ルポ

2017年07月16日

ルポGTI 追加で

昨日からの続き作業で、ボディ下回りのグロメット(以下めくら蓋)を交換。
写真1枚目の4種類を用意。 これらのパーツは種類が多すぎて、パーツリストを見てもどれがどれだか判らないんです。  なので、何種類も用意してから作業。

中には貴重な生産終了品も含まれております。  当店にはVW、アウディ用の同パーツが15種類ぐらいは在庫しております。

ルポ、ゴルフ4は もちろんのこと、ゴルフ5系でも この めくら蓋はひびひびになっていたり、脱落していたりしているのが多いです。
これらの車種オーナーの方は 一度チェックされると良いですよ。  場所によっては 室内直結しておりますので、雨漏りの原因となっており 長い目で見ると天井落ち(ヘッドライニングが垂れ下がる)の主原因にもなったりしますので。

写真2枚目 ぼろぼろ ひびひびになった状態の2種類。

写真3枚目 2個とも交換後。 

170716217071611707163

evooyaji at 23:44|PermalinkComments(0)

2017年07月15日

ルポGTI ダンパー交換

1707151先日パワーウィンドリフター交換していただいた2005年式VWルポGTI
今回はサスペンション系の交換依頼。  車高は変えたくないとの ご希望ですからダンパー(ショックアブソーバー)を交換し、スプリングは再使用いたします。

ですから純正形状のダンパーがあればOKですが、このルポGTI用ですと 有名メーカーではビルシュタインぐらいしか設定がないんです・・・とお話して 見積のため定価を調べようとカタログを見ると
な、なんとビルシュタインB6(純正形状、純正ストローク)のフロント用が生産中止となっているではありませんか。
B8(ショートストローク)は設定あるのですが。

ここで、これは困った・・・と一瞬なりましたが、閃きました〜。
当店に中古ビルシュタインのB6(フロントのみ)が有ることを思い出しましたよ。  これをベースにオーバーホール(以下O/H)又はO/H&設定変更をすれば中身は新品同様になり、ばっちりです。
リアは新品設定がありますから、問題なし。
早速この提案で見積作成。
即答で ご注文いただき、写真1枚目のパーツを用意。

アッパーマウント、ベアリング、バンプラバー、再使用不可ナット、序でにスタビブッシュも全てVW純正品で用意。 

写真2枚目 作業開始し まずはホイールを外すため、右前センターキャップを外すとエンブレムがプカプカしています。  これ前回の作業時に左前エンブレムがポロリと剥がれ落ちたため接着し、反対の右も危なそうなので 付けずに車内に積み込みとし、お客様に判断を委ねておりました。

今回入庫時に付けられていたので、てっきり接着された と思っていましたが、そのままだったようです。
仕方が無いので、2液性エポキシ接着剤で昨日のBMWエンブレムといっしょに貼り付け。  

写真3枚目はフロントアッパーマウント。  左が外したもので右が新品。   同じものとは思えないほど変形していますね。

写真4枚目 スタビライザーブッシュ(通称カマボコブッシュ)左が新品で右が外したもの。  こちらも かなり潰れているのが解ります。

170715217071531707154

evooyaji at 16:49|PermalinkComments(0)

2017年07月06日

ルポ P/Wリフター交換

2004年式VWルポGTI パワーウィンドリフターの交換です。
事前の点検でウィンド開閉は出来ませんがスイッチ操作をするとカチカチと音はしています。 
なので、一か八かでモーターは再使用の予定でリフターのみの交換でやってみることに。
      結果がダメな場合は、再度モーターを取り寄せる作戦です。

といいますのも モーターが5.5万円オーバーと高価ですから・・・・。

写真1枚目 上下2分割の内張りを外しますが、いたるところで問題点あり。 内張り側に付いているはずのパーツが外れた状態でした。  この写真には3箇所写っていますね、今回外す際に外れたのではありません。 だって よく見ると真ん中のパーツ、向きが180度違っていますから。
これら4箇所は 後ほど修復いたしました。

