サスペンション

2017年03月21日

ここは錆びますね

先日ダンパー交換をした2008年式VWゴルフ5 リアの作業時にロワアームが 酷く錆びていましたので処理をしておきました。
ゴルフ5系の この部分(リアロワアーム)端部については、よく錆びるようで、しっかりと防錆していないとダメですね。  それにしても この車両は写真1枚目のとおり、端部から錆びが回り込むように進行していました。

錆びをケレンして シャーシブラックを塗布しましたので、これで しばらくは良いでしょう。

17032111703212



evooyaji at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月25日

S4 リアダンパー交換

2005年式アウディS4 リアダンパー交換です。
この車両は 2012年4月に当店でアラゴスタ車高調整キットを付けていただいておりましたが、そこから約5万キロ走行。
今回 「乗り心地が悪いので・・・」と入庫いただきました。
リフトアップして確認するとダンパーからオイル漏れあり。
これはオーバーホールするしかないですね。
アラゴスタのメーカーHPでは オーバーホール時期について 街乗り中心の場合1.5万〜2万キロ/2年に1度 
となっておりますので、寿命ですね。
オーバーホールにかかる期間は、約1ヶ月 とのことでしたので、その間 なんらかのダンパーを付けておかないと車をリフトから出せなくなってしまいます。
ところが、外したダンパーは無いので、どうするか オーナー様と相談。

私の提案は、―秬汽螢▲瀬鵐僉爾涼羝塗覆鮹気靴胴愼
▲螢△里潺咼襯轡絅織ぅ鵐轡隋璽肇瀬鵐僉漆敬覆鯲彁に付けておく

でしたが、オーナー様から 「序なので、前後とも新品の車高調整キットに買い換えるというのは・・・」 と。

すぐさま ではオーリンズで特注品をと ご案内し納期、価格を調べることとなりました。
数日後オーリンズの納期が約3ヶ月とのことで、オーナー様は 「そんなに待てない・・・」
よって 当初の▲咼襯轡絅織ぅ鵐轡隋璽肇瀬鵐僉漆敬覆箸覆蠅泙靴拭

昨日 パーツが揃いましたので作業開始。
写真1枚目 外したアラゴスタ左リアダンパーと新品ビルシュタインショートダンパー

写真2枚目 オイル漏れがよく判りますね。

写真3枚目 右リアの作業でフェンダーインナーライナーを外していると ビスと一緒に樹脂製ナットのネジ山部分も取れてきてしまいましたので、即注文し 本日届きました。  使用するのは1個ですが、2個発注。
1個は当店の在庫とするためです。


    今度の火曜日は臨時休業となります。 従いまして月曜日、火曜日と連休です。 
よろしく お願いいたします。

170224317022441702251


evooyaji at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月04日

ゴルフ4 R32 アッパーマウント

数日前の作業ですが、VWゴルフ4 R32 アッパーマウントの交換です。
ステアリングをきると ギシギシと異音がしている状態。
また ボンネット内のプレートとボディの隙間は、かなり開いた状態ですから 相当アッパーマウントが潰れているのが解ります。(写真1枚目)

そもそも ことの発端は、ビルシュタイン車高調整キットのO/Hをしたそうですが、 その際交換したアッパーマウントが社外品で、すぐに異音が出始め、クレーム交換してもらった そうですが、2個目も また社外品で 同じことの繰り返し。
困り果てた お客様は、当店に依頼していただき、作業となったのです。
当店では、この部分のアッパーマウント、バアリングは絶対にVW純正品のみを使います。

これには、ちゃんと理由があるのです。

写真2枚目 右が用意したVW純正新品、左が外した社外品。 変わった潰れかたをしたため、ベアリングが上手く機能しなくて(回らない)ベアリングとアッパーマウントが削れながら 動いていたもよう。
よって、アッパーマウント内部の金属が露出し、ベアリングと削れる音(ギシギシ音)を出したのでしょう。


16072711607272



evooyaji at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月06日

5R32 整備色々とPart3

長く お預かりしておりますVWゴルフ5 R32  本日はKONI FSD の取り付け。
写真1枚目のリアから作業開始。
用意したのは、FSD以外にアッパーマウント、バンプラバー、ダストブーツ、そして再使用不可のナット。
アッパーマウント以外はすべてVW純正品です。

実は数日前に作業を進めるべく パーツの検品をしていると合わないパーツを発見。  
これは、私の発注ミスです。   バンプラバーを拘って 他の車種のものを使うため用意していたのですが、この組み合わせで 上手くいかない所があり、再度パーツの手配(ダストブーツ)をしました。
それにより 作業が本日になってしまったしだいです。

