A3

2020年01月23日

A3 RECSなど

2015年式アウディA3 1.4 (8VCXS) エンジンオイル、オイルフィルター、ワコーズRECS、ポーレンフィルター交換などのメンテナンスで ご入庫いただきました。

まずはワコーズRECSからスタート。  前回は150ccにて施工させていただきましたが、今回は 車両をお預かりしており、時間がありますので200ccにて行います。 (写真1枚目 施工中)

液剤を接続したら、あとは ひたすら アイドリングにて負圧で吸い込ませていきますが、この 待ち時間中に、助手席側にあるポーレンフィルター(エアコンフィルター)を交換します。

写真2枚目 左が外したもの。 右が用意した社外品新品。

20012322001231




evooyaji at 11:48|PermalinkComments(0)

2019年12月14日

ドアロックユニット交換

2009年式アウディS3 (8P) 「左後ろドアが外から開かない」ということで ご入庫いただきました。
内側からは 問題なく開くので、これはドアロックユニットが怪しいですね。

この逆で内側からだけ開かないのであれば、チャイルドロックが効いている 場合がありますが・・・。

この車両の兄弟車ゴルフ5では、同じパーツの交換を何度も経験しておりますが、8Pで、このパーツ交換は初めてとなります。    予め整備書で予習してみると ゴルフよりも やり難くそうでしたが、実際やってみると やり方は違いますが、同じ感じで進み 予定どおりの時間で終了。

写真1枚目 内張りが外れて、いよいよ本題のドアロックユニットを外すところ。

写真2枚目 右が外したもの、左が新品。

19121411912142



evooyaji at 19:18|PermalinkComments(0)

2019年11月23日

A3 と UX ドラレコ

2015年式アウディA3 バッテリー交換、点火プラグ交換で ご入庫いただきました。
登録から4年、走行距離6万キロを超えましたので、今回の作業を おすすめし、即ご注文いただきました。

プラグは純正と同じNGK製の同品番を海外から取り寄せ。  名古屋で作っている品物ですが、はるばるドイツから逆輸入。  送料がかかりますが、それでもアウディ純正品よりかはコスト削減できますので。

交換は、インテークパイプを外して、点火コイルを外せば、あとは簡単ですね。

バッテリーは いつものようにOBD2カプラーにバックアップ電源を繋いでから 交換。
最後に診断機を使って、3項目の書き換えおしたら出来上がり。  バルタAGM 70Aで登録完了。

替わってレクサス UX ドライブレコーダーの取り付けです。 スマートに取り付けるためユピテルの筒型、SN-SV70d を選択いただきました。  STARVIS搭載ですから夜も鮮明に映ります。
UXは当店初入庫の車両ということもあって、取り付けには 3時間かかりました〜。

写真1枚目 A3から取り外した点火プラグ。 かなり磨耗しておりますので、やはり4万キロごとの交換がベストか。

写真2枚目 レクサスUX ドライブレコーダー取り付け完了。 

19112321911231

evooyaji at 18:38|PermalinkComments(0)

2019年07月06日

A3 RECSとSトロ オイル交換

2015年式アウディA3 (CXS)  「エンジンチェックランプ点灯で正規ディーラーさんへ2回ほど入庫したが、原因不明だった」 とのことで、当店に ご来店。
診断機にてフォルトチェックするも、すでにリセットされた後で、何も残っておらず。
お客様からの情報で推測。  まずは、ワコーズRECSとフューエル1を注入して 様子をみることとなりました。

そして「ついでにSトロニックオイル(DSGオイル)の交換も・・・」ということで、乾式7速のオイル交換も受注。

Sトロ オイル交換については、いつもの専用工具を使用し、作業しますので スムーズに進めることができます。

ワコーズRECSについては、この1.4リッターターボは出来ないタイプ となっておりますが、専用アタッチメントを用意し、通常とは別の やり方で作業いたしました。   時間は3倍近くかかりますが、上手くいきましたよ。

これにて しばらく 様子見で、次のメニューはバッテリー交換でしょうか。

1907061 

evooyaji at 11:05|PermalinkComments(0)

2018年07月20日

A3 8V タイヤ交換

昨日はトヨタ ハイエースのタイヤ交換でサイズは195/80-15 107/105L BS R680 を取り付け。  この お客様 「今日は現場が多治見市(岐阜県)で・・・ここ(守山区)に帰ってきたら涼しいわ〜」と。 
私は 「今日も暑いですよ〜、涼しくないですぅ」と返答。 

