輸入車

2020年06月13日

エアコン ゴルフ7とXE

2018年式VWゴルフ7 バリアント ハイライン ドライブレコーダー取り付けとエアコンリフレッシュ作業にて ご入庫いただきました。
選んでいただいたのはユピテル SN-SV70d 指定店専用モデルです。 何といってもスマートに、スタイリッシュに取り付けれるのは、この筒形タイプですね。
ゴルフ7はAピラーの内張りが外しにくいのですが、当店では何台も作業しており、慣れていますからスムーズに進みます。 またグローブボックスのストッパーゴムが作業前の確認で2個とも付いていない状態でした。 メカニックから「分解すると中から発見される場合もあります」と説明させていただき、作業開始。   予想が的中し、内部から脱落した部品を1個発見しましたので、所定の位置に戻して組み込み完了。
             残りの1個はまたの機会に付けることに。
続いてエアコンリフレッシュ作業開始。 こちらは抜き取りガス量350gと規定量の500gから150gも少ない状態でした。 吹き出し口温度は作業前11.4℃から作業後8.4℃ と3℃下がりました〜。
これで本来の性能(効率)がでますし、エアコンシステムの負荷も少なく、長持ちします。

本日2台目は2018年式ジャガーXEディーゼル いつものエンジンオイル交換とエアコンリフレッシュ作業にて ご入庫いただきました。
オイルはいつも使っていただいておりますモチュール8100X-cleanです。 ジャガー純正ドレーンボルトも同時交換いたします。 
今このブログを書いていて気が付きましたが、このボルト、価格が少しだけ下がりましたね。
エアコンリフレッシュは抜き取ったガス量622gで規定量550gと 珍しいことに入れすぎです。
正しい量を注入し、吹き出し口温度は、作業前9.4℃から作業後7℃ と2.4℃下がりました〜。

ガス量は多すぎても、少なすぎてもエアコンシステムにとって良くないです。

写真1枚目 取り付けたユピテル ドライブレコーダー。

写真2枚目 XEから抜き取ったエンジンオイルの一部(お客様確認用)と外したドレーンボルト。 このボルトにゴム製Oリングがくっついている構造です。

写真3枚目 エアコンリフレッシュ作業の結果表(お客様に提出するもの)です。 これはXEのもの。


200613120061322006133




evooyaji at 18:24|PermalinkComments(0)

2020年06月09日

360 モデナ エアコン修理5

ようやくホース2本とレシーバードライヤーの交換ができましたので、真空引き→圧力保持テスト→蛍光剤入りオイル注入→134aガス充填と進めます。
あ、ホース交換時にエアコン回路内の洗浄を134aガスで行なっています。
              これ重要な作業ですが、作業に没頭し、写真なし。(撮影忘れました)
規定量のガスを充填したら、続けて効率のチェック。  ワイヤレス温度センサーを吹き出し口に取り付けて、5分間モニターします。

写真はモニター中ですが、最終的に吹き出し口温度は9.1℃となり、絶好調。
作業前は、ほとんど外気温と同じでしたから、相当快適になりますね。
          あとは、この状態が どれだけ続いてくれるか?です。

ガス漏れ、水漏れ、オイル漏れ どれも同じことがいえるのですが、一番弱いところから漏れているので、そこを直すと2番目に弱かったところから漏れ始めることが よくあるんです。

20060912006092


evooyaji at 20:45|PermalinkComments(0)

2020年06月05日

360 モデナ エアコン修理4

早くも ブログ登場4回目 フェラーリ 360 モデナ
写真1枚目はレシーバードライヤーとシール類。 全てフェラーリ純正品です。

写真2枚目 長〜いホースと普通ぐらいの長さのホース、こちらもフェラーリ純正品。

写真3枚目 レシーバードライヤーの固定ステーを外そうとすると、いとも簡単にボルトが折れました。
外れたステーとボルトの関係(角度)をよ〜く見ると、これです。
レシーバードライヤーは初交換のようですから、これは製造時に斜めにボルトを入れて、無理に回したのでしょう(想像ですが)   折れた残骸を抜き取り、タップでネジを切りなおして修正してから、固定しました。
            こういったところでも 時間がかかります。
                       まだまだ 先は長いです。


200605120060522006053

evooyaji at 20:29|PermalinkComments(0)

2020年06月04日

360 モデナ エアコン修理3

レシーバードライヤーなども含めてすべてのパーツが揃いましたので、作業開始。
まずはエアコンガスの回収からですが、抜き取った(回収した)ガス量は162gだけ。 これだけで、よくコンプレッサーが動いていたな〜と感心。 ひょっとして圧力スイッチ不良?と疑いたくなります。

ちなみに作業前の吹き出し口温度は25.3℃と殆ど効いていない状態です。

写真1枚目 エンジンマウントが潰れているのか?エアコンパイプとアンダーカバーが干渉してしまう状態です。 本来はエンジンがもう少し上にあるのが正しいのか?

