日本車

2019年04月13日

ランサー、ボクスター黄からグレー

先日から お預かりしているミツビシ ランサーセディア
最後の仕上げは、写真1枚目のワコーズRECS このエンジンは直噴なのでRECSは抜群に相性が良いですから。

次の車両も 先日から お預かりしております2002年式ポルシェ ボクスター エクスクルーシブ (限定車)
前回入庫時に気づいておりましたが、写真2枚目のとおり、外気温センサーが所定の位置に付いていません。
バンパーとアンダーカバーに挟まれています。
何らかの作業でフロントバンパーを脱着した際に挟み込んでしまったのでしょう。
これを修正するためだけに バンパーを半脱着。   これにて正規の位置に付きました〜。

次の車両は、これまた2004年式ポルシェ ボクスター 3.2  ランサーセディアと入れ替えでお預かり。
はい、この2台は同じオーナーの車両。  
今日は珍しくボクスターが2台続きけて作業。  それも 同じ986  
               色は スピードイエローからシールグレーに。

190412119041221904241


evooyaji at 19:14|PermalinkComments(0)

2019年04月10日

バッテリー端子が割れて

平成14年式ミツビシ ランサーセディア メンテナンス色々でお預かりしました。
その中で「1年ほど前にバッテリーを交換しているが、その際ターミナルが割れて・・・・そのままなので何とかして欲しい」とのご要望。  早速確認するとマイナス ターミナルが 写真のとおり 完全に割れて2分割した状態。
これでは大変危険なので、即対応。
このまま使っていて 接触不良が起きスパークすると いとも簡単に車両火災となってしまいますから怖いです。

              こうなってしまった原因は、固定ナットの締めすぎですね。 


修理は マイナス側なので、ターミナルとハーネスのASSYで交換すれば簡単 と思われますが、この車両の場合 ここの配線はエンジンメインハーネスと一体になっており、簡単に交換できないのです。
ならば ターミナル単体だけ交換し、ハーネスは元のターミナル付け根でカットすれば 良いかと マイナス ターミナルを用意しました。 
ところが、配線をカットしてしまうと 短くなりすぎて上手くいきそうにないので、元のターミナルカシメ部分を切開して配線が短くならないように取り出し。
ここまでくれば あとは新品ターミナルに挟み込めば出来上がり。
文章ですと 僅かですが、実作業には2時間ほどかかりました。   でも上手くいったので良かった〜。


19041011904102

evooyaji at 15:16|PermalinkComments(0)

2019年04月06日

Nワゴンとゴルフ7

ホンダNワゴン 点火プラグ交換と4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
プラグは純正のイリジュウムからNGKルテニウムにグレードアップ。 (写真1枚目 外した純正品)

アライメントはリアの調整が出来ない車両ですが、幸いリアは綺麗に揃っておりましたので よかったです。
フロントトゥ2箇所を調整し、出来上がり。  直進性アップいたしました〜。


変わってゴルフ7GTI レカロのベースフレームに付属の疑似抵抗が悪くなったようでエアバック警告灯点灯。 フォルトチェックしてみると サイドエアバッグ 過大抵抗値 と出ていました。
リセットして様子をみてもらうと、初めは2週間ほど良いがまた点灯。   それが 段々と短くなり、リセットしても2日で点灯してしまうようになったので、何種類かの抵抗を用意して、交換しました。
外したレカロの抵抗は、基準値ぴったりでしたが・・・?
ということで、基準よりも 少しだけ低い抵抗値でキャンセラーを作って取り付けてみました。

これで どうなるのか しばらく様子見です。

写真2枚目は、ついでに ご注文いただいたブレーキ エアーダクト。  さすが純正パーツだけあって よく考えられていますね。


19040611904062




evooyaji at 20:15|PermalinkComments(0)

2019年03月10日

スイフトとブーン

写真1枚目 スズキ スイフト エアコンリフレッシュ作業を行いました。
この車両 優秀で抜き取ったガス量358g 規定量は370gですから、96.7% 
「今までエアコンについては、何もメンテナンスしていない」 とのことですから 比較的良い状態を維持できていました。
これで、きっちり規定量になり、コンプレッサーオイルも新品に入れ替わりましたから安心ですね。


写真2枚目は、ダイハツ ブーンX4 (クロスフォー) 前回交換していただいたBS RE71Rが磨耗したので、タイヤ交換。    今度のタイヤはBS RE003 少しだけ乗り心地アップと耐磨耗性アップを図ります。


19030931903101


evooyaji at 18:37|PermalinkComments(0)

2019年02月22日

スバルXV タイヤ交換

スバルXVのタイヤ交換依頼をいただきました。
見積もりを5種類作り提出し、その中から一番高価な純正装着(専用)タイヤを選んでいただきました。
まあ、専用品で今までと同じものですから、間違いないですね。
サイズは225/55-17 97V ヨコハマ ブルーアース E70JZ です。

写真1枚目 ハメカエ、バランス調整完了。 水洗い洗浄後、ワコーズバリアスコート(簡易ガラスコーティング)を塗布。

写真2枚目 ホイール裏側の取り付け面が汚れています。  これでは綺麗な面接触になりませんので、清掃します。

写真3枚目 清掃完了。  これで綺麗に面接触しますから、綺麗に回るはずです。


190222119022221902223


evooyaji at 18:46|PermalinkComments(0)

2019年01月30日

バッテリー グッドタイミングで

1901301当店代車のスバル サンバーですが、バッテリー交換をするため、ボッシュ ハイテクシルバーバッテリーを注文し、昨日届きました。   届いた時間が遅く、「交換作業は明日にしよう」と。
本日朝一番に付ける予定が、これまた時間がとれなく、作業できず。

