A3

2016年03月24日

A3 と TT-RS

2015年式Audi A3 1.4T アイドリングストップキャンセラー(以下ISC)の取り付けです。
このところ8V のISC 取り付けが連続していますね〜。  
                       ありがたいことです。

変わって2011年式Audi TT-RS 右パドルスイッチが壊れてしまったとのことで、連絡いただき パーツの手配。
このパーツは、RS専用品のため、とっても高価ですが 造りりは さすが といった感じ。

                ちなみにTT用28512円、TT-RS用38340円 (片側)

16032311603232




evooyaji at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月12日

S3 バキュームパイプ交換

2010年式アウディS3 先日のプラグ交換時に不良が発見された車両です。
写真1枚目のパーツが揃いましたので、早速交換。 今度のパーツは品番変更されており、別途グリーンのメクラ蓋も必要となります。  ホースバンドは再使用不可のカシメタイプですから こちらも忘れず用意。

作業はエアクリーナーボックス等を外せば あとは 比較的簡単ですね。

写真2枚目は 不良箇所(割れた所)のアップです。  

写真3枚目 交換完了。  最後にテスター診断機にて フォルトをリセットして終了です。


160312116031221603123

evooyaji at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月03日

A3 ビルシュタイン

2009年式Audi A3 1.8 (8P)サスペンション交換です。
2種類の見積から選んでいただいたのは、ビルシュタインのB12 PRO-KIT です。
いつものようにアウディ純正のゴム系パーツも同時交換いたします。

写真1枚目 用意したパーツ。 これ以外にフロント用の再使用不可ナット2種類もあります。 (アッパーマウント、ベアリングが1個なのは、すでに片側交換後だから)
リアのアッパーマウントとバンプラバーのみ社外品としました。

写真2枚目 フロント交換後。  フロントダンパーはビルシュタイン定番の倒立式ですが、この品番のキットには例のブルーダストブーツは付属されていませんので、純正品を再使用となりますね。

写真3枚目 作業完了。  上品に下がりました〜。  フロント26ミリ、リア17ミリダウンとなりました。

        あとは、約1ヶ月後の4ホイールアライメント測定、調整を残すのみ。

160303116030321603033



evooyaji at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月05日

2016 仕事始め

今日から2016年仕事始めとなりました。

初仕事は、昨年より ご予約いただいておりました2014年式アウディA3 1.8Tクワトロ アイドルストップキャンセラーの取り付けです。
昨年 フットレストカバー取り付けと同時作業の予定が 上手くいかなくて 再度仕切りなおしとなっていたものです。

その後 配線図(DVDデータ)を手配し、弟の手を借り 苦労してインストール。  すぐさま見たいページの見出しを見つけるも この肝心な所のデータが収録されておらず。

仕方が無いので 20ピンカプラーの配線全部を調べていき、消去法によりアイドリングストップスイッチの配線を特定。
当初のメーカーさんからの情報と全く異なり、なかなか苦労しました。

年越ししてしまいましたが、本日無事に完成。   今回は とっても勉強になりました。

    おかげでVW 、アウディの最新式車両も 整備書、配線図等の資料が揃いました〜。




evooyaji at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月13日

A3 8V フットレストカバーと

2014年式アウディA3 1.8Tクワトロ(8V) アウディ純正のフットレストカバーとアイドルストップキャンセラー(といいますか、リバース作動するもの)取り付け。

まずは、フットレストカバーから。  こちらの取り付け説明書は・・・内容品一覧だけで 説明なし?
まあ、付くように付けなさい ということですね。

一旦フットレストを外して、穴あけし、付属のボルトで締め付けて終了。

写真2枚目のとおり、これで以前付けていただいた ブレーキ、アクセルと揃いました。

続いて、アイドルストップキャンセラー。  予め メーカーさんに問い合わせし、「8VのA3は、ゴルフ7と配線の色が同じですから・・・」と聞いていましたが、現車は 同じ色の配線はありませんでした。

これは、困りました。  本日は 外したパネルは元に戻して 後日仕切りなおしです。

             お客様に ご迷惑をかけてしまいましたが、早急に調べます。 

15121311512132

evooyaji at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月23日

デモカー納車

1505234やっとデモカーVWゴルフ7GTIが納車となりました〜。
家内と二人で取りに行き、家内が店まで乗ってきたのですが、到着するやいなや 写真1枚目のとおりバラバラに。
まずは、VW純正オプションのフットレストの取り付けをして、続いてバックカメラ(エンブレム内蔵カメラ)の取り付けを進めてます。

途中で取り付け説明書の読んでも よく理解できないところが出てきて、正規ディーラーさんに教えていただき、クリアー。
また、リアの部分で、「純正ハーネスを切り取り、純正カプラーを使用しないで、配線を直接つなぎ合わす」といった部分がありましたが、私は この作業が許せないと思い(スマートでない、美しくない) ここは、独自の方法でいくことに。
純正カプラー品番を読み取り、パーツリストで このカプラーに適合するカプラーを探しだしました。
ここから、この適合カプラーに合う端子付きハーナスの品番も検索。
これで、スマート且つ確実にに取り付けできます。

あ、でも これらのパーツが届くまで デモカーは組み立てできないということですが・・・。  

写真2枚目 フットレスト取り付け完了。


変わって お仕事の方は、これまたペダル取り付け。  2014年式アウディA3 1.8Tクワトロ
S3用のアクセルペダルとブレーキペダルに交換依頼。   ブレーキは、ゴムカバーを外して、S3用のものに交換しますが、アクセルは、元々の樹脂の上からS3カバーを被せる形となります。

