日本車

2021年02月20日

アルファード アライメント

2102202令和2年式トヨタ アルファード GGH30W(V6 3.5) いつもアライメント作業をご依頼いただく業者さんからの作業です。
最新の車両で、当社のアライメントテスターにはアライメントデータが入っていませんので、FAINES (ファイネス)というソフト(当店は昨年より導入)でデータを調べて、アライメントテスターに数値を入力して測定開始。
それにしても このFAINESは国産車には便利なんです。 各メーカーの整備書、配線図、リコール情報など情報量が半端ないですから。  一方輸入車に関しては情報量が少ないのが・・・。


リアトゥ、フロントトゥを調整して出来上がり〜。 欲をいえば、フロント左キャンバーを調整すると さらに良いのですが、それにはトヨタ純正キャンバー調整ボルトが必要になります。 3種類あり、これらをどの組み合わせで使うか は測定してみないと判りませんので、「再度調整する場合はこの品番だ」というのをメモしておきました。


2102201

evooyaji at 10:48|PermalinkComments(0)

2021年02月10日

ヴォクシー ブッシュ交換 2

昨日からの続き作業で、今日は外したスプリングを戻したり、その前の錆止め(シャーシブラック)を塗布したり、リアデファレンシャルサポート(以下サポート)を交換したりと進めます。
このサポートについては、ブッシュのみの部品供給はなく、アルミのブラケットと一体のみでした。

写真1枚目 リアアクスルビームの錆。  スプリングが付く前に塗装すれば、やりやすい所だけ、まず手をつけます。

写真2枚目 はい、塗装できました。 残りの部分はスプリングを付けてから、ゆっくり塗装することに。

写真3枚目 外したサポートのブッシュは御覧のとおり。 車両に付いた状態だと もっとクラックが見えていました。

まだ、色々と細かい作業が必要なので、もう ちょっとがんばります。 


210210121021022102103

evooyaji at 19:07|PermalinkComments(0)

2021年02月09日

ヴォクシー ブッシュ交換 1

2102091平成14年式トヨタ ヴォクシー4WD  前回の入庫時にリアアクスルビームのブッシュ左右とリアデファレンシャルサポートのブッシュが千切れてしまっているのを発見。 写真撮影して お伝えしました。
それを持って、直ちにトヨタ ディーラーさんに入庫されたそうですが、出てきた見積もりは63万円オーバーで、「これなら新車を買った方がよい」と、強くすすめられたが どう思う?と再度ご来店。

内容を確認すると、リアアクスルビームもリアデフもアッセンブリーで丸ごと交換の内容でした。
この車両は年式は古いですが、走行距離は5万キロですから、この内容では あまりにも勿体ない。

ここから色々な方面で調べたり、問い合わせをしたりと時間がかかりましたが、結局 当店でブッシュのみ交換をすることとなりました。
写真1枚目が用意したパーツ。 ダンパーはカヤバNEW SRスペシャル、これ以外は全てトヨタ純正品。 写っていませんが、リアデフ、トランスファーの2か所オイル交換もいたします。

写真2枚目 リアアクスルビームから外したリアアクスルキャリアブッシュ。 こんな具合に千切れています。  付いた状態で1Gですと もっと酷い状態に見えます。

写真3枚目 新品ブッシュが付きました、こちらは外側です。 抜き取るのも入れる(圧入する)のも苦労しました。  ブッシュは約4500円/1個ですが、2個交換するのに丸1日です。 
ディーラーさんがアッセンブリーで丸ごと交換をすすめるのも、判る気がしますが、それでも・・・。 

写真4枚目 新品ブッシュ 内側から撮影。 ここのボルト、ナットの締め付けは1G状態で締めます。
                   明日に続く。

210209221020932102094




evooyaji at 18:47|PermalinkComments(0)

2021年02月06日

オイル交換の日

今日は朝からエンジンオイル交換作業が連続で続きました。
1台目は2014年式VWアップから。 オイルフィルター、ドレーンガスケットも同時交換し、使用オイルはモチュール スペシフィックの504.507(5W30)か508.509(0W20)で どちらにするのか。
アップでも この年式はどちらでもOKです。 結局504.507に決定。

