ポロ

2019年11月14日

ポロのアンダーカバーが

19111362011年式VWポロ 1.2リッター (6RCBZ) エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。
早速エンジンアンダーカバーを外すと、写真1枚目のとおり、一部分に付いている(接着されている)アルミ遮熱板が剥がれてしまった状態でした。  一箇所だけアンダーカバーの取り付けボルトで共締めされるので、道路に落とすことはありませんでしたが。

二人のメカニックが手分けして、一人はオイル交換、一人はアンダーカバー修復作業。

                       上手く復元できました〜。

evooyaji at 10:02|PermalinkComments(0)

2019年11月10日

朝から色々と

ここのところでは、今日は珍しく 朝から色々な予約が一杯でした〜。  
                    皆様 ご予約いただき ありがとうございます。 
朝一番は2015年式アウディA3 (8V) エンジン不調(一瞬の息つき)の診断です。  以前に正規ディーラーさんに入庫するも、「解からない・・・」 で返却されてしまったそうです。
EPCランプ点灯で もちろんフォルトも拾っている(記録されている)のですが、なかなか絞り込めず。

一回目の当店ご来店時にワコーズ フューエル1を連続で2本注入し、様子をみてもらうと 「症状が出る頻度が かなり減った」とのことでしたが、ここから しばらくして、また頻繁に出るようになってしまいました。

今日は時間をかけて順番に絞り込みをし、3ステップ進みましたが、ここからのステップで不明な点が出てきましたので、私の宿題として 後日仕切りなおし とさせていただきました。

続いて2台目は、2014年式ボルボV70 T4 エンジンオイル、オイルフィルターの交換で ご入庫いただきました。 以前にバッテリー交換をさせていただいた車両ですが、オイル交換は初。
電話でご予約いただいた時点で ドレーンボルト、フィルターを手配、初なので品番検索、価格調べに少々手間取りました。
オイルフィルターが入荷するまで、当店にあるフィルターレンチで合うのか? 合わないのか? 心配しておりました。   まあ、お客様からお預かりしているボルボ用フィルターレンチ(V70機砲發△蠅泙垢里如何とかなるでしょ と思っていましたが、結果は もっと小さいサイズでVW、アウディ用でぴったりでした。
このサイズは3種類ほど工具を持っていますから、ばっちりです。
オイル量は調べたとおり4リッターぴったりでOK。

この車両と同時進行でVWポロGTI ワコーズのRECSを施工。  写真撮影を忘れており、液剤が残り僅かとなったところで気がつき、撮影。 (写真1枚目)
RECSといえば、先日2012年式VWシロッコのお客様にも施工していただきました。(写真2枚目)

写真3枚目 ポロGTI はポーレンフィルターも かなり汚れていましたので、交換となりました。

本日の作業は まだ2台(アウディTTとロータスエリーゼ)ありましたが、その内容は また後日。

191110219110611911101



 

   


evooyaji at 19:06|PermalinkComments(0)

2019年11月09日

バッテリー交換 AGM

1911091今日はバッテリー交換の日?
1台目は、2016年式アウディS3 SB バルタのAGMバッテリーに交換。  
この車両は社外品のストラットタワーバーが付いており、バッテリーがそのままでは外れない。
エアクリーナーボックスの上部を外して、なんとか交換でしました。

純正のEFBタイプからAGMにグレードアップし、CCA値も680から760へアップ。
作業後にバッテリーの各種設定も きっちり入力。

2台目は、2016年式VWポロGTI こちらもバルタのAGMバッテリーに交換。  この車両はリアに積んでいますが、大きさはS3と全く同じもの。  リアにある分 重量配分では有利ですが、効率は悪くなるので、もう一回り大きいタイプに変更したいところですが、オーディオ屋さんが取り付けた極太の配線2本(プラスとマイナス各1本)が邪魔をして、危険を伴うので断念し、同じ大きさとなりました。
またマイナス線のバッテリー側端子は、取れそうな(半分は取れている)固定方法でしたので、ステーを作成して 固定いたしました。(写真1枚目)

今回より バッテリー端子に塗布するNOCO社のバッテリーターミナル保護剤を使用することにしました。
これを端子部に塗ることにより、腐食防止、電導効率アップ、接触不良防止になります。