アクセルについては、ペダルを一旦 車両から外して 作業した方が スムーズです。

写真3枚目  A3作業前
写真4枚目  A3作業後。  次は A3 S3純正オプションのフットレストを付けると完成でしょうか。

150523315052311505232




evooyaji at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年05月10日

忘れ物

2005年式アウディA3 2.0ターボ(AXX)

タイミングベルト交換です。  もちろん いつものようにウォーターポンプも同時交換。

作業を始めると プーリーのボルト6本中2本が硬く締まりすぎて なかなか外れないくて・・・。

苦労して外れましたが ボルトが若干痛んだ状態。 出来ることならボルト2本を新品に交換したいため、品番検索すると、品番変更されており、どうやら 何らかの理由があるようです。
ならば2本ではなく 6本換えるべきですよね。
早速在庫確認するとヤナセさん(横浜)に有り。
でも通常ですと 15時までの注文で本日出荷、月曜日入荷予定。 これでは お客様に迷惑が掛かってしまいますから
ヤナセさんに電話して 本日出荷、日曜配達で手配していただけるようにお願いし 無事に発送手配完了。
       あ〜よかった。  これで 一安心。


ところが、ウォーターポンプを注文するのを忘れてしまっていることに気が付き唖然。  
この時 すでに16時。     あ〜やってしまった。  手当たりしだい電話して 近くで在庫を持っているところを探しましたが どこもなし。
またまたヤナセさんに電話して 事情を説明、何とかならないか?お願いするも・・・・・
諦めかけた その時「何とかなるかもしれない」 と神様のような お言葉が。
「手配してみてダメかもしれない。  でもキャンセルはできないけど・・どうしますか?」となりましたので、即決で
「是非 お願いします」と返答。
数分後に 日配手配 完了とのFAXがあり、事なきを得ました。  
                  これで予定どおり お客様に返却できます。

私の確認不足で 大変なことになってしまいましたが、ヤナセさんの力でリカバリーしていただき助かりました。

            今後は チェック体制を強化するようにいたします。





evooyaji at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月04日

A3 窓が

アウディA3(8P)のお客様から「リアパワーウィンドが左右共 壊れてしまった」と 電話をいただき、パーツが入荷したので入庫いただきました。
片側は、完全に壊れて窓が開いたままになってしまったそうですが、お客様自身で吸盤で固定済み。
そして 反対側は ゴリゴリと いやな音を出しながら なんとか動いている状態。

この車両の場合、パワーウィンドリフター(以下リフター)を交換するには、ドアサッシ(窓枠)ごと ドアから外す必要があります。
同じアウディのA4、A6などと同じような構造ですね。
まあ、これらの車両よりは 調整箇所が少ないので 幾分作業は楽ですが・・・。

このドアサッシ アルミ製でとっても軽いのには 驚きました。 A4の半分ぐらいの重量ではないでしょうか?

写真1枚目 車両から外したところ。

写真2枚目、3枚目 壊れた部分、どちらが先に壊れたのかは不明ですが・・おそらく2枚目の部分が先かな?

左右とも 同じような壊れ方で、どちらも リフターだけで、モーターは再使用できました。
        高価なモーターが壊れていなかったので、良かった〜。   
異音が出ている状態で使い続けると モーターに負担が かかりますから、早めに修理がベターですよ。

131204113120421312043




evooyaji at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月19日

A3 DSGオイル交換

2006年式アウディA3 3.2クワトロで、Sトロニック(DSG)オイル交換をしました。
いつものように昨日から お預りして、一晩オイルを冷やして、本日朝一番から作業開始。

ドレーンボルトを外し、オイルを抜き取るとメカニックが「あれ〜、何だか変だ」と。(写真1枚目)
抜き取ったオイル量が通常よりも 明らかに多いのです。  では、どれぐらい多かったのか検証するため、量を正確に測ると、1.8リッターほど多い計算になります。

ということは、この車両は、以前にSトロニックオイルの交換歴があるんですね。

そのあと外したオイルフィルターは予想のとおり、綺麗なものでした。(写真2枚目)

次は、頻繁に球切れ警告灯が点灯するテールランプ修理。
ストップ球が社外品のLEDに変更されていますが、このLEDが片側のみ 調子が悪いようです。

なので、正規の電球に交換して 様子を見ることに。

ところが、LEDの外形が大きくて、テールランプから外れないので、ランプごと一旦車両から外して、球を交換。
                ふ〜ぅ、球交換だけですが、苦労しました(笑)


130119113011921301193



evooyaji at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月24日

A3 ザックス 

2007年式アウディA3 1.8Tのサスペンションをザックス パフォーマンスプラスに交換。
写真1枚目がサスペンションキット以外に用意したアウディ純正パーツ。  今回 お客様の都合で前後アッパーマウントは再使用することとなりました。

バンプラバーが2個しか写っていないのは、訳ありでして・・・。

バンプラバーは前後とも スポーツサスペンション車用(以下スポーツサス車)に交換する予定で見積もりしていましたが、途中でアッパーマウントを再使用することとなりました。
ここで、問題発生。  スポーツサス車のバンプラバーは、上側の形状が丸型で、この車両のバンプラバーは、上側の形状が楕円形なんです。 
なので、アッパーマウント、バンプラバーともスポーツサス車用に交換すれば、何の問題もないのですが・・。

仕方が無いので 現車のバンプラバーを加工して再使用となりました。

因みに スポーツサス車用のバンプラバーは、現車のものよりも 長い のですが、さすが純正品といったところで、上手いこと形状が設計されているのです。

このあたりに 興味に有る方は、店頭にて 詳しく説明させていただきますね。

写真2枚目 リア一式です。  アッパーマウントを裏返して写真撮影すれば、丸と楕円が分かりやすかったですね。 上からでは、判別できません。

写真3枚目はフロント バンプラバー新旧。  もちろん下側の短い物を使用。

121024212102411210243



evooyaji at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)