A4

2021年09月17日

S4 エンジンがかからない

21091712005年式アウディ S4 「エンジンが始動できない」とのことで、先週 積載車にて ご入庫いただきました。 原因を調べていくとフューエルポンプ本体に。
ならば 比較的簡単に修理可能と思い、パーツ品番を調べて、在庫確認をすると国内(日本)在庫なし、本国(ドイツ)在庫なし、生産中止品ですから手配できません。 との回答。

これは困りました。 
ここから国内で社外品のポンプも含めて探しましたが、見つからず。
世界に目を向けて、ドイツやアメリカのVW、アウディ専門店等を手あたり次第探すこと丸2日。

アメリカでアウディ純正ポンプを発見。 アメリカからの輸入業務を専門にしている業者さんに依頼して取り寄せてもらいました。
商品が手元に届くまでドキドキでしたが、8日後に無事に正しいものが届きました。(無傷で何事も無く)

このポンプはB6 B7 のS4にしか使われていないものなので、探すのに苦労しました。 多くの車種に使われていれば社外品も沢山ありますので、何とかなりやすいですし、生産中止にもなりにくいですから。

写真1枚目 苦労して探し出したポンプ。

写真2枚目、3枚目外したポンプ、ポンプガスケットはゴムが劣化して、ベトベトでした。

写真4枚目 ポンプを脱着するための専用工具(SST)です。 久しぶりに使えました。

写真5枚目 フューエルフィルターも同時交換します。 

2109172210917321091742109175





evooyaji at 16:24|PermalinkComments(0)

2021年05月22日

A4 ハイマウント交換

21052252014年式アウディA4 オールロードクワトロ (8KCNCA) (B8) 「ハイマウントストップランプの玉切れ警告が出る」「フロントブレーキが鳴く」と ご入庫いただきました。

ハイマウントストップランプは常に悪いわけではなく、時々悪いようです。 一旦ECUのリセットをして、1週間ほど様子をみてもらいましたが、やはり 時々悪い ので、本体を交換することとなりました。

これ、どうやって外すのか? ゴルフ5のような構造だと 厄介だな〜と思いながら整備書を確認すると、バックドアの内張りさえ外せば 比較的簡単に取れそうです。

写真2枚目の下側が外したもの。 このようにバックドアのサービスホールから本体の一部をサライドすると2分割になり、ロック(ツメ)が外れる構造です。  でも これは整備書がないと 絶対に気づかない(外せない)ですね。

フロントブレーキはローターが摩耗限界に達しているので、交換しますが、ここで純正同等品にするか、スリット入りにするのか。 選択いただいたのはスリット入りの方。
パッドは おすすめのメビウス ユーロエコを選択。 
        最後に検査後、特定整備記録簿を記入して出来上がり〜。


2105226


evooyaji at 13:52|PermalinkComments(0)

2021年04月25日

オールロードクワトロ アライメント

21042512017年式アウディA4 オールロードクワトロ 先日ショックアブソーバー(ダンパー)交換させていただいた車両です。
作業から1ヶ月ほど経過しましたので、本日は仕上げの4ホイールアライメント測定、調整をいたします。
ここで 「リア調整時に私の自作工具が また 使えるぞ〜」と思ったのですが、測定してみるとリアは調整の必要なし。 
ということで、工具の出番はありませんでした。

サスペンション系を分解しましたが、1年前のアライメント調整から狂っておりませんでした。 
                 これは偶然ですね。

写真2枚目 リアの調整個所。 この形状です。

写真3枚目 ポーレンフィルター新旧。 マンフィルターのフレシャシプラスです。

21042522104253

evooyaji at 10:59|PermalinkComments(0)

2021年04月24日

S4 オイル交換

2010年式アウディS4 アバント エンジンオイル、ポーレンフィルター(エアコンフィルター)交換で ご入庫いただきました。
ついでにラジエター添加剤のワコーズ クーラントブースターとエンジンオイル添加剤 ワコーズパワーシールドも注入。

