A4

2018年05月31日

A4 8W Sトロオイル交換2

2017年式アウディA4オールロードクワトロ(8WCYRA) Sトロニックオイル交換の続きです。

写真1枚目は 初めに抜き取ったオイルです。  量が多いと黒く見えますが、何枚も撮影した中から 目で見た感じに一番近いものをアップしました。  でも天井や、エアコンリフレッシュの機械が写りこんでしまいました。

写真2枚目は、Sトロニックオイル温度をモニター中。  私の感覚よりも温度上昇が緩やかで、じっとPC画面と にらめっこ。   途中から水温も含めて2つの温度を同時に表示させて見ていましたが、水温は すぐに100度を超えて103度で安定しておりました。    高めの設定温度なんですね。

写真3枚目は、左から 初めに抜き取ったオイル、1回目注入しアイドリング後に抜いた(抜き取り2回目)オイル、最後に油量調整で抜いたオイルです。
この量ですと 初めのオイルも 結構綺麗に見えますよね (写真一枚目と比べて) 

180529518052941805296

evooyaji at 10:56|PermalinkComments(0)

2018年05月29日

A4 8W Sトロオイル交換1

先月のことですが2017年式アウディA4オールロードクワトロ(8WCYRA)の お客様からSトロニックオイル交換の依頼がありました。 いわゆるA4 B9  のDSGオイルですね、でも このタイプ当店では 今まで交換歴なし。

ミッション型式はRKS 縦置き7速 アウディいわく ウルトラクワトロとなり、通常のA4クワトロとはミッションが異なっております。
整備書を確認すると 作業手順としては いつもの感じで・・・でも専用工具(SST)が必要となっております。
ここまでは スムーズに調べることができましたが、ここから とっても 時間が掛かってしまいました。

まずはオイルフィルターについて、パーツリスト ETKAを隅から隅まで探しても見つかりません。 あきらめてアウディジャパンに問い合わせ。 するとメカトロニクスと一体のパーツとなり、超高額で・・・通常は交換しません とのこと。  この考え方(設計)は、昔のVWゴルフ4GTI等の横置き5速ATと同じですね〜。 (簡単にATフィルター、ストレーナが交換できない という意味で)

ということは、フィルターが汚れてくる前にオイル交換をこまめにした方が良さそうです。

続いて専用工具を探しますが、SST品番は 簡単に調べることができましたが、いろいろとあたりましたが入手できません。  
                             無いなら 作りましょう。
早速材料を調達し、メカニックお手製の専用工具が完成。  
お客様には 随分とお待たせしてしまいましたが、このようなことを延々とやって ようやく段取りがとれたので、入庫いただいたというわけです。                         続きは また後日

写真1枚目 オイルを抜き取るドレーン部。

写真2枚目 オイル注入口、下から真上に向かって注入です。

写真3枚目 用意したドレーンプラグ。樹脂製で ぱっと見、ゴルフ7GTI、R等のエンジンドレーンプラグとそっくりですが、微妙に違います。

180529118052921805293




evooyaji at 12:09|PermalinkComments(0)

2018年05月27日

リアゲートダンパーが

18052712003年式アウディA4 アバント1.8Tクワトロ タイヤのエアーチェックでリアゲートを開けると目に飛び込んできたのは 写真1枚目の緩んだボルト。
お〜危ない危ない、もう少しで外れてしまいそうです。 (でも よ〜く見ると ウエザーストリップにダンパーが当たり これ以上は緩まない?) 

リアゲートダンパーのボディー側取り付けボルトなんですが、ボールジョイント部が錆びたことにより開閉動作時に段々と緩んでしまったのでしょうか。
グリスアップしてからボルトを締め付けて 無事に復帰しました〜。
  
以前には別の車両でボディ側が錆びて腐食し、脱落していた車がありましたが、そうなると簡単には直せませんから・・・板金屋さんで溶接修理、塗装と大掛かりに。



evooyaji at 10:42|PermalinkComments(0)

