ポロ

2021年12月25日

あと4日

2112251今年の営業も 残すところ4日となりました。 (27日は月曜日ですが営業します)

今日はトヨタ スペイド サマータイヤ交換からスタート。
いくつかの見積から選んでいただいたのはBS プレイズ供165/70-14 です。
メカニック二人がサクサクと交換完了。 

続いて2台目は2018年式 ジャガーXE バッテリー交換。バルタのAGMバッテリーに交換です。
あらかじめ 当店の診断機にてバッテリーリセットが出来るのか? 診断機メーカーさんに問い合わせしたところ、「もちろん大丈夫ですよ」「リセット手順は・・・・」と教えていただいたので、自信をもってお客様にバッテリー交換をおすすめできました。

          54メーカー対応の診断機が また役に立ちました〜。

この後は塗装屋さんから出来上がってきたVW ポロ GTI のフロントバンパーを組み立て開始。 この作業が地味に時間がかかります。 ナンバープレートベース、ヘッドライトウォッシャー、けん引フック蓋、グリル上下、フォグランプ、左右リップスポイラー、アンダースポイラーなどなど多くのパーツを組み込んでからでないと車両に戻せませんから。




evooyaji at 16:22|PermalinkComments(0)

2021年11月10日

ポロGTI 車検

21110932017年式VW ポロ GTI 車検整備で ご入庫いただきました。
この車両は事前に下廻り等確認させていただいておりますので、予定の作業のみで進めます。
まずはブレーキフルード交換からスタート。 思ったよりも汚れ(濁り)があります。 キャリパー内にあったフルードのみ汚れている感じ。

エアクリーナーエレメントの確認、ランプ類の確認などルーティーン作業をすすめ、下廻りになると、
写真2枚目のサーモスタットハウジングよりLLC漏れ有り。
写真には写っておりませんが、ピンク色の水滴(雫)があります。

これは VW、アウディの1.8 2.0リッター系で 定番の故障。 幸い この車両は延長保証期間内のため、正規ディーラーさんに入庫ですね。

2111094

evooyaji at 20:03|PermalinkComments(0)

2021年07月28日

エアコン メンテ

21072812017年式VW ポロ GTI 6M/T エアコンリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。
いつものようにTEXA 780R を接続し、作業前 吹き出し口温度を測定。
続いてガスの回収、再生、真空引き、オイル補充、ガス充填へと進めます。

写真1枚目 機械を接続して、作業中。

写真2枚目 一連の作業を行い、最後に作業後の吹き出し口温度をモニター測定中。

抜き取ったガス量は374g 規定量500gですので、25%減って(抜けて)おりました。
     吹き出し口温度は、作業前12.9℃から作業後は11.9℃となりました。

続いて令和1年式トヨタ ヴィッツ エアコンリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。 ついでにエアコンフィルターも交換いたします。

写真3枚目 機械を接続して、作業中。

抜き取ったガス量は305g 規定量370gですので、18%減って(抜けて)おりました。
吹き出し口温度は、作業前18.7℃から作業後は15.3℃となりました。 
今日の工場内温度は35℃を超えていますが、もう少し冷えてくれると良いのですが・・・。


21072822107283


evooyaji at 13:27|PermalinkComments(0)

2021年07月18日

6R ポロ バッテリー

21071812017年式VW ポロ (6RCJZ) バッテリー交換のご依頼です。
2種類の見積から 予算を抑えたいということで、当店では初の販売となります、バーナーAGMを取り付け。
交換作業後 いつものように診断機を接続し、車両側にバッテリー設定をいたしますが、いつも当店で使っているバルタ、ボッシュは、設定メーカー内に含まれておりますので、きっちりと メーカー設定 までできます。 一方バーナーは どうなのか 調べると、バルタ、ボッシュ等と同じように設定メーカー内に含まれておりましたので、安心して使用できることを確認。

ちなみにCCA値を比較するとバルタAGM 680Aで、 バーナーAGM 640Aです。 ここが価格に差 ということになりますね。       どちらも 3年保証 は同じです。


evooyaji at 11:33|PermalinkComments(0)

2021年06月13日

ポロ DSGオイル交換

21061312017年式VWポロ DSGオイル、エンジンオイル交換で ご入庫。
乾式7速DSGですので、SST(専用工具)を接続して、作業を進めます。

エンジンオイルは、モチュール スペシフィック508.509(0W20)でオイルフィルターも同時交換いたしました。
作業中にLLC漏れ、エンジンオイル漏れが発見されたり、ネコちゃんの痕跡が見つかったりと、色々な発見ありましたが、作業は予定通り進めることができ、完了。



evooyaji at 19:07|PermalinkComments(0)

2020年11月05日

ポロ プラグ交換

先日ドライブシャフトブーツ交換でご入庫いただいたアウディQ5オーナー様より「ポロのプラグ交換いくら?」と。 詳しく伺うと 奥様の車両はポロとのことで、2012年式 6RCBZ
早速パーツリストで品番検索すると1本4400円、製造メーカーはNGKでした。
ではNGKの商品で同品番が日本国内で購入可能か調べてみると、この品番は可能で定価2860円/1本
ここは、迷わずNGK製(VW純正品ではないものですが同品番)をおすすめし、受注。
本日交換しましたが、作業中にブローバイバルブが折れているのを発見。 本来であれは、タペットカバーに刺さるように繋がっているのですが、この部分が折れているのでプラプラ状態。

これは交換するしかないですが、お客様は「しばらく検討・・・」とのこと。

2011051

evooyaji at 19:20|PermalinkComments(0)

