マツダ3 やり直し991 カレラS メンテナンス

2020年10月10日

アルピナ D3 ATF交換

20101012010年式アルピナ D3 リムジン ATF交換で ご入庫いただきました。
この車両のベースとなっているのはE90 で、エンジンはN47D20D となります。
今回はATFですから、ATオイルパン、シールスリーブ、フィラープラグを用意するのですが、品番検索を慎重に進めます。 といいますのも、以前にエンジンオイルフィルターで、用意したものが合わなかったことがあるのです。 この時もメーカーさん(某輸入元)に調べていただき、用意したのですが、結果はダメ。        今回また 同じことがないようにと・・・。

結果は 今回は上手くいきました〜。
    アルピナやRuf などは 品番の特定が難儀なことが多いですが、致し方ないですね。

写真1枚目 用意したパーツ。  このGA6HP19Zは 当店初のATF交換となりますので、整備書を取り寄せて、読みながら(見ながら)進めていきます。

写真2枚目 オイルパン兼フィルターが外れ、内部の磁石。 当然ですが細かな金属粉が付いています。  走行距離3万6千キロと、年式の割りに少ないですから、思ったよりも綺麗か。

写真3枚目 バルブボディーを下から。 ロッククリップを外して、シールスリーブを外したところです。

写真4枚目 左が抜き取ったATF、右が最後にオーバーフローさせて、油量調整した際のオイル。 随分綺麗になりました。
 

201010220101032010104
 



evooyaji at 11:32│Comments(0) BMW | ATF、DSG

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マツダ3 やり直し991 カレラS メンテナンス