 
今日は アウディA3 (8V) タイヤ交換です。 サイズは205/55-16 ですが、5種類の見積(メーカーはミシュラン、BS、コンチネンタルの3社)から、選んでいただいたのはコンチネンタル プレミアムコンタクト5 (以下CPC5)です。
このサイズのCPC5は カタログ上 なんと8種類も有り、アウディ用(AO)だけでも2種類。
その他はVW用であったり、XLであったり、速度レンジがH、V、W と さまざまです。
見積段階で 今回の車両には やはりAOを ということで、91Hと91Wの在庫確認をすると 91Hはメーカー生産中止で在庫なし、91Wは現在在庫なし との返答。
ならば 在庫がある 通常のリプレイス品91Vで見積しました。
受注後の電話注文で再度確認してみると「AO の91W入荷しました〜」と。
これは ラッキーです。 

写真は交換途中です。

1807201 


evooyaji at 19:18|PermalinkComments(0)

2018年04月15日

720度録画 ドラレコ

2016年式アウディA3 ドライブレコーダーの取り付けで お預かりしました。
選んでいただいたのはユピテルの新製品 全方位録画可能なQ-02d です。   発売前に ご予約いただき、1ヶ月半程 お待ちいただいたでしょうか。
                   初ロットにて 納品できました〜。

1804151


evooyaji at 16:22|PermalinkComments(0)

2018年03月03日

オイル交換で発見された

2005年式アウディA3 SB 3.2 エンジンオイル、DSGオイル(Sトロニックオイル)の交換で入庫いただきました。
早速エンジンアンダーカバーを外すと、写真1枚目のとおり。
相当な量のオイルが溜まっていました。   これでも 某車検工場の車検整備から帰ってきたばかりのようですが・・・。
下回りがオイルでベトベトなので、何処から漏れたのか、確認できない状態です。
でも オイルの雫が真っ黒のものと綺麗なオイル色の2種類がありましたから、少なくとも2箇所のオイル漏れがあることは間違いなし。

エンジンオイルについては、なんと 4年間ぐらい交換歴なし とのことでしたので、ワコーズeクリーンプラスも添加して、新油補充。

下回りのオイル汚れは、ひとまず綺麗にふき取っておいて、1ヶ月後ぐらいに再確認の予定。

写真2枚目は、用意したパーツ。

DSGオイルについては、何事も問題なく進みましたが、写真3枚目のタイヤがヒビヒビです。
走行2万7千キロですが、2014年製造のタイヤでは、さすがに まずいですね。  次の作業は、再エンジンオイル交換とタイヤ、ホイールですか。


180303118030321803033



evooyaji at 15:22|PermalinkComments(0)

2017年11月19日

オイル交換

今日は朝からエンジンオイル交換で入庫いただきました。
まず1台目は、2014年式VWシャラン いつも定期的にご入庫いただき その都度下回りを目視点検しておりますので、快調です。 オイルは、いつものモチュール スペシフィックを使用。

2台目は、2016年式アウディA3 前回ご入庫いただいたのが3月ですから 久しぶり。
エンジンオイルは去年の12月以来ですから、11ヶ月となりますね。 
こちらの車両もモチュール スペシフィックを使用。   {オイル交換、点検時期}とメーター内に表示が出ていましたので、リセットして完了です。

定期的にオイル交換で入庫いただく場合、不具合箇所を いち早く発見、対処 できる可能性が高くなりますので、このような 定期的な ご入庫をおすすめいたしております。

                 オイル交換等 ご予約は、電話にて承ります。  TEL(052)736-0959





evooyaji at 17:04|PermalinkComments(0)

2017年10月31日

A3 8V cpm

2015年式アウディA3 (8V) cpm ロワレインフォースメントの取り付けです。
これ、簡単に取り付けできますが、注意点が一つあります。   車両を1G状態にて取り付けしないと効果が半減してしまう可能性有りなんですよ。

なので、ドライブオンリフト(タイヤが接地した状態のままリフトアップできるリフト)が必要となります。

考え方としては4ホイールアライメント測定、調整時と同じです。
また ドライブオンリフトでも駐車スペースから90度ハンドルを切って入れるような状態では これまた正確な測定値が得られません。   
よって、当店では、駐車場を出来る限り一杯まで使って、直進のままリフトに入れるように心がけています。

ちょっとしたことで、結構変わる(変化がある)ことが多々ありますから、このあたり 気を使っているんです。

写真1枚目 外したアウディ純正品

写真2枚目 cpm取り付け完了。


17103121710311



evooyaji at 17:46|PermalinkComments(0)

2016年10月11日

8V A3 アライメント

1610111先日の 2016年式アウディA3SB 今日は4ホイールアライメント測定、調整です。
測定結果から、まずは リアトゥの調整をして、スラスト角をゼロに合わせ 直進性の確保。
続いてフロントトゥ左右を調整して 出来上がり。

この車両は、狂いが少ない方でしたが、
新車でも メーカー基準値内(許容誤差)から 外れるほど狂っている車両が多いですね。



evooyaji at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)