ゴルフ2、3

2017年06月28日

ゴルフ2カブリオpart2

昨日からの続き作業で、今日は水漏れ修理から。
フロントウォーターフランジからの漏れですが、写真1枚目のとおり外してみると、シール剤がたっぷりと塗ってありました。  これを綺麗に剥がし取るのに時間がかかりますね〜。

写真2枚目 用意したパーツ。  ここの部分はVW純正パーツが まだ有りましたので助かりました。
今回の作業では、何点も{生産中止}のパーツに当たり、社外品を探したり、偶然当店に在庫があったりと・・・色々と苦労したんですよ。

最後は入庫時に追加でご注文いただいた点火プラグを交換しましたが、外したプラグは適合違いの物???
私が用意したものが間違っているのか、再度確認しましたが、やはり付いていたのが間違いでした。

また写真3枚目のディスビキャップ、ローターを確認したところ、かなりの磨耗。
サービスで磨いてから組みましたが、これは消耗品ですから次回交換をおすすめ。



170628317062821706281

evooyaji at 18:25|PermalinkComments(0)

2017年06月27日

ゴルフ2カブリオ

このところ作業に追われて、ブログをさぼりぎみですが、ぼちぼちと更新していくように がんばります。

今日から ご入庫いただきました1990年式VWゴルフ2カブリオ
ツゥースドベルト(Tベルト)、水漏れなどなど 沢山のパーツ交換ですが、どれも最小限の部品数での作業となります。
お客様と相談の結果 「来年の車検まで乗れるように」を目指します。

なので、ALTベルト、パワーステアリングベルト、エアコンベルト、ウォーターポンプは再使用いたします。

水漏れも、一番多く漏れているフロントウォーターフランジのみで、滲みがあるラジエーター本体はそのまま様子を見ることに。

まずはベルトから作業を始めましたが、いきなりパワステプーリーのボルトが・・・6ミリの6角レンチで外すのですが、3本の内の1本が6角ではなく丸になっています。
また 他の2本も強烈なトルクで締めてあり、どうしても緩まない・・・最後にタイヤホイール脱着で使うインパクトレンチでトライしてもびくともしない。 最終手段で大型車用インパクトレンチで やっと緩みました。

う〜ん、前回の何らかの作業で、こんなトルクで締めたので、なめてしまったのでしょうね。  困ったものです。
残る1本は どうしようもないので、頭を削り取って外しました〜。
途中で このボルト3本を急遽発注しましたが、国内在庫が20本ありましたのでセーフでした。

このあとも びっくりすることが起こります。
写真1枚目 交換前のTベルト。 テンショナーの張る方向が間違って付いており、樹脂カバーのスペースギリギリを通っています、カムプーリーとの接触面が少なくなっております。
これ よくある間違いですが、それにしても・・・・
ゴルフ2でもRVエンジンでは この間違いをすると 最後の樹脂カバーが付かないようにポカミス防止がされていますが、2Hエンジンでは そのまま付いてしまうので、ミスが起こるんですよ。

写真2枚目 正しくテンションプーリーを張るとカバーのスペース中央にベルトが通りますね。

17062721706271



evooyaji at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月23日

今日は1990年式

今日は久しぶりの古い車両で1990年式VWゴルフ2カブリオ 
車名はゴルフ2となっていますが、中身はゴルフ1ですね。
さすがに 殆どのパーツが生産中止またはクラシックセンター扱い となっていますので、まずはパーツを探すのが一仕事。

車検を受けるために どうしても必要なパーツや消耗品でも生産中止となっているものがありますから もう大変。

また見積を作るのも、何が起こるか予測不能な部分がありますから、よく現車見て 勘を働かせ、時には少しだけパーツを外すなどして作っていかないと進みません。
それでも 作業中に予期せぬことが 起こると・・・・
考えただけで ぞっとしてしまいますが、恐れていては このあたりの年式は触れませんから そこはオーナー様にも十分 説明し理解していただいてから 作業にかかります。

       あとはオーナー様の 情熱と時間的ゆとりで乗り越えるしかありませんね。
私は出来るだけのことは協力させていただきますので・・・。

今日の車両も生産中止品に対して社外品を探してみましたが、皆無。  当店に在庫のあったゴルフ2前期型の中古パーツ(これもすでに新品は生産中止品)を比べてみると  
      お〜 現品(壊れたもの)と この中古品を部分的に入れ替えれば、小加工で上手くいきそうです。

