A6

2019年03月21日

A6 エアサス車 アライメント

19032112011年式アウディ A6 3.0T (スーパーチャージャー) 初ご来店いただいた車両。
「他店にてフロントアッパアーム4本を交換したらタイヤが極端に偏磨耗(外側のみ磨耗)してしまったのでホイールアライメントを・・・」とのこと。

このマルチリンクサスで、アッパーアームを変えただけであれば、そんな極端な狂いは構造上発生しないはず。
何かしらの問題が隠れていそうです。  お預かり前に まずは、目視にて確認すると、交換したと言われたアームは1G状態で内側ブッシュが千切れそうな状態になっており、これは取り付け(固定)角度が間違っています。

「1年ほど前に交換した」 とのことですが、このままでは まずいので、取り付けナットを緩めて、フリーの状態にして一晩放置 (もちろん1Gで)
朝一番で確認すると4本中3本は、ほぼ正常な(フリー)状態に戻りましたが、1本は ねじれが特に酷かったので、完全には戻らず。  それでも作業前よりかは良くなっておりますが・・・。

そしてメカニックによる試運転。  直進性が悪く、フラフラするとのこと。
まずはエアサスペンション車ですから、エアサスをロックしますが、アウディはMMI上で設定できますから便利です。    (ちなみにランドローバー各車種は専用の診断機がないとできませんが 当店の診断機は もちろん対応しております)

アライメントテスターのセンサーを取り付け 測定すると、フロントトータルトゥ15.5ミリ  
          これは驚きの数値です。  これでは、外減りするはずです。 
何処かで間違った調整をされてしまったのか?   測定数値を一桁読み間違えたのか?
 
スラスト角も0度09分 ですから、真っ直ぐ走らないのに納得。    調整後は きっちり0(ゼロ)にしました。

作業後の試運転で 随分改善したのを確認し、終了。    
今回の作業で大幅に調整をしましたので、{戻り}も大きく出ると思われますから、半年後には再度測定、調整をおすすめいたしました。



evooyaji at 19:26|PermalinkComments(0)

2018年11月18日

A6 メンテナンス

アウディ  A6 アバント3.0 クワトロ メンテナンスで ご入庫いただきました。
エンジンアンダーカバーの金属ファスナー(クリップ)2個、ゴムシート(抜け落ち防止用)3枚、ボルト3本を用意し、きっちりと取り付け。
これらのパーツはパーツリストを見ても種類が多すぎて 品番検索が難しいですが、入手できれば 取り付けは簡単ですね。

オイル漏れのある リアデフは、オイル補充の意味を込めてオイル交換。 抜いた量と入った量の差は200ccでしたので、漏れたのは この200ccということが判明。
漏れ痕を綺麗に清掃し、次回入庫時に確認させていただくことに。


「エアコンの効きが悪い」とのことで TEXA(テクサ)780Rを使い、エアコンリフレッシュ作業。
抜き取ったガス量は なんと266g    規定量550gですから半分も入っていない(半分以上抜けた)状態。

20分間の真空引き後の圧力保持テストはクリアーいたしましたが・・・。
550g注入後は、しっかり冷えておりますが、なにせ11月で気温18度なので判断が難しいです。

18111811811182



evooyaji at 19:16|PermalinkComments(0)

2017年04月28日

続けてEクラスのタイヤ

昨日メルセデスベンツE250(S212後期)のタイヤ交換作業中に電話が鳴りました。
以前に見積もりを提出していた E300 4マチック(S212前期)の お客様からで 「3種類の内のエクストラロードで注文しといて・・・」とのことでした。
いや〜何だかEクラスに縁があるようで、嬉しいことです。

ということで、本日タイヤが入庫しましたので、早速交換。
選んでいただいたのはコンチネンタルCSC5 245/45-17 99Y MO
今までのタイヤは新車装着の同サイズ CSC3 でした。

この車両も昨日の車両も燃料給油口のフラップにありますタイヤ表(空気圧表)では エクストラロードではなく、通常のものが表記されているのですが、実際 新車に付いてくるのはエクストラロードなんです。
                     これって、どうしてなんでしょうか?

