日本車

2019年09月20日

エクリプスクロス

平成30年式ミツビシ エクリプスクロス ホイール交換です。  タイヤは新車装着の18インチを使い、ホイールをRMPレーシング R25 カラーはブラック/リムレッドライン
この車両は車体下部にレッドラインが入っていますので、このホイールとのマッチングは抜群に良いですね〜。

ホイール交換が終わり、次は4ホイールアライメント測定、調整です。
新車でも かなりの確立で メーカー許容範囲から外れてしまっている場合がありますので、測定しておくと安心です。
                       この車両も3箇所調整し、作業終了。

19092021909201

evooyaji at 14:02|PermalinkComments(0)

2019年08月11日

ゴルフ7とジムニー ホイール

2016年式VW ゴルフ7 コンフォートライン バッテリー、ポーレンフィルター交換、エアコンリフレッシュで ご入庫いただきました。 バッテリーは ご指定のボッシュAGMにて。 交換後にバッテリー設定(メーカーコード、容量などを車両ECUに入力)をして完了です。 
ポーレンフィルターは マンフィルター プレシャスフィルターを使用。
最後に写真1枚目のエアコンリフレッシュ。   ガスは7%少ない状態でしたが、規定量充填し、吹き出し口温度は1.1℃下がりました〜。

替わって本日2台目は、令和1年式スズキ ジムニー(JB64W) タイヤ、ホイール交換、エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。
タイヤは値上げ前の先月ご購入いただき、ホイールの入荷待ち となっておりました。  このレイズ鍛造ホイール 「納期が9月末頃」 とメーカーさんから聞いておりましたが、連休前(昨日)に突然入荷してきました?

当初の予定から 少しでも遅れると消費税が替わってきてしまいますが、これは仕方が無いと 覚悟のうえでバックオーダーをしていましたが、いらぬ心配となりました。

まあ、早くなり消費税が8%となりましたのでOKです。

エンジンオイルは前の車両(コペン)の余りが1.5Lほどありましたモチュール300Vパワーレーシングを使用。
                   純正オイルとの違いを体感いただけることでしょう。

19081111908112





evooyaji at 12:05|PermalinkComments(0)

2019年08月10日

タント エアコンリフレッシュ2台

ダイハツ タント (L375S) 1台目は「コンプレッサーが入ったり、切れたりを繰り返す時がある。動いている時も冷えが悪い」 とのことで ご入庫いただきました。
ガス圧から判断すると やはりガスが少ない状態を示しています。
エアコンリフレッシュをおすすめし、迷っておられましたが、やってみることに決定。
結果はガスが20%も少ない状態。   これで コンプレッサーが正常に動いてくれれば OKですが・・・・。

規定量の134aガスを充填しましたが、コンプレッサーが入ったり、切れたりを繰り返す状態になりました。
これは、何か電気系にも問題あり ですね。  
ファンが回らないの原因。  ファンフューズ、ファンリレー確認しましたがOK、これはファン本体不良です。

替わって2台目 ダイハツ タントカスタム (L375S) (ターボ)  「昼間の暑い時のみエアコンの効きが悪い、夕方や夜はよく効くが・・・」 とのことで ご入庫いただきました。
エアコンリフレッシュにて 吹き出し口温度16.7℃(作業前)から15.6℃に改善。 午後5時頃での測定ですから、暑い時間帯でしたら、もっと温度差がでたと思います。


2年に1度は、エアコンリフレッシュ作業をすると、良い状態を維持でき、コンプレッサー寿命も延びると思います。


evooyaji at 09:52|PermalinkComments(0)

2019年08月06日

ジムニー JA22W

1908061スズキ ジムニー JA22W 「オートマチックが不調で3速固定になって・・・」 とのことで ご入庫いただきました。
パーツを用意し、ATオイルパンを開けると、写真1枚目、2枚目のとおり、磁石にたっぷりと鉄粉が付いており、これほど大量なのは見たことないほどです。