そこへ、母がやってきて、「私のタントのバッテリーがダメみたいでエンジンがかからないので助けに来て・・・」と。

ここで家内が「ひょっとして サンバーと全く同じ?」 と聞いてきましたが、「そんなに上手い具合にいかないよ」と答えたものの、サンバー用に用意した この写真のものを持って、実家に行くと なんと 全く同じ。

こんな良いタイミングでバッテリーが上がるとは驚きでした。   おかげで母は 「もう治ったんだ〜」と出かけていきました。




evooyaji at 16:46|PermalinkComments(0)

2019年01月26日

コペン 色々と

1901263平成22年式ダイハツ コペン 約16万キロ走行ですから、いろんな物が劣化してしまい、ここらでリフレッシュとなりました。
まずは フロントスタビライザーのブッシュから。  

写真1枚目、2枚目がスタビライザーブッシュ 外側、内側
こんなに潰れてしまったんですね。  ヒビヒビになっているはずです。
続いてワイパーアーム左右交換。  

そしてリアウィンド上部のウエザーストリップ。
右リアウィンドあたりから雨漏りしているそうで、これでよくなると良いですが いかに。
交換作業は、とにかく手間がかかり、二人がかりで2時間ほど。
  
            30分ほどを予定しておりましたが、 あまかったですね。

まだ続きますが、また後日。

190126419012611901262
 

evooyaji at 17:57|PermalinkComments(0)

2018年12月01日

ヴィッツ RECS

トヨタ ヴィッツ エンジン洗浄剤 ワコーズ RECS の施工です。 
4WD 1500ccエンジンですからRECSを150ccで施工いたします。  
   これ、相当汚れていたようですので、施工後は 違いを体感していただけることでしょう。

1812011

evooyaji at 15:08|PermalinkComments(0)

2018年11月23日

8J TT バッテリーとエルグランド オイル

2007年式アウディTT (8J)(BWA)バッテリー交換です。  昨日に続き2日連続でアウディ バッテリー交換。
こちらの車両はアイドリングストップが付いていませんので、通常バッテリーで対応できます。
よってバルタのシルバーを選択。
昨日と同じで 予めバッテリーを満充電にしてから 車両に取り付けます。
「今までのバッテリーはディーラーさんで取り付けたが2年しか もたなかった」 とのことでしたので、各種診断機で見ましたが 特にフォルト(エラー)はなし。 オルタネーターも今現在はOKでした。 でも2年でダメということは何処かに問題を抱えている可能性ありです。

ということでバッテリー交換を始めると、出てきたバッテリーには交換時期が2015年5月 と書いてありましたから2年ではなく、3年半 もったということですね。  この期間なら まあ普通ですから 一安心。

続いてニッサン エルグランド オイル色々交換で ご入庫いただきました。
その中で 写真はリアデフオイル交換で、新油を入れているところ。
一通りのオイルが新しくなり 気持ちよく 年越しですね。

今日はアウディS1のコーディング作業も行いました〜。
オートヘッドライトの感度調整です。  また お客様から「ディライトが付いているが立体駐車場のパレットで明るくて光ってしまい見難いので消す方法はないの」と聞かれましたので、MMIの車両設定で昼間ライト又はディライトを切れば・・・と伝え 車両を確認すると そんな項目がありません。
前オーナーさんがコーディングでディライト設定だけしてあったようです。
ならば追加で MMIでの調整 をコーディングすればOKですよと伝えると 即答でゴーサイン。
設定を一箇所替えて 無事にMMIでオン オフ可能となりました。

1811231

evooyaji at 10:34|PermalinkComments(0)

2018年08月31日

ヴォクシー クールベールに

平成14年式トヨタ ヴォクシー AZR65G  「フロントガラスが飛び石で割れてしまったので、リペアーできないか?」と入庫いただきました。  
しかし 場所が運転席正面で、大きく欠けてしまっており、これほど大きいとリペアーは無理な状態でした。 
では 仕方なくフロントガラス交換を・・・となり よい機会なので社外品のガラスでIR(赤外線) UV(紫外線)カットのものを調べてみると AGC 旭硝子のクールベールプレミアムで設定ありましたが、メーカー在庫が1枚のみ(全国で) そしてAGS 日本板硝子のエンジェルガードは生産中止。

となるとトヨタ純正(IRもUVもカットされない)かクールベールプレミアムかの2択となりましたが、高性能で価格も少し安い後者に決定。
急いで手配し、無事に翌日入荷。

本日 いつも お願いしているガラス屋さんに出張していただき、交換開始。
二人がかりで あっという間に外れていきますが、サイドモールを外すと 中から大量の枯葉が・・・
ワイパー付け根、カウルトップ部にも写真1枚目のとおり、沢山の枯葉がのっていますので(これでも 入庫のたびに私が ここは掃除していますが) 考えてみれば 当然ですね。

この車両は、大きな木の下(森の中?)に駐車されているので、仕方が無いです。

ガラス屋さんの邪魔にならないように 私は掃除係りを担当。  あまりの汚れ具合に、随分時間をとられましたが、すっきり 綺麗になりました。 ワイパー下の排水経路も激しく詰まった状態でしたが、貫通。
         
写真2枚目 完成写真。 クールベールプレミアム 安心のMade in Japan でIR 90%カット、UV 99%カット 上部にパープルブルーボカシが入ります。


18083111808312


evooyaji at 10:25|PermalinkComments(0)