サスペンション

2021年03月21日

A4 ARQ 8W

21032112017年式アウディA4 オールロードクワトロ (8WCYRA) サスペンション系のリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。
この車両は、2年ほど前にも同じ作業をさせていただいておりますが、それから3万5千キロ走行し、また同じ作業をご依頼いただき、今回の入庫となりました。
前回と違うのは、フロントアッパーアームブッシュが増えたことぐらいです。

ショックアブソーバー、アッパーマウント、バンプラバーなどなど前後一台分、全てアウディ純正品です。 写真1枚目 フロント一式です。 再使用不可のナット等も用意しております。
もとろんリアも同時交換したのですが、写真を撮り忘れてしまいました。

写真2枚目はフロントアッパーアームブッシュ4個所。 こちらは、当店初のブッシュのみ交換でした。 いつもは迷わず アームASSYで交換しておりますが(先端のボールジョイントがアームASSYでないと交換できないため)今回は、年数経過が少ない(比較的新しい車両のため)ので、ブッシュのみをおすすめしました。 一方ブッシュは、写真のとおり、左右各1ヶ所は亀裂が入ってしまっていました。

写真3枚目 用意したパーツは品番変更はありませんがゴム部の形状が変更されており、何らかの対策がされた模様。 写真で 確認できますでしょうか。

写真4枚目 リアスプリングのブッシュ上下。 上側が新品で、下側が外したもの。

アームを脱着して、ブッシュ交換を行いましたので、最後に分解整備記録簿を記入し、当店とお客様で保管となります。


210321221032132103214
  

evooyaji at 19:06|PermalinkComments(0)

2021年02月10日

ヴォクシー ブッシュ交換 2

昨日からの続き作業で、今日は外したスプリングを戻したり、その前の錆止め(シャーシブラック)を塗布したり、リアデファレンシャルサポート(以下サポート)を交換したりと進めます。
このサポートについては、ブッシュのみの部品供給はなく、アルミのブラケットと一体のみでした。

写真1枚目 リアアクスルビームの錆。  スプリングが付く前に塗装すれば、やりやすい所だけ、まず手をつけます。

写真2枚目 はい、塗装できました。 残りの部分はスプリングを付けてから、ゆっくり塗装することに。

写真3枚目 外したサポートのブッシュは御覧のとおり。 車両に付いた状態だと もっとクラックが見えていました。

まだ、色々と細かい作業が必要なので、もう ちょっとがんばります。 


210210121021022102103

evooyaji at 19:07|PermalinkComments(0)

2021年02月09日

ヴォクシー ブッシュ交換 1

2102091平成14年式トヨタ ヴォクシー4WD  前回の入庫時にリアアクスルビームのブッシュ左右とリアデファレンシャルサポートのブッシュが千切れてしまっているのを発見。 写真撮影して お伝えしました。
それを持って、直ちにトヨタ ディーラーさんに入庫されたそうですが、出てきた見積もりは63万円オーバーで、「これなら新車を買った方がよい」と、強くすすめられたが どう思う?と再度ご来店。

内容を確認すると、リアアクスルビームもリアデフもアッセンブリーで丸ごと交換の内容でした。
この車両は年式は古いですが、走行距離は5万キロですから、この内容では あまりにも勿体ない。

ここから色々な方面で調べたり、問い合わせをしたりと時間がかかりましたが、結局 当店でブッシュのみ交換をすることとなりました。
写真1枚目が用意したパーツ。 ダンパーはカヤバNEW SRスペシャル、これ以外は全てトヨタ純正品。 写っていませんが、リアデフ、トランスファーの2か所オイル交換もいたします。

写真2枚目 リアアクスルビームから外したリアアクスルキャリアブッシュ。 こんな具合に千切れています。  付いた状態で1Gですと もっと酷い状態に見えます。

写真3枚目 新品ブッシュが付きました、こちらは外側です。 抜き取るのも入れる(圧入する)のも苦労しました。  ブッシュは約4500円/1個ですが、2個交換するのに丸1日です。 
ディーラーさんがアッセンブリーで丸ごと交換をすすめるのも、判る気がしますが、それでも・・・。 

写真4枚目 新品ブッシュ 内側から撮影。 ここのボルト、ナットの締め付けは1G状態で締めます。
                   明日に続く。

210209221020932102094




evooyaji at 18:47|PermalinkComments(0)

