A4

2020年02月15日

A4 ARQ 水漏れ修理

2002151先日のエンジンオイル交換作業時に水漏れが発見された2014年式アウディA4 オールロードクワトロ
パーツが揃いましたので(写真1枚目)、再入庫いただき、作業開始。
この作業ですが、案外難儀でして、今日から明日までの丸2日間 時間をいただき、スタートしましたが、途中で「あれ、もっと時間かかるかも?」と。  インテークパイプ(スロットル〜インタークーラー)を一旦外しますが、このパーツ複雑な形状なうえに全て樹脂製で狭い所を通っているため、外し難い。 これって エンジンマウントがへたってきて、エンジンが予想外に横揺れすると、割れてしまいそうですね。 どこか途中にゴム部分が必要な気がしますが、私の思い過ごしでしょうか。

写真2枚目 やっと外れたウォーターポンプとサーモスタットハウジング(以下サーモ)。 
それにしても このサーモ、価格が9万円オーバーとは 高すぎです。 ちなみに4回ほど対策品が出ており、改良が進んでおりますが・・・。
ウォーターポンプも3回対策品が出ており、外したパーツは樹脂製ボディでしたが、今度のパーツはアルミボディとなっております。 (写真1枚目と写真3枚目で比較できます)

外したスロットルボディは汚れておりますので、電子制御スロットル用のスロットルクリーナーを使って、ピカピカに洗浄してから組付けです。

組付けし、LLCを注入したところで、閉店時間となり、続きは、また明日。


200215320021522002154

evooyaji at 16:13|PermalinkComments(0)

2020年02月11日

A4オールロード オイル交換で

2014年式アウディ A4 オールロード クワトロ  いつも定期的に ご入庫いただいている車両です。
今日はエンジンオイル、オイルフィルター、ドレーンプラグ(樹脂製)の交換です。

作業開始早々にメカニックから「LLCが漏れています〜」と。
上からと下からの確認で、サーモスタットハウジングからの漏れです。 この車両は以前にウォーターポンプの交換歴(保障修理?)があるそうですが、今回も同時交換するべきか、そのまま再使用するのか。  お客様の判断は、「ついでだから両方換えといて・・・」

ということで、見積もり開始。  出来上がりしだい、電話連絡ですね。

今回は オイル交換作業→ボンネット開ける→LLC少ない→LLC漏れへと 
不良個所を見逃すことなく、発見できました。   簡単なオイル交換作業時にも メカニックが目を光らしておりますので(他の部分、特に下廻り)、定期的な目視点検も兼ねて オイル交換、タイヤローテーションなどいかがでしょうか。
             ご予約の電話連絡 お待ちしております。

evooyaji at 11:50|PermalinkComments(0)

2020年01月26日

A4 8W Sトロオイル交換

20012612017年式アウディA4 オールロードクワトロ Sトロニックオイル、点火プラグ、エンジンオイル、オイルフィルター交換で ご入庫いただきました。
Sトロニックオイルについては、1年8ヶ月ほど前にも 当店にて交換していただいた車両ですが6万キロとなりましたので、再度交換です。
一方 点火プラグは初めての交換となります。  いつものように逆輸入で 純正と同品番のNGKプラグを使い、コスト削減いたします。

写真1枚目 点火プラグ交換中。

写真2枚目 外した点火プラグとミッション ドレーンプラグ。

写真3枚目 抜き取ったSトロニックオイル。(1回目)

写真4枚目 2回目に抜き取ったSトロニックオイル。 1回目より随分綺麗になっています。

このミッションは、オイルフィルターが簡単に交換できませんので、早め早めのオイル交換が重要と思います。
200126420012622001263

evooyaji at 17:37|PermalinkComments(0)

2019年10月10日

メクラ蓋

19100511995年式アウディ80 トランクを開けた左サイドに配線が通るグロメット(メクラ蓋)が経年劣化でボロボロになり、1/3ほど無い状態でした。  これでは降雨時などに水が直接トランク内に入ってしまいます。

早速パーツリストで品番検索しますが、このパーツは出てきません。  おそらく配線とセット(ASSY)だと思われます。  配線は すでに生産中止で・・・。

ならば穴径を測定して、この寸法に合いそうなグロメット品番を探します。   パーツリストのグロメット一覧から車種関係なしで探すこと30分。
合いそうなもの2点をピックアップ。   ちなみに どちらも日本に在庫無し。

どちらを本国(ドイツ)バックオーダーするのか、迷いましたが 私の勘で 決断し、発注。(先月9月中頃)

ようやく入荷しましたので、車両に合わせてみると ばっちり上手くいきました。   ふ〜ぅ 良かった。






evooyaji at 10:50|PermalinkComments(0)

2019年08月18日

オールロードクワトロ 2台

今日のエボリューションはオールロードクワトロ(以下ARQ)の日です。
1台目は、2014年式アウディ A4 ARQ (8K) エンジンオイル交換、エアコン添加剤 ワコーズ PAC-P の注入。
このCNCエンジンも樹脂製オイルパンですから 樹脂製ドレーンプラグも同時交換です。

エアコン系は 昨年エアコンリフレッシュ作業をさせていただいておりますので、今年は添加剤のみでOKです。
そして来年は、2回目のエアコンリフレッシュと 交互に行う予定。

2台目は2017年式アウディ A4 ARQ (8W) こちらの車両もエンジンオイル交換。   1台目と同じ樹脂製ドレーンプラグも同時交換です。

              今日は どちらの車両も 珍しい ARQでした〜。





evooyaji at 18:07|PermalinkComments(0)

