パサート

2018年04月25日

今日からアライメント3連続

2008年式VWパサート ワゴン 4ホイールアライメント測定、調整で お預かりしました。
左後が 酷い片減り(偏磨耗)とのことで、試運転では びっくりすることに。
雨の中の走行でしたが、40Km/hを超えると 恐ろしくて、これ以上加速できない状態。  そしてハンドルは10分以上左に切った状態での直進。
これだけで、左後のトゥアウトは 相当なものだと確信。  右折は 大きく減速しないと危険ですね。

スタッドレスタイヤが あっという間に ツルツルになったとのことですが、なるほど納得。

測定結果は、左後トゥ-30.2mm、右後トゥ-1.7mm、スラスト角-1度09分と なかなか お目にかかれない数値でした。
でも 幸いにして トゥ調整用偏心カムは、正反対の位置にありましたから、何とかなりました〜。
これが 中心位置だったらアウトでした。
                 調整後は みごと、スラスト角ゼロとなりました。

         明日も明後日もアライメント調整のご予約をいただいております。  
                   皆様 ありがとう ございます。

evooyaji at 19:22|PermalinkComments(0)

2018年02月23日

パサート 塗装

先日バッテリーステーを取り付けたVWパサートワゴン この作業の後、塗装屋さんに持ち込んで右フロントフェンダーの塗装をしておりました。
この車両は年式の割りに全体が綺麗なのですが、このフェンダーの上面だけクリアーが剥がれておりました。

なので、塗装を剥離して下地を整えてから再塗装となり、本日完成。

写真1枚目 作業前のクリアー剥がれ状態。

写真2枚目、3枚目 塗装出来上がり状態。  

180223118022321802233

evooyaji at 19:14|PermalinkComments(0)

2018年02月21日

バッテリー固定と工具

先日バッテリー交換をしたVWパサートワゴンV6 4モーション、その際バッテリー固定用のステーが付いておらず、プレナムチャンバーに落ちているかも と探しましたが見つからず。
写真1枚目のパーツを発注し、届きましたので取り付け。   このステーが付いていなかった車両がこれで2台目か3台目ですが どうしてなんでしょうか?

写真2枚目は、VWゴルフ7、アウディA3(8V)、A4(8W)等の 2.0T系のエンジンオイル交換で使う専用工具です。 今までは、左のVW、アウディ純正工具(SST)を使用しておりましたが、ゴルフ7GTIでCOXボディダンパー付き車ですと この純正工具が使えなかったのですが、先日メカニックが写真2枚目中央の新製品を見つけてくれましたので、即注文し 本日届きました〜。
右端のラチェットと組み合わせて使います。
                 これで、COXボディダンパー付きも ばっちりです。


18022111802212


evooyaji at 19:08|PermalinkComments(0)

2018年02月09日

3B パサート バッテリー

2004年式VWパサートワゴンV6 4モーション バッテリー交換で ご入庫。
先日のバッテリー診断で新品時容量の68%だったので、交換となりました。 

いつものようにOBD2ポートからサブバッテリーを接続し、交換作業を進めます。  
ところが、開始早々 問題発覚。   バッテリーを固定するステーとボルトが付いていません。  いわゆるバッテリー本体が固定されておらず、配線が繋がっているだけ。   
当初の予定どおり、バッテリーベース(台)を外して、プレナムチャンバー内に これらのパーツがないか確認するも やはり無し。   排水口の清掃をしてバッテリーベースを元に戻しました。
     う〜ん困ったものです。   こうなれば 改めてパーツの手配をするしかないですね。

1802091


evooyaji at 19:33|PermalinkComments(0)

2018年02月01日

オイル交換ついでに

2004年式VWパサートバリアントV6 4モーション 9ヶ月ぶりにエンジンオイル交換で ご入庫いただきました。
私 この3Bパサート好きなんです、 同じV6 4モーションのセダンに乗ってましたから。
オイルとオイルフィルター交換は、何事も問題なく進み、お客様から「ついでに最近 右後ろのフロアーマットが湿っているので・・・」 と。
確認すると 確かに湿っております。 

メカニックがオイル交換中に私は下廻りチェック、するとフロアーのメクラ蓋が付いていない(脱落)所を発見。
下からフロアーカーペットが直接触れる状態です。  これでは、水が入ってあたりまえですが、ここは左後ろ??

右後ろの湿りとは 直接関係ありませんが、ここは相談の結果修理することに。
パーツの品番を調べていくと4回ほど品番変更を繰り返し、現在の品番に。
この品番 見覚え有り。   写真2枚目のとおり、当店に3個在庫ありましたので、その場で修理完了。

                これ ドイツ本国発注で在庫しているVW純正パーツなんです。
さらに もう一つ。  「最近バッテリーが弱い気がする」とのことで、ミドトロニクス バッテリー診断機で測定。
新品時容量の70%を切っていますので、要交換です。  こちらは在庫がありませんので、後日交換予定となりました。 
この他 LLCが少なかったのですが、漏れ箇所は見当たりませんので、とりあえずVW純正LLCを補充し 様子見といたします。

今回の車両のように エンジンオイル交換ついでに 色々な所をメカニックが作業しながらチェックをしておりますので、定期的にオイル交換で ご入庫いただくと、トラブルを未然に防ぐ確立が上がると思いますよ。

18020121802011




evooyaji at 11:34|PermalinkComments(0)

2017年04月05日

パサート第二段

先日バックドア不良で入庫いただいたVWパサートバリアント。
再度入庫いただき、バックドアのモーターを交換します。
ちょっとばかり作業しにくいですが、極薄のプラスラチェットにてビス2本を外して交換。  相変わらずECUにはフォルトが残りますが、バックドアスイッチにて開けることが出来るようになりましたのでOKでしょう。