続いて写真2枚目 モーターのカプラーを外そうとすると、{あれれ?取れた}
カプラーを見るとクリップが むしり取られた跡? わざと割った跡? があります。
このタイプのカプラーはVWアウディ独特の物で、構造が解っていないとなかなか外せないタイプなんですよ。

ここはどう対策(修復)したらよいものか。  カプラーを取り寄せたとしても 狭くてカプラー交換できそうにありません。  ハーネス丸ごと車両から外して・・・となると大事ですし。
そもそも日本にカプラー在庫がないし。
                 う〜ん どうしたものか。

写真3枚目 新品リフターにモーター移植済み。  とにかくモーターの良否の判断が先。
組み込んでガラス位置調整し、動かしてみると、若干動きが遅いが、まあ これで様子見といったところ。

ドアストッパーから異音が出ていましたので、序にサービスでグリスアップ。
ところが かなり磨耗が進んでいるようで 上手く治まりません。  ならばとドアストッパーを外して、完璧にグリスを。   ここまでしたら 今は治まりました。         これは序に交換すべきでした〜。

予定外の修復作業が入り 予定時間を大幅に過ぎて・・・4時間掛かってのリフター交換。
               疲れましたが 満足です。
            

170706317070611707062



evooyaji at 22:21|PermalinkComments(0)

2017年04月18日

代車とTT

先日空いた時間ができましたので、代車のチェックをしていると、左パワーウィンドが動かないのを発見。
早速 写真1枚目のリフターを手配し 交換しました。
交換後のチェックで動きが鈍く モーターもダメか?と 思いましたが、なんとか 動くようになり、もう少しがんばってもらいましょう。


変わって お預かりしている2003年式アウディTT、今日はラジエーターの洗浄をし、新しいアウディ純正LLCを入れ エアー抜き作業をし、完成。   と思いきや ラジエーターアッパーホース(写真2枚目、3枚目)から漏れてきているではありませんか。

今回ここは触っていないのですが、古い車両は こんなことも起こりますね。
本日納車できる予定が・・・。

幸い国内在庫があるパーツでしたので、明日には入庫予定。 
             明日は何事も無く 完了しますように、祈ります。

170416117041811704182







evooyaji at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月01日

ルポのラムダと5R32

17020112003年式VWルポ 昨年末よりエンジンチェックランプが点灯し、フォルトチェックをするとラムダプローブ(オーツーセンサー)の不良と出ていました。  一旦リセットして、様子をみておりましたが また点灯。

パーツを交換することとなりました。 
この車両の場合、ラムダプローブが2個付いていますが、悪いのはキャタライザー後ろ側と出ていますので、まずは こちらのみ交換いたします。   ただし、片側のみ交換すると 次に もう片方がダメとフォルトが入る可能性はありますが・・・。

メカニックが簡単に交換できますよ。。。と 作業を始めると、これがこれが・・・・30分の予定が2時間半でした〜。

写真1枚目は 外したパーツです。 

かわって 本日2台目は、先日のAMG C43 と入れ替えで お預かりしましたVW ゴルフ5 R32
チェックランプが点いたと入庫いただき、確認するとタイヤエアー圧のランプ。  パンクの可能性がありますが、チェックしたところ 良いようです。  エアーを補充して様子見ですね。

でも LLCが少ないのは 見逃せませんから、エンジンアンダーカバーを外すと、写真2枚目の状態。
新たに、オイル漏れ発見。
そして上を見上げると 写真3枚目のとおり センターデフにオイルの しずく多数付いています。

