ホイールアライメント

2018年01月21日

E36、RS6、S124と続き

今日は1997年式BMW328クーペ(E36)の4ホイールアライメント測定、調整から開始。
この車両は純正ホイールですから、当店自慢のBMW専用アタッチメントにてアライメントテスターのセンサーを取り付けできます。   (写真1枚目参照)
    これを使うことにより、早く、より正確に、ホイールのリムに触れることなく作業できるんです。
リアのキャンバー、トゥを調整後、フロントトゥを調整して出来上がり。

スラスト角が0度04分から0度00分になりましたから、違いが判っていただけると思います。

続いて2台目は、2008年式アウディRS6 社外マフラーから純正に戻す作業。  こちらは、思っていたよりも簡単に作業終了。

最後は1995年式メルセデスベンツE320T (S124)オーナー様が前から悩まれていた車高について。  ついに車高を下げることとなり、昨日 問屋さん(インポーター)3箇所にパーツを手配。
すると どこも即日発送していただいたので、本日入荷。
早速リアから作業いたしました。

リアはスプリングのみの交換でRS-Rのスプリングです。   この作業前にレベライザーのアクチュエーター角度を測定し、車高も測定してから作業開始。
このレベライザーが付いている関係で、リアの足回り(ダンパー)交換の場合、選択しが少なくて困るんです。

取り合えずスプリングシムは 1年ほど前に交換済みの1本ヒゲをそのまま再使用。
ひとまずリアのみ交換完了ですが、フロントが終わりましたらレベライザーの調整も必要ですが、今日はここまで。


18012111801212






evooyaji at 19:01|PermalinkComments(0)

2018年01月06日

年始1台目は8W

2018年 年始1台目の作業は2017年式アウディA4オールロードクワトロ エンジンオイル交換から始まりました〜。
メカニックが作業している合間に 私は先日作成した エボリューションスペシャル工具のソケットを現車合わせ。

写真1枚目 エンジンオイル抜き取り中。

写真2枚目 ソケットを合わせてみると、心配していたボルト飛び出し分も 難なくクリアー。 そして {スピナーを入れても十分作業できる空間あり} を確認

写真3枚目 こちらは予定どおり 奥まで きっちりと入りジャストフィット。

         A4(8W) などアウディ最新車両の アライメント測定、調整 予約お待ちしておりま〜す。

180106118010621801063

evooyaji at 17:57|PermalinkComments(0)

2017年12月19日

500E アライメント

1992年式メルセデスベンツW124 500E 4ホイールアライメント測定、調整です。
500Eのアライメントは当店初ですが、W124は 何台も(300E、230E、E320etc)経験がありますので 大丈夫ですね。

懸念されたリアロワアームの外側ボールジョイントブーツも無事でしたので、そのまま作業を進めることができました〜。

1712191


evooyaji at 19:42|PermalinkComments(0)

2017年10月18日

プラド アライメント

トヨタ ランドクルーザープラドの4ホイールアライメント測定、調整です。
リアはホーシング、フロント ウィッシュボーンですから、スムーズに作業が進むかと思われましたが、この車両 なんと6インチ車高がアップされており、一筋縄ではいきませんね。

写真1枚目 まだタイヤ、ホイールが入荷していないとのことで、純正アルミで ひとまず測定、調整し、後日タイヤホイールが変わったら、再度アライメント測定、調整をする段取りです。

写真2枚目 フロントロワアーム位置を下げるようにキットが付いています。  
デフの位置とハブナックルセンターが合わないため、ドライブシャフトの角度がついてしまっていますね〜。
              ドライブシャフトのジョイントは大丈夫なんでしょうか?

17101811710182





evooyaji at 17:36|PermalinkComments(0)

2017年08月22日

ラングラー アライメント

当店では珍しいアメリカ車 2015年式ジープ ラングラーの4ホイールアライメント測定調整です。
「ステアリングセンターの狂いがある」 とのことで入庫いただき、測定前にメカニックが試運転すると 
「これは とんでもなく狂っています〜」 とのこと。
早速 テスターをセットし 測定すると スラスト角 34分、フロント トータルトゥ12.7ミリ    
     う〜ん これでは ステアリングセンターが狂っていても仕方が無い数値ですね。

この車両は前後ともホーシング+コイルスプリングのサス形式ですが、幸いにして この車両は社外品の調整アームが付いていますので、なんとか これで調整して、スラスト角 02分になり一安心。

ところが ここから さらなる困難が待ち構えておりました〜。
フロント トゥ調整ですが、ボールナット式で いつも やり慣れているラックアンドピニオンのようにはいきません。

またタイヤもマッドテレーンですから、素直に真っ直ぐ走ってくれないんです。

           なんだかんだで悪戦苦闘し5時間近くかかって終了。 

17082211708222 

  

evooyaji at 18:44|PermalinkComments(0)

2017年08月18日

1ヶ月後のアライメント

先月カヤバ ダンパーを取り付けたニッサン フーガ、今日は4ホイールアライメント測定、調整です。
作業前に お客様から「アライメントとらなくても 前より(ダンパー交換前より)真っ直ぐ走るようになったよ」 とのことでした。
ということは、よほど大きく狂っていたのが、ダンパー交換で偶然ちょっと良くなったようですね。
メカニックによる 今日の作業前試運転では、「フラフラしてステアリングが落ちつかない」といっておりました。

早速測定してみると スラスト角が悪いので、片側のリアトゥを調整し、フロントは左右トゥを調整して完成。

           作業後の試運転で 随分 しゃきっとしました。
これだけ変われば(変化があれば)良くなったのを体感していただけることでしょう。

17081811708182

evooyaji at 21:46|PermalinkComments(0)

