A4

2018年11月06日

三角表示板の蓋が

ウォーターポンプ交換で お預かりしております、2003年式アウディA4 アバント クワトロ (AMB) (B6)
最後の作業は、三角表示板の蓋 修理。  ロック部の樹脂製ツメが折れて、閉まらない状態なんです。

同型式車両で同じ修理が3台目ぐらいでしょうか? 
ツメ部分のみパーツの供給がありますので、簡単に修理できますよ。  
とはいうものの、すでに生産中止になっていないか? 恐る恐るパーツナンバーを検索し、在庫確認すると 有りました〜。

写真1枚目 こんな状態です。

写真2枚目 この部分のツメが折れています。

写真3枚目 部品が入手できれば、取り替えるだけ。


181106118110621811063

evooyaji at 10:04|PermalinkComments(0)

2018年11月03日

ゴルフ7RとA4

本日朝一番は、2015年式VWゴルフ7R 4ホイールアライメント測定、調整から。
初めてのアライメント調整 ということで、予想どおり 沢山(数値を大きく動かす)調整させていただきました。

これで左前の片べりも随分改善しますし、直進性も良くなります。


本日2台目は2003年式アウディA4アバントクワトロ(AMB)ウォーターポンプの交換です。
先日タイヤ交換作業の際にLLCが漏れているのを発見しました〜。

この車両は4年半前にタイミングベルトとともにウォーターポンプ(アウディ純正リビルド品)を交換しているのですが、漏れてしまいました。
ならば 今度は社外品新品にて交換します。
縦置きエンジンは このような作業時には バンパー、ヘッドライト、コンデンサーなどを外して、コアサポートをサービスポジションにしないと出来ませんので、少しだけ手間がかかりますね。

写真1枚目 タイヤ交換時はピンクのシミのみ(乾燥している状態)でしたが、悪化しているようで漏れが多くなり、明らかに濡れています。

写真2枚目 SST(専用工具)が取り付けられて、ここからコアサポートを前方にずさした状態で作業を進めます。

写真3枚目 ついでということで追加となりましたフューエルキャップのゴム紐。   千切れておりましたので、きっちり交換いたしました。   当店では ゴム紐のみ 用意しておりますから とっても安価。


181103118110321811033




evooyaji at 18:25|PermalinkComments(0)

2018年09月19日

A4 ARQ コイル交換

18091912014年式アウディA4 オールロードクワトロ (8K)  「朝一番のエンジンが冷えている時だけ アイドリング不調あり」 とのことで ご入庫いただき、まずはエンジンECUのフォルトチェックから。
結果はフォルトなし。  ならば 測定値読み取り画面で点火状態を見てみますが、すでにエンジンが温まっているので、不調なし。
今度は点火コイルテスター(イグニッションアナライザー)で1番から4番をモニターすると、3、4番の2箇所が時折(2〜3分間で一瞬)悪いのを発見。  プラグの磨耗状態は、見た感じ まだ使える状態。
     
点火コイルの品番を現品から読み取り、調べると  4回ほど品番変更を繰り返しているものでした。
ということで、写真のアウディ純正コイルを取り寄せました。 

交換後に再度点火コイルテスターで確認すると 1番に時折不調、3番も極僅かに不調あり。 
これでも 交換前の状態よりは 随分まし です。

これで 様子をみてもらうことに。     ダメならプラグ4本と1番コイル交換か。

evooyaji at 14:37|PermalinkComments(0)

2018年09月07日

A4 8K HID不良

2009年式アウディA4 (8KCDH)  「右ヘッドライトが球切れしてしまった」 と ご連絡いただきました。
私は即答で、「これは ただの球切れではないかもしれませんよ。 8Kは、よくHIDバーナー(イグナイター)アウディでいうところのコントロールユニットの不良の可能性がありますよ。 また まれにバルブと両方が悪い場合もあります」と お伝えし、とにかく ご入庫いただくことに。

すぐに ご入庫いただき、右ヘッドライトを外し、バルブを外し、当店在庫のテスト用D3Sに付け替えてテストすると 点かない。   いやな予感が的中してしまったか?
ひょっとして テスト用のバルブが保管中に悪くなった可能性もなくはないので、左ヘッドライトを外してバルブを取り出し 付け替えてみると、やはり点かない。 
これは、コントロールユニット不良確定。 
またバルブもガラス管付け根に焼けてへこみ有りですからダメ。

それぞれのアウディ純正品価格は、現在 コントロールユニット65880円(1個)、D3Sバルブ53676円(1個)と どちらも高額。

ここは迷わず バルブは、社外品の左右セット交換で いくことに。 その方が純正バルブ1個を買うよりも 安いから。 しかも社外品だと2個セットですから尚更です。

コントロールユニットは・・・と考えていると ここで閃きました〜。
プロミナでVWビートル用のパワーアップシステム(42Wイグナイターとバルブのセット)が設定有ったよな〜、ビートルのみだったのが他の車種も増えてないかな?となり 調べてみると、ラッキーなことにA4 8K用も設定されており、価格も53784円(左右セット)と とってもリーズナブル。
42Wとなるため 消費電力は増えますが それと引き換えに明るくなりますので良しとしましょう。 色は6000Kですから、少しだけ白くなりますね。
俄然これを おすすめし、受注。

