輸入車

2017年04月13日

S124 ラジエーター交換

1995年式メルセデスベンツ320TE (S124) 前回の入庫時にラジエーターからLLC漏れがあるのを発見。
でも車両が塗装屋さんに入る予定となっていたため、一旦納車。
塗装等が出来上がり、本日から また当店へ入庫いただきました。

写真1枚目 用意したラジエーター本体。  コスト削減のため社外品(OEM品) これにより10万円ほど削減

写真2枚目 こちらはMB純正ラジエーターマウント、インストールキット。

写真3枚目 MB純正LLCとラジエーターキャップ。

170411317041311704132


evooyaji at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月11日

ルーフ アライメント

本日1台目の作業は、ルーフCR3.4 (964) 4ホイールアライメント測定、調整のご依頼。
基本足廻り(アーム類)はポルシェですから、964の構造、調整方法が解っていれば、対応可能ですね。

写真1枚目は、4ホイールアライメント測定、調整後。 

かわって2台目は、2004年式ポルシェ ボクスター、フューエルフラップ(給油口の蓋)のロック不良とのことで入庫いただきました。
右前のタイヤホイールを外し、フェンダーインナーライナーを外して確認するのですが、ここで右ヘッドライトのカプラーが1箇所外れていました。 (写真2枚目)
これは光軸調整用のカプラーでしょうか?
           誰だ〜、付け忘れたのは!
ひょっとして、これを正しく付けると 何か不具合が出るのか? (例えばヘッドライトECUが壊れていて、おかしな現象が出てしまうとか)


17041121704111


evooyaji at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月07日

ギブリ アライメント

2015年式マセラティ ギブリ 4ホイールアライメント測定、調整です。
この車両は、アライメント作業3回目ですが、今回が一番狂っている状態でしょうか。
前回(去年7月)の数値が維持できていたのは、リアキャンバー左右、キャスター左右だけで、他は全部大幅に狂っていました。
       どうして こうなったのか?  外的要因があったのか?

1704071



evooyaji at 00:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月25日

プジョー208GTI タイヤ交換

パンクしてしまい、気が付かずに20キロほど走ってしまったそうです。
でも この車両のスペアータイヤは、テンパータイヤではなく通常タイヤ、おまけに同じアルミホイール付き。
今時は スペアータイヤなし車 が多いですが、こういった もしもの時には、この車両のような装備だと安心ですね。
パンクしていない他の3本もスリップサインが磨り減るほど磨耗しておりましたので、4本ご注文いただきました〜。

いくつかの見積の中から選んでいただいたのは、ミシュランPS4
               これで安心ですね。
写真1枚目 交換完了。

写真2枚目 パンクしたタイヤの内部。 タイヤが路面とホイールで擦られて サイドウォールが削り取られ 粉が大量に・・・。

サイドウォールは厚さ1ミリ以下となっており、もう少しでタイヤがバラバラになるところ、危ない危ない。

17032511703252

evooyaji at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月04日

RCZ アライメント

プジョーRCZ 4ホイールアライメント測定、調整のご依頼。
メカニックによる測定前の試運転から開始。
トゥの数値が悪いのか、常に修正舵をあてないと 真っ直ぐ走れない、また左へ左へと走ってしまう 状態でした。
早速 測定作業に入りますが、
この車両の場合、リアの調整箇所がありませんので、各部のネジのガタ分だけの微調整しかできなく、大幅な狂いがあると どうにも ならなくなってしまいますので、心配しておりましたが、幸い この車両はスラスト角ゼロと最高の状態。
フロントのトゥのみ調整し、いつものように試運転。   
左右にフラフラするのは収まりましたが、左流れは 治っていない。  数値上は 全く問題ない値になっているのですが。
こうなると難しく、 原因はタイヤにあるのか?それとも 走行するとブッシュに たわみ が出て数値がおかしくなってしまうのか?
まずは、フロントタイヤを左右入れ替えて 走ってみると 随分改善されました。

ということは、タイヤにも原因がありそうです。  
ならば、リアも左右入れ替えて走ってみますが、こちらは変化なし。 

フロント左右のタイヤに問題があるようですね〜。  数ヶ月後にタイヤ交換予定 とのことでしたので、一旦終了。
タイヤが新品に換わって どう変化するか 是非 確認したいですね。


写真は、測定作業中。  リアからのライン(ボディもリアガラスも)がとっても綺麗なデザインですね〜。

1703041

evooyaji at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月31日

アライメントとレーダー

17012912017年式BMW 118d Mスポーツ 先日スタッドレスを購入いただいた車両です。
今日は、4ホイールアライメント測定、調整の ご依頼。  このF20 1シリーズのアライメントは当店初となりますね。
今月納車の新車ですが、やはり 多かれ少なかれ 狂い(左右差)は ありますから、調整すると 良くなりますよ〜。