2017年08月04日

驚きの数値

某正規ディーラーさんからの依頼でVWザ ビートル 4ホイールアライメント測定調整。
事故で板金修理が出来上がったところ 「目視でタイヤの向きが おかしいのでアライメント調整で治してほしい」との ご要望。
この時点で 私の答えは「ぱっと見で向きが おかしいほどであれば 何処かパーツが曲がっている可能性が高いですよ・・・」とお伝えしましたが お客様は車両保険に入っていなく、また できるだけ安く修理したいとのこと。
ここから 色々と相談させていただき、とにかく一度測定してみることに。

試運転してみると ステアリングセンターが左に12〜13分ずれています。
これは これは相当に狂っていること間違いなし。

車両にテスターをセッティングして測定してみると 写真1枚目のとおり。
左後トゥ-35.7ミリ  スラスト角-1度24分 と驚きの数値。   当店での最高記録更新でしょうか? (おそらく今までの記録は この車両です)
この車両はリア トーションビームではなく、リア マルチリンク車ですから
現在のトゥ調整用偏心カムを見ると 幸いにして真逆を向いています。 これなら180度調整し 最大の調整が出来るのを確認。
さらにキャンバーも調整。  右後トゥはメーカー基準値ぎりぎりまで合わせこみ スラスト角を-0度07分に。

この数値なら まあ なんとかなるか といった感じですね。
           私の希望は パーツ類の交換をして 完璧を目指したいところですが・・・・。


1708041


evooyaji at 19:29|PermalinkComments(0)

2017年06月04日

昨日から

昨日は作業が続き
3台目は2017年式BMW 118d Mスポーツ(F20) エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。  (写真1枚目)
予定では この後 4ホイールアライメントでしたが、急遽 ご友人の車両と入れ替えとなりました。

その 本日4台目の車両はBMW M3 (F80) 当店初入庫の車両でアライメントテスター内にデータがありませんでしたが、こちらの車両はテスターメーカーのデータバンクに数値が有りましたので、即対応。

リアのトゥ調整が やり難い所に付いていますが これも 慣れ の問題でしょうか。
               それにしても カーボンルーフが美しいですね〜。

17060341706035


evooyaji at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月13日

ゴルフ5 色々と

随分前にダンパー交換させていただいた2008年式VWゴルフ5GTI 6M/T
今日は延び延びになっていた4ホイールアライメント測定、調整に加えてエンジンオイル、オイルフィルター交換、ワコーズ レクスの施工と盛り沢山。

写真1枚目は、ワコーズRECS 施工中。   接続が終われば、あとはアイドリングで液剤を吸い込んでいくのを見守るだけ。

写真2枚目 その前の段階で、エンジンカバー兼エアクリーナーケースを外すとエアーパイプの亀裂を発見。
ここは、このエンジンで よく割れるところですね。
当店でも3台ぐらい?交換歴があります。   このパイプDSGと6M/Tで違いますので 要注意。

                       次の整備メニュー決定です。

17051321705131



evooyaji at 18:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月29日

ソニカとゴルフ

今日の作業は、ダイハツ ソニカのダンパー交換から。
この車両は以前にもダンパー交換させていただきましたが、それから8万キロ走行され、現在走行距離 19万5千キロ。
なので、2回目のダンパー交換となりました〜。
用意したのは 前回と同じ カヤバ ニューSRスペシャル。  この商品、メーカー欠品中とのことで、納期が{5月末から6月初め}とのことでしたが、何故か 先日入荷しました。
    まあ、遅れるのは困りますが、早くなったので よしとしましょう。

写真1枚目 同時に用意したダイハツ純正パーツのフロントアッパーマウント。 左が外したもので 右が新品。 比べると 随分潰れています。    これとは別で再使用不可ナット4個も用意。

写真2枚目 フロント組み換え終了。  バンプラバー兼ダストブーツについては、前回は交換しましたが、今回は再使用。

リアは、とても簡単な構造ですが、予期せぬアクシデント。   片側のダンパー下側のボルトが錆びたようで固着しており、全く外れません。 仕方なく本日は中止。  
                 後日ボルト、ナットを用意して 仕切りなおしとします。

本日2台目は、2016年式VWゴルフ7 コンフォートライン エンジンオイルとオイルフィルター交換。
新車から5000キロ走行となりましたので、交換しましたが、何事もなく スムーズに終了です。 
作業後 ホイールアライメントが気になるので・・・とのこと。  
私が試運転させていただくと 左コーナーは曲がりやすいく、右コーナーは曲がり難い。 直線で加速すると 少しだけ左に流れる感じでした。 スラスト角が悪い気がしますので、そうだとリアトーションビームですから調整が出きないから・・・・・。

お客様に お伝えすると 「今からアライメント調整して」と。
早速 測定してみると 私のインプレッションどおりの数値でしたので、なんだか嬉しくなってしまいました。

でも 予想のとおりリア スラスト角を どうにかしないと。
構造的にはゴルフ4、ゴルフ3とそっくりなので、同じ要領で何とかなるだろうと やってみましたが、全くダメ。

色々トライしましたが、最後は 写真3枚目の状態で プラス調整をチョコチョコと。
数値は、0度09分から0度02分となりました〜。
たった7分 と思われるかもしれませんが、走った感じ(走行フィーリング)は、これが 大きく違います。

この数値になれば、私の感覚では、左右のコーナーフィール差が ほぼ判らなくなりました。

170429117042921704293



evooyaji at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)