取り付け寸法、カプラー形状とも 純正と同じですから、ボルトオン取り付けできます。  
車両側を一切加工したりしませんから、この点もグッドです。

写真1枚目、キットの片側。  もちろん左右セットです。

写真2枚目 不良の純正コントロールユニット。


18090711809072


evooyaji at 18:27|PermalinkComments(0)

2018年08月02日

A4 ARQ 水漏れ

2014年式アウディA4 オールロードクワトロ 先日のエンジンオイル交換時に 水漏れ が発見されましたので、本日再入庫いただきました。
写真1枚目、2枚目のラジエーターリザーバータンクに亀裂があり、ここからLLCが漏れ出している状態です。
これだけ漏れていると内圧が正常値までかからず、簡単に沸騰してしまうので この季節は特に危険ですね。

登録から まだ4年と 比較的新しい車両なのに・・・・。
現品から品番を読み取り、検索すると 代替品番になっておりました。
                  やはり 何か問題があって 対策品に変更となったのでしょう。 
交換は 簡単なので よいのですが・・・。

写真3枚目 対策品に交換完了。


180802218080231808021

evooyaji at 17:34|PermalinkComments(0)

2018年07月29日

A4 8K 色々と

2009年式アウディA4 (8KCDH) 点火コイル、エンジンオイルなどの交換で ご入庫いただきました。
コイルについては、昨年4個中1個だけ(3番のみ)交換済みですが、その際 点火コイルテスター診断で「時々4番も悪い」と出ていましたが、先送りとなっておりましたので、今回は残りの3個 全部を交換となりました。(写真1枚目 交換中)

エアクリーナーエレメントの確認をすると、かなりの汚れがありましたので、追加で交換。
パーツ選びに際し、アウディ純正、同等社外品、高性能なK&Nの3種類から、同等社外品を選んでいただきました。

写真2枚目は、ついでに交換となりました、フューエルキャップのひも です。
アウディ純正パーツですと、キャップASSYとなり高価ですが、当店では他メーカーの純正パーツをドイツより取り寄せしておりますので、単品で交換可能です。


18072831807282

evooyaji at 13:23|PermalinkComments(0)

2018年07月21日

A4 8W エアクリ

2017年式アウディA4 オールロードクワトロ K&Nエアクリーナー(純正交換タイプ)のご注文をいただきました。
このタイプのA4 8W (B9) 用が なかなか設定されず、車両発売から4年経ち やっと設定。

変わった形 だから設定が遅れたのか?  昔のA8と似た形ではありますが・・・。

1807211



evooyaji at 10:45|PermalinkComments(0)

2018年07月14日

A4 8W アライメント 専用工具

随分前に苦労して作ったソケットを使う時がきました〜。
2017年式アウディA4 オールロードで、リアキャンバー調整に必要となる工具ですが、今のところアウディ純正工具(SST)も設定無し。  そして各工具メーカーに問い合わせしても設定なし なんです。
なので、当店で 一番近いソケットを加工(切削)して作ってあります。

これが ありますので、作業手順としては いつものとおり。 さくさく進み 2時間ほどで完了。
リアキャンバー角も左右揃い、スラスト角もゼロになりましたから、直進性アップ 間違いなし。




evooyaji at 10:01|PermalinkComments(0)

2018年07月04日

ウォッシャータンク修理

次男の車両 1995年式アウディ80 ウォッシャー液がすぐに なくなるとのことで、確認するとタンクの下の方にヘアークラックあり。   ならば 2液性のエポキシ接着剤にて補修して みごと成功。

これでたっぷりとウォッシャー液が入るように(満タンを維持)できるようになりました。 

1806304

evooyaji at 10:47|PermalinkComments(0)

2018年05月31日

A4 8W Sトロオイル交換2

2017年式アウディA4オールロードクワトロ(8WCYRA) Sトロニックオイル交換の続きです。

写真1枚目は 初めに抜き取ったオイルです。  量が多いと黒く見えますが、何枚も撮影した中から 目で見た感じに一番近いものをアップしました。  でも天井や、エアコンリフレッシュの機械が写りこんでしまいました。

写真2枚目は、Sトロニックオイル温度をモニター中。  私の感覚よりも温度上昇が緩やかで、じっとPC画面と にらめっこ。   途中から水温も含めて2つの温度を同時に表示させて見ていましたが、水温は すぐに100度を超えて103度で安定しておりました。    高めの設定温度なんですね。

写真3枚目は、左から 初めに抜き取ったオイル、1回目注入しアイドリング後に抜いた(抜き取り2回目)オイル、最後に油量調整で抜いたオイルです。
この量ですと 初めのオイルも 結構綺麗に見えますよね (写真一枚目と比べて) 

180529518052941805296

evooyaji at 10:56|PermalinkComments(0)