A3

2022年04月22日

S3 オイル交換

2016年式アウディS3 セダン エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。
今まで使っていただいていたのはモチュール スペシフィック504.507でしたが、今回からグレードアップで300V パワー 5W30に変更。

   吹け上がりの違いを体感していただけることでしょう。

「右前ジャッキアップポイントの樹脂パーツが いつの間にか無くなっていた」とのことで、パーツリストで検索すると何種類(何パターン)も有り。 品番を特定するのに少々手間取りましたが、無事 判明。 在庫確認依頼をすると、国内在庫有りとのことで、即発注です。 
隣の樹脂製アンダーカバーのタッピングビスが左右とも無くなっているのも発見。
こちらも品番検索。 当店の在庫リストを確認すると1個有り。
            う〜ん、もう1本有れば完璧だったのに〜。

ということで、ビス3本(2本は在庫します)も追加で発注。




evooyaji at 16:49|PermalinkComments(0)

2022年04月21日

A3 と フォレスター

22042112013年式アウディA3 SB エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。
定期的に きっちりとオイル交換していただいておりますので、快調です。
ついでにワコーズ エアコン添加剤 PAC-Pも充填。
最後に診断機を接続し、オイル交換リセット作業と、各種ECUのフォルトチェック。
                 フォルト無し 優秀です。

続いてスバル フォレスター 4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
前車のフォレスターでは3年間で2回アライメント調整させていただいておりましたが、この車両になってからは今日が初でした。
        5ヶ所調整して、フラフラ感が無くなりました〜。



evooyaji at 16:36|PermalinkComments(0)

2022年01月28日

A3 アライメント

22012812019年式アウディA3 (8V) 4ホイールアライメント測定、調整、エンジンオイル交換にて ご入庫いただきました。
まずは、いつものように メカニックによる試運転後、測定作業開始。
この車両は約2年前にもアライメント作業をさせていただいておりましたが、随分狂ってしまったようで、直進性が悪く、フラフラ感がありました。
測定の結果、前後トゥ左右を調整。
調整後の試運転では、フラフラ感は すっかり なくなりました〜。

エンジンオイルは 前回も使っていただいたモチュールのVW、アウディ専用オイル スペシフィックで、2種類の内の柔らかい粘度の方、508 509規格を使用いたします。

本日2台目は2014年式アウディA4 オールロードクワトロ (8K) エンジンオイル、オイルフィルター、ワコーズRECSで ご入庫いただきました。 
こちらの車両も いつも作業させていただいているので、繰り返しの作業です。

オイルはモチュールのVW、アウディ専用オイルで粘度が固い方の504 507規格を使用。

      それぞれのエンジンに合った規格のものを用意しております。 

evooyaji at 14:25|PermalinkComments(0)

2021年06月17日

A3 バキュームパイプ

21061712014年式アウディA3 (8P) 先週エンジンオイル交換で ご入庫いただいた際にブレーキブースターのバキュームパイプに亀裂が発見されました。
これは危ないので、テープを巻いて応急処置。 
現品から品番を読み取り、パーツリストで検索すると品番変更になっており、品番末尾がEからKに替わっていました。 これは 何回も品番変更となり改良された ということです。
写真1枚目 上側が新品のKで 下側が外したE です。 遮熱カバーが3ヶ所追加されていますね。

写真2枚目は、外したパイプの割れた部分をアップにしました。 VW、アウディでは よくある割れかた(クラックの入りかた)です。

2106172


evooyaji at 17:31|PermalinkComments(0)

2021年01月13日

A3 8Vオイル交換

21011312019年式アウディA3 SB Sライン エンジンオイル交換で ご入庫いただきました。
いつもはアウディSQ5で ご入庫いただいておりますが、今日は奥様のA3 です。

オイル交換ですから順調に進みますが、途中でターボチャージャーにオイルの雫が数滴垂れていました。  どこから漏れたものか? 広い範囲に跡がありますので、漏れ箇所が特定できませんが、これは早急に対応が必要ですね。
幸いメーカー保証期間内ですから、ディーラーさんへの入庫をおすすめし、お客様に携帯で写真撮影していただきました。

使用したオイルは、モチュールのVW、アウディ専用オイル スペシフィック508 509 です。


evooyaji at 10:12|PermalinkComments(0)

2020年10月23日

オイル交換2台

2013年式アウディA3 エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫。 いつも使っていただいているモチュール スペシフィック504 507 を使用。
ついでに千切れそうになっているガソリンタンク キャップのひもを交換。(写真1枚目)

これで当分 安心です。

続いて2018年式プジョー308GT (T9WAH01) 2リッターディーゼル エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫。
当店では初のエンジン型式です。  今どきの樹脂製オイルパンでドレーンも もちろん樹脂製。
VW、アウディと違って こちらはゴム製Oリング単品での供給でした。

でも 定期的に樹脂ドレーンも交換した方がよいのではないでしょうか?