「長年で(店を始めて24年)たまった中古パーツの内 そろそろゴルフ2、ゴルフ3用は処分しようかな〜」と思っていましたが、今日のように役に立つことが たま〜にありますから もうしばらく取っておこうかな。


 

evooyaji at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月14日

ゴルフ3 タペットカバー

1995年式VWゴルフ3GTI タペットカバーガスケットの交換です。
先日のエンジン不調の際に各種点検したところ、1番プラグコードの先端がオイルでベトベトでした。
これは、タペットカバーガスケットが劣化して エンジンオイルが漏れているためです。
まあ、ここのガスケットを交換すればOKなんですが、パーツリストで品番を調べると「生産中止」
また ここのガスケットを換えるには、インテークマニホールド(以下インマニ)のガスケットも必要となりますが、こちらも「生産中止」
ヤナセさんの注文システム エリアトップスで在庫確認すると、なんとヤナセさんにタペットカバーガスケットのみ在庫あり。
これなら インマニガスケットを再使用しシールしておけば なんとかなりそうです。
お客様に相談すると この方法でやってみることとなりました。

インマニを外すと、写真1枚目の ドロドロに溶けた配線が出てきて びっくり。
これは、なんとか処置しないと いけませんね。

一方インマニもタペットカバーも約6年前に当店で内側外側とも洗浄しておりますので、綺麗です。 
               とても 33万キロ走行 とは思えません。
写真3枚目 そ〜っと、配線を修正。  一部を切り取り、新しい配線に交換。 普通に触ると 次から次へと崩壊していってしまいますから、そ〜っと、やさしく扱って完成。

161014116101421610143



evooyaji at 12:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年07月03日

久しぶりのゴルフ3

当店では 頻繁に入庫があった VW ゴルフ3 ですが、最近は 本当に少なくなりました。
定期的に ご入庫いただいている車両は、 この1台のみとなり、さびしいですね。

             私は ヴェントVR6を いまだに ガレージにて保管中ですが・・・昨年 置き場所がなくなり 15年?20年ぐらい?所有していたゴルフ2(走行7万キロ)を捨ててしまったのが、悔やまれます。

おっと、話がそれてしまいましたが、本題に
本日入庫いただきましたのは、 「運転席シートがグラグラになってしまった」とのことで。

電話の状況から判断し、写真の シート ガイドピースという樹脂製パーツを3点用意しました。
パーツリストから品番を調べて パソコン上のメーカー在庫を確認すると3点中の1点のみ在庫あり。
毎日使われている車両のため すぐに直したいので、中古品を当店在庫から探すと2個、1個と在庫あり。 
なので、2個有る方は、次の場合も対応可能ですが、1個のみの方は次が有りません。

そうこうしているとメーカーから「もう1点も在庫あり」と連絡があり、これが 当店に1個しかない方で超ラッキー。
即注文し 揃ったのが写真のパーツ。

シートを外して、このパーツを交換し、問題解決。  左右方向のガタは ぴたりと なくなりました。
でも もう一つ バックレストの前後方向に大きなガタあり。

こちらは ついでにちょちょっと調整して 正常値に修正。

この車両 32万8千キロ走行ですが、当店お客様でのゴルフ3最高記録(確か39万キロオーバー)を超えられるか?楽しみであります。


1607021




evooyaji at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月07日

びっくり

昨日作業の1995年式VW GOLF3 GTI スペアータイヤのエアーチェックをしようとすると、タイヤが写真の状態で びっくり。

これでは、エアーチェックできません。

いつ頃バーストしたのか 判りませんが、ガラスが割れたりしなくて良かった。

未使用ですが、1994年製造のタイヤですから 仕方がないですね。
  
以前に まったく同じことが、私の乗っていたヴェントVR6 でも起こったのを思い出しました〜。 これって何年前だったのか?