ここは、素直に新車装着に倣って、エクストラロードを選ぶべきだとは思いますが。

ちなみに昨日の車両は、245/40-18  265/35-18 BS RE050A もちろんMO

写真1枚目 交換終了後に

変わって写真2枚目は、2008年式アウディA6 アバント2.8クワトロ エアコンセンサー交換。
先日のフォルトチェックで {センサーが異常な数値を時々出力している}と出ていましたので交換となりました。

左が外したもので、右が新品。  このパーツ、何度も何度も品番変更されており、不良を繰り返したもよう。
センサー交換には、フロントバンパーを外しての作業で ちょっと時間がかかりますが、何事もなく終了。
バンパーを戻す前に一通りチェックすると、フォルトも無くなり OKかと思われましたが、エアコンの効きが悪い。
          前回入庫いただいた時は、それなりに効いていたのですが・・・・。

ガス圧を測定してみると、かなり少ない状態。 補充と漏れ箇所を検知するための蛍光剤を注入し、様子をみることに。



17042821704281


evooyaji at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月28日

A6 フューエルフィルター2回目

2004年式アウディA6 3.0クワトロ  昨年末に入庫いただき、作業を始めると 1個目のボルトが錆びついて ゆるまない状態で・・・一旦作業中止した車両です。
今回はアウディ純正ボルトをドイツから取り寄せて、再入庫いただきトライ。
前回ボルトに油を塗っておきましたが、やはり ゆるまない。
ここまでは、想定しておりましたので、ボルトの頭を削り落として、一旦 はずす作戦に。

苦労しましたが、なんとか外して 次はナット部分に残ったボルトの中心にドリルで穴あけ。

見事 写真3枚目のとおり、抜き取り成功。 (四角いナット部は部品設定なしでガソリンタンクとセット販売)
写真左が外したもの、右のボルトが用意した新品。

2時間半ほど掛かりましたが 無事に完了し、しかも 元通りとなりましたので、よかった〜。

写真2枚目は、外したフィルターを逆にしてガソリンを抜くと 真っ黒な汚れが どんどん出てきます。


170128117012821701283


evooyaji at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月27日

A6とSQ5

2004年式アウディA6アバント クワトロ は、フューエルフィルター交換で入庫いただきました。
「簡単な作業ですから、パーツさせ揃えば、店内で お待ちいただいている間に作業できますよ」 と始めると、
なんと 本体固定ボルトのネジ山がサビサビで緩んでくれません。(写真1枚目が用意したパーツ)
力ずくで緩めてしまうと反対側(ナット側)がカラ回りしてしまいそうです。
ここの構造は、フィルターステーの上側がガソリンタンクと一体となっているため、壊れてしまうとタンクごと交換と 恐ろしいことになってしまいますから、慎重に進めなければいけません。
まずは、ネジ山に たっぷりと油を塗って浸透させておいて、今日の作業は中止。
                        後日、仕切りなおしといたしました。

2015年式アウディSQ5 「ルームランプ等を一式LEDに交換したい」 とご連絡いただき、用意したのは、写真2枚目、3枚目の2セット。
この2セットで室内のLEDがセットとなっていて価格もバラバラで購入するよりも お得になっています。

メーカーホームページの適合表には、Q5は有りますが、SQ5は有りません。  また年式も {2009年以降から} とはっきりしていませんので、電話して聞いてみると
「SQ5の適合は判りません。 Q5も2012年式ぐらいまでしか確認できてません」とのことでした。
では、アウディパーツリストで2009年式と2015年式を比べてみることに。  結果は同じですが、果たして現車は???  といいますのも、こういった細かいパーツについては、パーツリストの間違いが よくあることですから、完全に信用すると・・・。
果たして上手くいくのか、少々不安ではありますが やってみるしかありません。

               どきどきで始めましたが、全てOK、上手くいきました〜。

161227116122721612273




evooyaji at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月21日

A6 バッテリー交換時には必ず

先日書ききれなかった続きを。
2003年式Audi A6 アバント3.0クワトロ バッテリー交換です。  
先日 電話をいただき 「バッテリーが上がってしまいエンジンが かからない・・・」と連絡いただきました。
早速バッテリーの手配をし、入荷しましたので、任意保険に付随するロードサービスにてジャンプスタートしていただき、入庫いただきました。

この頃のA4 A6 (VWパサートも同じ)はバッテリー交換時に必ずチェックしなければいけない箇所があります。
それは、プレナムチャンバー(バッテリー搭載部)の排水口です。

写真1枚目の この車両のように詰まっている場合があるからです。   ここが詰まって雨水が溜まると さまざまな問題が起こります。

ここの掃除が バッテリー本体の交換よりも時間が掛かりますね。

写真2枚目から どこに排水口があるか 分かりますか。

16031951603196

evooyaji at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月13日

A5 と A6

2011年式アウディA5クワトロ2.0T Sトロニックオイルの交換です。
このタイプのミッションオイルは、当店で3台目か4台目ぐらいで まだ交換歴が少ないタイプです。