この車両は、狂いが少ない方でしたが、メカニックによる調整後の試運転で「数値以上にフィーリングが良くなった」と言っておりましたので。

写真1枚目 調整中です。


かわって写真2枚目は、メルセデスベンツAMG C43 (W205) こちらの車両も納車したての新車。
ユピテルのレーダーZ270CsdとOBD2アダプター、それからPbのTVキット コーディングタイプの取り付け。

Z270Csdのセパレートアンテナを隠す(設置する)のに 苦労しました。  ありそうで、スペースがないんですよ。

写真2枚目 ブースト圧も表示できてグッドです。

写真3枚目 素敵なAMG 4Podキャリパー。

写真4枚目 リアスポイラーのRラインが とても綺麗です。  真後ろから見ると あまり感じませんが、この角度で見ると こんなに湾曲しているんですね。  


170129417012921701293



evooyaji at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月29日

3台まとめて

昨日のことですが、お客様が「新車が納車されたので・・・・」と ご来店いただきました。
と、ここまでなら よくあることですが、この方 3台まとめて注文されたのです。
AMG G63 Edition463 (限定車)、シボレーコルベットZ06コンバーチブル 07パフォーマンスパッケージのオプション付き、アウディTTロードスターと 私は 驚き 以外にありません。

おまけに来月にはアウディS4も ついでに買ったので納車 とのことですから・・・。

写真1枚目 AMG G63 ホイールバランス調整をしましたが、左右ともアンバランス10g、15g でしたので、改善されると思います。
オーナー様いわく「前車、2016年式のAMG G63 は19インチだったが、今度の車両は、21インチ。 でもホイールが鍛造になり4キロ(1本あたり) 軽量化できた」とのことでした。  確かにバランサーにセットする際、見た目よりかは軽い感じがいたしました。

写真2枚目 コルベットのカーボンブレーキ。  これ、すてきです。  私も いつかカーボンブレーキの車に乗れたら・・・と思っていますが、現実は無理、無理、  絶望的です。

17012841701285

evooyaji at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月24日

作業完了の予定が

長〜く お預かりしておりますメルセデスベンツS124
22日土曜日に4ホイーラアライメント測定をして リア調整のためフューエルポンプカバーを外すと 写真1枚目のとおり ガソリンが垂れて雫になっていました。
エンジンをかけてみると、ポタリ、ポタリと。
お〜危ない、危ない。  ここのポンプと隣のフューエルフィルターは とっても新しく換えたばかりといった感じです。  試しに増し締めしてみましたが、全く締まらない。
3枚入っているガスケットは、1枚だけピカピカ。  残りの2枚は いかにも古そうです。

なので、写真2枚目の この2枚を交換し、無事に漏れは止まりました〜。

これにて ようやく 納車できます。  

17012411701242





evooyaji at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月20日

S124 第二弾-7

今日はフューエルゲージセンダーの交換を。
最初の入庫時には、ガソリンがカラカラの状態でしたが、燃料計は 動いていました。
ところが 満タンにすると 燃料計はゼロを差して ぴくりとも動かない状態になってしまいました。

そこで メーター本体か、センサーが悪いかを調べて センサーが悪いのは確認。(ただし両方とも悪い場合もあり)
ということで 今回の第二弾に作業となったのです。
124ワゴンの このセンサーを交換するには 46ミリのボックス(ソケット)が必要となります。 (セダンは、モンキーレンチで可能ですが)

写真1枚目  用意したパーツ。

写真2枚目  外したフューエルゲージセンダー 底部分が鉄のため サビサビです。


17012011701202

evooyaji at 11:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月18日

S124 第二弾-6

今日のメルセデスベンツS124は、写真1枚目の点火系パーツ等が揃いましたので、作業開始。
この車両のエンジンは、3.2リッター直6 (1049)ですが、点火コイルは3個です。
1個のコイルが2気筒分を司っているタイプ。 
なので、お客様ご指定のウルトラ プラグコードは3本のみ。   でも コイルの直下には写真2枚目のサプレッサーが付いていますので、これはMB純正パーツにて手配。

写真3枚目は、エアークリーナーエレメント これも お客様ご指定のK&Nにて交換。
外した物は、変形しておりますが 2000年5月製造の物でしたので仕方ないですね。

そういえば、先日交換したポーレンフィルター(エアコン フィルター)は なんと1999年9月製造の物でしたので、
もちろん 真っ黒でしたよ。


170118317011841701185



evooyaji at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)