工具

2019年09月13日

今日は工具ネタ

写真1枚目のソケットは 本日購入したメルセデスベンツ ホイールボルト用です。  先日ご入庫いただいたGLE
450 (W167) をはじめ現行Sクラス、マイバッハなど多くの車両に採用されているホイールボルト専用となります。

先日 私はボルトの頭を見て 「これは専用ソケットが車両に搭載されているであろう」 と思い、探していると お客様から 「これは普通の17ミリで外れるよ」 と教えていただlきました。
私は、 この様な形のホイールボルトが有ること自体 知りませんでしたので、まさに勉強不足。

この後 「専用ソケットが有るであろう」 と検索してみると 3社ほどのメーカーから発売中でしたので 本日買いに行ってきました。


替わって写真2枚目は、毎日活躍中のランチテック製診断機のオプションハーネスで日産用14Pです。
これはメーカーさんから借りているものなんです。  といいますのも 当店の最新式診断機に このハーネスを繋いで日産車(2000年以前の)と通信できるかどうか??   なので、数台でテストして、使えるようなら購入する という段取りです。

BMW 20PやMB 38P などは すでに購入し、使用しております。 あと残すは 当店のお客様車両では 日産14Pが使えれば ほぼ全ての車両に対応できることとなるので、テストしたいのです。

GT-R BNR34 のA様、N様 このブログをご欄いただきましたら、ご来店いただけますと幸いです。


19091311909132


evooyaji at 19:21|PermalinkComments(0)

2019年08月28日

診断機 買い替え

190828110年前?15年前?ぐらいから使っていたVW、アウディ専用の診断機を買い替えました。
今まで使っていたものが、最新式車両に使えなくなるとのことで・・。
でも このメーカーさんは とっても良心的で 古いタイプからの買い替えの場合、下取りしてくれるのです。
                      ありがたいことです。
そして 今度のタイプはWi-Fi で 車両側送信機とパソコンを繋ぐので これまた便利です。
今までは有線でしたから 車両の傍までパソコンを持っていかないといけなかったですが、今後は楽になりますね。
           また 2019年式以降の車両も コーディングも出来るようになりました〜。



evooyaji at 14:29|PermalinkComments(0)

2019年06月21日

ゴルフ6 バルブ交換

1906211ゴルフ6 バリアント 先日色々と交換していただいた車両です。 今日は写真1枚目のエアーバルブ付きホース交換をしました。 悪いのはエアーバルブですが、単品の設定は無く、ホース2本とのセットです。
写真2枚目 外したバルブは経年劣化でポロポロと砕けてしまう状態。 なんとか穴が空く前に交換できて よかった〜。 

写真3枚目は、昨年導入した診断機ですが、各メーカー用ソフトのバージョンアップ。  今日はBMW、ホンダ、ミツビシ、ニッサン、ルノー、トヨタ、フォードの7メーカーです。


19062121906213

evooyaji at 19:14|PermalinkComments(0)

2019年06月11日

5R32 エアコン修理から

2009年式VW ゴルフ5 R32 「エアコンの効きが悪い」とのことで ご入庫いただきました。
早速吹き出し口温度を測ると22℃ぐらいです。  圧力測定するとコンプレッサーの圧縮不良ですね。
ということで、見積を作成し、お客様に連絡。  即答で ご注文いただいき、パーツの手配。
本日入荷したので、作業開始
まずはコンプレッサーを外して、ここにTEXA 780Rを接続し、(当店の780Rはオプションのエアコン回路洗浄キット付きです)回路内の洗浄を134aガスで行います。 この車両は、同じ作業を2回繰り返して、流れるガスが綺麗になるまで洗浄しました。

写真1枚目は、接続に使うアタッチメント。  これで殆どの輸入車に対応できるとのこと。

次にコンデンサーに付くレシーバードライヤーを交換するため、外すと
写真のラジエーター前側からLLCが漏れているのを発見。(写真2枚目参照)
このラジエーター前側は、普段 コンデンサー等で隠れておりますから、見えないので ここまで気がつきませんでした。
これで作業を中断し、ラジエーター交換の見積と在庫確認をして、再度 お客様に連絡。