2019年08月09日

A4 ARQ バッテリーなど

2017年式アウディA4 オールロードクワトロ (8W) バッテリー、ワイパーブレード前後、ポーレンフィルター交換で ご入庫いただきました。
ワイパーブレードのみ アウディ純正品で 他は社外品にて用意。
ポーレンフィルターは純正品よりも高性能なマンフィルターのプレシャスフィルターを使用。 価格は純正より少しだけ安いです。

バッテリーはバルタAGMを使用。   この交換で問題発生。  この車両はオールロードクワトロのため スパアータイヤ(スパースセーバータイヤ)がありますが、バッテリー交換のため メカニック二人がかりで、スペアータイヤを車両から降ろすと、何かがポロンと・・・。

よく見るとスペアータイヤを支える棒がボディーから千切れています。
ここの構造はボディからスタッドボルトが垂直に立っていて これに樹脂製の大きなナットを付け、このナット部分でタイヤを支えるようになっています。
一方、このスペアータイヤとホイールは十分な強度確保のためか、ものすごく重いものなんです。
これだけの重量のものを支えるには この構造は??
                            強度不足ですね〜。
それにしても これを千切ったのは 誰だ〜。

今日のところは、なすすべなし。  元通りに組み付けておきましたが、またスペアータイヤを外すと、ポロンとなります。

1908093

evooyaji at 19:43|PermalinkComments(0)

2019年07月13日

A4 センターデフオイル漏れ

2004年式アウディA4 1.8Tクワトロ センターデフオイル漏れ修理、バッテリー交換などのご依頼です。
この車両のバッテリー交換は、ちょっと やり難いですよね。  まあ、当店メカニックは慣れていますから、スムーズに出来るのですが。

また このバッテリー交換の際に忘れてはいけないのが、プレナムチャンバー(バッテリー搭載位置)の排水口清掃です。  この作業を怠ると、大変なことになる可能性大ですから。

この車両(B6 A4)の他、VWでは3B パサートも同じように 排水口の清掃が必要な車種となります。

19071311907132 

evooyaji at 18:21|PermalinkComments(0)

2019年06月29日

8K A4 ドラレコ

19062912014年式アウディA4 オールロードクワトロ ドライブレコーダーの取り付け依頼をいただきました。
選んでいただいたのはユピテル SN-SV70d 夜間撮影に強いタイプです。
取り付け位置については、フロントガラスの なるべく中央で、且つワイパーのふき取り範囲内に。

助手席側 ルームミラーの裏側に決定。  ここですと運転席からは視界に入らないので よいです。

写真1枚目 助手席からですと、こんな感じに。  SDカードの取り出しは本体右横からです。

写真2枚目 運転席からですと、ルームミラーの裏側となりますので、視界を遮りません。

1906292

evooyaji at 10:28|PermalinkComments(0)

2019年06月22日

ゴルフ7とA4 ARQ

19062212016年式VWゴルフ7GTI マスターシリンダーの遮熱板取り付け。 これ 苦労してアルミ板を切り取り、曲げて、曲げて手作りしております。 金属ベースが出来上がれば、あとは耐熱布を被せて、3箇所リベット留めしたら完成。  今まで安価にて提供しておりましたが、次回より、ちょっとだけ値上げさせていただきます。

写真1枚目のように 車両に付いた状態ですと、苦労して作ったのが わからないのが残念のような、さりげなくて良いような、微妙な感じではあります。

                         これ 自慢の一品です。

替わって 次の車両はアウディA4 オールロードクワトロ(8W) 1ヶ月ほど前にショックアブソーバーの交換をさせていただいた車両です。   今日は、4ホイールアライメント測定、調整で ご入庫いただきました。
写真2枚目は、荷重を抜いて リアキャンバーを調整中。  ここの調整は専用工具が必要です。(写真2枚目) 
随分前に探しましたが見つからないので自作したソケットが活躍します。
苦労して作りましたが、今なら 各メーカーから もう発売済みかも?しれませんね。

写真3枚目 相手のナットは、こんな形なんです。

190622219062231906224





evooyaji at 18:04|PermalinkComments(0)

2019年05月19日

A4 8W サスペンション

2017年式アウディA4 オールロードクワトロ (8W)  「4万7千キロ走行となり、リアサスの突き上げ感が気になるようになった」 ということで サスペンションリフレッシュを行うことに。

用意したパーツは写真1枚目がフロント用、写真2枚目がリア用、全てアウディ純正品。
ショックアブソーバーのみ社外品も視野に入れて検索しましたが、オールロードクワトロ用は設定無し。 
各社の適合表が 注意書きで オールロードクワトロ除く  となっていて・・・。

かなりのパーツ点数となりますが、ショックアブソーバーを含む 数点が日本には在庫が無くて、本国(ドイツ)に発注。  ようやく揃いましたので、本日作業となりました。

あとは 約1ヵ月後に4ホイールアライメント測定、調整を行い、仕上げの予定です。

写真3枚目は、今回の作業とは関係ありませんが ホイールボルト(ホイール取り付けボルト)とロックボルトですが、右側のロックボルトの面が悪い(正確にはホイールと合わない)ため、ホイールと線で接触している状態。
一方ホイールボルトは幅広な 面 で接触しているのが痕で判ります。


190519119051921905193

evooyaji at 19:03|PermalinkComments(0)