サスペンション

2021年09月10日

ハイエース キャンパー 車高を

2109101令和3年式トヨタ ハイエース キャンパー GDH226K改  この車両はハイルーフなのですが、お客様から「ガレージにルーフが擦れながら出入りしているので、車高を1インチぐらい下げたい」と連絡いただきました。 この車両の前車も 全く同じ仕様の車両だったそうですが、その時は ぎりぎり当たらなくて、車両が1年新しくなったら、当たって(擦って)しまうそうです。

ということで、クスコ製ダウンブロックキット(1インチダウンキット)とリヤバンプストッパーを用意して、作業開始。
リフトアップ前に工場内2階倉庫からルーフを確認すると 車両中央付近から後端まで擦った跡あり。

私は あらかじめ整備書から各部の締め付けトルクを調べておいたのですが、商品が届き このキットの取説を見ると、必要な個所のトルクが明記されておりました。
                とっても親切なこと。  
こういったところからメーカーさんの姿勢といいますか、拘りといいますか、真面目なところが見えてきますね。

2109102

evooyaji at 11:10|PermalinkComments(0)

2021年08月24日

TT-S ザックス車高調整

21082422014年式アウディ TT-S (8J) サスペンション系の交換で ご入庫いただきました。
選んでいただいたのはザックスのパーフォーマンスコイルオーバーキットです。

合わせてアッパーマウント、ベアリング、再使用不可ナット等を用意。 リアアッパーマウント以外は全てアウディ純正パーツとしました。

それと この車両はマグネチックライド付き車となりますので、イシカワエンジニアリングさんのiSWEEPキャンセラーとオプションの防水カプラーもセットで用意。

写真1枚目はフロント新旧。 ザックスダンパーはショートケースとなっております。

写真2枚目 右前ダンパーに刺さっているマグネチックライドのカプラーを外すと、オイル漏れあり。
この症状は 初めて見ましたが、カプラーからECU側に毛細管現象でオイルが回ってしまうと怖いです。 見えている部分は丁寧に洗浄して キャンセラーと繋ぎました。

写真3枚目はリア新旧。 アッパマウント上側の樹脂製キャップもマグネチックライド無し車用を用意。

写真4枚目 最後に右リアの作業にかかるとドライブシャフトが 写真のとおり。 小さな傷等から水が塗膜の下側に入り込み、塗装が浮いていました。

写真5枚目 浮き上がった塗膜を剥がして(捲って)いくと、こんな感じで ほぼ全体にわたっておりました。  このあと シャーシブラックを塗布しておきました。
                                   明日に続く

2108241210824521082432108244



evooyaji at 11:50|PermalinkComments(0)

2021年07月18日

964 サス リフレッシュ 4

ついに964の作業最終日となりました。 
前後の車高調整を繰り返し、最後の作業、エンジンオイル、オイルフィルター交換。
入庫時に追加をいただき、フィルターもドレーンガスケットも当店在庫がありましたので、即対応可能でした。 使用オイルは、もう一台の964で使っていただいて好評だったモチュール300Vコンペティションです。

evooyaji at 17:46|PermalinkComments(0)

2021年07月17日

964 サス リフレッシュ 3

2107171まだまだ続きます964 C2 フロント、リアともABSセンサーの配線の途中にあるグロメットが砕けていたり、無くなってしまっておりますので、ここをスマートに対策。 ポルシェのパーツリストで検索しますとグロメットのみは供給されておらず、ABSセンサーASSYとなります。  これでは あまりに高額なので、某メーカーのパーツリストからグロメットの内径、外径とも合いそうなものをピックアップ。 この作業 地味〜に4時間ほどかかったでしょうか。 数種類の中から金額、在庫状況を考えて選び出した2品です。

ちなみに両方とも国内在庫無し、本国在庫有りでしたので、バックオーダーしておりました。

写真1枚目 グロメットが砕けて、ステーに止まっていません。

写真2枚目 正しく固定できました。  ぱっと見 純正ポイ感じになりました。

写真3枚目 フロント特注ダンパーの減衰力調整ダイヤル(ブルーのノブ)とグロメット2ヶ所です。

写真4枚目 作業中に見つけたエアコンコンデンサー前のゴミ。 苦労して取り出しましたら、吹き出し口温度が下がりました。  これだけ大量に溜まると、コア2段分ぐらい塞いでしまっていましたので、効率アップ間違いなし。    ゴミの内訳はスポンジ、虫、枯れ葉、紙などなど。