2020年12月20日

レガシィ見積からの

2012201平成23年10月生産 スバル レガシィツーリングワゴン BR9 多数のメンテナンス依頼をいただき、まずは見積のため現車確認から。
前回タイヤ交換で ご入庫いた際にナックルボールジョイントブーツに無数のクラックがありました。 今回は、これらの交換をするのですが、あれから 約5カ月半経過しておりますので、再度確認してから見積を作製することにいたしました。

走行距離12万キロオーバーですから、色々と不具合等でてくる頃となりました。

足回りに加えて、フロントブレーキ系も行うことに。

各種確認中に写真1枚目、2枚目のとおり、ラジエター前にゴミが詰まっているのを発見。  これでは ラジエターの効率が相当悪くなっていますから、即 掃除。 掃除機とエアーガンで おおまかに吸い取り、次はハブラシでそ〜っと 擦りながら 吸い取っていきます。(写真3枚目)

写真4枚目 綺麗になりました。  でも このバンパー形状ですと、(グリルが全く無しで大きな穴)また溜まってしまいまので、定期的に掃除が必要ですね。


201220220122032012204


evooyaji at 13:43|PermalinkComments(0)

2020年12月17日

W124 B4 取り付け 2

2012171昨日からの続き作業で、今日はパワーステアリング系(以下パワステ)とファンベルト系を行いました。
パワステについては、今年の7月にゴムホースとパワステオイルタンクの蓋ゴムを交換したのですが、その部分が良くなったのと引き換えに、今度は別のゴムホースとパワステオイルタンクの下側からオイル漏れ発生。 まあ、こいいったことは ある程度想定内。 
ということで、パーツを調べて在庫確認すると 「パワステオイルタンクの下側のシール(ゴム製)は生産中止です」との回答。 「何とかならないか」 と問い合わせしましたが、「これは諦めです」と。
私は諦めきれないので、パーツリストEPCで色々と調べたり、ネット検索したりと時間を掛けて調べていると、納入メーカーは2社で、それぞれで良さそうな物を発見。
パワステポンプO/Hキットです。 この中に目的の物が含まれているのか確認するも「よくわからない、多分含まれているのでは・・・」と。
まあ、やってみることとなり、発注した次第。
結論から言ってしまえば、上手くいきました〜。  パーツが無駄にならなくて 良かったです。

ゴムホースについては、何も問題なく 交換して、オイルを入れ エアー抜きして完成。

写真1枚目 用意したパワステ系のパーツ。 これ以外にもちろんパワステオイルも。

写真2枚目 オイルタンクを外した状態。 ティッシュでオイルを抜き取っている4本の穴は この車両では 使っていない所。 この車両はゴムシールの内側の4本で固定。  このあたりの構造が今一つです。  やはりゴムシールの外側4個所で止める方がベストだと思われます。

写真3枚目 ファンベルト、テンショナーなど。 冷間始動時のみ、一瞬だけ 耳障りな異音がでている状態でした。

写真4枚目 右が社外品新品、左が外したテンショナー。 内部の金属製バネの劣化により角度(テンション)が変わってしまっています。


201217220121732012174


evooyaji at 15:32|PermalinkComments(0)

2020年12月11日

8J TT-Q ダンパー交換 2

2012105昨日からの続き、アウディTTクワトロ 本題のサスペンション系でフロントは何も問題なく進み、リアは、マグネティックライドのキャンセラーを固定するのに、ひと捻り(少々の加工)必要でした。
右はiSWEEPキャンセラーの付属ステーを使用して、ボディーに固定できましたが、左は配線の関係で 同じ所には付けられない。 色々と考えたあげく、ステーを二人掛かりでΩ型いや、飴玉型といいますか、円柱を固定できる ぴったりのステーを作り、固定しました。(写真2枚目)
これ なかなか上手くできましたよ。  満足です。

写真1枚目 用意したパーツ。 リアアッパーマウントのみ社外品、これ以外は全てアウディ純正品です。 アッパーマウント上側の樹脂製蓋もマグネティックライド無し車両用を用意しました。


2012107
 

evooyaji at 18:37|PermalinkComments(0)