ソレノイドバルブを2個交換し、オイルストレーナーも交換。 ATFは2回 入れ替えして 修理完了。
上手く変速してくれますが、あれだけの鉄粉があったということは、これだけパーツ(クラッチ、バンドブレーキ等)の磨耗があるということになります。
今後が心配ではありますが、簡単に(小額で)できるのは ここまでですから、あとは祈ります。


190806219080641908063

evooyaji at 17:29|PermalinkComments(2)

2019年07月27日

オーリンズ O/H

1907271日産 スカイラインGT-R (BNR34) ニュルスペック 1ヶ月半ほど前にインパル オーリーンズ別タンク付き車高調整キットのオーバーホール依頼をいただきました。
すでに車両からは 取り外してあり、現車にはニスモ 車高調整キットが付いています。 
すぐにオーリンズダンパー単体にするため、ピロアッパーマウント、バネ、バンプラバーなどを外し、ラボ・カロッツエリアさんに発送。
発送前の打ち合わせで、「この商品のロッドなど数点が本国生産終了(スエーデン)となっているため、今回の作業でロッド交換等が必要になった場合は、再生不可。  オイル、ガスが入っていない状態での返却となってしまいます」  「通常のO/Hシールキットは在庫OKなので問題ありませんが・・・・」 と怖い話になりました。
でも 現品は すでにオイル漏れしていて使えない状態ですから O/H しかないのですが。

とにかく お客様に連絡し、状況をお伝えしたところ、「やってみて〜」と。

お客様からゴーサインをいただきましたが、この時点でオーリンズサービス(O/H部門)は大忙しのようで 順番待ち。  

写真1枚目 出来上がってきたダンパー、バンプラバーは4本とも新品に交換。

写真2枚目 元通り組み直して、車両に取り付け。   フロントは簡単な はずが別タンクが邪魔して、入らないため、時間がかかってしまいました。

写真3枚目 リアの方が時間がかかる予定でしたが、こちらの方が早かった?

減衰力調整は、まずはインパルさんの設定(おすすめ)で伸び側7段目、縮み側10段目にセット。
ちなみに 調整幅は 伸び側20段、縮み側18段です。


19072721907273



evooyaji at 13:43|PermalinkComments(0)

2019年06月16日

N-BOXとAMG GT S

AMG GT S エアコンリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。
「効きがイマイチ」とのことでしたが、吹き出し口温度を測定してみると11.7℃   確かに もう少し冷えてくれると良いです。
早速、作業開始。  抜き取った134aガス量は678g と規定量640g+-10gよりも多い状態。 
20分の真空引き後に圧力テストし、ガスを規定量充填。  
吹き出し口温度を測定すると6.3℃ と大きく改善。    これなら真夏も快適ですね。

ハンドクラフトのV8 4リッターツインターボエンジン かっちょえ〜、素敵ですぅ。 
               これで高速道路を走ったら さぞかし気持ちよさそうですね。

替わって ホンダ N-ワゴン エンジンオイル、バッテリー交換、そしてワコーズRECSの施工。
バッテリー交換後は、バッテリー内部抵抗値リセットが必要となりますが、上手くいきました。 
           これにて アイドリングストップ機能が復活です。


19061611906162

evooyaji at 18:06|PermalinkComments(0)

2019年05月24日

セリカ 水漏れ修理

平成18年式トヨタ セリカ (ZZT231) 別件で ご入庫いただくと 何だかLLC臭い。 ボンネットを開けると、写真1枚目のとおり、ラジエターエキスパンションタンク(サブタンク)からLLCが漏れていました。

これは交換するしかないので、パーツを発注するも すぐに入らないと。  部品商さんいわく「2〜3日みてください」と。  
また排気ガスも臭いので、点火プラグを確認すると、社外品のデンソーイリジュウムプラグが付いていましたが、これが ものすごい磨耗といいますか、これだけ減ったプラグを見たのは久しぶりぐらい。
こちらも交換しか 方法はないので、パーツを手配。  こちらは すぐに入手。

交換作業後は、診断機を使って ECUのリセットをして完了です。

190524119052421905244




evooyaji at 17:37|PermalinkComments(0)