写真5枚目 エアクリーナーですが、2007年製のもので、ペーパー部がパリパリで、一部潰れているところもありましたので、追加で交換をおすすめし、受注。 今度のクリーナーは2020年製となりました。

2107172210717321071742107175

evooyaji at 17:35|PermalinkComments(0)

2021年07月16日

964 サス リフレッシュ 2

2107162昨日からの続き作業となります964カレラ
今日からフロントに移ります。 
写真2枚目 リアと同じようにスタビのカマボコブッシュ、リンク交換から開始。

写真3枚目、4枚目 ステアリング系も行っていきます。

写真5枚目 外したダンパーとエナペタル製特注ダンパー。 ビルシュタインの既製品 B6 ですと車高調整範囲の一番下でも純正車高にならない(純正よりも車高が上がってしまう)との情報でしたので、これを回避するために特注品としました。 これには 色々と拘りを詰め込み、ショートケース加工、減衰力12段調整式などなど。
元々の純正ダンパーはストローク不足で、バンプラバーを多用する設計なんです。 RSですと10ミリショートケースになるのですが、これでも(RSは車高が低いため)ストローク不足。
ということで、RS用よりも さらにショートケースにいたしました。 そして車高調整用ネジも下側に増やことも行っております。  これで有効ストロークが確保できましたので、ビルシュタインの性能が いかんなく発揮できますね。


2107161210716421071632107165


evooyaji at 17:14|PermalinkComments(0)

2021年07月15日

964 サス リフレッシュ 1

21071511992年式ポルシェ911カレラ(964)ティプトロニック サスペンション系のリフレッシュ作業のご依頼。 ショックアブソーバーのバンプラバーが4ヶ所とも砕けてしまっているのを発見したので、まとめて今回の作業となりました。

リアから作業開始。 写真2枚目 スタビライザーのカマボコブッシュ、リンクなども合わせて交換。

続いて写真3枚目 リアダンパー(ショックアブソーバー)系のパーツ。 アッパーマウント、バンプラバー、ダストブーツなど。

写真4枚目 外したダンパーと用意したビルシュタインB6 ダンパーです。 B6ですが、964用は純正が車高調整式のため、ビルシュタインも車高調です。 外したダンパーのバンプラバーは無くなっており、ダストカバーも3分割?4分割?になっております。

写真5枚目 組みあがったリアダンパー。 バンプラバーの一部がスプリングの隙間から見えています。

この車両はワンオーナーは もちろんのこと、約30年間 雨天未使用とのことで、ボディーも下廻りもピカピカ。        すばらしいコンディションです。

2107152210715421071532107155

evooyaji at 15:50|PermalinkComments(0)

2021年07月03日

F36 H&R 車高調 取付

21070312014年式BMW 435 グランクーペ サスペンション交換で ご入庫いただきました。
5月中頃に ご注文いただきましたが、ご指定のH&Rコイルオーバーキットは国内在庫が無く、本国発注。 先月末に入荷しましたので、早速取り付けとなりました。

写真1枚目 用意したパーツ一式。 フロントのアッパーマウントのみ社外品を使いましたが、他はBMW純正品です。
社外品は安価ですが、品質が悪いものも多く出回っていますから、信頼できるメーカーで、信頼できる仕入先から入手可能な場合のみ選んでいます。

写真2枚目 フロントの新旧。 H&Rは 真面目に作りこまれており、フロントダンパーは倒立式を採用し、ショートケースにも なっております。

写真3枚目 フロント取り付け。 

写真4枚目 リアダンパー新旧。 こちらもショートストロークになっています。

写真5枚目 リア取り付け。


2107032210703321070342107035


evooyaji at 17:43|PermalinkComments(0)