写真2枚目 リアアンダーカバーですが、コンプレッサーオイルとエンジンオイルでベトベトです。

写真3枚目 綺麗に洗浄いたしました。

        本題のパイプ交換は、難儀ですね。 思ったように進みません。

200604120060422006043


evooyaji at 19:48|PermalinkComments(0)

2020年06月03日

360 モデナ エアコン修理2

先月現車確認させていただきましたフェラーリ360モデナ エアコン修理ですが、まずは問題のあったフロントアンダカバーのボルト、ワッシャーが入荷しましたので、再入庫いただきました。
これで、原因究明し、本題に移れます。

写真1枚目 問題の曲がったボルト、45度ぐらい曲がっているでしょうか。 すんなりと 外れてくれると良いですが・・・祈りながら緩めると、意外と素直に外れてくれました。

用意したフェラーリ純正ボルトは改良されたのか、形が変わっており、丸頭のトルクスになりました。
これならヒットしにくくなりますね。

写真2枚目 外したフロントアンダーカバー。 漏れ出たコンプレッサーオイルでベトベトです。

写真3枚目 前回の入庫時には無かったのですが、リアアンダカバーにもコンプレッサーオイルのシミを発見しましたので、外します。 このパネル巨大です。

ということで、漏れているのは2本のホースのカシメ部分と判りましたので、パーツリストで品番検索し、在庫確認。  幸運なことに全品国内在庫あり。
見積を作って、お客様に連絡。  オーダーいただきましたので発注。

200603120060322006033

evooyaji at 19:35|PermalinkComments(0)

2020年05月14日

360 モデナ エアコン修理

2005141常連の お客様からお友達を紹介していただき、本日入庫いただきましたのはフェラーリ 360 モデナのエアコン修理。
色々と伺うと「1年ほど前にコンプレッサー交換(リビルド品)歴あり、その際に まあまあ効くようになったが快調ではなかった。今は効いていない感じ」 「2週間前に他店にてガスを1本補充し、一瞬だけ効くようになった」とのこと。
まずは吹き出し口温度を測定してみると25℃、今のピット内温度と同じ。 ということは、全く効いていない状態。  わずか2週間で これだけ悪い状態ということは大きな問題(大穴?)を抱えていることになりますね。 漏れ箇所確認のため、リフトアップすると フロントアンダカバーに大きな油染み有り。  紫外線ライトを当てると、ピカ〜と光っています。
これエアコンガスが漏れて、コンプレッサーオイルが出てきた跡です。

では このパネルを外して確認を・・・となったのですが、アンダーカバー固定ボルトが路面と干渉したようで、45度ほど曲がってしまった状態。  これを緩めるのは難儀そうで、おそらくボルトが折れるでしょう。 今日そのまま作業を続けると、アンダーカバーが付けられなくなり、帰れなくなってしまいます。  なので、今日のところは ここを開けるのは断念。
ならば、上から確認 とトランク内のサービスホールを開けることに。

ここで また問題が・・。 このパネルを固定しているボルト(4ミリのヘキサゴン)数本の頭が舐めており、丸になってしまっています。 
これは困った と呆然としているとメカニックが「これ締まっていません、指先だけで回ります」と。
これでパネルは開きますね。 
ここが開いた状態が写真3枚目。 ちなみに ここのウォータープロテクション(防水シート)はビリビリに破れて、ガムテープで補修されておりました。
ここもパーツリストで品番を検索。     今後の作業で、ここも ぴっしっと治しましょう。

上からの確認でアンダーパネルの内側が見えており、コンプレッサーオイルが溜まっているのが確認できましたが、漏れている部分は、上からでは発見できません。
やはり下からのアクセスですね。
ボルト、ワッシャーなどの品番検索をし、在庫確認することに。
          これらのパーツが日本に有りますように。