1602091



evooyaji at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月06日

32万キロ ゴルフ3

1995年式VWゴルフ3GTI ワコーズRECS、オイル各種交換です。
写真は、RECS施工中。 このあと エンジンオイル、オイルフィルターの交換。
使用していただいているのは、トータル クォーツ7000 15W-50ですね。

 この車両は、32万キロ走行、車齢21年ですが オーナー様のマメなメンテナンス&毎日の走行 のおかげで、元気に動いております。

当店お客様の最長走行距離は、たしか38万?39万キロ(こちらもゴルフ3)ですから、この記録を超えれるか。

1602061


evooyaji at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月22日

ゴルフ3燃料計不良

1994年式VWゴルフ3GTI   「 燃料計が動かない」とのことで 入庫いただきました。
この車両 2012年11月にも 同じ症状で入庫いただいておりますから 再発ですね。

まずは、サービスホールを開けて、カプラーを外し 端子から直接 抵抗値を測定。  無限大
ならば、タンクに沈んでいるセンサー不良か又はこの配線不良のどちらかです。

では、専用工具で蓋を開けて、中のセンサー端子から直接 抵抗値を測定。  繋がっていますね。
ならば、配線か。  配線2本の導通を見るとOKです。

あれ?  もう一度センサー直で測定すると 導通なし。
原因究明のため センサー、ポンプASSYをタンクから抜き取るしかありません。

写真1枚目 取り出した センサー、ポンプASSY 前回よりかはサビていませんが、サビ有り。

写真2枚目 原因発見。  

それにしても よくサビが発生してしまいますね。  原因は何なのか?
          ‘れているガソリンに問題あり? 
                 対策 ガソリンスタンドを暫く変更してみる。
          3台所有の お客様ですから めったに乗らないからなのか?  
                 対策 頻繁に できるだけ長距離を走る(無理?)
          ガレージ内では、バッテリーを毎回 切り離して保管。  
                 対策 繋いだままにしてみる。
          と修蕕覆い里如〆まで入っていたガソリンを全て捨てて 一旦新しいものだけにしてみる。

2010年から2011年までの期間よりかは、サビの発生が少なくなっているのは確かなんですが。


14102211410222

evooyaji at 21:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年06月19日

エアコンとコイル

VWゴルフ2 エアコンが効かないとのことで入庫いただきました。

ガス圧を測定すると ほとんどガスが入っていない状態。   でも お客様から「去年の冬にガス補充したばかり・・・」と。
これは間違いなく 何処かから漏れています。しかも かなりの勢いで漏れる感じですね〜。

ガス漏れの箇所は、ガスと一緒にコンプレッサーオイルも漏れるため オイルのしみが残るはずですが 見える範囲で しみはありません。
なんだか 嫌な予感がします。  ひょっとして 室内にあるエバポレーター?

正確に検査するため 蛍光剤を投入することにして 作業開始。
すると 低圧 高圧 両方のバルブシムから漏れ発見。

1週間ほど後に紫外線ライトを照射して調べてみましたが、ライトに反応する箇所は なし。  ならば、ガスを補充して 様子をみるしかありません。 

どうか ガス漏れしませんように。

変わって写真3枚目は、積載車で運び込まれたアウディA4 1.8Tクワトロ  
「突然エンジンがブルブルと震えだした」 そうです。
積載車から降ろす段階で 「これは点火コイルのような感じだな〜」と メカニックと私で・・・

早速調べると 4番点火コイル不良。  ではプラグも確認し、両方交換の見積もりを作って お客様に連絡。
              ふ〜ぅ 早く 簡単に、安く直って良かった〜。

140619114061921406193

evooyaji at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月20日

Nボックス スタビ

今日のエボリューションは、日本車が続きました。
1台目は、三菱ランサーエボリューション10 エンジンオイル、オイルフィルターの交換です。 いつも遠方より ご来店いただいているお客様。
近々 車両入れ替えの予定とのこと。  次々と新車になって 羨ましい〜。

私が新車を買ったのは・・・・遡ること・・・20年以上前ですか?


本日2台目は、ホンダNボックス プラス   クスコのスタビライザー(以下スタビ)前後です。
この車両、元々リアはスタビなし、フロントのみ付いていました。  なので、リアは、取り付けブラケットをダンパー下側に取り付け、これにスタビを付ける方法です。
写真1枚目が取り付け完了後。

フロントは、純正と入れ替えですが その前に、写真2枚目のとおり ナックル、タイロッドエンド、ロワアーム等がさびさびの状態でした。
あまりに酷い状態ですから、磨いてさびを落としてからシャーシブラックを塗布。  

           ホンダさん もうちょっと 個々の部品の防錆対策して下さいな。

写真3枚目は、シャーシブラック塗布後。  う〜ん、自己満足です。 

140420314042011404202    


evooyaji at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)