2020年12月10日

8J TT-Q ダンパー交換 1

20121012007年式アウディTTクワトロ 3.2  先日「リアダンパーがオイル漏れしているので交換の見積を・・・」と ご入庫いただきました。 その際の下廻り確認で、右前の内側ドライブシャフトブーツが大きく破れているのを発見。   これは、ダンパー交換よりも優先で修理しないといけません。
また外側ブーツは損傷がありませんが、破れている内側同様 アウディ純正品ではなく、社外品で、しかもブーツバンドが上手くカシメられておらず、歪に潰された状態ですから、迷うことなく両方(右内側と外側)の交換をおすすめしました。
用意したパーツは写真1枚目のとおり。 外側ブーツは生産中止 とのことで、代替え品のブーツとグリスを別々で発注するようになっておりました。 

写真2枚目 みごとに大穴が開いている内側ブーツ。

写真3枚目 分解すると中にはモリブデングリスが確認できます。 本来 ここは このモリブデングリスではありません。(外側はモリブデングリスで正解ですが)

写真4枚目 念入りに清掃後、正しいグリスを充填。 ここはトリプルローラージョイントですから、このグリスを使うのが正解です。
 

本題のダンパー(ショックアブソーバー)については、3種類 見積させていただき、選んでいただいたのはKONI STRT です。 
まずは、フロントから作業開始。 用意したパーツは、写真5枚目のとおり。
この写真に写っていませんが、マグネティックライドのキャンセラーも用意しております。

                                続きは また明日に。

2012102201210420121062012103


evooyaji at 19:59|PermalinkComments(0)

2020年10月14日

ボクスター KONI

20101412004年式ポルシェ ボクスターS エンジンオイル、オイルフィルター、サスペンションン交換で ご入庫いただきました。

エンジンオイルは いつも使っていただいているモチュール8100を使用。 この作業は 慣れているのでスムーズに進んでいきますね。
続いて写真1枚目のサスペンション系ですが、今回はフロントのみ。
ダンパーはKONI スペシャルアクティブ、その他のアッパーマウント、ベアリング、バンプラバー、再使用不可ナット等は全てポルシェ純正品を使用。

写真2枚目の外したフロントサスASSYには、バンプラバー(ポルシェ名アディショナルスプリング)は付いていません。 経年劣化で砕けて 無くなってしまっている状態です。

写真3枚目 コニーを組み込みました。 スプリングのみ再使用いたします。

写真4枚目 車両に戻して 完成です。

試運転で 見違えるように よくなりました〜。 しなやかといいますか、しっとり といいますか、どう表現したらよいのか、わかりませんが・・。

             リアも 早めに やりたくなりますね。


201014220101432010144

evooyaji at 19:27|PermalinkComments(0)

2020年08月23日

タント ダンパー交換

平成20年式ダイハツ タントカスタム 「リアダンパーからオイル漏れで・・・」と連絡いただき、純正ダンパーとカヤバ SR スペシャルの2種類の見積から、カヤバを選択いただきました。

合わせて純正ゴム類、再使用不可ナット等も同時交換いたします。

写真1枚目が用意した純正パーツ。 左側がリア用で、右側がフロント用です。

写真2枚目 オイル漏れの左後。  

写真3枚目 カヤバのダンパーは、純正と比べて 太くなっていますね。  オイル容量がアップしました。 この後 外した純正ダンパーから、オイルがどんどん出てきてしまいました。
 

200823120082322008233

evooyaji at 17:02|PermalinkComments(0)

2020年08月09日

991 カレラ KW HAS part2

2008091昨日から続き作業のポルシェ991後期 KW ハイトアジャスタブルスプリング ですが、今日は残りのリアを行います。

写真1枚目は用意した消耗品類、こちらも全てポルシェ純正品です。 ちなみに991にこのキットを付けるのは当店では初でして、あらかじめメーカーさんに色々と質問をしたのですが、メーカーさんから991のフロントリフトシステム付き車用は、日本で初のため、データが無いと・・・。

よって純正パーツを手配するのに悩みましたが、結果は3種類6品が余り、当店の在庫となりました。
まあ、足らないよりはよいですね。

写真2枚目 リアを組み込んだ状態。 リアダンパーは車両から完全に外しての作業ですから、フロントに比べてラクです。  ただし内装の外しがある分、前後で各1日と 私の予想どおりでした。

写真3枚目が作業前。

写真4枚目が作業後です。 フロント約15ミリダウン、リア約18ミリダウン。


200809220080932008094

evooyaji at 17:33|PermalinkComments(0)