ゴルフ5、ジェッタ

2022年11月16日

5R32 オルタネーター交換 2

2211173ようやく社外品のオルタネーター(以下オルタ)が入荷しましたので、作業開始。
ところが、オルタの2ピンカプラーが抜けなくて、抜けなくて・・・。
1時間ほどかかって、やっと外れたのですが、これが なんとボンドで接着してありました。(写真2枚目参照)
ロック用のクリップ(ツメ)が折れたわけでもなく、なぜ?カプラーをボンドで接着したのか?

カプラー内部の突起(接続端子の周り)が折れたからなのか。 現にオルタ側のカプラー内には車両側カプラーの一部が残った状態で外れましたので・・・。(写真3枚目参照)

ここから急遽 カプラーの品番を検索。 メカニックが現品品番を読み取る作業をしているあいだに、私はパーツリストで検索。
私の方が早く見つけましたので その品番を控えて、メカニックに確認。
すると 全く違う品番でした???
パーツリストのオルタのページで検索した品番と別のページ(ワイヤーハーネスASSYのページ)で検索した品番が現品品番と一致。  う〜ん これって どういうことか?

では目線を替えて それぞれのカプラーに入る端子付きハーネスの品番を調べると、別々の品番です。 ならば、ここから それぞれの端子画像から違いを見つけ、これにて識別できることを発見。 
これらの情報から 現車確認。  端子とカプラーの組み合わせは 正しいことがわかりましたので、これで、現品品番のカプラーだと確定。   だってボンドで張り付けたのですから、別の車両のカプラーを付けて、ロックしないからボンドで・・・といった発想かもしれない と考えて、慎重に調べました。

        それにしても 誰だ、カプラーをボンドで接着したのは!

22111722211171

evooyaji at 15:05|PermalinkComments(0)

2022年11月15日

5R32 オルタネーター交換 1

2211161先週から ご入庫いただいている2007年式VW ゴルフ5R32 オルタネーター、バッテリー交換です。
ついでに 前々からエンジンECUにフォルトとして入っているイグニッションスイッチ(以下IGスイッチ)も交換となりました。
今日はIGスイッチ交換からスタート。
写真1枚目、2枚目  左が外したもの、右が新品。

写真3枚目 こんな感じで作業を進めます。


22111622211163

evooyaji at 14:47|PermalinkComments(0)

2022年11月02日

5R32 異音

22110212009年式VW ゴルフ5R32 「80km/hぐらいで異音がする」と電話連絡いただき、ご入庫いただきました。
入庫時には「60〜80km/h ぐらいで異音」とのことで、電話連絡時から悪化しているようでした。
この車両は以前にプロペラシャフトを交換したので、ここから音が出ているのか? 作業後の試運転では 異音は全く有りませんでしたが・・・。しばらくたってから ここから異音が出るようになったのか?
ゴロゴロといった振動のような、音です。

また同じような作業をした別の5R32 の場合は、試運転で音が出て、結局 特殊なグリスを添加した といったこともありました。

なので、この車両もか? と思い、プロペラシャフトのB/J部に特殊グリスを添加してみることに。

マフラーを外して、分解を進めますが、前回の車両で何度も、何度も繰り返し作業をしましたので、速攻で作業完了。
試運転してみると 若干 音が減ったような気がするが・・・

う〜ん、主原因が絞り込めませんので、こうなったら最後の手段で 消去法。
          左前のホイールベアリングを交換することに。
ホイールベアリングからの音だとすると、右なのか?左なのか?  切り分けることが 非常に困難なんです。 
以前にも別の車両で、お客様も私も、メカニック達も 揃って左から音が出てる と判断し、左ハブベアリング交換しましたが、音は少しだけ改善しただけ。 結局 右側が主原因だった といた事例がありますから、ほんと 判らないんです。

今回は ハズレを引かないように祈り、左ハブベアリング交換。
結果は 見事に直りました〜。

劇的に静かになりましたが、路面のうねり等があると、小さな金属音(カチッといった)があります。             次は この音も調べてみます。
考えられる原因ヶ所は2ヶ所ほどですが・・・・これまた切り分けるのは困難。

この車両は2011年11月から 定期的に当店へ 入庫いただいており、当店カルテに多くの情報がありますので、これから1回も交換歴のない方に目星を付けました。
                                  続く