作業中にミッションの つなぎ目からオイル漏れがあるのを発見。 上の方から伝ってきているようですが、このあたりは、上からも、下からも見えない位置です。

evooyaji at 10:56|PermalinkComments(0)

2021年04月18日

A4 ARQ 水漏れ

21041812014年式アウディA4 オールロードクワトロ (8K) 水漏れ修理にて入庫いただきました。
先日ハブベアリング修理の際に、この水漏れが発見されましたので、今日は こちらを行います。

写真2枚目ですと 判り難いかもしれませんが、先日の作業後の3キロほどの試運転では、数滴漏れてくるほどでした。

写真3枚目ぐらいアップになると すぐに確認できますね。


21041822104183

evooyaji at 19:16|PermalinkComments(0)

2021年04月10日

A4 ARQ 異音

21041012014年式アウディA4 オールロードクワトロ 「フュンフュンフュン、シャンシャンシャンといった音が出るときがある」 「常に出ているわけではない」 「場所は左前のような・・・」ということで、先日入庫いただきました。
メカニック二人で試運転をしてみると、音は確認できました。
リフトアップして、調べていくも なかなか究明できず。  1時間以上かけて見ていると、音が出始めました〜。
         タイヤを手で回すと、今は その音が出ています。
これは おそらくハブベアリングであろう と推測できますが、確定するには、キャリパー、ローターなどを外してみれば 判断しやすくなりますが、それでは工賃が・・・。

またドライブシャフトの内側も ガタがあり、カタカタ動いてしまう状態。

ということで、お客様と相談の結果 ハブベアリングとシャフトに絞って、やってみることに。

ハブベアリングは信頼できる仕入れ先から社外品を入手。 シャフトブーツ系はバンド大小、グリス、音消し用グリスを用意。 再使用不可のボルト、ナットはアウディ純正品にて用意。(写真1枚目)

本日入庫いただいた際に、「このところ全く音が出なくなった」とのこと。
これでは、分解した状態でも 判断が正しかったのか、確認がとれなくなってしまう と心配になりましたが、ここまできたら やるしかありませ。
分解を進めて、ハブベアリング単体にて手で回してみると、ゴリゴリと明らかな違和感あり。

    あ〜、よかった。  これが原因間違いなし と確信できました。

組みあがって、点検しているとエンジンルームでLLC漏れを発見。 
                 次の作業 決定です。
           最後に検査をして、分解整備記録簿を記入して完成。


写真2枚目 ベアリング新旧。 外したハブベアリングには、まだハブが付いた状態。 ここからプレスでハブを抜き取り、新品のベアリングに圧入します。

写真3枚目 ハブベアリングが取れた状態のアルミ製ナックル。

写真4枚目 外側ブーツの開けると、水のような粘度になったグリスが流れ出てきました。 内側のグリスがダメになっているであろう と予想しておりましたが、実際は外側のグリスの方が 状態が悪かったです。

210410221041032104104




evooyaji at 19:20|PermalinkComments(0)

2021年04月03日

A4 ARQ ローター交換

2104033先日サスペンション交換をさせていただいた2017年式アウディA4 オールロードクワトロですが、作業中にブレーキローター内側が錆びで深くまで浸食している状態を発見。
お客様に伝えると「最近正規ディーラーでパッド交換したけど・・・」とのこと。

しかしながら前後左右とも内側が同じような状態で、これではブレーキの効きに影響がでてしまいますので、早急に対処しないといけません。

ということでディクセルの純正同等品PDタイプを選択いただき、手配。
その他アウディ純正 再使用不可ボルト、ビスも用意して、作業開始。

写真2枚目 外したフロントローター。 パッド当たり面の内側、外側とも腐食で錆びが見られます。

写真3枚目 外したリアローター。  こちらはフロントよりも状態が悪いです。 特に写真左側は、使えている面が半分以下になっています。


21040312104032

evooyaji at 17:51|PermalinkComments(0)