2021年03月21日

A4 ARQ 8W

21032112017年式アウディA4 オールロードクワトロ (8WCYRA) サスペンション系のリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。
この車両は、2年ほど前にも同じ作業をさせていただいておりますが、それから3万5千キロ走行し、また同じ作業をご依頼いただき、今回の入庫となりました。
前回と違うのは、フロントアッパーアームブッシュが増えたことぐらいです。

ショックアブソーバー、アッパーマウント、バンプラバーなどなど前後一台分、全てアウディ純正品です。 写真1枚目 フロント一式です。 再使用不可のナット等も用意しております。
もとろんリアも同時交換したのですが、写真を撮り忘れてしまいました。

写真2枚目はフロントアッパーアームブッシュ4個所。 こちらは、当店初のブッシュのみ交換でした。 いつもは迷わず アームASSYで交換しておりますが(先端のボールジョイントがアームASSYでないと交換できないため)今回は、年数経過が少ない(比較的新しい車両のため)ので、ブッシュのみをおすすめしました。 一方ブッシュは、写真のとおり、左右各1ヶ所は亀裂が入ってしまっていました。

写真3枚目 用意したパーツは品番変更はありませんがゴム部の形状が変更されており、何らかの対策がされた模様。 写真で 確認できますでしょうか。

写真4枚目 リアスプリングのブッシュ上下。 上側が新品で、下側が外したもの。

アームを脱着して、ブッシュ交換を行いましたので、最後に分解整備記録簿を記入し、当店とお客様で保管となります。


210321221032132103214
  

evooyaji at 19:06|PermalinkComments(0)

2021年02月10日

ヴォクシー ブッシュ交換 2

昨日からの続き作業で、今日は外したスプリングを戻したり、その前の錆止め(シャーシブラック)を塗布したり、リアデファレンシャルサポート(以下サポート)を交換したりと進めます。
このサポートについては、ブッシュのみの部品供給はなく、アルミのブラケットと一体のみでした。

写真1枚目 リアアクスルビームの錆。  スプリングが付く前に塗装すれば、やりやすい所だけ、まず手をつけます。

写真2枚目 はい、塗装できました。 残りの部分はスプリングを付けてから、ゆっくり塗装することに。

写真3枚目 外したサポートのブッシュは御覧のとおり。 車両に付いた状態だと もっとクラックが見えていました。

まだ、色々と細かい作業が必要なので、もう ちょっとがんばります。 


210210121021022102103

evooyaji at 19:07|PermalinkComments(0)

2021年02月09日

ヴォクシー ブッシュ交換 1

2102091平成14年式トヨタ ヴォクシー4WD  前回の入庫時にリアアクスルビームのブッシュ左右とリアデファレンシャルサポートのブッシュが千切れてしまっているのを発見。 写真撮影して お伝えしました。
それを持って、直ちにトヨタ ディーラーさんに入庫されたそうですが、出てきた見積もりは63万円オーバーで、「これなら新車を買った方がよい」と、強くすすめられたが どう思う?と再度ご来店。

内容を確認すると、リアアクスルビームもリアデフもアッセンブリーで丸ごと交換の内容でした。
この車両は年式は古いですが、走行距離は5万キロですから、この内容では あまりにも勿体ない。

ここから色々な方面で調べたり、問い合わせをしたりと時間がかかりましたが、結局 当店でブッシュのみ交換をすることとなりました。
写真1枚目が用意したパーツ。 ダンパーはカヤバNEW SRスペシャル、これ以外は全てトヨタ純正品。 写っていませんが、リアデフ、トランスファーの2か所オイル交換もいたします。

写真2枚目 リアアクスルビームから外したリアアクスルキャリアブッシュ。 こんな具合に千切れています。  付いた状態で1Gですと もっと酷い状態に見えます。

写真3枚目 新品ブッシュが付きました、こちらは外側です。 抜き取るのも入れる(圧入する)のも苦労しました。  ブッシュは約4500円/1個ですが、2個交換するのに丸1日です。 
ディーラーさんがアッセンブリーで丸ごと交換をすすめるのも、判る気がしますが、それでも・・・。 

写真4枚目 新品ブッシュ 内側から撮影。 ここのボルト、ナットの締め付けは1G状態で締めます。
                   明日に続く。

210209221020932102094




evooyaji at 18:47|PermalinkComments(0)