ボクスター 変速不良E30 グローブボックス修理 2

2020年10月18日

E30 グローブボックス修理

1995年式BMW 325iA 4ドア (E30) 「グローブボックスのノブ(取っ手)が取れてしまった」と ご入庫いただきました。  確認するとノブの片側のピンが無くなっており、それによりノブが取れてしまったようです。  これなら ノブのみ部品設定があればOKですが・・・
パーツリストEPCで調べると、ノブの単品設定はあるのですが、生産中止となっておりました。

キーシリンダー無しのノブは まだ供給有り、なんですが8558円と 思ったよりも高価。しかもキー無し仕様になってしまう。

ならば、ノブのみ お預かりし、片側のピンを作製することに。   
丸棒から削って、反対側と同じように先端を丸め、上手い具合に出来上がり。

お客様に連絡すると、「今度は固定金具がバラバラになって、ボックスが開いたままになってしまった」とのこと。
ご入庫いただき、確認するとボックス内部の金具が取れており、これはボックスASSY交換か、と思いましたが、パーツの供給が・・・  慌てて確認すると 供給はあるようで52800円。

う〜ん、なんとか現品修理を試みることにしました。
まず、バラバラになった金属製の金具(カム)がどの位置に付くのか? 付く向きは?
3人で、あーでもないこーでもないと・・・。  なんとか組み付け方は解読できましたが、固定する部分の樹脂が無くなっており、また廻りもポロポロで・・・。

これは、時間を掛けて 地道に作成(再現)していくしかないです。

あ、これと同じようなことを最近ポルシェ964のスイッチパネルでも やりましたね〜。

写真1枚目 金属パーツの取り付け位置が解って、そっと組んだ状態(固定できていません)

写真2枚目 手前にある 小さな金属ピンが丸棒から作ったもの。

写真3枚目 ノブに付いている金属ピンですが、樹脂部分にクラック有り。


201018120101822010183






evooyaji at 10:42│Comments(0) BMW 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ボクスター 変速不良E30 グローブボックス修理 2