ホイールアライメント

2018年11月14日

これは見かけよりすごい

写真の専用工具(SST)を購入しました。
アルファロメオ ジュリエッタの4ホイールアライメント調整をする際にリアトゥ調整に使うものです。
何でもないよううな形ですが、これ とってもよく考えられているんです。

イタリアからの取り寄せで約1ヶ月を要しましたが、これでリア調整が微調整しやすくなりますし、作業時間も短縮されます。

こんな写真をアップしても 何のこっちゃ?ですね。  今度は使っているところの写真をアップしたいので、ジュリエッタのアライメント測定、調整 ご予約お待ちしておりま〜す。

18111411811142



evooyaji at 12:34|PermalinkComments(0)

2018年11月10日

E36 アライメントで

1998年式BMW 318iS E36クーペ 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
いつものようにメカニックによる試運転から始めます。
     帰ってきたメカニックから「ステアリングセンターが狂っているのが気になる〜」とのこと。
センサーをタイヤに固定し、測定してみるとフロントトゥが左はプラス3.2ミリ、右はマイナス2.4ミリですから納得。

リアから調整していきますが、リアキャンバー調整用のボルト、ナットがサビサビになっているのが目の前に。
なんだかやな予感がしますが、これなら何とかなるでしょう。

次は写真1枚目の リアトゥ調整。  ここの調整は 微調整がやりづらいですが、何度か調整を繰り返し、スラスト角ゼロにできました〜。  これでリアは終了。

フロントはトゥ調整のみなので、簡単にいくはずが・・・。
写真2枚目、3枚目のとおり、タイロッドエンド固定ナットを緩めますがねじ山がサビサビで固着。しかもインナータイロッドの13ミリ6角は なめてしまっており、丸になっています。 このすぐ横には、丸棒部分を無茶な工具で無理やり掴んだ痕があります。
最終手段で バーナーで炙ってもダメ。  全く動く気配なし。  
                       仕方なく作業中止としました。
次はパーツを用意しておいて、インナータイロッドから外側を総取替えで挑むしかないようです。


181110118111021811103




evooyaji at 12:30|PermalinkComments(0)

2018年09月22日

S3 8V アライメント

2016年式アウディS3 スポーツバック  2ヶ月半ほど前の6月末に オーリンズ特注ダンパーを取り付けた車両。   予定よりも 遅くなってしまいましたが、最終仕上げの4ホイールアライメント測定、調整を行いました。

20段減衰力調整は、10段目が お気に入りとのことで、セッティング(減衰力の設定)は、ばっちり上手くいったということですね。  特注品は、ここが一番難しいところでありますので・・・。

同じ車両のオーナー様でも 好みは まちまち。 出来るだけ多くの要望等をお聞きして、製作するオーリンズさんに伝えるのが 私の仕事。

よく このブログで書いていることですが、オーリンズ20段の設定は、上から下まで均等割りではなく、1〜3段目、18〜20段目の上下端は、1段での変化量が多く(減衰力が大きく変わる)、それに対して中央付近(10段目等)は1段での変化量が少なくなっております。  これにより、微調整が可能となるのです。

          アライメント調整は、リアキャンバー、トゥ、からフロントトゥと調整し、完了です。



evooyaji at 10:08|PermalinkComments(0)

2018年09月15日

BMW M2 アライメント

2018年式BMW M2 4ホイールアライメント測定、調整の ご依頼。
まだ 走行800Kmの車両ですが、測定結果は、調整箇所6箇所の内、5箇所を調整することに。
リアトゥのアルミ製アームのブッシュが大きいため、調整しずらいこと。  セオリーどおり 0G状態で調整し、1Gで車体をよくゆすり、測定。  これを何度も何度も繰り返して、誤差を少なくしていく、地道な作業。
でも この ひと手間で 仕上がりが変わってきますから。

           BMWさん ここのブッシュを もう少し小さくしてくれるとベターなんですが。

でも お客様に教えていただいたことですが 「M2 コンペティションだと ここがピロボールになって・・・」と。
私は、ストリートカー(ナンバー付き車両)にピロボールを使うのは どうか? と思うので・・・
 ピロはやり過ぎですから、ブッシュを硬く、小さくなればOKと思ったのでした。

調整後は、お客様が気にされていた 右流れがなくなり 真っ直ぐ走るようになりました。





evooyaji at 19:28|PermalinkComments(0)

2018年05月16日

アクセラ アライメント

平成26年式マツダ アクセラ 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
車高調整キットを取り付けられて、車高が かなり下がった状態となっております。  まずは、最低地上高の測定から。   
ドライブオンリフト(タイヤが接地した状態のままリフトアップできる)がありますので、簡単に測ることができますね。
一番低いのはフロントメンバーで100ミリでしたので、このまま続行。
メカニックによる試運転でハンドルセンターに狂いあり。
測定の結果リアトゥ、フロントトゥ4箇所の内、3箇所を調整し、完了。

欲を言えばリアキャンバー角が調整できると良いのですが、純正アームには調整機構はありませんから、仕方ないです。 



evooyaji at 15:51|PermalinkComments(0)

2018年04月27日

Ruf Br4 アライメント

1804271 1991年式Ruf Br4 4ホイールアライメント測定、調整と車高のアップで ご入庫いただきました。
前後とも車高が低すぎるので前10、後15ミリ上げることに。
フェンダーとタイヤのクリアランスを見ると、かなり低いですが、最低地上高は120ミリと いたって普通。
でも フロントスプリングが 遊んで しまっていますから、これはNG
2時間ほどかけて 目標どおりの数値にしてみると、何だか前上がりで・・・。

