ホイールアライメント

2024年06月15日

ロードスター アライメント

2016年式 マツダ ロードスター 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
この車両のホイールアライメント作業は8年前に行っておりますが、流石に狂いが大きくなってきた模様。 いつものように メカニックによる試運転後に測定作業にかかりましたが、アライメント用リフトで上げると、フロントロワアーム ボールジョイントのブーツが左右ともひびひびで・・・。 グリスが出てきていないので、破れてはいないようですが、もう限界、いつグリスが飛び出しても不思議ではない状態。
このあたりの修理をすると、ホイールアライメント作業が必要になりますので、今日の作業は中止としました。
お客様に現状を見ていただき説明すると「ディーラー点検でロワアーム交換が必要です。 と言われた」とのことでした。

この車両のロワアームはアルミ製ですから、あきらかにコストがかかっている分 価格は高いんだろうな〜。

evooyaji at 11:31|PermalinkComments(0)

2024年05月18日

SQ5 色々と

24051812023年式 アウディSQ5 SB エアコンリフレッシュ、4ホイールアライメント等で ご入庫いただきました。

こちらの車両のエアコンガスは新ガス1234yfとなっております。 この新ガス採用の車両で(おろしたての新車等)エアコンリフレッシュ作業をすると抜き取ったガス量が100g少ないことがよくあるのですが、これって・・・・?
この車両は規定量525gに対して121g少なかったです。 規定量のガスを充填し、作業後の吹き出し口温度は作業前に比べて1.9℃下がりました。

写真1枚目 作業後の吹き出し口温度測定中。 センサーを吹き出し口に付けて、ブルートゥースでエアコン機械に送信し、グラフ表示中。

写真2枚目、3枚目 4ホイールアライメント測定、調整。いわゆるアライメント調整です。
この車両のリアキャンバーは左右ぴったり揃っておりましたので、調整の必要は無し、でもリアトゥは左右とも調整が必要でした。 リアキャンバー調整の際に旧型はSST専用工具が(特殊なソケット)必要でしたが、現行車は普通のメガネでOKな、普通のナットに変更されておりました。
当店では ここだけに使うためSSTを用意しておりますが、現行車両には必要なくなりました。


24051822405183




evooyaji at 18:09|PermalinkComments(0)

2024年05月03日

ハイラックスGR アライメント

ハイラックスGR フロントのみ車高を上げた とのことで、4ホイールアライメント測定調整のご依頼をいただきました。 そして ついでにホイールバランス調整も追加となりました。
バランス調整から始めると、測定の結果フロントの2本で25グラム、15グラム等のアンバランスがありましたので、ゼロになるように調整。 これで様子を見てもらうことに。 
試運転後アライメント測定し、調整作業となりますが、左キャンバー、キャスターを調整して、左右トゥ調整して完成。 調整前は、トータルトゥ15ミリオーバーでしたので、測定、調整作業を依頼いただいてよかったです。 そのままだったら、タイヤが片減り していたことでしょう。

evooyaji at 11:48|PermalinkComments(0)

2024年04月17日

日本車の日

今日は3台の入庫車が全部 日本車 でした。
朝一番はスズキ アルトワークス エアコンリフレッシュです。 こちらの車両は134aガスです。
いつものように作業前の吹き出し口温度測定からスタート。 11.4℃で この季節としては冷えていない感じです。

作業を進めて、抜き取ったガス量は153g で、規定量300g ですから51% これでは冷えなくて当然です。
規定量ぴったりの300g充填し、吹き出し口温度測定では7.3℃ 作業前後で外気温は1.3℃上がりましたが、吹き出し口温度は なんと4.1℃も下がりました〜。

続いて2台目はトヨタ CH-R GR 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
こちらの お客様は 車両入れ替えのたびにアライメント調整させていただいており、「アライメント調整は ここでやるのが1番だわ〜」と言っていただけて嬉しい限りです。

ご予約の時点で車両型式を教えていただきましたので、予め整備書をプリントアウトし、フロントキャンバーの調整ボルト(トヨタ純正パーツ)3種類も用意しておりましたが、結果は 必要なし でした。

続いて3台目はホンダ エレメント ホイール交換と脱着作業です。 今まで付いていたホイールスペーサーとハブが腐食し、固着していて 外すのに難儀しましたが、無事に完了。



evooyaji at 10:27|PermalinkComments(0)

2024年04月02日

8J TT エンジンマウントが

24040212007年式アウディTT (8JBWA) 昨年12月に交換させていただいたエンジンマウントですが、先日ご来店時にオイル漏れしているのを発見。 アウディ純正パーツなんですが、これ どういうことでしょうか。  幸い純正パーツですから1年間の保証(認証工場、指定工場で取り付けているものだけ)がありますので、クレーム申請をして代品を手配。
社外品なら こういったことが有りえますが、純正品で このようなことは初めてです。

次のパーツも要観察ですね。

エンジンオイル、オイルフィルター交換ですが、フィルターを外す前に専用工具を接続しフィルターケース内のオイルを抜き取ってから、フィルターを外します。 こうすることで、車両を汚すことなく 交換できますね。

最後に4ホイールアライメント測定、調整。
こちらは、約3年前に調整しておりますが、やはり定期的な調整が必要です。

調整後は直進性がアップしたのを体感できました。

24040222404023

evooyaji at 18:47|PermalinkComments(0)