2021年03月21日

A4 ARQ 8W

21032112017年式アウディA4 オールロードクワトロ (8WCYRA) サスペンション系のリフレッシュ作業で ご入庫いただきました。
この車両は、2年ほど前にも同じ作業をさせていただいておりますが、それから3万5千キロ走行し、また同じ作業をご依頼いただき、今回の入庫となりました。
前回と違うのは、フロントアッパーアームブッシュが増えたことぐらいです。

ショックアブソーバー、アッパーマウント、バンプラバーなどなど前後一台分、全てアウディ純正品です。 写真1枚目 フロント一式です。 再使用不可のナット等も用意しております。
もとろんリアも同時交換したのですが、写真を撮り忘れてしまいました。

写真2枚目はフロントアッパーアームブッシュ4個所。 こちらは、当店初のブッシュのみ交換でした。 いつもは迷わず アームASSYで交換しておりますが(先端のボールジョイントがアームASSYでないと交換できないため)今回は、年数経過が少ない(比較的新しい車両のため)ので、ブッシュのみをおすすめしました。 一方ブッシュは、写真のとおり、左右各1ヶ所は亀裂が入ってしまっていました。

写真3枚目 用意したパーツは品番変更はありませんがゴム部の形状が変更されており、何らかの対策がされた模様。 写真で 確認できますでしょうか。

写真4枚目 リアスプリングのブッシュ上下。 上側が新品で、下側が外したもの。

アームを脱着して、ブッシュ交換を行いましたので、最後に分解整備記録簿を記入し、当店とお客様で保管となります。


210321221032132103214
  

evooyaji at 19:06|PermalinkComments(0)

2021年01月31日

A4 ARQ 車検整備

21013112014年式アウディA4 オールロードクワトロ 今回は車検整備で ご入庫いただきました。
まずは、ワコーズRECSから。  スロットルバルブ後方より200ccの溶剤を ゆっくりと吸い込ませます。 まさに 点滴 と同じ感じです。

続いて写真2枚目のポーレンフィルター(エアコンフィルター、花粉フィルター)も交換です。 今までの物も、今度の物も、純正よりも高性能な マンフィルターのフレシャスプラスです。このフィルターは純正品と比べて、高性能で、この車両の場合特に 価格も安いのでおすすめです。

エンジンオイル、オイルフィルター交換後し、あとはルーティーン作業のブレーキフルード交換やエアクリーナー確認、清掃などを進めます。

サスペンション系では、写真3枚目の 右前 アッパーアーム前側のブッシュに亀裂が確認されましたが、まだ交換とまではいきませんので経過観察です。
ちなみに走行距離は4万2千キロです。

検査員の完成検査が済みましたので、明日 陸運支局にて検査を受けて終了となります。

21013122101313



evooyaji at 18:45|PermalinkComments(0)

2020年11月15日

A4 デフオイル交換

2014年式アウディA4 オールロードクワトロ 先日Sトロニックオイル交換をさせていただいた車両。
本日はトランスファー(センターデフ)、フロントデフ、リアデフオイル交換です。
この車両を下から見ているとエンジン、フロントデフ、Sトロ、トランスファーの順で配置されているのですが、オイルはフロントデフとトランスファーが一緒になっています。 Sトロが間にあるのですが、内部で油路が繋がっている設計。
       オイル注入口と排出口が離れているため わかりにくい構造です。
純正オイル品番からモチュールで対応品を調べてもらい、そのモチュールで対応いたします。

リアデフオイルは対応のオイルさえ判れば(リアデフのタイプを識別できれば)、作業は簡単です。

写真1枚目、2枚目 リアデフ作業中。

写真3枚目 左から 抜き取ったトランスファー兼フロントデフオイル、リアデフオイル、先日のSトロオイル、最後はSトロの油量調整でオーバーフローしたもの。
左のトランスファー兼フロントデフオイルの汚れが気になりますので、次回は早めの交換が良いです。

201115120111522011153



evooyaji at 17:51|PermalinkComments(0)