5R32 タイヤカイエン プラグ交換と

2022年06月21日

アウディ80 エアコンから異音

22062131995年式アウディ80 エアコンから「コンコンコンコン」とかなり大きな異音が出ていました。
窓を閉めた室内でも はっきり判る音量で・・・
どこかボルトが緩んだのか? それともコンプレッサー本体? マグネットクラッチか?

リフトアップし、アンダーカバーを外して確認すると ボルトの緩んだ部分はなし。コンプレッサーもしくはマグネットクラッチ。 この部分から出ているのは間違いないが どちらなのかは切り分けできない・・・。

ではコンプレッサーオイルを入れてみて 変化が有るのか?無いのか?でチェックしてみることに。

ここで小問題といいますか、アウディ80は134aガスですが、高圧のチャックは通常どおりのものが付いていますが、低圧チャックは付いていない。 コンプレッサー本体に低圧の口は有りますがネジ式で これはアウディ専用のサイズピッチなんです。
これは 作業できないか?と一瞬思ったのですが、そういえば昔々に専用のアタッチメントを購入した記憶が蘇りました〜。
メカニックにピット内を探してもらうと、「ありました〜」と。
このアタッチメントで通常の134a低圧チャックに変換できましたので、あとは 最近導入したばかりのエアコン添加剤 ワコーズ PACリキッド(以下PAC-L)を注入する準備完了。

この添加剤は今まで使用していたPAC-Pよりも高性能で、オイル単体ですから好みのオイル量を注入でき、なんと1234yfにも対応できます。
今まで1234yf 車両の方から 「添加剤は無いの?」とご質問をいただき、「まだ有りません」と返答しておりましたが、これからは対応できるようになりました。

注入量は2.5ml または 5ml となります。
今回は5ml注入。  異音に変化が有るのか?無いのか?

エンジン始動してみると、異音は 嘘のように すっかり消えてくれました。
室内では もちろん確認できず、ボンネットを開けてエンジンルームをのぞき込んでも異音は確認できません。
ということは、マグネットクラッチではなく、コンプレッサー本体に問題があるということですね。
          これで延命できれば 良いのですが、いかに。

    新品コンプレッサーは有るのか? 現品のコンプレッサーO/Hはできるのか?



evooyaji at 11:04│Comments(0) A4 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
5R32 タイヤカイエン プラグ交換と