2018年05月01日

A4 クワトロ ダンパー交換

2003年式アウディA4 アバント クワトロ (B6) (8E) フロントアッパーアーム4本のブッシュが千切れていましたので交換することに。  またダンパーの同軸に付いているバンプラバーも砕けていますから、ついでにダンパー等も交換となりました。
アッパーアームはアウディ純正品をおすすす。  安価な社外品も多数ありますが、信頼性を優先してアウディ純正に。
一方ダンパーについては、社外品 ビルシュタインB4を選択。  

写真1枚目 用意したパーツ(写真は片側分ですがもちろん左右セットで用意)、スプリング上下に付くゴム製スプリングシートは社外品で、これは 当店でヨーロッパより取り寄せいたしました。 左右で2+2の4枚必要です。
アームと再使用不可のナット、ボルト類のみアウディ純正。  これら以外は社外品で用意。

写真2枚目 外したパーツ。 バンプラバーが砕けているのが判りますでしょうか。

写真3枚目 もうすぐ完成です。

180501118050121805013

evooyaji at 23:33|PermalinkComments(0)

2018年02月20日

フィルターの微妙な違い

写真はどちらもVW、アウディ用の純正エンジン オイルフィルター、 品番違いですが微妙な大きさの違い。
06L-115-562B の方が長さが1〜1.5ミリほど長いです。   ろ紙は 明らかに違いますから、この2種類が必要なんでしょう。

写真1枚目 左が06L-115-562B  右が06L-115-562
末尾にB付きは、2014年式アウディA4オールロード用(8K)(CNC)、  Bなしは、ゴルフ7GTI、R、S3 などなど 多くの2.0Tに使われているタイプ。  
ちなみに2017年式アウディA4オールロード用(8W)(CYR)は Bなしの方ですね。

でも 社外品のオイルフィルター適合表を見てみると、この二つは同じ品番で共通となっています。
しかしながら、純正品では、別設定。
ということで この二つに付いては 当店では純正フィルターを使うことにしております。


18021811802182



evooyaji at 18:40|PermalinkComments(0)

2017年12月27日

マウントがパンク

本日1台目の作業は2009年式アウディA4 (8KCDH)エンジンオイル、オイルフィルター交換です。
いつも定期的にオイル交換させていただいている車両ですから、サクサクと予定の作業は進みます。
ところが、作業中にエンジンマウントが左右ともパンクしているのを発見。
(このエンジンマウントはゴムの中にシリコンオイルが注入されているタイプです)
前回のオイル交換時(今年の7月)時点では 何ともなかったので、この後破れてしまったのでしょう。

幸い 早く発見できましたから、他に弊害が出る前に交換すれば、最小限の出費ですみますから、ある意味 ラッキーなタイミングでのオイル交換 だった ともいえますね。



evooyaji at 10:12|PermalinkComments(0)

2017年12月10日

これって どうするの

1712093手に持っているナットはアウディ純正ナット。
ご覧のとおり 変わった形状、サイズでして、一瞬 なんだよ これは E型トルクス又はトルクルプラス と思いがちですが 実は違います。
これが使われているのは現行A4(8W)リアキャンバー調整カム。  同じ場所でA5 2017〜、A8 2018〜、Q5 2017〜、Q7 2016〜 などに使われております。

この工具がないと アライメント調整が出来ませんから重要です。  
初めは当然 アウディSST(専用工具)で設定があるだろうと思っていましたが、調べてみると なんと設定なし??
となると 何処かの工具メーカーで探すしかありません。  一番初めに思いついたのはドイツ ハゼット社。
ここのカタログを隅から隅まで見ましたが設定なし。 ならば ドイツ スタビレー社・・・やはり設定なし。

アメリカ スナップオン社・・・設定なし。 日本KTC社・・・設定なし。

ここから2日ほど探して、やっと それらしい物に たどり着きましたので、だめ元で発注。
数日して 届きましたので ナットを入れてみるとキツキツで入っていきます。  これは ジャストか!と思いきや9割ほど入ったところでストップ。 う〜ん 微妙に違うようです。
では どう違うのか光明丹を塗って確認したのが 写真2枚目。

さあ、ここから どう加工するのか?   今 考え中です。 

どうしても 上手くいかなければ 工具メーカーさんに特注ソケットを作ってもらうのも有りですね。

これらの車種オーナー様、当店でのアライメント測定、調整は 今しばらく出来ません。 
 
                 正規ディーラー様、同業他店様は どうされているのか? 