最後にガス圧を見てみることに。  ガスが少ない状態ですが、コンプレッサーが回る程度は入っている。しかし、高圧が高すぎるので、何処かに 詰まり もある といった状態のようです。


200514220051432005144


evooyaji at 11:20|PermalinkComments(0)

2020年04月22日

エスカレード スペーサー特注

2019年式キャデラック エスカレード ホイールスペーサーをご希望ですが、既製品で合うものが見つからず。  PCDは139.7ミリ、6ホールで いたって普通のサイズです。
ところが、純正22インチホイールの裏側(ハブ当たり面)が一部分のみ接する形状なんです。(写真1枚目参照)
このホイール形状に合うスペーサーで既製品のものがないか、片っ端から探しましたが見つからないので、特注で制作することとなりました。
            スペーサー外径が特大のスペーサーですね。
素材はアルミ5000系にて板材をレーザーカットしてもらいました。

いつもの特注スペーサーはジュラルミンを削り出しで作成となりますが、今回は外径が大きくて、厚みが薄いため この工法では無理。 厚みが8ミリ以上であれば可能なんですが・・・。

                何はともあれ 上手くいきました〜。
それにしても この車両の全幅(2060ミリ)は でかいです。 当店ドライブオンリフトの外幅一杯いっぱいです。

この作業の次は、軽トラのオイル交換をしましたので、こちらはドライブオンリフトの内幅一杯いっぱいです。

20042222004223

evooyaji at 16:55|PermalinkComments(0)

2020年04月09日

エスカレード レーダー取付

2019年式キャデラック エスカレード ユピテルレーダー取り付け等にて ご入庫いただきました。
セパレート型のZ200Lをグローブボックス内に付けるのが ご希望。
ついでに純正ナビのVICSアンテナ、ETCのアンテナの2点をダッシュボード内に移設する作業も行います。 このアンテナ2点の移設については、この お客様の前車ランドローバー レンジローバーV8 スーパーチャジャーでも行った作業です。 
今年1月には別の お客様の2020年式ランドローバー ディスカバリースポーツでも同じ作業をしようと試みたのですが、この車両はダッシュボードを外さないとできないようで、途中で断念いたしました。

写真のとおり、無事にレーダー設置完了。 純正ETCの上部に吊り下げる方法としました。

それにしても この車両は でかいです。 たまたま当店代車のスバル サンバーを後ろに駐車したところ、この車両のリアゲートを開けるとサンバーが入ってしまいそうです(笑)
実際には横幅は入りますが、高さがダメですが・・・。
この車両の横幅は2060ミリ ちょうどマイクロバス(コースターは2080ミリ)と同じぐらいのスペックですが、乗った感じは この車両の方が大きく(横幅は)感じますね〜。


20040912004092







evooyaji at 18:01|PermalinkComments(0)

2020年04月07日

カングー タイヤ交換

2015年式ルノーカングー タイヤ交換で ご入庫いただきました。
195/65-15 ミシュラン エナジーセーバー+から 今度のタイヤはノキアン ハッカグリーン2を選択いただきました。
このタイヤはヨーロッパ ラベリングで転がり抵抗A、ウエット性能Aを獲得しております。
このラベリングを日本 ラベリングに換算するとAAA、a で、どちらの評価も最上級です。

このお客様には前車のカングーで同サイズのミシュラン プライマシーLC、コンチネンタル プレミアムコンタクト5 を使っていただいた経緯がありますが、今度のタイヤのインプレッションを伺うのが楽しみです。






evooyaji at 19:49|PermalinkComments(0)

2020年03月04日

ジャガーXF アライメント

2013年式ジャガーXF 4ホイールアライメント測定、調整等で ご入庫いただきました。
メカニックによる試運転で 左右にフラフラする感じがある とのこと。
測定結果は、スラスト角-0度08分 片側のトゥ」を調整し、スラスト角0度0分に。
一方フロントは、キャンバー角が-2度30分と基準値よりも約1度強ネガティブです。  カムを調整一杯まで動かしても-1度47分。  う〜ん もう少し戻ってくれるとよいのですが、・・・。

キャンバーを大きく調整したので、キャスター、トゥも つられて大きく狂いますので、それぞれ調整。
作業後の試運転で、ピッシと走るようになりました。(若干の左流れはありますが)




evooyaji at 19:14|PermalinkComments(0)