続いて2017年式アウディA4 オールロードクワトロ (8WCYRA) こちらの車両は前回のオイル交換でフィルター交換を行っておりますので、今回はオイルのみ。  あ、もちろんドレンプラグ(樹脂製)は毎回交換です。 使用オイルは いつものモチュール スペシフィックの504.507(5W30)です。

続いてスバル フォレスター こちらは前回オイルのみ交換させていただいておりますので、今日はフィルターも交換いたします。 (もちろんドレーンガスケットも交換)
使用オイルは いつもの モチュール8100 

          今日は、エンジンオイル交換の日 となりました〜。

evooyaji at 13:37|PermalinkComments(0)

2021年01月12日

レガシィ 色々と part3

2101121平成23年式スバル レガシィツーリングワゴン BR9 本日最終作業にて仕上げていきます。
写真1枚目は一昨日のロワアームボールジョイント部。  VW、アウディのサスペンションアーム専用工具を使用しています。  これ、反対側の右でも使用しましたが、ちょうど良い感じでフィットしてます。

写真2枚目 CVTオイル交換作業。 オイルストレーナーを交換するため、オイルパンを専用のシールカッターを使って剥がしたところ。

写真3枚目 磁石には大量の金属粉が付いています。 手袋にて触ると 御覧のとおり。

写真4枚目 大体清掃できてきました。 あと 一息。 

写真5枚目 オイルストレーナー新旧。  この後、シール材を塗り、固定したら、乾燥を待ってから親油の補充と診断機による油温測定へと移ります。

同時進行で車内では、別のメカニックがレーザー対応レーダー、ユピテルZ110Lと、ドライブレコーダーSN-TW81d (共に指定店専用モデル) を取り付け。 OBD競▲瀬廛拭爾皀札奪箸靴討りますので、車両データも画面表示できます。

全ての作業が完了しましたので、整備記録簿を記入し、お客様と当店にて保管となります。


2101122210112321011242101125

evooyaji at 17:04|PermalinkComments(0)

2021年01月10日

レガシィ 色々と part2

2101103平成23年式スバル レガシィツーリングワゴン BR9 昨年末からの続き作業を進めました。
まずは、悪戦苦闘が予想されるフロントロワアームから開始。 前回の右側では1時間半の予定が6時間かかりました。  今回の左は前回に十分にワコーズ ラスペネを塗布しておきましたので、少しは早くなる予定。
結果は2時間半で外れました〜。  ナックル側が右よりも腐食しており、そのままでは新品がとても入りそうにない状態。 リューターで錆びを削り落として・・・。
まあ、前回と比べて劇的に早くできましたので、善し としましょう。

写真1枚目 外したロワアームのナックルボールジョイント部。

メカニック二人が、この作業を進めている間に、私はホイールの水洗い。 
当店の洗車場は お湯が出るように改装済みですが、それでも あまりの寒さで 鼻水が・・・。

洗浄後は 写真2枚目の取り付け面に付着した錆びと汚れを落とすため、オイルストーンにて面出し。 最後にブレーキクリーナーで脱脂すれば、写真3枚目のとおり。

写真4枚目は、リアデフオイル注入中。こんなポンプで入れていきます。

写真はありませんが、この後フロントデフオイル交換も。   こちらは、入れる所が判りにくいですね。 パイプを外して、入れていき、チェック用ボルト部で量のチェックをして出来上がり。


210110221011012101104 




evooyaji at 18:52|PermalinkComments(0)

2021年01月09日

GK9W ボディダンパー

令和2年式ミツビシ エクリプスクロス ディーゼルターボ GK9W
昨年末に コルトスピード COX ボディダンパーの注文をいただき、先日入荷しましたので、早速取り付け。
まずは時間のかかるリアから作業開始。 テールランプ、バンパーを外して、ボディダンパーのステーを固定したら、ダンパー本体を付けて、あとは 戻すだけ。

一方フロントは、アンダーカバーさえ外せば、簡単に取り付けできます。

両方の取り付けでメーカーさんの取り付け時間2.5hとなっていましたので、私の予想は4時間半から5時間ぐらいで取り付けできるだろう と考えておりましたが、
            結果は4時間と 予定よりも早く出来上がり。