ミッション型式によって フィルターが3個付いているものと 2個付いているものに分かれます。 また これらの内 オイルと同時交換するのは・・・・と 色々と変わっている所もあるんです。

オイルを入れる手順も 途中で 「20秒だけエンジン始動する」 などなど、注意点もありで。

写真は用意したパーツ、オイルも含めすべてアウディ純正品です。

変わって 写真2枚目は 2010年式アウディA6  3.0Tクワトロ
エンジンオイル、オイルフィルターの交換です。  

写真3枚目は、外したオイルフィルター。 このタイプは 長いフィルターになりますね。

160313116031331603132



evooyaji at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月25日

アウディ 点火コイル交換

2003年式アウディA6 アバント3.0クワトロ 点火コイル、プラグ、フューエルフィルター交換をしました。
先日積載車で運んでいただき、入庫。  ちょうど3連休(メーカーさんが)のため 発注、入庫までに日にちが掛かりました。

フューエルフィルターは、ついでに 交換依頼をいただき 追加となったもの。

1511251



evooyaji at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月22日

A6 と C43

2004年式アウディA6 アバント3.0クワトロ ATF交換です。
このタイプは、当店でもっとも交換歴があるZF 5HP19 ですね。  
走行5万キロを過ぎて 初の交換となります。  走行距離は 年式の割りに少ない方ですが、オイルの汚れ具合は、私の予想よりかは 汚れていました。 
でも 写真1枚目の外したオイルパン内の磁石に付いている鉄粉は、距離相応といった感じです。

写真2枚目は、オイルフィルターが外れた状態。  バルブボディー、ソレノイドバルブが見えていますね。

変わって 写真3枚目は、先日 ガソリン漏れの修理をしたAMG C43 、その作業時に 症状が現れてくれたのは、エンジンからの異音。
ガラガラ、ゴロゴロ、ゴトゴトといった感じの音でした。
右バンク前の方で・・・
ここらへんにあるのは、エキマニ、オルタネーターなどなど。  
順番にパイプを当てて確認していくと どうやらオルタネーターのようでした。

走行距離は、まだ4万キロ台なのに・・・。

早速パーツリストで品番を調べて ヤナセさんの注文システムから価格と在庫を調べるも、なんと23万円オーバー。   しかもメーカー在庫なし。

ヤナセさんに電話をして 本国在庫を調べてもらうと なんと生産中止と。
1998年式のメルセデスなのに・・・と ぼやいてみても 「あ〜このタイプは 殆ど使っているエンジンがありませんからC43専用みたいなもんですからね〜」とのこと。

別ルートで リビルト品をあたることに。   モノは、ボッシュの150A で

みごとに 2ルートで見つかり、もちろん安い方で入手。   
            結果的に お客様には 随分安く供給できて よかった〜。

151122115112221511223
 

 

evooyaji at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月21日

ゴルフ7とA6 2台

2016年式ゴルフ7GTI アイドルストップキャンセラーの取り付けです。  ゴルフ7の このパーツは、すでに何台も作業していますから、スムーズに進みます。  配線も3本だけですから・・・。 (写真1枚目)

これで、始動するたびに スイッチ操作してオフにする必要がなくなり、スマートです。 オンにしたい時には 純正ボタンを押すだけです。

変わって 本日 「アイドル不調」 とのことで、積載車にて搬送されてきた2003年式アウディA6 アバント3.0クワトロ。 1552(アウディ純正 専用テスター)で調べると、ミスファイヤー、1番ミスファイヤーなどのフォルトあり。

これは よくある点火コイル不良と思いますが、慎重に診断を。  プラグ、配線、ECUなどではないか。絞り込んでいきます。
結果は、幸いにしてコイルでしたから 安いパーツで良かった〜。

プラグは、磨耗が見られますし、焼け具合も イマイチなので 同時交換をおすすめ。 
すると お客様から即答で 「同時交換を・・・ついでにフューエルフィルターも交換で」と ご依頼いただきました。

リフトアップして現車確認していると、写真2枚目の状態を発見。   これは どうしたものか。 
見つけてしまったものは、現状報告しなければ。

このあと ご予約いただいておりました2004年式アウディA6 アバント3.0クワトロの お客様が ご来店。
         珍しく 同じ車両が2台 並びました〜、年式は1年違いますが。 
こちらの車両はATF交換。   初めての交換とのことですが、どうなることか。  
                    内部の汚れ具合は いかに。

15112111511212


evooyaji at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)