2020年06月30日

ポロGTI MTオイル

2017年式VW ポロ GTI エンジンオイル、ミッションオイル、点火プラグ交換で ご入庫いただきました。
マニュアルミッションオイルは、3万キロ走行で2回目の交換となります。
エンジンオイルは いつも使っていただいておりますモチュールのVW、アウディ専用オイル スペシフィックにて交換。

点火プラグは純正同等NGKを使用。  この品番ですが、以前は国内販売無しでしたが、今は解禁されて通常ルートで入手可能になりました。 ということで、海外からの逆輸入ではなくなりました。

写真1枚目 抜き取ったMTオイル。 先日のアップほどではないですが、少しだけキラキラと輝く金属粉があります。

写真2枚目 外したプラグと新品。 


20063032006302

evooyaji at 16:35|PermalinkComments(0)

2019年11月14日

ポロのアンダーカバーが

19111362011年式VWポロ 1.2リッター (6RCBZ) エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。
早速エンジンアンダーカバーを外すと、写真1枚目のとおり、一部分に付いている(接着されている)アルミ遮熱板が剥がれてしまった状態でした。  一箇所だけアンダーカバーの取り付けボルトで共締めされるので、道路に落とすことはありませんでしたが。

二人のメカニックが手分けして、一人はオイル交換、一人はアンダーカバー修復作業。

                       上手く復元できました〜。

evooyaji at 10:02|PermalinkComments(0)

2019年11月10日

朝から色々と

ここのところでは、今日は珍しく 朝から色々な予約が一杯でした〜。  
                    皆様 ご予約いただき ありがとうございます。 
朝一番は2015年式アウディA3 (8V) エンジン不調(一瞬の息つき)の診断です。  以前に正規ディーラーさんに入庫するも、「解からない・・・」 で返却されてしまったそうです。
EPCランプ点灯で もちろんフォルトも拾っている(記録されている)のですが、なかなか絞り込めず。

一回目の当店ご来店時にワコーズ フューエル1を連続で2本注入し、様子をみてもらうと 「症状が出る頻度が かなり減った」とのことでしたが、ここから しばらくして、また頻繁に出るようになってしまいました。

今日は時間をかけて順番に絞り込みをし、3ステップ進みましたが、ここからのステップで不明な点が出てきましたので、私の宿題として 後日仕切りなおし とさせていただきました。

続いて2台目は、2014年式ボルボV70 T4 エンジンオイル、オイルフィルターの交換で ご入庫いただきました。 以前にバッテリー交換をさせていただいた車両ですが、オイル交換は初。
電話でご予約いただいた時点で ドレーンボルト、フィルターを手配、初なので品番検索、価格調べに少々手間取りました。
オイルフィルターが入荷するまで、当店にあるフィルターレンチで合うのか? 合わないのか? 心配しておりました。   まあ、お客様からお預かりしているボルボ用フィルターレンチ(V70機砲發△蠅泙垢里如何とかなるでしょ と思っていましたが、結果は もっと小さいサイズでVW、アウディ用でぴったりでした。
このサイズは3種類ほど工具を持っていますから、ばっちりです。
オイル量は調べたとおり4リッターぴったりでOK。

この車両と同時進行でVWポロGTI ワコーズのRECSを施工。  写真撮影を忘れており、液剤が残り僅かとなったところで気がつき、撮影。 (写真1枚目)
RECSといえば、先日2012年式VWシロッコのお客様にも施工していただきました。(写真2枚目)

写真3枚目 ポロGTI はポーレンフィルターも かなり汚れていましたので、交換となりました。

本日の作業は まだ2台(アウディTTとロータスエリーゼ)ありましたが、その内容は また後日。

191110219110611911101



 

   


evooyaji at 19:06|PermalinkComments(0)

2019年11月09日

バッテリー交換 AGM

1911091今日はバッテリー交換の日?
1台目は、2016年式アウディS3 SB バルタのAGMバッテリーに交換。  
この車両は社外品のストラットタワーバーが付いており、バッテリーがそのままでは外れない。
エアクリーナーボックスの上部を外して、なんとか交換でしました。

純正のEFBタイプからAGMにグレードアップし、CCA値も680から760へアップ。
作業後にバッテリーの各種設定も きっちり入力。

2台目は、2016年式VWポロGTI こちらもバルタのAGMバッテリーに交換。  この車両はリアに積んでいますが、大きさはS3と全く同じもの。  リアにある分 重量配分では有利ですが、効率は悪くなるので、もう一回り大きいタイプに変更したいところですが、オーディオ屋さんが取り付けた極太の配線2本(プラスとマイナス各1本)が邪魔をして、危険を伴うので断念し、同じ大きさとなりました。
またマイナス線のバッテリー側端子は、取れそうな(半分は取れている)固定方法でしたので、ステーを作成して 固定いたしました。(写真1枚目)

今回より バッテリー端子に塗布するNOCO社のバッテリーターミナル保護剤を使用することにしました。
これを端子部に塗ることにより、腐食防止、電導効率アップ、接触不良防止になります。

あ、こちらの車両も診断機を使用して ECUにバッテリー設定をしないとダメですから、もちろん入力いたしました。

輸入車は もちろん、国産車も アイドリングストップ付き車は、バッテリー交換時に診断機でリセット作業、もしくは入力作業等が必要な車種が殆どですから、要注意です。
  
  当店では、 54メーカーに対応する診断機 を使用しておりますので、ご相談くださいませ。



evooyaji at 13:42|PermalinkComments(0)