1712092



evooyaji at 13:54|PermalinkComments(0)

2017年11月25日

cpmとSTR.T

17112512017年式アウディA4オールロードクワトロ(B9)(8W) ロワレーンフォースメント cpm の取り付けです。
メーカーさんのHPにて適合確認が取れなかったので電話して聞いてみましたが、判らないようで連絡なし。
ならば、自力で調べていくと アウディ純正パーツは 一種類のみ ということは、寸法的には合うはずです。でも 厚み等が増しますから、何かのパーツ等に干渉する可能性は捨て切れません。
ここは、思い切ってゴー。
結果は、他の車両(B9のクワトロ等)と全く同じで、取り付け説明書のとおり。   見事 上手くいきました〜。

このタイプのcpmは、黒のX型部分を外すことにより、柔らかくなり コンフォート仕様 とスポーツ仕様 2種類の使い分けが出来るようになっております。

本日2台目は、長いことお預かり中のゴルフ4GTI サスペンション系です。 arc製車高調整キット(スタビとセット)を約3年前に付けていただきましたが、片側のリアダンパーからオイル漏れしてしまいましたので、メーカーさんにてO/H作業の依頼 をしたいのですが、その作業期間中に付けておくサスペンションがありません。
なので、お客様と相談させていただき KONI STR.Tと中古のVW純正スプリングでいくこととなりました。

今日は時間の関係で、リアのみ作業開始。 スプリングシート下側(金属製)と上側(ゴム製)を用意。 アッパーマウント、バンプラバー等は3年前に交換したものを再使用。
残ったフロントは、明日以降の作業ですね。 


171125217112531711254



evooyaji at 12:15|PermalinkComments(0)

2017年09月30日

ボディーコーティング

ちょうど1年前にボディーコーティング施工をさせていただいた2017年式アウディA4オールロードクワトロ。
施工後1年となりましたので、本日 メンテナンス作業を行いました。

新車から1年ごとのボディーコーティングで 長期間 ピカピカを維持できますね。




evooyaji at 18:42|PermalinkComments(0)

2017年08月23日

A4 オイル警告灯 消えない

4ヶ月ほど前のことですが、2012年式アウディA4オールロード(8K)の お客様から「オイルが減ったようだから補充してほしい」 と ご来店いただき 補充するも チェックランプ(オイル警告灯)は消灯しません。

この車両は 昔ながらのオイルレベルゲージは付いておらず、オイルパンにあるセンサーで量を計りMMIに表示するシステムです。
でも当店では 専用のレベルゲージ を用意しておりますので、これで規定の量まで入れているにも関わらず 警告灯が消えないのです。
                       これは何かが 壊れているようです。 
ここで、専用テスターを接続してチェックすると、「オイルレベルゲージセンダー不良」と出ていました。

これは VW、アウディで時々ある センサー不良ですね。
このセンサーを換えるにはエンジンオイルを抜かないといけません。
よって 次回オイル交換まで そのままにして、オイルとセンサーを同時に交換することに。

2ヶ月ぐらい経過し、そろそろ 予定の距離となりましたので、作業開始。
交換は いたって簡単ですから、即終了。  
エンジン始動し、オイルを温めてから量のチェック。  

ところが チェックランプは消えません。   あれ〜こんなこと 今までないのに〜。
専用テスターで再度チェック。   今度はセンダー不良は出ていません、ということは、センサー部分は治ったと考えてよいはずですが、では なぜ チェックランプが消えないのか?

アウディ純正部品を使って交換しましたが、何か新品センサーに悪いところがあるのか?   純正品ですから その確立は低いです。
整備書の配線図(Elsa)を開き このセンサーなどの配線を辿っていると 近くに記載のあったセンサーを発見。
これ 怪しそうです。     試しに擬似的に信号をいれてみると 
              正しいオイル量が表示されて もちろんチェックランプも消灯。

一瞬何が何だか判らなくなりましたが、判ってしまえば簡単なことでした。
オイルパンのレベルセンサー、そして もう一つのセンサーと2箇所の不良があったということ。

                  すっきり解決できて よかった〜。

   

evooyaji at 13:59|PermalinkComments(0)