あ、こちらの車両も診断機を使用して ECUにバッテリー設定をしないとダメですから、もちろん入力いたしました。

輸入車は もちろん、国産車も アイドリングストップ付き車は、バッテリー交換時に診断機でリセット作業、もしくは入力作業等が必要な車種が殆どですから、要注意です。
  
  当店では、 54メーカーに対応する診断機 を使用しておりますので、ご相談くださいませ。



evooyaji at 13:42|PermalinkComments(0)

2018年08月03日

デジタルスピード

2009年式VW ポロ (BUD) エンジンECUチューニングで デジタルスピードを施工。
いつものように デジタルスピード総発売元モーターフィールドさんの出張サービスです。

この車両はECUを脱着し、直接読み取り、書き込みをするタイプですから、まずはエンジンルームからECUの取り外しを。    ここで びっくりする出来事が・・。
なんとECUが所定の位置になく、ATミッションの上に転がった状態でした。
どうしたものかと 見てみると どうやらメインハーネス2本の内の1本が縮んだ?ようです。
そのため 上側の固定クリップが割れて、ミッションの上に落ちたと思われます。

何はともあれ 今まで動いていたので 良かった〜。

この後は、何事も無く作業は進み 無事に書き込みまで完了、80馬力から90馬力へと10馬力アップとなりました。
最大トルクも上がりましたし、発生回転数も下がりましたから、乗りやすくなることでしょう。

                 最後に点火プラグ4本を交換して 完成です。

デジタルスピード施工 随時受付中。         次回は再来週の17日(金)も 施工日となっております。

 




evooyaji at 19:44|PermalinkComments(0)

2017年10月24日

ポロ cpm

2016年式VWポロGTI cpmロワーレインフォースメント(以下LRF)の取り付けです。
この車両の場合は、アンダーカバー2枚を一旦外して純正と交換します。
交換後は、アンダーカバー2枚を元に戻して完了。

                    乗り味の変化を お楽しみ下さいませ。 

写真1枚目 VW純正品を取り外し中 

写真2枚目 cpmのLRFに交換中

17102411710242 

evooyaji at 17:44|PermalinkComments(0)

2017年01月06日

2017初仕事はDSG

2017年初仕事は、2011年式VWポロ(6RCBZ)DSGオイル交換から。
乾式7速ですから、冷却時間が必要ありませんので、即作業にかかることができます。
しかしVW専用工具が上手く付いてくれなくて、仕方なくチビチビと入れていくことになり、2時間ほどかかてしまいましたが、無事に完了。

このミッション(MPU)の整備書には、いつもの専用工具を使って入れる と書いてあるのですが・・・おそらく左ハンドル車だと上手くいくが、右ハンドルはダメ ということですね。

写真1枚目 抜き取ったオイル。 予想よりも 汚れていました。

写真2枚目 新油注入中。

17010611701062


evooyaji at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月15日

ティグアン、ポロ、S124と

1612152朝一番の作業は、初入庫の2013年式VWティグアン2.0T エンジンオイル、オイルフィルター交換から。
車台番号を聞いていなかったので、予想していたオイルフィルターと違っていましたが、正しい物も在庫が有りましたので、問題なく 進めることができました。

本日2台目は、2016年式VWポロGTI M/T 先月納車の新車ホヤホヤ。
スタッドレスタイヤとドライブレコーダー取り付け。  選んでいただいたのは、ユピテルの指定店専用品DRY-WiFiV5d(写真1枚目)
  このドライブレコーダーは 当店デモカーのゴルフ7GTIに付けているものと同じです。

3台目は、いつものMB S124 ボンネットインシュレーターをメカニックと二人で貼り付け。  この作業 もう一人ぐらいいると楽にできそうですね。  見た目(想像)よりも 難儀な作業でした。(写真2枚目)

次は燃料計の修理。  ガソリンがカラカラの状態では 正常に作動しておりましたが、満タンにすると針が全く動きません(エンジン始動前と同じ)
サードシートを外してゲージ部を確認。 3Pカプラーですが、まずはアース確認しOK、残りの2本抵抗値でゲージ(センダー)側の不良か、メーター側の不良か を切り分けなければなりません。 配線図は ありますが、基準抵抗値(満タン、半分、カラで何オームなのか)が判りませんので、困りました。
適当な抵抗を繋いで メーターが動くかどうか の判断はできますが、この方法ではメーターが正確な値を示しているか?は判断できません。
う〜ん どうしたものか?と 悩んでいると 閃きました〜。

      我が家のW123のトランクには、スペアーの燃料センダーが積んであることを。
早速 これを使いテストするとメーターはバッチリ作動しました。(写真4枚目)
ということで、センダー不良 確定。  でも124は 燃料メーターも よく壊れるとのことですから いつまでもってくれるか?

