ゴルフ4、ボーラ

2017年01月08日

あれれ?

2003年式VWゴルフ4 R32 車高の調整(上げる)と4ホイールアライメントで昨年末に入庫いただきましたが、アライメント調整前にやるべき箇所(要 修理箇所)が数箇所発見され、作業中止となりました。

その一つが写真のドライブシャフト。
写真1枚目 こちらは左前 外側ブーツ。 本来あるべきブーツバンド内側(小さい方)が付いていません。そして隙間からグリスの漏れは なし、ということは、すでにブーツ内のグリスは なくなって{空っぽ}の状態か?

写真2枚目 左前 内側ブーツ。  お、外側用のバンドを発見。  こんな所でブラブラと遊んでいます。 ちなみに この車両の場合 内側ブーツのバンドは大きい方のみ(小さい方は なしの設定)で正しいですが、現車のブーツはクラックが入りヒビヒビですから 要交換ですね。

反対側の右前も 内側、外側ともダメ。 
        これらを 修理してから 本題の4ホイールアライメント測定、調整ですね。

17010811701082


evooyaji at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月27日

ゴルフ4 車高調整と

2004年式VWゴルフ4GTI   「エアバッグ警告灯が点灯した」  「車高を1センチぐらい上げたい」とのことで入庫いただきました。
エアバッグから確認。フォルトチェックをすると 助手席側に問題が発生したようで・・・
配線接続部の接触不良による過大抵抗となったようです。 清掃と接点修正にて 解決。
こういった修理は、問題箇所に たどり着くまでが作業時間の殆どですね。  清掃や接点修正の時間は ほんの僅か。  今回は比較的早く(それでも1時間以上)見つかったので よかったです。

車高に付いては、フロントは 車高調整レンチを使い そのまま回してアップできましたが、リアはそのまま上がらないため スプリングを縮めておいてから、車高アップ。  これ なかなか大変でした。

車高が変わったので 当然ホイールアライメント測定、調整が必要となりますので、測定。
ゴルフ4はステアリングギアボックスがハブセンターよりも後ろに付いていますから、車高が上がるとトゥイン方向に動きますが そのセオリーどおい トータルトゥ5.7ミリでしたので、調整して終了。


最後に 写真1枚目のフロントフェンダーライナーをビス2本外して 内部を確認すると 大量の枯葉と腐葉土?
出るは 出るは 写真の3倍ぐらいの量が出てきました。
                 ここにゴミ等が溜まるのは ゴルフの伝統。
そのまま ほっておくとフェンダーの内側が腐ってサビてしまいますから、長く乗られる方は 時折掃除するとよいですよ。  
写真2枚目のように トルクスのビス2本外すだけですから。

16102711610272


evooyaji at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月28日

ゴルフ4 エアーパイプ交換

先日から お預かりしているVWゴルフ4ワゴンGT パーツの入荷待ち となっていましたが 本日入荷。
通常の手配ですと 来週の月曜日出荷の火曜日着予定ですが、メーカーさんに無理をいって特別便にて 手配していただきましたので、本日の日曜配達となったのです。

写真1枚目 用意したパーツ  エアーパイプとフューエルホース。 このフューエルホースはエンジンルームに付いていますが、かなりのクラックがありヒビヒビ状態。  私が1年半ほど前から交換を おすすめしていたパーツです。   漏れ出す前に交換できて よかった〜。

写真2枚目 新品と外したエアーパイプ。

写真3枚目 割れていたパイプのアップです。

160828116082821608283

evooyaji at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月26日

また積載車で

またまた積載車にて入庫いただいきました。
今度の車両はVWゴルフ4ワゴンGT 、ちなみに運んでいただいた運転手さんは別の方です。

「突然 ブレーキの効きが悪くなった」 と恐ろしいことが起きたようです。 
電話の内容から ゴルフ4では よくあるバキュームパイプの割れ であろうと予想しておりました。

車両が届き 一番割れる箇所を見ても 大丈夫。  順番にパイプを辿っていくと 案の定割れている所がありました〜

写真1枚目 これでは よく判らないですね。

写真2枚目 アップで撮影してみましたが 確認できますでしょうか。


昨日のボクスターは 怪しい箇所を対策し、本日試運転してみると ガシャガシャ&コトコト?から音が変化し、コトコトだけ になった感じです。
う〜ん、一発で解決か と思いましたがダメです。 左リアから出ているのですが・・・

オープンにして 試運転してみると 左リアではなく、左シート下辺りとフロントから聞こえてきます。
う〜ん、どうしたものか。

16082541608253

evooyaji at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月04日

ゴルフ4 R32 アッパーマウント

数日前の作業ですが、VWゴルフ4 R32 アッパーマウントの交換です。
ステアリングをきると ギシギシと異音がしている状態。
また ボンネット内のプレートとボディの隙間は、かなり開いた状態ですから 相当アッパーマウントが潰れているのが解ります。(写真1枚目)

