991 バッテリー交換E350クーペ パッド交換

2022年05月03日

チャレンジャーSTR エアコン

22050322019年式 ダッジ チャレンジャーSTR レッドアイ 「エアコンの効きが悪い感じがする」とご入庫いただきました。
エアコンリフレッシュ作業をやってみることに。
この車両のエアコンガスは新ガス 1234yf になりますので、使用するガスはもちろん、コンプレッサーオイルも1234yf用又は対応品が必要となります。
当店で使用している蛍光剤入りの、このオイル 価格は何と30580円/1リッターと高額です。
134aガス用蛍光剤入りオイルと比べると4倍ほど。

早速作業開始。 初めに吹き出し口温度を測定すると14℃(外気温22℃)これでは、現行車としては冷えが悪いです。
ガスを回収してみると479g で規定量680g ですから201gも少ない状態。
            これは改善される可能性大となりました。
ここから20分間の真空引き、圧力保持テストと進み、ガス充填。
抜き取ったガスは二重のフィルターを通して再生し、足らない201gは新品ガスをプラスし、規定量ぴったりの680g充填。
吹き出し口温度は10℃で 作業前からマイナス4℃となりました。
これなら まあOKでしょう。      欲を言えば一桁℃になると ベストなんですが。

それにしても この車両のエンジンは恐るべきパワーですね〜。
6.2リッターのスーパーチャージャーで797hp ですから。  これをFRで受け止めるタイヤは 簡単に悲鳴を上げそうです。

写真2枚目 スーパーチャージャーのベルト幅が強烈に太い(幅広い)です。 こんなベルト見たことない。

写真3枚目 フロントブレーキキャリパーはブレンボ6ポッド。エンジンと比べると こちらは普通に感じてしまいなす。 ちなみにリアはブレンボ4ポット。

22050332205034





evooyaji at 13:40│Comments(0) 輸入車 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
991 バッテリー交換E350クーペ パッド交換