ここのシールは、そう簡単には交換できませんので、まずは増し締めしてみます。
7本のボルトを苦労して締めていき、全てのボルトが締まりました〜。

これで、漏れが止まってくれると よいのですが。
オイルは、減ってしまっていますので、序にオイル交換することにしましょう。

本題に戻り、LLC漏れを。
こちらは、写真4枚目 サイドフランジからのようですね。  詳しいことは ばらしていかないと判りませんが。

見積をFAXさせていただき、お客様からの 注文待ち となりました。

170201417020131702012


evooyaji at 18:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月26日

ルポ アライメント

2004年式VWルポGTI 4ホイールアライメント測定、調整のご依頼。
本日電話連絡いただき、丁度 作業予定は空いておりましたので、即日 作業となりました。

ご自分でアライメント調整にチャレンジされたそうですが上手くいかなくて ご依頼いただけたとのこと。

ルポの場合、フロントのキャンバー、トゥの調整のみとなりますが、真っ直ぐ走るにはリアトゥによるスラスト角が重要となりますので、こういった車両の場合、スラスト角が良い数値でることを祈りながら測定します。

この車両は、スラスト角0度10分  う〜ん、これだと 微妙です、0度5分以内ぐらいに収まってくれていると良いのですが・・・。
一方フロントは、キャンバーもトゥも とんでもない数値でしたから、作業前と比べれば 良くなることは間違いありませんね。




evooyaji at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月11日

ルポ ドアストッパー

2003年式VWルポ 「右ドアのストッパーが壊れたようで・・・」 「走っているとドアの中でカラカラいっている」と入庫いただきました。
パーツの用意ができましたので、あらためて入庫いただき、外してみるとスプリングの一部が折れています。
ドア内部を探すと、出てきたのが写真の小さなスプリング片。
こんな壊れ方するのは、材質に問題ありなのか?

17011111701112

evooyaji at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月13日

ルポ アンテナガスケット

2003年式VWルポ ワコーズRECSを施工。
先日エンジンチェックランプが点灯し、スロットルバルブの清掃をした車両です。 その後警告灯は点いていませんが さらにRECSを。

洗浄液は多めの200ccにて じっくりとアイドリングで吸わせていきます。

ついでに写真1枚目 ルーフアンテナのガスケットが紛失しており アンテナベースとルーフ(ボディ)の間に隙間あり。

写真2枚目 社外品C/Aスポーツのアンテナベースシールを取り付け。

16091311609132


evooyaji at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月27日

ルポ チェックランプ点灯

2003年式VWルポの お客様から電話をいただき、「チェックランプが3個 点灯した」 「そのまま数週間乗り続けたらエンストした」とのこと。

エンジン警告灯、EPCランプ、LLC警告灯が点灯したようです。

この時点で 私の予想は「ルポ、ポロでよくある シリンダーヘッドのバルブ曲がり」ではないかと心配しておりましたが 入庫いただき確認すると どうやら予想は外れてくれて ホッとしました。

エンジンECUのフォルトチェックをすると フォルトなし  そんなわけはありませんので、もう一度最初からやり直すと1件のフォルトあり。
う〜ん どうやらECU本体の怪しいですね。

フォルトの内容から スロットルバルブの清掃と再設定(アダプテーション)をし、様子をみることとしました。

LLCに関しては量が減っていましたが、漏れた箇所は見当たらないので VW純正LLC(G12++)を補充して こちらも様子見としました。

                    これで、治まってくれるとよいのですが。



evooyaji at 13:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月23日

ひもが千切れて

VWルポ GTI の お客様から 「フューエルキャップのひもが千切れてしまったので・・・」と電話連絡いただきました。 
当ブログを見ていて これを発見されたとのこと。
これは 素直に嬉しいです。  ブログをやっていて よかったと実感できる瞬間ですね。

このパーツについては、いつも書いていますが ドイツより取り寄せしているのですが、今回から少し変更になりました。
よって 今まで取り付け実績があり、適合確認が取れていた車両も 
                       また一から適合取り直しです。

まあ、替わったといっても ひもの長さ が変更されただけではありますが。

1607231

evooyaji at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)