輸入車

2017年01月24日

作業完了の予定が

長〜く お預かりしておりますメルセデスベンツS124
22日土曜日に4ホイーラアライメント測定をして リア調整のためフューエルポンプカバーを外すと 写真1枚目のとおり ガソリンが垂れて雫になっていました。
エンジンをかけてみると、ポタリ、ポタリと。
お〜危ない、危ない。  ここのポンプと隣のフューエルフィルターは とっても新しく換えたばかりといった感じです。  試しに増し締めしてみましたが、全く締まらない。
3枚入っているガスケットは、1枚だけピカピカ。  残りの2枚は いかにも古そうです。

なので、写真2枚目の この2枚を交換し、無事に漏れは止まりました〜。

これにて ようやく 納車できます。  

17012411701242





evooyaji at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月20日

S124 第二弾-7

今日はフューエルゲージセンダーの交換を。
最初の入庫時には、ガソリンがカラカラの状態でしたが、燃料計は 動いていました。
ところが 満タンにすると 燃料計はゼロを差して ぴくりとも動かない状態になってしまいました。

そこで メーター本体か、センサーが悪いかを調べて センサーが悪いのは確認。(ただし両方とも悪い場合もあり)
ということで 今回の第二弾に作業となったのです。
124ワゴンの このセンサーを交換するには 46ミリのボックス(ソケット)が必要となります。 (セダンは、モンキーレンチで可能ですが)

写真1枚目  用意したパーツ。

写真2枚目  外したフューエルゲージセンダー 底部分が鉄のため サビサビです。


17012011701202

evooyaji at 11:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月18日

S124 第二弾-6

今日のメルセデスベンツS124は、写真1枚目の点火系パーツ等が揃いましたので、作業開始。
この車両のエンジンは、3.2リッター直6 (1049)ですが、点火コイルは3個です。
1個のコイルが2気筒分を司っているタイプ。 
なので、お客様ご指定のウルトラ プラグコードは3本のみ。   でも コイルの直下には写真2枚目のサプレッサーが付いていますので、これはMB純正パーツにて手配。

写真3枚目は、エアークリーナーエレメント これも お客様ご指定のK&Nにて交換。
外した物は、変形しておりますが 2000年5月製造の物でしたので仕方ないですね。

そういえば、先日交換したポーレンフィルター(エアコン フィルター)は なんと1999年9月製造の物でしたので、
もちろん 真っ黒でしたよ。


170118317011841701185



evooyaji at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月17日

S124 第二弾-5

まだまだ続いておりますMB 320TE 
ワイパーリンク、モーターを元に戻して、ガラスの樹脂レールが接着できましたので、写真1枚目のゴムシールをはめ込みました。
元々はゴムシールが縮んで左右とも2センチほど短い(全長で4センチぐらい)状態でしたが、ぴったりとなりました。(当然ですが)

このあと パネル類を戻していきますが、写真2枚目の樹脂ボルト、クリップを交換、追加です。
写真左下が見本(現品)、右下は、私が間違えて発注したもの。  右上と同じように見えますが厚みが違うのです。(11ミリと6ミリ)
でもパーツリストには 間違った11ミリしか載っていないんだけど・・・・

写真3枚目 左ヘッドライトこ光軸調整用のエアー配管。  こちらは、途中で途切れていました。(配管なし)
しかもライトに刺さる黄色のソケット内で配管が折れて刺さったままの状態。
なので この黄色いソケットを用意すればOKと思い、品番検索し 価格を調べると約5千円。 さらに調べると 配管4メーターとセットであることが判明。

これは、あまりにも もったいない。   黄色のソケット内に残る配管をドリルで削っていき、再生。
                       これ かなり地道で地味〜な作業。
でも 安く修理完了。

 
170117217011631701173


evooyaji at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月16日

S124 第二弾-4

写真1枚目は、当店代車のルポに積もった雪。
15日10時に撮影しましたが、これぐらいの量ですから、テレビ等の天気予報よりも明らかに少ないですね。 
そういえば予報では、愛知県平野部と山間部では 山間部の方が少なかった・・・・
ということは、当店は名古屋市内ですが山間部ということ?


