ゴルフ2、3

2016年10月14日

ゴルフ3 タペットカバー

1995年式VWゴルフ3GTI タペットカバーガスケットの交換です。
先日のエンジン不調の際に各種点検したところ、1番プラグコードの先端がオイルでベトベトでした。
これは、タペットカバーガスケットが劣化して エンジンオイルが漏れているためです。
まあ、ここのガスケットを交換すればOKなんですが、パーツリストで品番を調べると「生産中止」
また ここのガスケットを換えるには、インテークマニホールド(以下インマニ)のガスケットも必要となりますが、こちらも「生産中止」
ヤナセさんの注文システム エリアトップスで在庫確認すると、なんとヤナセさんにタペットカバーガスケットのみ在庫あり。
これなら インマニガスケットを再使用しシールしておけば なんとかなりそうです。
お客様に相談すると この方法でやってみることとなりました。

インマニを外すと、写真1枚目の ドロドロに溶けた配線が出てきて びっくり。
これは、なんとか処置しないと いけませんね。

一方インマニもタペットカバーも約6年前に当店で内側外側とも洗浄しておりますので、綺麗です。 
               とても 33万キロ走行 とは思えません。
写真3枚目 そ〜っと、配線を修正。  一部を切り取り、新しい配線に交換。 普通に触ると 次から次へと崩壊していってしまいますから、そ〜っと、やさしく扱って完成。

161014116101421610143



evooyaji at 12:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年07月03日

久しぶりのゴルフ3

当店では 頻繁に入庫があった VW ゴルフ3 ですが、最近は 本当に少なくなりました。
定期的に ご入庫いただいている車両は、 この1台のみとなり、さびしいですね。

             私は ヴェントVR6を いまだに ガレージにて保管中ですが・・・昨年 置き場所がなくなり 15年?20年ぐらい?所有していたゴルフ2(走行7万キロ)を捨ててしまったのが、悔やまれます。

おっと、話がそれてしまいましたが、本題に
本日入庫いただきましたのは、 「運転席シートがグラグラになってしまった」とのことで。

電話の状況から判断し、写真の シート ガイドピースという樹脂製パーツを3点用意しました。
パーツリストから品番を調べて パソコン上のメーカー在庫を確認すると3点中の1点のみ在庫あり。
毎日使われている車両のため すぐに直したいので、中古品を当店在庫から探すと2個、1個と在庫あり。 
なので、2個有る方は、次の場合も対応可能ですが、1個のみの方は次が有りません。

そうこうしているとメーカーから「もう1点も在庫あり」と連絡があり、これが 当店に1個しかない方で超ラッキー。
即注文し 揃ったのが写真のパーツ。

シートを外して、このパーツを交換し、問題解決。  左右方向のガタは ぴたりと なくなりました。
でも もう一つ バックレストの前後方向に大きなガタあり。

こちらは ついでにちょちょっと調整して 正常値に修正。

この車両 32万8千キロ走行ですが、当店お客様でのゴルフ3最高記録(確か39万キロオーバー)を超えられるか?楽しみであります。


1607021




evooyaji at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月07日

びっくり

昨日作業の1995年式VW GOLF3 GTI スペアータイヤのエアーチェックをしようとすると、タイヤが写真の状態で びっくり。

これでは、エアーチェックできません。

いつ頃バーストしたのか 判りませんが、ガラスが割れたりしなくて良かった。

未使用ですが、1994年製造のタイヤですから 仕方がないですね。
  
以前に まったく同じことが、私の乗っていたヴェントVR6 でも起こったのを思い出しました〜。 これって何年前だったのか?

1602091



evooyaji at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月06日

32万キロ ゴルフ3

1995年式VWゴルフ3GTI ワコーズRECS、オイル各種交換です。
写真は、RECS施工中。 このあと エンジンオイル、オイルフィルターの交換。
使用していただいているのは、トータル クォーツ7000 15W-50ですね。

 この車両は、32万キロ走行、車齢21年ですが オーナー様のマメなメンテナンス&毎日の走行 のおかげで、元気に動いております。

当店お客様の最長走行距離は、たしか38万?39万キロ(こちらもゴルフ3)ですから、この記録を超えれるか。

1602061


evooyaji at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月22日

ゴルフ3燃料計不良

1994年式VWゴルフ3GTI   「 燃料計が動かない」とのことで 入庫いただきました。
この車両 2012年11月にも 同じ症状で入庫いただいておりますから 再発ですね。

まずは、サービスホールを開けて、カプラーを外し 端子から直接 抵抗値を測定。  無限大
ならば、タンクに沈んでいるセンサー不良か又はこの配線不良のどちらかです。

では、専用工具で蓋を開けて、中のセンサー端子から直接 抵抗値を測定。  繋がっていますね。
ならば、配線か。  配線2本の導通を見るとOKです。

あれ?  もう一度センサー直で測定すると 導通なし。
原因究明のため センサー、ポンプASSYをタンクから抜き取るしかありません。

写真1枚目 取り出した センサー、ポンプASSY 前回よりかはサビていませんが、サビ有り。

写真2枚目 原因発見。  

それにしても よくサビが発生してしまいますね。  原因は何なのか?
          ‘れているガソリンに問題あり? 
                 対策 ガソリンスタンドを暫く変更してみる。
          3台所有の お客様ですから めったに乗らないからなのか?  
                 対策 頻繁に できるだけ長距離を走る(無理?)
          ガレージ内では、バッテリーを毎回 切り離して保管。  
                 対策 繋いだままにしてみる。
          と修蕕覆い里如〆まで入っていたガソリンを全て捨てて 一旦新しいものだけにしてみる。