写真1枚目 リアバンパーが取れましたので、ここから本題へ。

写真2枚目 リア取り付けできましたが、この角度(態勢)でないと映らない。  レインフォースの内側に付いています。

写真3枚目 フロント取り付け。 こちらもアンダーカバーを戻すと見えなくなります。

210109121010922101093



evooyaji at 15:53|PermalinkComments(2)

2020年12月28日

レガシィ 色々とpart1

20122912020年最後の仕事は平成23年式スバル レガシィツーリングワゴン BR9 メンテナンスなどなど盛り沢山です。 
今日一日では終わりそうにないので、優先順位を付けて作業を進めます。

写真1枚目はフロントブレーキ系。 ブレーキキャリパーのスライドボルトが錆びで固着してしまいましたので、キャリパーシール、スライドピン、固定ボルトなどを用意。 片側のスライドボルトのみ 供給なし でしたが、幸いこちらは錆びついていない方でしたので、再使用。

ローターはディクセルSDのスリット入り、パッドもディクセルMタイプを選択。
これらの作業は、予定どおり進み、次のフロントロワアーム交換で 大問題発生。 
ナックルとの結合部がさび付いて一体化しており、外れない。  本来ならボルトを外したらポロッと取れるはずなんですが・・・。 1時間半の予定が なんと6時間半かかって、やっと外れてくれました。 ということで、今日は片側のみで終了。 

メカニック2人がフロントで悪戦苦闘中、私はリアを作業。 こちらも錆びが酷いですが、作業は順調そのもの。  余裕ができたので、錆びをケレンして、シャーシブラック(錆止め)を塗布。
本来の作業よりも こちらの塗布の時間の方が長かったですね。

最後にバッテリー交換で 一旦終了。

残りの作業は 来年に。      また反対側のロワアームがネックですね。
           今度は簡単に取れてくれますように。

写真2枚目 用意したロワアームと再使用不可のボルト、ナット多数。

写真3枚目 リアアーム類、所々錆びがみられます。

写真4枚目 塗布されたシャーシブラック。 これで当分大丈夫ですね。

写真5枚目 問題となったロワアームのナックルボールジョイントの錆。

2012292201229320122942012295

evooyaji at 14:55|PermalinkComments(0)

2020年12月20日

レガシィ見積からの

2012201平成23年10月生産 スバル レガシィツーリングワゴン BR9 多数のメンテナンス依頼をいただき、まずは見積のため現車確認から。
前回タイヤ交換で ご入庫いた際にナックルボールジョイントブーツに無数のクラックがありました。 今回は、これらの交換をするのですが、あれから 約5カ月半経過しておりますので、再度確認してから見積を作製することにいたしました。

走行距離12万キロオーバーですから、色々と不具合等でてくる頃となりました。

足回りに加えて、フロントブレーキ系も行うことに。

各種確認中に写真1枚目、2枚目のとおり、ラジエター前にゴミが詰まっているのを発見。  これでは ラジエターの効率が相当悪くなっていますから、即 掃除。 掃除機とエアーガンで おおまかに吸い取り、次はハブラシでそ〜っと 擦りながら 吸い取っていきます。(写真3枚目)

写真4枚目 綺麗になりました。  でも このバンパー形状ですと、(グリルが全く無しで大きな穴)また溜まってしまいまので、定期的に掃除が必要ですね。


201220220122032012204


evooyaji at 13:43|PermalinkComments(0)

2020年12月09日

タント CVTオイル交換

2012091平成22年式ダイハツ タントカスタム CVTオイル等の交換。
用意したパーツは、写真1枚目のストレーナ、オイルパンガスケット、Oリング2種、そしてファンベルト、エアコンベルトです。

オイルはワコーズのCVTプレミアムスペックを7.1リッター使用。

写真2枚目 走行6万キロで初の交換のため、抜き取ったオイルは真っ黒です。

写真3枚目 外したオイルパン内の磁石には鉄粉が吸着されています。

写真4枚目 洗浄後のオイルパンは こんな感じです。

写真5枚目 洗浄後のオイルパン内の磁石。

一旦新油を注入し、しばらくアイドリング。  再度 抜き取り、また新油を入れて出来上がり。
2回目に抜き取ったオイルは ほんのり赤いのが確認できる状態となりました。

         1ヶ月後ぐらいに もう一度交換予定です。(次回はオイルのみ) 


2012093201209220120942012095

evooyaji at 17:58|PermalinkComments(0)