2019年05月18日

エアコン リフレッシュ

トヨタ マークX エアコンリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。
この お客様 先日奥様の車両(ヴィッツ)で同じ作業をさせていただき、効果があり 好評でしたので、ご自身の車両も・・・と。  
そもそもヴィッツは「なんだかエアコンの効きが悪い気がする・・・」とのことでしたが、134aガスの規定量430gに対して抜けたのは143g と33%しか入ってない状態。  67%も抜けた状態で使っていたので、効きが悪くて当然ですね。 リフレッシュ作業でコンプレッサーオイルも新油になりガスも きっちり430g入りましたから、吹き出し口温度は5℃も下がりました〜。

一方マークXは、「特に悪く感じない」とのこと。 作業結果は規定量430gに対して抜けたのは302g 70% これぐらいの数値は まあありがち、普通に悪い といったところ。 ガス量が規定値になり、吹き出し口温度は1℃下がりました。

今日は この他ホンダ Nワコンのエンジンオイル交換やプジョー208GTI タイヤ交換などなど。 1日で丁度良い感じの作業量でした。



evooyaji at 12:59|PermalinkComments(0)

2019年05月16日

16万キロで色々と

平成18年式トヨタ セリカ 6M/T 走行16万キロとなり、メンテナンス入庫いただきました。
順番に視ていきますが、距離相応に悪いところが有りますね〜。
アイドリングが時折乱れて 回転落ちしたり、パワーステアリングオイルが真っ黒であったり、写真1枚目のとおりラジエーターサブタンクからLLC漏れがあったりと。
診断機にて各種ECUのチェックをしてみると、{スロットルペダル ポジションセンサースイッチ不良}を拾っていたり。

点火プラグも確認すると、デンソーイリジュウムプラグに換装されていましたが、びっくりするほどの磨耗状態。
これは最優先で交換するしかないです。

13年が経過し、そろそろパーツの供給が怪しくなってきていますから、悪いところを早めに修理するのが得策だと思います。
でも オーナー様は 買い替え(車両入れ替え)も検討中とのことですから、優先順位を付けてのメンテナンス計画を進めます。

1905161

evooyaji at 22:14|PermalinkComments(0)

2019年05月15日

アライメント 2台

今日の作業は4ホイールアライメント測定、調整が2台です。
1台目は2014年式アウディ TT-S  当店で色々と作業させていただいている車両ですが、アライメントは初めてとなります。  測定前のメカニックによる試運転で「かなりフラフラする・・・」 とのこと。
測定結果から6箇所の調整となりました。  調整箇所が多い場合、調整料が かさみますが、その分良い数値(メカニックが求める目標値)に持っていくことができますから、調整箇所(調整ポイント)は多いに越したことは無いですね。
調整後のメカニックによる試運転で「別の車になったか と思うぐらい良くなった」とのこと。

        これぐらい変化(改善)があると、お客様にも わかっていただけるでしょう。
最後は追加でワコーズRECSのご用命。  2リッターエンジンですから200cc使用して、作業中(写真1枚目)
このところ随分暑くなってきましたので、扇風機で冷却しながらアイドリング中です。(写真がヘタクソで羽が止まって見えますが)

変わって2台目は、ミツビシ ランサーエボリューション6  こちらの車両は1オーナー車。
20年間同じ車に乗り続けるのは、すごいことですね。 愛着が半端無いというのが判ります。
          (私は今まで一番長く乗ったのが19年です)
今回は他店さんでサスペンション交換をされたそうで、アライメント作業だけは 当店に任せていただけました。

オーナー様には以前アウディA6(エアサス車)でアライメント作業をさせていただいたのですが、その際 「大変気に入った」とのことで、ランエボも ご入庫いただいた次第です。 

測定結果から7箇所調整となりました。 フロント 調整式ピロアッパーマウントが入っておりましたので、キャンバー角も きっちり調整。

調整後は、大きく変化し(改善)、気持ちよく走れるようになりました。

      今日の車両は どちらも大変身したので、きっと気に入っていただけることでしょう。 

19051511905152





evooyaji at 19:58|PermalinkComments(0)