2010年から2011年までの期間よりかは、サビの発生が少なくなっているのは確かなんですが。


14102211410222

evooyaji at 21:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年06月19日

エアコンとコイル

VWゴルフ2 エアコンが効かないとのことで入庫いただきました。

ガス圧を測定すると ほとんどガスが入っていない状態。   でも お客様から「去年の冬にガス補充したばかり・・・」と。
これは間違いなく 何処かから漏れています。しかも かなりの勢いで漏れる感じですね〜。

ガス漏れの箇所は、ガスと一緒にコンプレッサーオイルも漏れるため オイルのしみが残るはずですが 見える範囲で しみはありません。
なんだか 嫌な予感がします。  ひょっとして 室内にあるエバポレーター?

正確に検査するため 蛍光剤を投入することにして 作業開始。
すると 低圧 高圧 両方のバルブシムから漏れ発見。

1週間ほど後に紫外線ライトを照射して調べてみましたが、ライトに反応する箇所は なし。  ならば、ガスを補充して 様子をみるしかありません。 

どうか ガス漏れしませんように。

変わって写真3枚目は、積載車で運び込まれたアウディA4 1.8Tクワトロ  
「突然エンジンがブルブルと震えだした」 そうです。
積載車から降ろす段階で 「これは点火コイルのような感じだな〜」と メカニックと私で・・・

早速調べると 4番点火コイル不良。  ではプラグも確認し、両方交換の見積もりを作って お客様に連絡。
              ふ〜ぅ 早く 簡単に、安く直って良かった〜。

140619114061921406193

evooyaji at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月20日

Nボックス スタビ

今日のエボリューションは、日本車が続きました。
1台目は、三菱ランサーエボリューション10 エンジンオイル、オイルフィルターの交換です。 いつも遠方より ご来店いただいているお客様。
近々 車両入れ替えの予定とのこと。  次々と新車になって 羨ましい〜。

私が新車を買ったのは・・・・遡ること・・・20年以上前ですか?


本日2台目は、ホンダNボックス プラス   クスコのスタビライザー(以下スタビ)前後です。
この車両、元々リアはスタビなし、フロントのみ付いていました。  なので、リアは、取り付けブラケットをダンパー下側に取り付け、これにスタビを付ける方法です。
写真1枚目が取り付け完了後。

フロントは、純正と入れ替えですが その前に、写真2枚目のとおり ナックル、タイロッドエンド、ロワアーム等がさびさびの状態でした。
あまりに酷い状態ですから、磨いてさびを落としてからシャーシブラックを塗布。  

           ホンダさん もうちょっと 個々の部品の防錆対策して下さいな。

写真3枚目は、シャーシブラック塗布後。  う〜ん、自己満足です。 

140420314042011404202    


evooyaji at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月25日

パワステポンプ

ゴルフ3GTIのパワーステアリングポンプ、ラムダプローブ等の交換。
写真1枚目がラムダプローブ、VWアウディでは この呼び方ですが一般的にはオーツーセンサーですね。

この車両、マフラーが煤で真っ黒になっていましたので、エアクリーナー、プラグと同時交換。
最後の仕上げにエンジンECUのリセットをして完了。

写真2枚目はパワーステアリングポンプ(以下ポンプ)。 この車両は以前にも交換歴があるそうですが、また漏れていました。
部品が生産中止になる前に、交換することとに。

今回用意したポンプは品番変更されており、よく見ると供給メーカーが カヤバ に変わっていました。  
         これで、信頼性アップしたことを期待しております。

14032541403255

evooyaji at 21:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年02月08日

初雪

1402083今日の名古屋は、写真1枚目のとおり 今シーズン 初雪でした。
営業前に3人がかりで、雪かきしましたが、2時間後には写真のように また降りだして12時には 真っ白に。
これは 大変なことになりそうだ〜と思っていましたが、お昼からは、雨、雪の繰り返して 積もることなく 融けてくれました。

本日の作業は、VWゴルフ3GTI (ABF)のエンジンオイル漏れ修理。  オイルパンからの漏れのため、オイルパンガスケットの交換です。
写真2枚目 オイルパンを外すと、内側は ご欄のとおり。  走行29万キロですから、こんなもんでしょう。
ここから、2時間洗浄して 写真3枚目まで 綺麗になりました。

写真4枚目は、びっくり仰天でしたが、オイルストレーナーから色々なものが出てきました。 写真に写っていない 小さなものは かなりの量あり。
これは 何処から来たの?   オイルポンプの吸い込み量は、30パーセントぐらいダウンしていたでしょう。

                 今まで 壊れなくてラッキーでしたね。

140208114020841402082





evooyaji at 21:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年01月12日

ディスビキャップと

先日フューエルポンプの配線修理をしたゴルフ3GTI
以前から交換する予定で 延び延びになっていた、ディスビキャップとディスビローターを交換しました。

これで、少しは冷間始動時のアイドリングが安定してくれると期待して・・・。  
ローターが接着剤で固定されていましたので、初の交換のようでした。

写真は、用意したパーツ。   VW純正のキャップは、国内在庫ゼロでしたので、迷わずボッシュに在庫確認、在庫3個とのことで即注文。   (ちなみにVW純正もボッシュ製です)  

結果は、う〜ん、いま一歩か。   次回のメニューは、点火プラグとラムダプローブですかね。

1401111





evooyaji at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)