161215116121541612153


evooyaji at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月27日

6R ポロ お買い得 プラグ

16022712012年式VWポロGTI (6R)点火プラグ交換です。
純正はNGK製となりますが、日本国内ではNGKルートで販売されておりません。
この品番については すべてVW純正での対応となっております。

でも海外ではNGKルートで販売されているんです。  まあ、これはメーカーさん(VWとNGK)での契約の関係だと思われます。

ちなみにNGK製のVW純正プラグは3348円/本 と高価なので、当店では 海外で販売されているNGK製を手配可能です。


この お客様は、ついでにワコーズRECSも施工していただきました〜。



evooyaji at 18:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月14日

折れてる

2009年式VWポロ (9N)先日、「異音がする」 とのことで 当店初入庫いただきました。
リフトアップして確認すると まあ、びっくり することになっていました。

写真1枚目のとおり、右フロントスタビライザーリンク(以下リンク)が折れていて、足回りの色々なパーツに当たっている状態。
どこかに ひっかかって ステアリングロックしてしまったり、ブレーキホースを千切ったりしなくて、よかったです。

危ないところでしたね。
お客様いわく「随分前に ボキッ と大きな音がしたことがあった。  それから随分(2年近く)たった」
とのこと。
こんな折れ方は、通常の使用で考えられません。 あくまで想像ですが、何かの作業時にナットの締め忘れ ではないでしょうか?

とにかく このままでは 危ないので、リンクを外して、パーツの発注。
ついでに ずでに切れてしまっているロワアームブッシュ後ろ側を左右とも手配。

リンクのナットが国内在庫がなく 本国発注となりましたが、ドイツから10日間ほどで入荷。  
う〜ん、これは、早いですね。

写真2枚目は 折れた部分のアップ。

写真3枚目は、用意したパーツ。

160214316021421602141


evooyaji at 18:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年12月12日

ポロ ビルシュタインショート

2012年式VWポロGTI リアダンパーの交換です。
元々 ビルシュタインのB12 PRO-KIT が付いている車両でしたが、「リアダンパーのへたりが気になる」とのことで、見積もり依頼をいただきました。
色々と提案させていただき、選んでいただいたのは、B12付属のダンパーと全く同じ ビルシュタイン ショートダンパー、アッパーマウント、バンプラバー等の交換。

ここで、現車のバンプラバーがボロボロなのが気になったので、今回はバンプラバーにちょっと拘りたいと考え、
まず、ポロGTIのバンプラバー寸法を調べることに。
全長113.5ミリでした。  これよりも短いもので6Rポロ用があればOKと、色々なグレードで探すも、そんなのありません。
仕方なく別の車両用で検索。 
ただし 上部の外形が同じで、内径も同じ、尚且つ長さが短いものでないと使えません。

随分パーツリストと にらめっこして ようやく105ミリのものを発見。

                               う〜ん、これです。
価格は少々高くなってしまいましたが、これで有効ストロークが8.5ミリ増えて 随分改善されるはずです。

本日作業前に 1G状態の有効ストロークを測定してみると なんとゼロ。
う〜ん、これを付けたメカニックは、ストローク確認してなかったんですね。

また このまま用意したバンプラバーを付けただけでは、ストローク約8.5ミリになってしまいますから、さらに工夫が必要です。
メカニックと2人で考えて、ストローク量をもっと確保できるように 取り付けできました〜。

はじめからビルシュタイン ショートダンパーのケース長がもう少し短かければ 何の問題もないのですが・・・・ビルシュタインの設計担当様、付属スプリングとのマッチングを もう 一工夫願います。

      何はともあれ これで、ビルシュタインダンパーの本来の動きを体感していただけますね。






evooyaji at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)