写真2枚目 ハブベアリングは通常の圧入ではなく、ボルト4本でハブナックルに固定されているタイプです。 この4本のボルトですが、ネジロック剤が付いているのもあって めちゃくちゃ硬いんですよ。人力では緩まないので 大型用のインパクトに1インチsqのトリプルスクエアーソケットを付けて緩めます。 このソケットが ちょっと特殊なソケットとなります。

221102222110232211024




evooyaji at 11:45|PermalinkComments(0)

2022年10月04日

5R32 続き 2

先週から悩んでおりましたゴルフ5R32 プロペラシャフトですが、本日完成いたしました。

今日 入荷した特殊なグリスを使用して、組み直して上手くいきました〜。
6キロ程試運転するとでていた振動は無くなり、すっきり。
      随分長い距離を走りましたが、問題は出ませんでしたので、OKです。

それにしても 今回は 何度も何度もマフラーを外して、確認等・・・。
メカニックはヘトヘトで。

やっと 一息、と思ったら、タイミングよく 次の車両が積載車にて運び込まれました。
そして もう1台 これまた電話にて ご入庫の連絡をいただき、次の仕事ができ 嬉しい限りです。



evooyaji at 11:34|PermalinkComments(0)

2022年09月30日

5R32 続き

今日は朝から晩まで 一日中 この車両に集中し、作業、試運転を繰り返しましたが、結果は解決せず。          どうしたものか。
あらゆることを 試みたのですが・・・。 
今晩、特殊なグリスを手配して、これに賭けてみることに。

                久々に悩んでおります。



evooyaji at 13:01|PermalinkComments(0)

2022年09月29日

5R32 ストロークアップ

2209293昨日からの続き作業で、プロペラシャフトが組みあがり、アンダーカバーの樹脂製ナット(写真1枚目)が入荷しましたので、これを付けて、ここは完成。
次は 「リアの突き上げが気になる」 とのことでしたので、リアダンパーストローク(縮側)を測定してみると約10ミリほど。
タイヤとフェンダーの隙間は、フェンダーがタイヤに覆いかぶさっている状態。
フロントと比べると、リアが随分低いです。

ならばザックスRS-1ですから、リアの車高を少し上げればOKと思い、リアの調整ネジを見ると、ほぼいっぱいに上がった状態ですから、ここから上げる方にはネジ1.5〜2山しかありません。
このままでは調整代が無いのが判明したので、別の方法を考えることに。

リアスプリングの上側に乗せるスペーサーを使って、車高を上がる方法に決定。
写真2枚目、3枚目のように組み合わせます。
ネジ位置をそのままでは、上がり過ぎると思いますので、少し下がるように調整して組み付け。
ついでにオスネジ部にスリットを作っておきます。 これが後で大変役に立ちますので・・・。

微調整を繰り返し、約20ミリアップして、フロントとバランスが取れました〜。

これで、残すは試運転のみ。 明日には 納車予定。

となりましたが、試運転でプロペラシャフトの異音?振動?問題が出てきてしまいました。
                これって どういうこと。

220929122092922209294

evooyaji at 12:24|PermalinkComments(0)

2022年09月28日

5R32 プロペラシャフト修理

2209281水漏れ修理のVW ゴルフ5R32 です。
錆びついていたボルトですが、日本国内に在庫がありましたので、本日入荷。(写真1枚目) 早速折り返し作業にかかります。
サーモスタットは 正しい位置に(角度に)ハウジングに組み付けた状態ですから、入荷した新品ボルトで付けるだけ。 そのあと、VW 指定のLLC (G13)を4リッター注入し、エアー抜きしたら出来上がり。

続いて、エンジンオイル交換時に発見した、プロペラシャフトの修理に移ります。
こちらは ジョイントブーツが破れて、内部からグリスが出てきてしまっております。 随分前からのようで、ジョイントが摩耗し、上下方向に少しガタ有り。
今のうちに対処できれば、なんとかプロペラシャフトの再使用可でしょう。

でも この部分のパーツはVW アウディ純正パーツで設定されていません。
(正確には2種類のパーツが新車時に使われており、その内片方はパーツ有りですが・・・私が確認できた5R32はどれも パーツが設定されていない方が付いていました)

ということで、前回も別の車両で同じような作業実績がありますが。当店にて日本製のパーツとドイツ製のパーツを組み合わせて用意しました。
この組み合わせを考えるのに、何セットものパーツが無駄になりましたが・・・(笑)

