリアント B6からB8へ5R32 DGS、ハルデックスオイル