かわって、MB 320TE
写真2枚目 昨日の作業 ワイパーリンクですが こんな感じでバラバラでした。   おかげで各部がグリスアップできましたので、動きが軽やかになりました。

写真3枚目は、エアーバルブ。  左側に接続部2個の内1個が折れていましたので、バルブ交換。 
これで、このあたりからのエアー漏れによるシューシュー音はなくなりました。  (他には まだ漏れ箇所ありますが)

170116117011621701171



evooyaji at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月15日

S124 第二弾-3

今日のメルセデスベンツは、折れて残っているボルトの抜き取りから。  
写真1枚目 ドリルで中心に穴あけして 抜き取り完了。
続いて、フロントガラス下部のモールが写真2枚目のとおり 外れていますので、清掃後 貼り付けて 一晩乾燥させます。(写真3枚目)

このあと ワイパーモーター廻りのゴムシール交換ですが、なんと モーターをバラバラにしないと交換不可。
二人がかりで分解し、洗浄後 グリスアップ。  これ文章ですと 一行ですが 5時間ほどかかってしまいました。



そうこうしているとE250ワゴンアバンギャルド(S212後期型) パンクとのことで入庫いただきましたが、4本ともにエアーが少なくなって警告灯(警告表示)が出たようです。   エアーを補充して完了。


170115117011521701153

evooyaji at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月13日

S124 第二弾-2

作業を続けておりますメルセデスベンツS124 
エンジンアンダーカバーを外すとLLCが・・・    何処かから漏れているようです。

原因はラジエーター本体。  樹脂製サイドタンクとアルミコアの継ぎ目からですね〜。   
                    前回は漏れていなかったのですが。

1701131

evooyaji at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月12日

S124 第二弾

前回 幾つかの作業させていただき、このブログでも その一部を取り上げさせていただいた車両です。
今回は写真1枚目のパーツを用意いたしました〜。
ポーレンフィルターとワイパーブレード以外は全てMB純正パーツ。

まずは、プラグコード交換のためカバーを外します。 ここは 前回の時にボルトが固着して どうしても外せなかった所で、今回はボルトを用意しましたから、折れてもOK。
でも 折れると あとが厄介となりますから、できることならば そのまま緩んでくれれば・・・・

ここは、なんとかクリアし、プラグコードのコイル側形状が確認できました。
これで、ご希望のウルトラ プラグコードが発注可能。
といいますのも、この3.2リッターエンジン(1049)の場合2種類の形状があるようで、現車確認となっていたのです。
これで、あとはプラグコードの入荷待ちとなりましたので、別の部分にかかります。
今回の中で一番時間が掛かりそうなブロワーファンモーター(以下ファン)の交換に。

途中で樹脂製のボルトが付いていない所や、樹脂製のナットが付いていない所を発見しながら進め、ファンを外して、新品を入れ・・・・入らない。
                              ここでトラブル発生。
そもそも このファンはパーツリストで2種類に分かれており、互換性なし。
私は どちらなのか確定できなかったので、ヤナセさんにお願いして 調べてもらい特定できたもの。

合わないのは確かなので、2つのパーツの各部寸法図を作ってメール送信。
色々と電話でのやりとりをして、もう一方のパーツで間違いないことが確認できました。
                       ふ〜ぅ 慌てました〜。
ということで、この部分もパーツ待ち。 

ならば、エアーバルブ交換でも。          
                                          また しばらく続きます。

17011211701122


evooyaji at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月18日

S124 納車

長い間 お預かりして作業しておりましたメルセデスベンツS124  本日納車しました。
年明けに第二段の整備がありますが、ひとまず一区切り。

今回、ブログで紹介できていない部分も 幾つか作業しましたので、かなり改善しましたね。
1995年式と 古い車両ではありますが 今のところ {部品が製造中止} には 当たっていませんから、ラッキーです。  
        でも 今後 そういった問題が出るのは、ある程度想定しないといけませんが。


evooyaji at 14:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月14日

MB S124 part7

1612134今日は朝から晩まで ず〜っとメルセデスベンツS124の作業です。
写真1枚目のバッテリー下のバキュームパイプと写真2枚目のバッテリー台、ナット、ワッシャーなどを用意して作業開始。
まずは、バッテリー下のサビにベルトサンダーに仕上げ用ベルトを付けて磨き、サビ取り剤ラストリムーバーを塗って10〜15分ほどでふき取り、これを何度も(5回ほど)繰り返し、防錆皮膜(写真3枚目で白く見える部分)を作っていきます。(写真は まだ途中)  これ、非常に地味な作業。    でも 私は結構 好きです。
これと同時進行で 昨日の負圧漏れ を調べるため、ワイパー付け根のパネルを外すことに。
すると、漏れている原因はすぐに判り、さらに探していたバキュームパイプも見つかりました。
このあたりのバキュームパイプ配管図を探していましたが、どうしても手に入らなくて、困っていたのですが、相手のホースが見つかり、三又での分岐ではないことが判明。 
パーツリストでは どう見ても三又になっていたので、用意しましたが・・・当店在庫とします。

次に2本、2本となった、バキュームパイプは どれと どれを繋げば良いのか??? パイプの色は4本とも白。     ここから 悩みましたが、切れ口、色の微妙な違い などから判断。
繋いだのが、写真3枚目ですね。

写真4枚目 新品のバッテリー台が付いて、あとはバッテリーを載せるだけ。

161214416121351612145


evooyaji at 19:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)