2022年 謹賀新年トゥーラン パッド交換

2022年01月02日

木工作業

2112293新年早々、私は木工室に籠って作業をしておりました。
写真1枚目は年末に おせち料理の器と菜箸を作ってみました。
箸は初めて作りましたが、見かけよりも大変ですね〜簡単そうに見えても、案外 奥が深い。
また時間をつくって やり直します。

本日は 写真2枚目のまな板。  2012年に我が家の山で伐採した桐の木から作成。
もうすぐ家内の誕生日ですから、これを誕生日プレゼントにする予定。

メインで使う まな板は、榧木のものを使っているのですが、これが重くて・・・・
サブで使っていた 今までの桐は 3〜4回の切削により、随分薄くなってしまいましたので、新調することにしたのです。 桐は柔らかいので包丁を痛めないですが、その分 まな板がキズキズになりますから、時々表面を切削し、段々と薄くなっていくのです。
今回は厚さ40ミリに仕上げましたので、当分使えることでしょう。
       桐ですから これぐらい厚くても、片手でラクラクです。
榧や、猫柳ですと、抗菌性があり、やわらかくて 且つ 復元性がありますので、まな板としては最適な素材ですが、これらの木は 我が家の山には ありませんので、桐で代用です。

これは単純な板きれ ですが、これでも 私の機械、工具を総動員したんです。
丸太から電動チェーンソーで輪切りにし、レーザーを当てて墨出し、電動ドライバーで添え木を固定、バンドソーで製材。
自動カンナで平面出しし、110ミリベルトサンダーで仕上げ、最後に両端を卓上丸のこでカットして出来上がり〜。

2201021





evooyaji at 17:11│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2022年 謹賀新年トゥーラン パッド交換