まあ、これは交換するしかないのですが・・・。 今回見送って、後日ラジエーター交換をやる場合は、またバンパー脱着、コンデンサー脱着、エアコンガス抜き取り、充填と付随作業が嵩みますから、ここは同時作業がお徳です。     すぐいゴーサインをいただきましたが、この時点で17時をすぎており本日発送不可なので、明後日の入荷予定。
このタイミングでLLC漏れが見つかったのは、良かったのか?悪かったのか?   全部組み上がってから ではなかったので、良かったということですね。


19061211906122

evooyaji at 14:04|PermalinkComments(0)

2019年05月29日

診断機 アップデート

1905291昨年購入した診断機ですが、数多くの(57)メーカーに対応している関係で2日に1回ぐらいの間隔でアップデートをしております。
今日も写真のとおり4メーカーのソフトをアップデ−ト。

                     毎日 活躍中です。



evooyaji at 11:54|PermalinkComments(0)

2019年05月20日

静岡県まで

私の愛用工具 スナップオンのツールショー(年1回開催)が浜松市で開催 と案内状をいただきました。
でも 当店からは あまりに遠すぎて・・・1時間半ぐらいか?
いままで名古屋市内、岐阜市、一宮市などだったので、毎年行っていましたが、今回はパスかな。 
と思っていたのですが、そういえば数年前から是非行ってみたいヤマハ ハーモニープラザ でグランドピアノの工場見学も兼ねて出かけることに。
本日メインのスナップオンは16時開場なので、ヤマハから。   こちらは事前予約制ですが なんと無料なんです。
1日2回の見学コースがあり 13時半からを予約。 
写真1枚目 到着するも 私たちだけ。  これは貸切か? と思ったのも つかの間、時間ギリギリになると どんどん人が集まり、15人ほどになったでしょうか。
工場内は 大きな1つのラインになっており、ライン上には異なった機種が乗っています。(コンサートグランドCFX以外の)
私が想像していたのは、機種ごとのラインが別々で あると思っていましたが、違いました〜。

製品の上(ライン上部)にカウントダウンタイマーが付いており、 技術者は この時間内に作業するとのこと。
ものすごいスピードで組み立てられていくのには 驚きです。  相当な年月をかけないと習得できないでしょう。
                   まさに神業。
1時間半ほどの見学の最後に 響きを少なくした部屋(無響室ではありません)で3台の同じピアノで音の違い(音色の違い)を聞かせてくれました。   皆さんの好みの違いで 3台のどれが良いのか 意見が分かれますね。
私と家内の好みも違っていましたから。
家内には、私がどれを選ぶか 「確実に判った」と言われ当てられました。

受付ロビーに置いてあったコンサートグランドCFXを見ると、やはり全く別物(別格)であるのが 素人の私でもはっきり判りますね。  私たちは このCFXに 初めて触れることができましたが、家内いわく「思ったよりも 鍵盤のタッチが柔らかいんだ〜」とのこと。  

写真2枚目は小室哲哉さんが作ったクレイモデルから製作したもの。    曲線が美しいです。(非売品)

写真3枚目 象嵌細工が すばらしいアップライト。 価格は・・・・やっぱり高額。


写真4枚目 スナップオンで購入したのは、LEDライト(1.2Mほどの)と角度調整できるバール(小) このバールは大きいものを1本持っていますが、一度使うと その便利さに やられます(笑)
余裕があれば 同じ物を2本づつ持っていると さらに便利だと思いますが、予算が・・・


190520219052031905204 
1905201


evooyaji at 10:02|PermalinkComments(0)

2018年12月06日

診断機

随分前から 診断機導入で どのメーカー、機種にするか? 悩んでおりましたが、やっと決まりました。
といいますか、少し前から すでに使っておりましたが ブログアップが遅れてしまいました。