でも すべての組み合わせが 私の考えたとおり 上手くいきましたよ〜。

写真2枚目がフロント。  こちらは、私の希望するバンプラバーが在庫がなく、入荷待ち となっていましたが、やっと入荷しました。   

フロントで特に要注意なのが アッパーマウントとベアリングです。   このベアリングは よく不良となるものが多いです。  なので、当店では 絶対にVW純正品以外使いません。
      社外品で 極端に耐久性の悪いものが 沢山出回っているからなんです。

16050721605071

evooyaji at 13:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月05日

マーチにオーリンズ

今日は 長男のニスモ マーチS にオーリンズ車高調整キットを取り付け。
製品選びにあたり 初めからオーリンズ製には決定していましたが、
この車両の場合、オーリンズ製のキットでニスモからもリリースされており、オーリンズ本家製か どちらにするか迷っていました。
ニスモ製とオーリンズ製の違いは
バネ フロント5キロ リア5キロ に対して フロント8キロ リア4キロ
減衰力 フロント293/36  リア113/42 に対して フロント173/32  リア76/33 いずれも7段目

決め手は ニスモは{取り付け料込みの設定のみとなり、最寄のニスモファクトリーへの車両持込が必要} とのことで、却下。
よって、オーリンズ(ラボカロッツエリア)から購入することに。
幸い 当店はオーリンズ販売店となっておりますので、直接入ってきますので好都合。

そのまま既製品を注文するのも おもしろくないと思い、色々と打ち合わせ。
減衰力を設定変更するか?  バネを変更するのか?
10分ほど悩み、フロントのバネだけ6キロに変更することに。

この連休前(4/27)にオーダーし、 納期は10日から2週間 とのこと。  まあ、これぐらいの期間が必要なのは いつものこと。
すると5/1に入荷。  あれ、予定よりも随分早い?   まあ、早いのは 善しとしましょう。

早速 長男と検品してみると、あれバネが入っていない。   

2日に電話をし、すぐに発送してもらい、3日に無事入荷。 
本日作業を始めて、また問題が。

リアから作業を始めましたが、取り説、金属製のカラーとともに {同梱部品一覧表}が入っていましたが、内容がまるで違う??? よ~く見ると これGD1/GD3 FITとなっています。
また電話して・・・

ラボカロッツエリアさん 扱っている商品は非常に良いものですが、扱う人が よたよたです。
               もっと しっかりして下さいな。  昔は こんなんではなかったが・・・。

写真1枚目 リア完成。
写真2枚目 フロント左側。 あとはスタビリンクを付けたら完成。

16050611605062 

evooyaji at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月08日

ゴルフ7GTI サス交換

2016年式VWゴルフ7 GTI スプリング交換です。
アイバッハ、H&R、COX等 数ある中からCOXに決定。

この車両は、DCCパッケージ付きですから ダンパー交換をする場合はDCCキャンセラーが必要となりますが、今回は スプリングだけの交換ですから キャンセラーは必要なし。

用意したのは、スプリング以外には 再使用不可のナットのみ。  ボルトは再使用としました。

一番気になる 車高の下がり具合は、前後とも約15ミリダウンとなりました。  正確には元々の左右差がフロントで3ミリ、リアで5ミリありましたが、交換後は、それぞれ2ミリと3ミリに改善しました。

7GTIの車高については、2015年式DCCパッケージなし車両、2015年式DCCパケージなし、レザーシート付きと この車両を比べると、この車両のみ車高が高い状態でした。
未確認ですがDCCパッケージ付きは、なし車両よりも車高が高いようです。  


1603081

evooyaji at 19:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月03日

A3 ビルシュタイン

2009年式Audi A3 1.8 (8P)サスペンション交換です。
2種類の見積から選んでいただいたのは、ビルシュタインのB12 PRO-KIT です。
いつものようにアウディ純正のゴム系パーツも同時交換いたします。

写真1枚目 用意したパーツ。 これ以外にフロント用の再使用不可ナット2種類もあります。 (アッパーマウント、ベアリングが1個なのは、すでに片側交換後だから)
リアのアッパーマウントとバンプラバーのみ社外品としました。

写真2枚目 フロント交換後。  フロントダンパーはビルシュタイン定番の倒立式ですが、この品番のキットには例のブルーダストブーツは付属されていませんので、純正品を再使用となりますね。