2024年03月24日

ゴルフ8 R アライメント

24032422023年式 VW ゴルフ8 R バリアント  4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
左リアキャンバーがマイナス2度19分でしたので、まずは ここを修正。 次に左右トゥを調整し、リアは終了。 
フロントも左右トゥを調整して、出来上がり〜。


2403241



evooyaji at 16:39|PermalinkComments(0)

2024年03月09日

M2 アライメント

24030912017年式 BMW M2 (F87) 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。 BMW純正19インチホイールですから、アライメントテスターのオプションパーツであるBMW専用アタッチメントでホイールにセンサーを付けていきます。
写真2枚目の黒い棒が そのアタッチメントでホイールの穴にぴったりフィット。 そして写真3枚目のようにタイヤパターンの溝にアームが嵌り、固定します。

この車両の場合 フロントは何も問題なくいきましたが、リアが 同じようには付きませんでした。
写真4枚目のとおり、このアドバン ネオバAD09 は縦溝が少なくて、アームがセットできませんでした。 なのでリアのみBMW専用アタッチメントではなく、通常のクランプにてセット。

測定後に リアトゥ、フロントトゥを調整して、出来上がり〜。


240309224030942403093


evooyaji at 09:52|PermalinkComments(0)

2024年03月08日

Vクラス アライメント

24030812020年式MB V220d ロング 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
先日タイヤ交換したV220dとは別の車両で、連続してVクラスが入庫とは珍しいです。

どちらの車両もエクストラロングではないですが、5.1メーターオーバーですから、長いです。 
当店ドライブオンリフトから後が はみ出ています。
リアトゥ、フロントトゥを調整して 出来上がり〜。

作業前のタイヤエアーチェックで、メカニックが発見したのは タイヤのロードインデックスがXL(エクストラロード)ではないものが付いておりました。 具体的には98Wのものが付いていました。  正しいロードインデックスは 102 です。
この車両の車両重量2510Kg 、前軸重1330Kg、後軸重1180Kg、指定空気圧フロント230Kpa ですと ロードインデックス98と102での負荷能力はそれぞれ625Kg、705Kg ですから、指定空気圧のままでは、静止状態で負荷能力が足りません。
           1330÷2=665  665>625
この状態で高速走行からの急制動時には・・・・恐ろしいことです。 指定タイヤのロードインデックス 102 で ぎりぎりセーフですから。
         お客様に この内容をお伝えさせていただきました。

2403082

evooyaji at 16:13|PermalinkComments(0)

2024年02月27日

A4 メンテナンス 4

2402271長くお預かりしておりますアウディA4 そろそろ完成が見えてきました。
お客様はエンジン始動後に毎回アイドリングストップのスイッチを操作してオフにしている とのことでしたので、「コーディングでエンジンを切る時の状態をメモリーするようにできますよ(通称ラストメモリー)」とお伝えすると 「それやっておいて」とのことでしたので、診断機を接続して、こちょこちょと。 数年前までは頻繁にやっていた作業ですから、やり方を暗記しておりましたが、今回はすっかり忘れてしまっていたので、あらかじめ勉強。  メモを片手に作業となりました。

そして追加で4ホイールアライメント測定、調整をおすすめして、本日作業。

全部で5ヶ所調整しましたが、調整できないフロントキャンバーがまだ悪い状態。 といっても作業前と比べれば、相当良くなりました〜。

写真3枚目は。先日のCVTオイル交換で初めに抜き取ったオイルと最後に油量調整でオーバーフローしたオイルです。     試験管にサンプルを取りました。

あと残った作業はホイールキャップの磨き です。 これがパッドダストが こびり付いて、水洗い→鉄粉取りと進めたのですが、ほとんど取れない。 よって地道にワックス(コンパウウンド無し)で磨くと 少しずつですが、メッキが蘇ります。 あと3本分 頑張ります。


24022722402273




evooyaji at 17:48|PermalinkComments(0)

2023年12月21日

フィールダー ロワアーム交換

2312211昨日マカンのタイヤ交換をした お客様から「仕事用の車を買い替えるか、修理をするのか どちらが良いのか?」とご相談をいただき、現車確認。
当店駐車場からリフト上に移動する際、フロントタイヤが前後に3センチぐらい動いているのを目撃した私は びっくり。 これは ただ事ではないのを確信。
リフトアップして足廻りを確認するとフロントロワアームブッシュ後側が完全に千切れてグラグラ状態(左右とも) お客様曰く 前回ディーラーでの法定点検で「そろそろロワアーム交換時期ですよ」と言われたが緊急性は無いような感じ、どちらでもよい といったニュアンスだった とのこと。
私は「この状態で乗るのは危険です、早急な修理が必要です」と お伝えしました。

また車両入れ替えの場合、オーダーしても すぐに納車というわけにはいかないケースが、まだまだ多いので、一旦は修理をすることに。

修理となれば、ロワアームジョイント、タイロッドエンド、スタビリンク等ブーツが破れている部分も同時交換が必要ですから、これらも合わせて見積もり。

写真1枚目 ロワアーム新旧。

写真2枚目、3枚目 完全に千切れて2分割となったブッシュ。

写真4枚目 交換したパーツ。(ロワアーム以外)

写真5枚目 スタビリンクのブーツ、4ヶ所中3ヶ所が破れて、グリスが飛び出しております。 

2312213231221223122142312215





evooyaji at 11:31|PermalinkComments(0)