カングー リアパッド交換デミオのフォグスイッチ

2021年09月15日

LEDバルブが・・・

21091512014年式アウディ TT-S 昨年7月にLEDバックランプ&キャンセラーを取り付けさせていただいた車両ですが、「左側が時折球切れ警告となる」と、ご入庫いただきました。 1年2カ月でキャンセラーの抵抗値が変わってしまったのか? 新しいキャンセラーを用意して、再入庫。
キャンセラー交換のため、テールランプを外すと、中でカラカラと僅かな音あり。

LEDバルブの接点も確認するため、テールランプからバルブボードを外してみると、LEDバルブの基板固定用ビス4本の内1本が付いていない(脱落)。
ということは、先ほどのカラカラ音は このビスですね。

この小さなビスですが、外からも中のバルブ穴からも 見える位置にビスは無し。
でもテールランプを振るとカラカラと。  10分ほど振っていると、出てきてくれました〜。
今度は取れないようにロックタイトのネジロックを塗布して締めておきました。

おそらく これが原因で接触不良(断線と判断)となって、球切れ警告 となったのでしょう。 ということで、キャンセラーは当店在庫に。

左側が終わり、反対の右も同じことが起こっているかも? と疑い、見てみると写真1枚目のとおり、外からビスが見えていました。 ならば そ〜っとテールランプASSYを外して、上手くビスを回収、こちらも同じ作業をしました。

     それにしても 一流メーカー製のLEDバルブでも こんなことが起きるのですね。






evooyaji at 17:53│Comments(0) S、RS | TT

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カングー リアパッド交換デミオのフォグスイッチ