写真1枚目 交換したモーターです。(右側の小さな箱状のもの)

写真2枚目 バックドア内張りを外した時に すでに付いていなかったクリップ(数が足らなかった)も用意しました。

17040511704052





evooyaji at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月30日

パサート バックドア不良

2004年式VWパサート バリアントV6 4モーション (3B)  「バックドアが開かなくなった」と 先日入庫いただきました。 
これは 最悪大変なこと(ドアが開かないと作業できない)になるかも? と想像しながら、調べていくと ドアスイッチの横にキーシリンダーがありましたので、一安心。  キーでの開閉に問題はなかったので、電気的な問題のようです。
ECU診断すると ECU不良、スイッチ2箇所不良等のフォルトがあり、リセットできない状態。
物理的にはリアドアスイッチの動き(クリック感)が明らかに不良です。 
なんだか、引っかかっている感じといいますか・・・。

「でも これだけを交換しても直る可能性は低そうです」と お客様にお伝えし、一旦保留に。

後日 連絡いただき、一先ずドアスイッチのみ交換してみることとなりました。
お客様いわく「スイッチだけ(1個)交換して、ダメなら諦めます」と。

パーツが入荷し、本日作業となったのですが、結果は やはりスイッチは不良で導通なし、なので、モーターに電気は来ていません。 
もちろん、新品スイッチに交換すると、モーターまで電圧はしっかりかかっている状態までは良いのですが、モーター動かず。

う〜ん これは モーターもダメです。  それに 運転席ドアにあるバックドアスイッチを操作しても反応なし。
ということは、このスイッチもやはりダメ。

相談の結果、モーターも交換となり、仕切りなおしとなりました。

外したスイッチを分解してみると やはり内部で外れておりました。  これを上手く組みなおすと 治ったのですが、また10回ほど操作していると外れてしまう状態で、今度はオンのままになってしまいました。

ここで、壊れた状況が見えてきましたね〜。   おそらく このスイッチがオンのまま壊れてしまい、モーターに電圧がかかったままとなり、次にモーターが焼けてしまったと推測されます。

スイッチが壊れたのは 金属が磨耗したからですね。  

1703302



evooyaji at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月22日

3C パサート ATF

17012212007年式VWパサート2.0T ATF交換をしました。
この車両は、珍しいですね〜2.0T(BWAエンジン)で6速AT(アイシン製)なんです。

同年代の 同エンジン車 ゴルフ5GTI、ジェッタ2.0Tなどは6速DSGですから。

ATのタイプからですと同年代のトゥーラン、ゴルフ5(NAエンジン)と同じです。  同系列ATでいうと初代アウディTT(FF)などとも ほぼ同じですね。

話が 横道に逸れてしまいました、本題に。
写真1枚目 用意したパーツ。  VW純正品ですが、メイド イン ジャパン

写真2枚目 外したATオイルパン内部。 走行7万1千キロ おそらく 初のATF交換と思われます。  内部の磁石には 結構な量の鉄粉が付いています。
また、抜き取ったATFは、独特の臭いがしています。  これは、クラッチが焼けた臭いですね。

写真3枚目 外したオイルストレーナー、内部にキラキラと光る金属粉が見えます。

近年のVW、アウディでは、最も故障率の高いATだけに とっても心配です。  近いうちに もう一度ATF交換するのが 良いと思われます。

かわって写真4枚目は、MB S124 最後仕上げに4ホイールアライメント測定、調整中です。

 
170122217012231701224




evooyaji at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月18日

パサート アンダーカバー

作業が続いておりますVWパサート V6 4モーション
エンジンアンダーカバーを元に戻すのですが、左右のクリップに問題あり。
メスクリップが4箇所全て破損、欠品。  これは、よくあることですから 当店に常時在庫(20個づつ仕入れています)がありますので、OK
さらに ここのオスクリップも2個欠品。   どこで落としてしまったのか?

これは 残念ながら当店在庫1個なので、1つ足らない。 

ようやく 完成が見えてきました〜。

写真1枚目 左側 1個欠品、1個割れ

写真2枚目 右側 奥の下側が割れているの 判りますか。 手前は完全に割れて分解。



変わって写真3枚目 こんなものを用意してみました。  これナンバープレートボルトです。 ステンレスのボルトで変形5角で角のあるタイプですから、専用レンチがないと外れないです。
ちょいと拘って 樹脂製ワッシャーもセットで。      この外径と厚みに拘りが・・・

ボルト3本とワッシャー3枚のセットで 1080円 と お手ごろ価格。  (レンチは別売です)

161118116111821611171

evooyaji at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月17日

パサート LLC交換

昨日から続きのVWパサートV6 4モーション
今日はLLC、ラジエータサブタンク交換です。   前もって 幾つかのパーツを用意していたのですが、昨日足らないものを発見、と同時にパーツリストの誤りも発見。
写真1枚目 左下の2点が追加のもの。 他の作業で 必要なくなったパーツがありましたので、金額的には見積以内ですからセーフ。
下中央のもの1点は、パーツリストを再度見ていると同じ部分のパーツが別のページにも出ており、これから品番検索すると 予め用意していた品番(写真右下)と違うではないですか。
これは パーツリストの どちらかのページが間違っているんですね。
なので、下中央のパーツは 新たに手配した次第。
両方用意しておけば、おそらく どちらかが使えるでしょうから。

写真2枚目は、ラジエータサブタンクの裏側。  指先にクラックがあるのですが 判りますか?

写真3枚目 数時間洗浄して VW純正LLC注入。 数日前の写真と比べると・・・。 
あまりにも 汚れが堆積していましたから、数ヶ月後に再度LLC交換が必要になるでしょうね〜。


161117216111731611174


evooyaji at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)