写真3枚目 作業完了。  上品に下がりました〜。  フロント26ミリ、リア17ミリダウンとなりました。

        あとは、約1ヶ月後の4ホイールアライメント測定、調整を残すのみ。

160303116030321603033



evooyaji at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月26日

アルファ 4C サスペンション2

先日作業のアルファロメオ 4C フロントサスペンション交換
写真1枚目 ビルシュタインと純正ダンパー

写真2枚目 フロントダンパー交換後。  車高調整のリングが ちょうどアッパーAアームの所となり、超〜やりにくいです。
アッパーAアームのすぐ下にカーボンボディが見えています。    かっちょえ〜。

写真3枚目 フロントキャンバー調整は、ロアAアームの付け根  これまた シム式ですね。 厚みは、何種類ぐらい設定があるんだろうか?

160224516022471602246  

evooyaji at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月24日

アルファ 4C サスペンション

1602241いつもお世話になっている お客様が増車され、乗ってこられたのはアルファロメオ 4C
早速サスペンション交換です。 
ビルシュタインB16 で 減衰力10段調整付きの車高調整キット。
 
この4Cは 当店初入庫、初作業のため 前もって下見させていただき、本日作業開始。

下見前は、ダンパーを止める場所がカーボンボディ直接だと 締め付けトルクの管理が難しそうで 心配しておりましたが、下見の結果 前後とも スチールのサブメンバーに止める構造でしたので、一安心。

でも サイドブレーキワイヤーのリアダンパーに止めるのが 純正は、ダンパーに溶接された金属製の筒に入れるようになっていますが、ビルシュタインは樹脂製クリップとタイラップでダンパーに固定するようになっています。
これでは、あまりに お粗末なので、メカニックと何か良い方法はないかと考えて、導き出したのは 写真2枚目のパーツ(ステンレスとスチール)で 純正のように しっかりと固定する方法。
また フロントスプリングの上側には樹脂製のシムが付属していますが、下側には なし でしたので、これも別途用意しました。(写真2枚目 左の青いシム)

写真3枚目は、リアダンパーとスプリング 上がビルシュタイン、下がアルファロメオ純正。 ビルシュタインのブレーキホース固定用ステーの溶接位置、角度がイマイチ。 メーカーさん もう少し造り込んで下さい。

写真4枚目 我ながら完璧な(自分で言うな)細工。 といっても加工したのは、当店自慢のメカニックです。

                                      フロント側は、また後日に続きます。

160224216022431602244







evooyaji at 23:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年12月28日

R32 スタビ交換

2007年式VWゴルフ5 R32  arcスタビライザー交換。
パイプスタビライザーで有名なarcの商品です。  
写真1枚目は、リア用、上がarc、下がVW純正。  どちらもパイプスタビ(中実ではない)なので、パーツ重量は ほぼ同じ、正確にはarcの方が太い分だけ若干重い感じです。

写真2枚目は、フロント用、 こちらは純正が中実のため arcの方が断然軽量となります。 

写真3枚目 arcに付属のブッシュ(通称カマボコ ブッシュ)は、いつの間にか改良されており 内部にオイルを貯めるスリットがありました。  これはグッドです。
昔は 私が彫刻刀を使って加工していましたが、メーカーさんも 気が付いてくれたようです。

作業は順調に進みましたが、フロントで小問題が発生。
この車両は 元々COXボディーダンパー装着済みでしたが、これと 今回のarcスタビの組み合わせで上手くいかない所がでてきました。
スタビブラケットと止めるボルトにボディーダンパー用のステーが共締めされていて、この状態でスタビブラケットをarcに交換すると、ボルト長が足らなくなってしまうのです。
これは、予想外といいますか、想定外といいますか。
このままでは、ボルトがステーのナット部に半分ぐらいしか掛からないので、本締めできません。

慌ててボルト長を測定、72ミリ。  VWパーツリストで寸法を調べるとM8*75 となっていました。  では、純正ボルトでM8*80 できれば M8*85があれば ベストです。
パーツリストのボルト類検索から 寸法順に並び替えをし、調べると あっさりと両方の長さを発見。 パーツリストに写真データもありましたから 確認。  これでばっちりなんですが、物がなくては始まりません。

そうこうしているうちに メカニックが「ちょうど ぴったりのものが在庫ありました〜」と持っていました。
なんとラッキーな。 
まさか当店にあるとは、驚きましたよ。  しかもベストなM8*85

来年に持ち越しになるところでしたが、うまくクリアーできました。  良かった、良かった。

151228115122831512282

evooyaji at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)