そもそも ことの発端は、ビルシュタイン車高調整キットのO/Hをしたそうですが、 その際交換したアッパーマウントが社外品で、すぐに異音が出始め、クレーム交換してもらった そうですが、2個目も また社外品で 同じことの繰り返し。
困り果てた お客様は、当店に依頼していただき、作業となったのです。
当店では、この部分のアッパーマウント、バアリングは絶対にVW純正品のみを使います。

これには、ちゃんと理由があるのです。

写真2枚目 右が用意したVW純正新品、左が外した社外品。 変わった潰れかたをしたため、ベアリングが上手く機能しなくて(回らない)ベアリングとアッパーマウントが削れながら 動いていたもよう。
よって、アッパーマウント内部の金属が露出し、ベアリングと削れる音(ギシギシ音)を出したのでしょう。


16072711607272



evooyaji at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月31日

ゴルフ4 水漏れ

2002年式VWゴルフ4 GTI (5M/T) ウォーターホースから水漏れです。
オーナー様自ら 水漏れを発見していただき、入庫いただきました。  
現状 漏れているのは、ホース2箇所から。   なので、該当のホース2本を用意。

Yの字のホースは、簡単に交換できますが、もう1本は なかなか やり難い所に付いています。
2時間半ぐらいで 出来るかな?と始めるも 3時間半ほど掛かりました〜。

1603311



evooyaji at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月07日

再度ブローバイを

先日作業中にブローバイパイプ(樹脂製)が砕けて(折れて)しまいました、2003年式VWゴルフ4GTI。
前回は仕方なく応急処置をして、パーツの手配をし 入荷しましたので再度入庫いただきました。

ここから先の部分はインテークマニホールドの下側になり もし、また前回と同じようなことが起きれば、かなり大きな範囲でASSY交換となってしまいますから 高額に。
なので、今日は 特に慎重に 他のパーツを出来る限り   触らない、動かさない ように、ゆっくり、慎重に。

単純な作業ですが、1時間ほどかけて 完成。

                      今日は、砕けることなく よかった〜。

写真は、用意したパーツ。  パイプは、社外品を使用。

1510071


evooyaji at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月02日

真っ黒

VWゴルフ4R32 フューエルフィルターの交換です。
このパーツは、VW純正を使いました。

外したフィルターを通常のガソリンが流れる向きとは逆にして、内部に残ったガソリンを抜くと 真っ黒のガソリンが・・・
結構大きな 黒い粒と共に出てきました。
いつも 同じような感じではありますが、今日の車両は、黒さが 一味違います。
まさに真っ黒で・・・粒も大きい。

             燃料ポンプ大丈夫かな?  そろそろ寿命か?

1510023

evooyaji at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月01日

完成間近で

2003年式VWゴルフ4GTI (AUM) ワイパーゴム、ポーレンフィルター、ブローバイホースの交換。
ホースバンド以外は、社外品を選択。   
また ホースバンドは、VWのパーツリストのとおり 品番発注すると 間違ったパーツが届きますから 要注意なんです。  いわゆる パーツリストの間違い です(笑)

このブローバイホース、AUMエンジンでは よく交換するパーツですね。
サクサクと交換して、もう完成 というところで、なんと これと接続するブローバイパイプ(樹脂製)が砕けて(折れて)しまいました。
この部分は、油分を含んだエアーが流れるので、ゴムも樹脂もフニャフニャになってしまうんです。

追加でパーツ発注となり、次回に。

1510011


evooyaji at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月24日

オルタ 交換

2003年式VWボーラV6 4モーション 「オルタネーターが壊れて・・・」とのことで、積載車にて入庫いただきました。
現品メーカー、アンペアー数、品番を読み取り、VWパーツリストで検索すると、新品パーツは廃番で リビルト品のみの設定となっていました。
この場合、クラッチ付きのプーリーは別売となりますが、これも必需品。  ここをケチると後で痛い目にあう可能性大。

バッテリーは 充電して なんとか生き返ってくれないか と 微かな望みで見積もり完了。 
即 ご注文いただきました。

ここから 少々時間をかけて 社外品のリビルトを探してみると オルタネーター、セルモーター等専門の商社さんでバレオにて設定あり とのこと。
すぐさま お客様に連絡し VW純正リビルトと社外品で 選んでいただき、2万5千円ほど安い社外品でいくことに。
パーツ入荷まで 丸1日ありますから バッテリーの充電を行ないましたが、結局ダメ。  1日充電しても・・・・

なので、オルタネーターで節約できた分が バッテリーに変わりましたね。

翌日オルタが届きましたので、交換し始めると、新しいオルタが上手く付かない。  よ〜く 見比べると微妙にステー形状が違うためのようです。
商社さんに確認し 別のものを手配しなおし 本日 無事に作業完了です。

写真1枚目 ボンネットダンパーですが、ガス抜けで まったく機能していなかったため、交換をおすすめしたしだい。  これで 安全に作業できます。
外したダンパーは、私が この業界に入って初めてぐらいの クタクタ状態。 指1本に動かせますから(笑)

写真2枚目 新旧オルタネーター。  全く 同じメーカーのもの。

15072311507241




evooyaji at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)