LAUNCH X431 PRO'J です。   これで、アメリカ車9メーカー、ヨーロッパ車33メーカー、日本車15メーカーと 多くの車両に使えるすぐれものです。
サービスリセット、バッテリーリセット、オイルリセットなどの各種リセット作業や、ATF交換時の温度測定、各種ECU診断は もちろん コーディング作業も出来ますから、使い方しだいで(使う人のスキルしだい)色々な作業サポートをしてくれます。

また車両のOBDポートに付ける送信機と本体はブルートゥース接続なので、車両は工場内で 診断機本体は店内で お客様にも画面を確認していただきながら 作業を進められるところが便利なんです。
この状態で診断結果にエラー(フォルト)がある場合は、Wi-Fiでプリンターに接続し プリントアウトもできます。

          これから どんどん使い方の勉強が必要ですが、日々 学んでおります。

各種チェックランプ点灯などの場合は 是非 ご相談くさだいませ。




evooyaji at 14:01|PermalinkComments(0)

2018年11月22日

A1 バッテリー交換 設定

2011年式アウディA1 バッテリー交換です。
4年3ヶ月前にも交換していただいておりますので、バッテリーは当店で2個目。 普段アイドリングストップを使っていない とのことで これだけ長い間もったと思います。
バッテリーはバルタAGMで前回と同じ物ですが、最近導入した充電器のお陰で、今回はきっちり満充電 しての取り付けです。  以前ですと AGM用充電器を使って充電、しばらくしてCCA測定、また充電と 手間と時間がかかっておりましたが、今の機械は自動で判断してくれますし、数値でも表してくれますから、きっちり満充電できるようになったのです。

今回の届いた新品バッテリーも85%でしたので、ここから充電し、100%にしてから車両に取り付けとなります。
                 これにより、さらに長持ち してくれるでしょう。

写真1枚目、2枚目 充電を始めたところです。

18112211811222

evooyaji at 10:06|PermalinkComments(0)

2018年11月14日

これは見かけよりすごい

写真の専用工具(SST)を購入しました。
アルファロメオ ジュリエッタの4ホイールアライメント調整をする際にリアトゥ調整に使うものです。
何でもないよううな形ですが、これ とってもよく考えられているんです。

イタリアからの取り寄せで約1ヶ月を要しましたが、これでリア調整が微調整しやすくなりますし、作業時間も短縮されます。

こんな写真をアップしても 何のこっちゃ?ですね。  今度は使っているところの写真をアップしたいので、ジュリエッタのアライメント測定、調整 ご予約お待ちしておりま〜す。

18111411811142



evooyaji at 12:34|PermalinkComments(0)

2018年09月13日

バッテリーチャージャー導入

今までバッテリー充電器はオデッセイ専用品を含めて4台持っていましたが、衝動買いでスナップオン バッテリーチャージャープラスを導入しました。
これ通常の充電機能に加えて、リプロモード(各ECUのリプログラミング時やコーディング時に使う)が付いていることが決めて となりました。   
                  でも このリプロモード時のMAXが60Aなんです。

そんなことカタログに書いてなかったので、私の勝手な思い込みで70Aぐらいはあるだろう と想像しておりましたが、取り説に別紙がついており、「一部の新型車では・・・60Aを超える電流が必要となることがありますので、これらの車種には使えません」 と明記されているではありませんか。

これに該当するのは、最新のMBでECUリプロ時やBMWでのECUリプロ(作業時間10時間を越えるような)ですから、当店では この作業は今のところ ありませんので、まあ良し ですが。
上記車種に対応するには70Aでも足りませんので、安定的に90A出せるものが必要となりますね。


その他では、これ なかなか使えると思います。   VW、アウディのコーディング時や、デジタルスピード施工時などでは、大活躍間違いなし。

またバッテリー充電では、何パーセントまで 充電できたか、数値で見ることができますから、とっても便利。


18091321809131





evooyaji at 10:57|PermalinkComments(0)