また調整し、フロントを5ミリほど戻して(下げて)みると 良いではないですか〜
                           この状態で もちろん フロントの遊び もなし。

アライメント調整は、リア バナナアーム部の調整が曲者で 随分慣れてきましたが、それでもやり難いです。

最後にフロントローターの品番確認。  ドリルホール廻りに無数のヘアークラックが入っておりますので・・・。
Ruf コンプリートカーは、一筋縄ではいきませんね〜
外径、厚みから993ターボ用又は993RS用だと判断できますが、パーツリストを見ると この2車種は同サイズですが、品番も価格も違っております。
何処が違うのか?  調べても 私には判りませんでした。     社外品メーカーの適合表を見ると どちらの車種も同じ品番となっており、共有されています。  でもポルシェ純正は 明らかに違いますから・・・
ここは、突き詰めたい。
  
         チョークを使って現品から 何とか品番を読み取ることに成功。
                                            ふ〜ぅ すっきりしました。




evooyaji at 09:58|PermalinkComments(0)

2018年04月26日

S4 錆びと格闘

18042612010年式アウディS4 (8K) 写真1枚目のパーツ交換です。  4ホイールアライメント測定、調整の前に錆びてしまったボルト、ナット等を交換してから 作業を進めることに。
また右リアのセンサーは錆びついて折れていて、PCでの診断でフォルトも入っておりました。

リアサスペンション系に かなりの錆びが発生しておりましたので、この作業となりましたが、まあカバー等の脱着、錆び取りと磨き、シャーシブラック塗布までで3.5時間ぐらいあれば出来るであろうと見積っておりましたが、実際は5時間。 ここからアライメント測定、調整が終わったのが閉店間際。
今日は朝から晩までで この1台に没頭。

や〜あ、これは参りました。   私の予想を遥かに超える 錆び でした。
                          よい勉強になりましたね〜。

写真2枚目 樹脂カバーを外したところ。 このカバーを外すのにも苦労し、結局樹脂クリップをドリルで揉んで切り取りました。
写真3枚目 錆び部分をアップで。
写真4枚目 大まかに錆びを剥ぎ取り 2箇所でこの量です。
写真5枚目 錆びのケレンを繰り返し、シャーシブラック塗布1回目。

1804262180426318042641804265



evooyaji at 22:26|PermalinkComments(0)

2018年04月25日

今日からアライメント3連続

2008年式VWパサート ワゴン 4ホイールアライメント測定、調整で お預かりしました。
左後が 酷い片減り(偏磨耗)とのことで、試運転では びっくりすることに。
雨の中の走行でしたが、40Km/hを超えると 恐ろしくて、これ以上加速できない状態。  そしてハンドルは10分以上左に切った状態での直進。
これだけで、左後のトゥアウトは 相当なものだと確信。  右折は 大きく減速しないと危険ですね。

スタッドレスタイヤが あっという間に ツルツルになったとのことですが、なるほど納得。

測定結果は、左後トゥ-30.2mm、右後トゥ-1.7mm、スラスト角-1度09分と なかなか お目にかかれない数値でした。
でも 幸いにして トゥ調整用偏心カムは、正反対の位置にありましたから、何とかなりました〜。
これが 中心位置だったらアウトでした。
                 調整後は みごと、スラスト角ゼロとなりました。

         明日も明後日もアライメント調整のご予約をいただいております。  
                   皆様 ありがとう ございます。

evooyaji at 19:22|PermalinkComments(0)

2018年04月24日

プラドとQ5

トヨタ ランドクルーザープラド 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
昨年の12月にもアライメント作業をさせていただいておりましたが、今回フロントアッパーアームを社外品に交換されたとのことで、再入庫。
6インチほどリフトアップされて キャスター角が大きく狂った(少なくなった)のを、今回のアッパーアームによって 修正するのが このアームの狙いのようです。

数値は、前回左1度14分、右0度55分が、アーム交換によって左3度29分、3度18分と劇的に改善。
スラスト角については、前回-0度16分からゼロに合わせましたが、今回-0度05分となっておりましたので、再度ゼロに。
今回は調整が少ない(微調整)ので、次は 狂うことなく今の状態をある程度の期間維持できると思います。


2014年式アウディQ5 バッテリー交換で ご入庫いただきました。
アイドリングストップ装着車ですからAGMタイプが必要となります。  いつものバルタAGMにて対応。
メモリー用サブバッテリーを接続しながら交換し、最後の仕上げに専用診断機によるバッテリーメーカー、容量、品番等を入力するとリセット完了となります。
      この作業を忘れると バッテリー過充電の恐れがでますので、必ず必要です。

18042411804242



evooyaji at 20:13|PermalinkComments(0)

2018年04月22日

ラパン タイヤとアライメント

1804221平成24年式スズキ ラパン ショコラ  タイヤ交換と4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。 選んでいただいたのは、ヨコハマ ブルーアース AE01 サイズは155/65-14 です。
このあたりのサイズですと とっても軽いので、ハメ替え作業が 楽で助かります。 

アライメントについては、調整箇所がフロントトゥのみのです、なのでスラスト角が悪いと 困ってしまうよな〜と思っていましたが、測定結果-0度02分とグッドでした。
フロント トゥ片側を調整して 完了です。



evooyaji at 18:53|PermalinkComments(0)