交換は時間がかかり、今日は2台目(2回目)となり、少し早くなりましたが それでも5時間でした。

写真2枚目 一番初めにアンダーカバーを外さないといけませんが、止めている樹脂製ナットが すでに割れております。  8個中7個がダメです。

写真3枚目 マフラーを切り離して遮熱板を外すと、上に 漏れ出たグリスがタップリ。

写真4枚目 4時間ほどで、ブーツが付きました。 ここから折り返し。

220928222092832209285
 


evooyaji at 11:00|PermalinkComments(0)

2022年09月22日

5R32 オイル交換からの

2209235先週のことですが、2008年式VW ゴルフ5R32 エンジンオイル交換で 約2年ぶりに ご入庫いただきました。
オイル交換だけの予定ですから お待ちいただく間に さっさと作業できます。
ところが開始早々、アンダーカバーにLLC漏れの跡 発見。
下からも上からも 漏れている個所が直接見えませんが、その上部にあるのは、サイドフランジ(サーモスタットケース)です。

これは、早急に修理が必要ですから、そのまま お預かりとなりました。

本日 写真1枚目の必要パーツが揃いましたので、修理スタート。

エアクリーナーケースなど どんどん廻りのパーツを外していくと 本題のサーモスタットハウジングが見えてきます。 固定ボルト3本を外せば 取れますが、この内2本のボルトが錆びついて細くなっている状態。 これでは再使用できませんから、至急品番検索、在庫確認するも 世の中は 3連休でした。 国内在庫が有りましたので、27日入荷で手配。 作業は一時中断となりますが、仕方ありません。 264円のボルトをけちって 後で痛い目に合うといけませんから。

写真2枚目、3枚目の2ヶ所から水漏れしておりました。

写真4枚目 エンジン側 オイルストーンで磨いてみましたが、一部アルミが浸食されている所有り。

写真5枚目 サーモスタット交換でカバーを開けると、取付位置(角度)が間違って付いていました。 ジグバルブ(VWではブリーザーバルブ)の位置がメーカー指定位置から随分ズレてしまっています。 前回作業した人は この位置を意識せず組み込んでしまったようです。

私は整備書を見ながら作業を進めていますので、ここは きっちり、修正させていただきました。


2209231220923222092332209234




evooyaji at 14:33|PermalinkComments(0)

2022年08月28日

5R32 オイル全交換

22082812007年式VW ゴルフ5R32 エンジン、DSG、フロントデフ、ハルデックス、リアデフオイル交換で ご入庫いただきました。
この車両は4年程前にも 同作業をやらせていただき、今回で3回目となります。

写真1枚目 ハルデックスオイルフィルターが外れたところですね。 狭いですが、専用工具なしで作業できます。

写真2枚目 ハルデックスオイルのドレーンです。 これ、場所を知らないと絶対に判らないです。
ドレンボルトは再使用不可ですから、新品に交換。

写真3枚目 リアデフです。 こちらは5R32ではドレーンとリフィールが10ミリのタイプと22mmのタイプが混在しておりますので、要現車確認です。
この車両は10ミリのタイプ。  よって、オイルの注入に時間がかかります。

DSGオイルは、今回フィルターハウジング(フィルターの樹脂製蓋)も交換いたしました。
ネット情報では 走行中に割れてオイル漏れ といったのを見かけるようになりましたので・・・。

エンジンオイルは、いつものようにモチュール300V 5W30 です。


22082822208283

evooyaji at 19:15|PermalinkComments(0)

2022年07月30日

V70 5R32 ジャガーXE

2207301今日の作業は、1999年式ボルボ V70 AWD ATF交換からスタート。
この車両は他店にて半年前にATF全量交換をしている車両です。 それから3500キロ走行し、再度ATF交換をご希望。  今回はフィルター等の交換無しで、単純にATFのみで やることとなりました。
抜き取ったオイルは予想に反して 黒い状態で、ドレーンプラグの磁石には鉄粉が少々付着していました。抜けたオイルと同量の新油を充填し、しばらく試運転してから、再度同じ作業を繰り返します。

続いて2007年式VW ゴルフ5 R32 エアコンリフレッシュ作業です。
この車両は、約5年前にも同作業をやらせていただいております。 今回は回収したガス量は431gと規定量の525gから94g少ない状態でしたが、単純計算で94g÷5年=18.8g 18g/1年ですから 一般的な 1年で抜ける量 20〜25gよりも良い状態ですね。

本日3台目は、2018年式ジャガーXE ディーゼル エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。 いつものようにゴムシール付きドレーンボルトも交換。
使用オイルはモチュール8100です。



写真はエアコンリフレッシュ作業中のゴルフ5 R32 です。



evooyaji at 19:14|PermalinkComments(0)