最後に診断機を接続し、フォルトチェック。 エンジン、パークアシストECUに1個、6個のフォルト有り。 

201023120102322010233

evooyaji at 17:43|PermalinkComments(0)

2020年08月10日

A3 8V タイヤ交換

先日の作業ですが、2015年式アウディA3 タイヤ交換で ご入庫いただきました。
何種類かの見積内から選んでいただいたのはブリヂストン レグノ GR-X供淵検璽◆璽襯ロスツー)225/45-17 です。
    いつものようにチューブレスゴムバルブを無償で同時交換いたします。

ブログ用写真を撮影したのですが、なぜか データが破損?しており、アップできなくなってしまいましたので、写真なしです。 

evooyaji at 11:10|PermalinkComments(0)

2020年03月07日

8P S3 タイミングベルト交換

2009年式アウディ S3 ツースドベルト(タイミングベルト)交換で ご入庫いただきました。
同時交換でウォーターポンプ、サーモスタット等も含めて 多数のパーツとなり、予算もかかりますね。
でも経過年数、走行距離から考えて そろそろやっておかないと 怖いですから。

今日から丸2日間の予定で 作業を進めていきます。

ところが、開始早々に問題発生。
エンジン上部にあるカバー(エアクリーナーボックス一体)を外そうと、いつもの感覚で引っ張ると
なんだか変な感触が・・・。や〜な感じがしたので、注意深く 進めると、エアクリーナーボックスのビスが締められていない状態で付いていました。  このままの状態では締め付けられないし、かといってカバーを取らないと 先に進めないし・・。
30分ほどかかって、カバーを外しました〜。
カバー裏側は、写真2枚目のとおり、ビスが3本締め忘れ。  誰だ〜!こんな罠を仕掛けるのは。

    変な感触 を察知しなければ、カバーを割ってしまうところでしたから。
このところ作業機会が減っているCDL エンジンですが、過去に何台も作業しましたので、メカニックの体に感覚が残っていて 良かったです。  

20030712003072

evooyaji at 13:36|PermalinkComments(0)

2020年03月03日

8V A3 アライメント

2019年式アウディA3 スポーツバック Sライン 4ホイールアライメント測定、調整、TVコーディング(VIM)にて ご入庫いただきました。
まだ 走行距離2000キロの車両ですが、前車(アウディA1)でも アライメント作業をさせていただき、調整後の良さ をご存じですから、今度の車両もリピートです。

まずはメカニックによる試運転からスタート。 続いて測定作業に移ります。
リア測定結果はリアキャンバー左右差約1度、スラスト角0度14分。   これは 思った以上に悪い数値ですね。 片側キャンバーを調整し、リアトゥを左右きっちり揃えて、スラスト角は0度0分に。 

フロントは左右のトゥを調整して 完了。 
作業後の試運転で、改善しているのを確認して終了です。

TVコーディングについては、いつものとおり専用診断機を接続し、ECUにアクセス。 速度の項目 数か所に255を入力し、上書きしたら完成。



evooyaji at 11:47|PermalinkComments(0)

2020年01月23日

A3 RECSなど

2015年式アウディA3 1.4 (8VCXS) エンジンオイル、オイルフィルター、ワコーズRECS、ポーレンフィルター交換などのメンテナンスで ご入庫いただきました。

まずはワコーズRECSからスタート。  前回は150ccにて施工させていただきましたが、今回は 車両をお預かりしており、時間がありますので200ccにて行います。 (写真1枚目 施工中)

液剤を接続したら、あとは ひたすら アイドリングにて負圧で吸い込ませていきますが、この 待ち時間中に、助手席側にあるポーレンフィルター(エアコンフィルター)を交換します。

写真2枚目 左が外したもの。 右が用意した社外品新品。

20012322001231




evooyaji at 11:48|PermalinkComments(0)